IslandsCampaign・・・の前に、転居のお知らせ

 超久しぶりに更新。しかし前回の更新が昨年9月で、しかも冬コミの記事すらもないという。良くも悪くも娯楽(特に艦これ)やネット開陳欲(ツイッター)等が多様化して、ブログでわざわざ手間暇かけて自己開陳欲を満たす必要が低下している。みなさんもそうではありませんか? (<俺だけじゃないアピール)
 ということで、2014冬コミはちゃんと行ったんだけど、ホテル取るのが遅れて品川プリンスだったり、(結構有名なホテルなのにそんなに高くなくてイロイロちゃんとしていた。当然のようにコミケ対応だったww)3日めが例年になく12月30日であり、大晦日を回避ということで早めに切り上げて新幹線で神戸に移動し、20ン年ぶりの中高同窓会に参加したりしてそれなりに充実。 嫁? えーと、札幌に置き去りでした・・・(ごめんちゃい)
20150801_190208
 あ、先にこっちの話しとこう。8月頭に札幌から姫路に転居しました。2~3ポスト6年は札幌で勤務してやろうと目論んでいましたが、名古屋育ちのパートナーがちょっと北海道の、特に冬になじめなくて、元々北海道勤務は拙者のワガママだったこともあり、偉い人たちと相談しながら決めてもらいました。写真は苫小牧を出港するフェリーの窓から。
 北海道は寒い期間が長いので、ホットのお茶もコーヒーも鍋物も長く楽しめる上に、車で行ける観光地にはほとんど温泉が付随していて入り放題、景色も素晴らしいところがたくさんあって空気もキレイといいことずくめ・・・と思ったんだけどww ずいぶん思い出補正がかかってるからなあ・・・
 さらば北海道。もう居住することはないような気がするが・・・人生どうなるかわからんからなあww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Island Campaign in winter 2013

  今更だけど1年ぶりにコミケに参加しました。夏は引っ越した直後だったし、暑いしね。年取ってもガンガン参加してる人見かけるけど、正直夏コミなんて裏で何人倒れて搬送されてるか知れたもんじゃなし。
 12月29日、超朝早く起きて夜明けの36号を寒さに震えながらぶっ飛ばし、千歳空港からFLY。午前9時過ぎには定宿がある大井町に到着。荷物預けて朝飯食べて出発~。
Imgp1214 初日は正直チェックサークルも少なかったがまあこういうんは雰囲気ですからな。
 個人的には初日はジャンルどうこうよりも贔屓にしているサークルのみでだいたい終わる。801ちゃんとこはだんだん育児体験談サークルになりつつあり、本の内容が重いww IS、プリキュア、ヘタリアなどのサークルをピンポイントで。引き上げ後例によって新木場のカレーうどん店で昼食。
 夜はM機関宴会。ホルモンをたらふく詰め込んだ後、もはや定番となりつつある大井町のイタリアンバルで2次会痛飲したが、実は最初に食べたホルモン屋と同系列であったというオチww しかし年イチくらいで同期を含む気の合う連中と飲み会ができるというのは本当にありがたいものだなあ。
 30日はいよいよ艦これの日! ということで戦々恐々とでかけたがナルホド地獄ww しかしあんだけ艦娘がいるというのにやはりというかなんというか、ぜかまし1強というか、金剛次点というか、かなり偏りがあり、もっとこう、天龍ちゃんとかぬいぬいとか頑張ってもらいたいところだが、ぬいぬいのドシリアス戦闘モノとか、ニッチなところでいろいろ頑張っているので、今後に期待したい。この日はその他、百合サークル、カピバラサークル、ボドゲサークル等を冷やかしてカレーうどん食べて帰隊。宴会の都合等はつかなかったのでおとなしく大井町でつけ麺ずるずる。しかし関東のつけ麺は激戦区だけあってどこもうまいな。
 大晦日は野郎どもの日。噂によると児ポ規制をにらんで前もって規制を厳しくしたらしくて販売中止になったり「その場黒塗り」wをやったりしているサークルがチラホラ。個人的にはもう正直コミケそのものが毎年奇跡的に開かれているような感じがするので、いつ蜃気楼のように消滅してしまってもしょうがないんんじゃないかと思っているが・・・・まあ今年もギリギリのところでなんとかやっている感ある。
 ここ数年野郎どもの日は大昔のせらむんのような大手テーマ一色ということはなくなっているが、そうすると小粒の中でも比較的息が長いところが目立って来てなんだか勢いがあるように見えてくる。ということで結構盛んなように見えるアイマスゾーンでわりと散財。ボカロゾーンでシリーズモノをがっぽり。艦これ補完。カレーうどん食べて退散。

 この日は航空券の都合で超絶遅い便で札幌に帰ることになっていたため、阪急ホテル大井町のスーパー銭湯で温まってから帰るかと思ったらちょっと高かった・・・流石東京やで・・・
Imgp1222 ということでスマホでぐぐったら歩いていける範囲になにやら小さい銭湯があるような・・・・ということで湯冷めしない装備を準備しててくてく歩いて行くと、テルマエ・ロマエに登場するような瓦葺きのコテコテの銭湯が! 今どきの東京にこんなのあったのか・・・・「手ぶらセットあります」の張り紙(張り紙!)を頼りに入ると無愛想な親父が出迎え、450円にタオル石鹸セット130円、合計580円払って中へ。ボロいロッカー、脱衣カゴ、ケロリンの桶、壁画! カランのみの洗い場(一部シャワーヘッドあり)ともう昭和感満点。これ絶対わかってやってるな・・・・ww あえて維持している感じがする。しかし大晦日だぜ・・・結構ご近所の常連さんらしい客もいて、根強いパワーを感じた。
 意外なところで東京下町を堪能して羽田から帰投。千歳空港から猛ダッシュで車を走らせ、なんとか除夜の鐘が鳴っている2358に自宅着ww 独りで紅白見てた嫁が出迎え。難儀な夫でゴメンね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

欧州食いだおれ7日間の旅(其ノ一)

 あっという間に時が過ぎていくので2ヶ月もブログに穴を開けてシマタ・・・・ せめて月イチくらいにはなんか載せたいんだけどなあ。

 新婚旅行に行って来ました~。ドイツ3泊のフランス3泊。3月17日からの一週間で年度末の異動時期に出かけたもんだから2年半勤務してくれた上司を見送れないという凄まじい不義理にww
 つらつら書いてもアレなのでテーマごとに~。
>ご飯
 旅行と言えば飯。誰が何と言おうとご飯。現地でしか食えない美味いものを食ってこその旅行である。(同行者の異論が予想される)
Doitusoseji
 結論から言うとドイツ飯はうまかったけどフランス飯は正直いただけねえ・・・・まあ、ドイツが概して田舎周り2泊と国境越える前の旅行者用ホテルに1泊であったので結構恵まれた環境であったとも言える。チーズを始め乳製品はいずれも美味しく、パンもハイジでお馴染みの白パンやら黒パン、どれも小珍しいのも手伝って旨い旨い。ご自慢のソーセージ(写真)やハムだってかなりのものだった。これらの肉加工品は土産で持って帰れないのは残念。拙者は下戸だったのでビールについてはようわからんかったが・・・・そういや道連れの人々でもビールもりもり飲んでる人あんまり見かけなかったな・・・・
 と、書いていたらなんかチーズが食べたくなってきたので持って帰ってきたプレジデントのカビチーズ(酷い俗称)を出してきてウィルキンソンのソーダを片手にmgmg。あ、これ日本でも売ってます。
Monsan 対してフランスはパリのビジネスホテル2泊にモン・サン・ミッシェル島1泊で、頼みのモン・サン・ミッシェルは現地料理が出ると思いきや期待はずれであり、名物ふわふわオムレツ(写真)も「巡礼者にペラペラのオムレツ出すのもなんなんで、ガンガン泡立ててちょっとでもボリューミーに」という由来なのでなんつうかビンボ臭いメニューだw ナイフを入れて食べている間にもみるみるしぼんでいくという・・・まあ懐石料理のようなものと思えば・・・
 最後の晩にセーヌ川クルーズで出たコースディナーも、まあコースディナーならこんなもんだよね、という程度であって特段うまくてたまらんかというとそうでもなく、最終日の昼にルーブル美術館の帰りに拙者達だけで寄ったレストランの、特に拙者が頼んだスパゲッティミートソースは生涯最大級レベルのマズイスパゲッティミートソースでありw、正直なんでこんなシンプルなメニューをこんなにマズく作れるのかフシギでしょうがねえ。ガイドの女性の言うにはフランスでは「塩味は始めからつけてないので、卓上の塩で自分好みで味付けしてね」ということも多く、またダシをとるといった文化がないので、日本人からすると非常に味気ない味付け(?)であることが多いんだそうな。モン・サン・ミッシェルで出たスープなんぞホント味しなかったのでメッチャ塩入れましたよ。
 ちなみに全般的に塩不足であった料理の反動で土産に重たいのに塩を結構買い込んでしまった・・・・ww

 ガイドさんから「中国人観光客は中華料理しか受け付けない(ていうか、平素の食生活が日本人ほど多様でない)ので、行く先々どこに行ってもご飯は大概「現地の中華料理」しか食べない、という話を聞いてなんと無粋な連中か、とも思ったが、まあ意外にそれが残念な思い出のリスクを局限するテクニックなのかも知れないと思った。

 ドイツのソーセージのたぐいはまた食べたいなあ、と思ったけど、正直フランスでフランスの飯はもう勘弁、と思ったのだった。ちなみにフランス国内で一番美味かったのはストラスブールのイタリアンレストランで食べたピザww。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MMC秋の陣 飛騨温泉行

 おっとイカン。このままでは10月のブログがゼロだ。速攻で。
 10月6~8日の3連休でMMCのメンツで飛騨高山山中の温泉に行って来ました。毎年毎年よく持つぜ。万難を排して集まった人々に深謝。
 時間がないので超簡略版。

 >1日目
 松本駅に集合。松本城で蕎麦祭りをやっているというので昼飯を兼ねてゾロゾロ徒歩で移動。主力は3種類は食べてまんぷくりん。一押しは長いもの蕎麦並の細さの千切りとあわせたとろろ蕎麦。
 レンタカーで移動、1泊目の宿は温泉が計3種類入れる。特記事項は夜間雨天のため、雨天用に用意してあった陣笠をめいめい被って露天風呂に入ったところ、わずかな明かりに照らされた温泉に陣笠をかぶった野郎どもの頭がポツポツと10体あまり浮かんでいるという素敵不気味空間が出現。夜、ニンジャスレイヤー読んで爆笑。人狼をプレイ。

 >2日目
 白川郷と古都高山の2手に別れる。拙者は高山へ。正直古風B級グルメの街であってとても1日では足りない。牛たこ焼きの熱さに悶絶&意外に聖地巡礼は燃えるの巻。

 >3日目
 松本への帰途、途中の道の駅かららいす氏のオープンカーにきゃぷてん氏がonちゃんの着ぐるみを着て乗車。松本市内で散開して昼飯食べて解散。

 超マッハ書き込みのため画像はまたの機会に。では!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やりたいことをやってやれ(その2)

 ホント今更だけど放置しとくのもなんだしw。6月の海保観閲式の続き~。

 >3日(日曜日)
 晴海埠頭に昼前についたら既に行列が。乗船する人数は限られているものの、船内の「いい場所」を確保するためにかぶりつきに並ぶ方々もおられるようですよ。
 真昼に出港するけど船内には特設売店くらいしかないので昼食は各人で、ということなので彼女様Xが行列に並んでいる間に拙者がコンビニに買いに行く・・・・ああ、この、複数で行動してる時の・・・・なんて言ったらいいのだろうなww 一人だともう行列とか列車とか一回配置についたら動けないもんな~w としみじみ。
 観閲船4隻のうち晴海埠頭から出る船の3隻目「えちご」(3100t)に乗船してわりといい席(ヘリ甲板にパイプ椅子を並べて観覧席にしてある)を確保。船内を見て回って機関砲のすぐ根っこのところにレジャーシートを展開している家族連れに閉口したり、ブリッジにいる海上保安官にブリッジの防弾ガラスの性能について質問して困らせたりしているうちに1200出港。途中で先導船の「いず」と合流して、以降観閲船(長官やら大臣やらが乗っている。当日、既に翌日の更迭のニュースが流れていた国土交通大臣(当時)の挨拶が途中で流れて船上は微妙な雰囲気にww)「やしま」、2番船「そうや」、3番船の「えちご」と続いた。
 東京湾内で観閲式するということでなんでそんな早い時間に出るんかな~とも思っていたが意外に東京湾広い。1200に出港して1435~1540までイロイロ海上で行事があって、帰港は1700だもんな。
Yamagiri 「えちご」を含む4隻は観閲船なのでいわば主賓、これを26隻の船と16機の航空機が迎えるのだからなかなか盛大。拙者の一番の目当ては海自からの参加艦船で護衛艦の「やまぎり」。写真をうp。難しいな。遠すぎず近すぎずという写真は・・・・
 放水展示訓練、ヘリの編隊飛行、火災船を想定した消防艇等による放水訓練の展示、ヘリによる人命救助訓練、密輸容疑船の捕捉・制圧訓練と続く。秋に控えた陸上での似たようなイベントの一翼を担う身としては見る方も見せる方も海上で動いている状態でよくこんだけコントロールできるなあ、と感心しきり。
 観閲式と各種訓練展示が終わった後、最後に参加艦船・航空機による挨拶があって、特に全国から集められた巡視船・巡視艇はそれぞれご当地の工夫をこらしたアピールをやってて楽しいww 船上でゆるきゃらやらうどんやらが舞い踊り太鼓が打ち鳴らされ大変な騒ぎww
 1700、帰港。
 で、こっからが忙しかった。帰りの新幹線の中で前の日上野の松坂屋で見た北海道物産展で売ってる弁当を食べるんじゃ~と決めていた拙者は、晴海から都心へ戻るすし詰めバスの中で検索しまくって不慣れな場所で下車、地下鉄で上野まで移動して松坂屋に吶喊、豪速球で弁当と自分へのおみやげを買いまくって東京駅に移動、ロッカーから荷物取り出してバタバタ新幹線に乗車。かなりギリギリwww
 超豪華弁当を食べながら名古屋に帰る。
 うーん、やっぱり二人だとイベントの幅が広がって面白いなあ。興味はあってもチケットとるとこまでいかんもんね。
 しかしカノジョの確保したチケットで海保観閲式に連れて行かれるカレシってなかなかいないと思われるww 普通逆だよねww
 オモロイ人と一緒になったなあ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やりたいことをやってやれ(その1)

 今更だけど去る6月3日(日)に晴海埠頭から出発する海上保安庁の観艦式(軍艦じゃないのでホントは観閲式)に行って来た。陸の観閲式なら来賓席はともかく面積の許す限り外野席みたいなところにガンガン入れるけど、何しろ船に乗せて見せるもんだからチケット制なのだった。チケットは彼女様Xが中国地方の知人から入手。どんなコネだ。
 正直よほどの軍ヲタでもないと(TLにはいっぱいいるけどww)一人でこの手のイベントに行こうとは思わんだろうな。でもって年取るとホレ、腰が重くなるしww。
 いい機会だからエイヤーと二人ででかけてみた。日曜日午前中には並ぶということで日帰りはちとしんどいと思ったので、前日から移動。

 >2日(土曜日)
 せっかくなので東京見物。池袋でヘタリアカフェの予約(昼に申し込むと1900から入場のチケットがもらえた。ふらりと寄れないすごい喫茶店だ)。じ後、上野の国立科学博物館。標本と剥製(再現モデル?)でいっぱい。こういう世界・日本の科学史・文化史をざらっと網羅できる施設に子供の頃に行っておくって大事だよねえ(子供でいっぱいだった)。最近改装したのか、結構展示品も新しかったな。
590999516 ちなみに彼女様Xは零式艦上戦闘機の実物大展示に大興奮(モノホン・・・・だったと思う)。拙者は土産コーナーで見つけた「えれめんトランプ」というカードゲームを購入w。元素と素粒子それぞれがカードになっていて元素番号やら分類の方法(「常温で液体」など)やらで花札のようにカードを取っていくゲームのようだが核分裂技とかあってルールが複雑すぎる・・・・カードは十分フレンドリーなのになあ。高校程度の物理学の知識があれば大丈夫とは思う。わかる人がいれば教えてもらいながらやってみたいかな。(微妙な表現)。
 そして日も傾いたら池袋に戻ってヘタリアカフェで夕食。完全人数制限、行列なし。夜やってきた人はもう入店できない。容赦ねえ。
 まあそういう趣旨のお店なので、食事する場所としてはちょっとキャラソンのBGMのボリュームが大きいのはご愛嬌。彼女様Xはグッズを物販でイロイロ買えた上、なんか来店グッズでレアを当てて喜んでいたのでよしとする。なんでも通販で買えちゃう時代だけどこういうのは東京に行かないとないからなあ。
 魔まマカフェとかペルソナ4カフェとか、行ってみたかったデス。
         >日曜日に続く。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

平成23年度体力テスト結果

 つぶやきだと流れてしまうので記録がてらブログに掲載。

 平成23年度体力テスト結果

 カテゴリー1
 腕立て伏せ  40回(まあまあ)
 腹筋     50回(まあまあ)
 3000m走 12分53秒(かなり速い)

 カテゴリー2(40歳まで)
 走り幅跳び 340cm(不合格)
 ボール投げ   27m(不合格)
 懸垂      12回(かなりやる)

 まあ、雨天下での測定だったので・・・(言い訳)
 幅跳びは後20cmなので足場さえちゃんとしてればなんとかなるだろうとは思うけど、毎年苦労するボール投げはなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

拙者と英語とT大尉

 おっと、週イチ更新が目標であったのに早くも2月、1月の記事は1本だけというトホホっぷり。枯れちゃうぜ。

 ということで1月下旬~2月上旬にかけて兵庫某所で行われた日米合同演習に(遅ればせながら軍人人生で初めて)参加したので書けることと書けないことがあるが、まあ問題ない範囲でちょっと。
 英語について。一昨年から発作的にチャレンジしているTOEICが壊滅的な点数であったものの、結果からすれば7割5分はなんとかなった感。TOEICにはしゃべくりや英作文は入っていないので拙者の英語能力の半分は正しく評価されいないのだ!(ドヤ顔)
 日米の参加者割合が3:1であって訓練間まったく米兵と接触のないポジションもあるのに拙者は1日中長机の隣に、ていうか前後左右米陸軍将校がいるという部署でありもう腹くくって話しかけないと仕事にならん状態であり、初日のぶちかまし英語で基本的なカウンターパート(左隣に座ってる)に「俺は英語は少しだけしゃべれる。でもヒアリングがダメだ。なるだけ基本的な英単語を使用し、短いセンテンスで頼む。難しいやりとりが必要なら、ほら、白い肩章つけてる日本人がいるだろ、あれ通訳だから、あいつら呼んでくれ」と最初になんとか伝えたら後はもう気合の世界。
 双方ともに仕事できているのであり、なにも観光旅行先でナンパをしようとしているのではないから、なんとか相手の言うことを理解しようと努力する、これだけでかなり違う。上記の事情を承知したカウンターパートのT大尉は、拙者が階級では上の少佐であったこともあったのか非常に丁寧に対応してくれた。でもいざ演習が始まってからちょっと会話がうまくいかないと手を上げて「トランスレーター!」と通訳を呼ばれた時の敗北感ったらない。orz
 まあ仕事上の調整であれば通じない、ならともかく「通じたと思ってたら通じていなかった、あるいは誤解された」ということであれば問題だから、言ってしまえば最初から通訳かまされても当然である。政治家がどんなに英語ができるといっても、外交交渉をする際は必ず通訳を付けるのと同様。極論すれば。
 しかしトータル7割5分はホントに通訳なしで済んだのは自分でも驚き。なんせTOEICというわかりやすい「アンタの英語能力」は500をなかなか越えられないレベル。そりゃ自信もなくすぜ。コツは話しかけるときには脳内で英作文する時になるべくイエスかノーで相手が答えられるように組み立てること。ノーで返ってきてベラベラ続けられたらあばばばば、プリーズスピークスローリー!
 そしてカシオの電子辞書。これはスゴイ。一昨年買ったくせに今回初めて本格的に使ったのだが、紙の辞書と違って単語・熟語と横断的に調べられる上に単語の発音までしてくれるので、話しかける前に適切な単語を調べて音声を聞いて全体の会話を組み立てることができる。

 しかし・・・・全体の構文の構成能力は正直、中学校レベルのものだが、これが未だに通用する。母校の英語教師N先生の英語教育は今から思えば非常にアグレッシブで実践的であり、今の拙者のアドリブ英作文能力は掛け値なくこの人の仕込みである。三つ子の魂百までだ。感謝感激。こんど会ったらこの話しないとなあ。

Ys61bokashi
 約10日ほどの演習を一緒にこなすといやでも情がわいてくる。やっと意思疎通ができるようになったと思ったらもうお別れ。演習を記念したマーク入りの結構立派なパーカーをプレゼントしてもらって思わずウルっときてしまたった。なんて言ったらいいかわかんなかったのでとりあえず「ネバー・ダイ!」と言っておいた。みんな笑ってた。写真はカウンターパート、T大尉と拙者。

 いやいやホント、アフガンとかで死なないでくれよ。

 もうちょっとTOEIC続けようかなあ。いや、試験を受けることそのものじゃなくて、勉強しないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Island Campaign in winter 2011

 新年初書き込み。ことよろ。
 イロイロあったがとりあえず定期報告を入れておかないと。
 ということで2011年の冬コミは例によって3日ともコンプリート。やっぱり夏よりも冬だよねえ。

 >1日目
 新幹線の予約を夜中に行って仮予約のままであったため、てっきり予約済みだと思って改札を通ろうとしてすったもんだ。油断大敵だ。品川まで爆睡。
 一昨年より贔屓にしている大井町の新しい高層ホテルに荷物だけ預ける。もうホテル側も慣れたもんで既にホテルフロントの脇に段ボール発送コーナーが設置してあるww。
 時間調整がてらいつものマクドで間食・・・・と思ったらビルが工事中で消滅。駅の反対側の商店街のマクドでコーヒーとアップルパイ。
 1142に侵入。この日はどっちかっつうとゲーム・・・かな? 終わったばかりの『零の軌跡』本とペルソナ3本をざらっと買った他、打ち止め本や逆裁本等をちらほら。最も笑ったのは定番マリみてサークル『UGO』であり、セットで付いてくる紙袋はまさかにTPPネタw。マリみてメンバーがけいおんのノリでTPPを名乗って謎のバンドを結成する意味不明なものであって「私たちの歌、聞いてください!『ごはんは輸入!』」・・・・このサークルは今後もこの勢いで頑張っていただきたい。ww
 1342に退館して人の流れに逆らって定例の新木場のカレーうどん店へ。段々ここも隠れ家ではいられなくなってきたなあ。
 食後、大井町まで戻って戦利品を吟味しつつ休憩。夕方、鬼込みの渋谷でM機関員と合流してテキトーなところで忘年会。その後カラオケ。またその後実は同宿のらいす氏と大井町の隅にある意外にいいイタリアンバーで夜語り。同期はいい。

 >2日目
 起床後商店街の方のマクドで朝食。間が持たないのでもう早めに入ることにして1121侵入。この日は個人的にはプリキュアが主力。もちろんスイートがお盛んだが、ハートキャッチプリキュアだってまだまだ元気。でもってなぜかフレッシュ(の内、なぜかせっちゃん本)もしぶとい。西館で百合サークルとヘタリアをちょっとひやかす。ヘタリアと言えば今までセーシェルかハンガリーだったが台湾ちゃんという新しいジャンルの収穫。
 この日は時間に余裕があるので企業ブースも見てみる。買い物全然しないけど、まあ、世の流れを。1342、離脱。カレーうどん店。
 食後、ホテルで一服後今度は有楽町で高校同期と待ち合わせて焼肉。近居報告。実は震災直前の3月7日にたまたま名古屋で会って以来。コッチはコッチで大騒ぎであったが、アッチもアッチで大変だったようだ。

 >3日目
 そして3日目。あまりにチェックリストが伸びたため、もう後日とらやメロンに入りそうなメジャーサークルはよっぽどこの日に欲しいと思うモノ以外バッサリカットして高速で回ることにする。昼ちょっと前についたがまだ主力行列が入りきれていない。1152侵入。
 この日特筆すべきは一般・非一般問わずしてアイマス本がドッサリ。アニメの影響と思われ結構前からのファンとしては嬉しい限り。(<ただしゲームはPSP版をちょこっとやったのみ) ボカロ本も結構買った。
 名古屋に帰る新幹線が偶然横浜~岐阜まで帰る玖氏と同じであったことが判明し、名古屋駅で待ち合わせて年越し味噌カツを食べて年が暮れる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年個人的10大ニュース 

 月4回は更新したかったが最近全然ですな。
 ということで大晦日くらいはね。
 10位から挙げていきます~。

 >10 シリコンスチーマー導入(5月)
 流石にここまで下がると結構どうでもいいネタだなあ。でも多分10回も使ってないような気がする。もっと使おう。理想的な使い方は「ガスコンロで主菜を作りつつ、シリコンスチーマーで副菜を」なんだろうなあ。
 料理ついでに、スコーンのレシピ修得しました。あんまり美味しくない。要研究なのかなあ。

 >9 冷蔵庫・モニター・BDレコーダー換装or買い足し(夏)
 10年以上使った冷蔵庫を新調。容量はともかく電気代が違ってくるよと聞いたのだが具体的な検証してないな。モニタも10年弱の使用であったが流石に寿命、15インチから23インチに大幅アップ。ギミックも期待どおりで不満なし。長生きしてね。レコーダーは5ヶ月ですでに45%くらい埋まってる。ヤバイヤバイ。見ろよ。

 >8 広島旅行(宮島・呉)(6月)
  宮島と呉一体の軍艦関連施設のコンボ。なるほど世界遺産、これはすごいスケール。あなご丼も美味しかった。呉は大和ミュージアムが呉市民の熱い情熱が伝わってくる屈指の出来。その後新幹線で鹿児島中央まで行って宮崎まで列車で帰省したのも面白かった。

 >7 燕温泉(妙高・戸隠探訪)(9月)
  いつもの仲間たち+遠方からのスペシャルゲストで妙高山系の秘湯へ。詳細は過去ブログ。こういう時間は必要だよ。

 >6 スマートフォン『IS04』導入(2月)
  ソレまでiPhoneが出ようがなんだろうが全然興味がなかったのに、ツイッターを始めたのが確か2月頃、で、「ツイッターやる人はスマホが便利!」ということであっさり購入。確かに便利。その他、新宿のど真ん中で寿司屋を検索する等ナビゲートツールとして使用したり、被災地でマニアックな法律(埋葬法)を引用したり、写メをツイッターとmixiに同時投稿したりと大活躍。当初心配していたコスト面には意外にもそんなに不満はないのだが、やはりバッテリの持ちが悪いのがね・・・・これは現状ではいかんともしがたい。・・・・までも、ガラケはガラケで開発を続けていって欲しいなあ。

 >5 新ジャンルFPSに挑戦(11月)
  今まで全然興味がなかったのだが、ニコ動のプレイ動画と先輩のオススメもあって機材を揃えるところからチャレンジ。いやこれは売れる。コストパフォーマンスが素晴らしいところもGJ。来年はバトルフィールドにもチャレンジしてみようかしら。

 >4 少佐に昇進(7月1日)
  とうとう佐官に昇進。同階級で有名どころではバンコラン少佐(おい)。ジェームス・ボンドも登場時は少佐だったかな。後は・・・・サクラ大戦の藤枝少佐、ST:TNG序盤のデータ少佐など。しかし中学から軍ヲタだった身にはちょっと感慨ひとしお。同期は特に出世頭でなくてももう100人隊長(=中隊長)だからなあ。もうそういうトコなんだなあ。
 ちなみに今の段階で拙者が大佐以上にならないことは、それこそ戦争で同期がみんな死んじゃった、ということがあったとしても確実。そういう人事管理なんです。さて、いつ頃中佐になれるのかが、今後の働きっぷりによりますな・・・・
 ともあれ、叩き上げの人々は頑張っても定年間近にやっと手にすることができりょうな階級なので、その人達を押しのけて昇進していることを肝に銘じて責務を果たす所存です。

 >3 ツイッター開始(2月頃?)
 たまたま散髪か歯医者のついでに寄った本屋にあった小島アジコのイラストのツイッター入門書に触発されて始め、慣れたか慣れんかのうちに大震災発生。このHPでもブログでも掲示板でもない新メディアの功罪を目の当たりにし、このメディアは今までのどれとも違う、すごいもんだと感心。特にリツイートという仕組みは全然自分からは集めに行かない(存在すら知らない)情報もドンドン回ってくる刺激的なシステムだった。おかげで最近は見聞きするツイートの1/4くらいは放射線関連のもの。
 なんかもう、入り口の幅が広がった気がする。特に放射線にまでも、情報リテラシーは大事、大事。

 >2 災害派遣(3月11日~4月12日)
 今年は日本人は大体大なり小なりこれ上げるでしょう。直接被害を被った方々はもちろんのこと、ミクロでは首都圏帰宅困難・輪番停電、ミドルでは夏場の電力需要逼迫に放射線騒動等、枚挙にいとまがない・・・・が、そのへんはまた別で。
 個人的には入隊初の災害派遣がまさかこんな形で不意に(ていうか災害はそもそも不意だよね)やってくるとはやはりその時が来るまでピンとこないもので、その日の晩に手回り品だけ持って怒涛のごとく駐屯地を出発した物資満載コンボイの車列の中で深夜の高速道路を爆走していてもイマイチ実感がわかなったという・・・・。翌日現地入りして初めて「ああ」と・・・・もう「ああ」なんだよ。
 1ヶ月の現地臨時指揮所勤務の後、上司を残して帰隊。

 >1 例のアレ(12月17日)
  えーと。まあこれはこれからのこともあるので、ね。真剣に、誠実にやっていきたいと思います。

 今年は日本そのものが試練の渦中に叩きこまれた年であり、今まで既存のシステムに乗っかっていた多くの人々が「あれっ?」と我に返った年でもあったと思います。来年その「あれっ?」をどこまで洗い出して煮詰めていけるのか・・・正念場の年になるんじゃないかなあ。
 と、人事のように言っていますが正直2012年は個人的にちょっと・・・・ちょっと、頑張るんばの年なのでw頑張ります。

 この瞬間にもレーダーサイトや国境付近、所轄の警察署は発令センター、各インフラ関係、交通網関係等に人々が勤勉に勤務していることに感謝。日本を支えている勤勉な国民性は今でも健在だと拙者は信じています。今年最後の更新。皆様よいお年を。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧