シリコンスチーム号

 ホームセンターやスーパーの調理道具売り場で視野には入っていたものの、これ以上料理道具を増やす必要性はないな~と思って意識下でスルーしていたシリコンスチーマーですが、やはり実演販売もとい実際に使っている人の話を聞くとなんとなく欲しくなったり。
 ということで攻殻SSSの映画を観に行くついでに名古屋駅付近の無印とハンズでチラ見するが、無印ではちょうどいいサイズ(2人前)の色が黒しかなく、まあ異論はありましょうが正直食材を扱うものに黒はどうかなあと・・・・・思ったらフライパンや鉄鍋って黒でやんの。
 まあそれはさておき、できれば白がいい拙者はその後ハンズで見た、よそのスーパーでもよく見かける輸入品のオレンジ色やら緑色やらの毒々しい色の器もスルーしつつ大体の価格帯を調査し、映画終了帰宅後ネットで無印を検索するとやはりあったあの黒いヤツの白版。 ネットで売れきれだったがそもそも近所にも数軒結構大きい無印があるのでソッチを先に回ることにする。
 ということで翌日日曜日、近所の無印で白の中サイズをあっさりゲット。ミニレシピブックがついていたのでサブウェイでもしゃもしゃ食いながら梱包を開けてみる。いいレシピがあったらそのまま下のショッピングモールで材料買って帰る、つもり。
 な、なんかグニャグニャしとるな・・・・大丈夫か・・・・これで熱いの調理するの危なくないかなあ。
 結局レシピブックにピンとくるものがなかったのでとりあえずあらかじめネットで調べていたケーキのレシピの素材で家にないものを調達する。以前京都で生姜味の抹茶ラテを飲んで以来、その模倣に一時こった時期があったもののやはりあっさり飽きてw、大量に生姜茶(なぜ茶と称するのか不明だが要は生姜のはちみつ漬け)が余ったので、素材の柚子茶を生姜茶に切り替えるとして、ケーキバターは高いから製菓用マーガリンに切り替え・・・・てんさい糖って何だ? 普通の砂糖じゃダメなんですか? と独り蓮舫しつつ結局マーガリンだけ買って帰った。
 深夜になって腹が減ったので作成にかかる。玉子と、砂糖・・・・はナチュラルヨーグルトの付録の砂糖を使おう。8g×6袋で48gで大体これでいいか(<既に普通の砂糖じゃねえ!) レシピにはベーキングパウダーなしとあえて書いてあるし硬派なケーキは嫌いじゃないが、紳士はいつだって甘い匂いをさせるふわふわしたモンに弱いのさ! ということでベーキングパウダーをちょっとだけ小麦粉に混入してふるい入れる。製菓は調理と違ってアドリブでイロイロしたり、経験に乏しいのに応用しようとすると大惨事になりやすいデリケートなシロモノであることは十分承知している。が、ま~パウンドケーキのようなもので失敗といっても限度があるじゃろ。主素材、砂糖、ベーキングパウダーと3点の術式改変を行い最早原型をとどめなくなってきた。
 シリコンスチーマーに流し入れる。どろー。
 この間に初めてオーブンとして利用するオーブンレンジの予熱が終了した旨の音が鳴る。マニュアルが見つからなかったのでメーカーのPDFをネットで見て設定した。もうネットすごい。
 さて樹脂製の容器をオーブンで熱することに不安を覚えなくもないが、壁面に接触させないようにしてそーっと入れて、スタートボタンを押す。後は筋トレやってるうちに焼き上がるのを待ち、そのまま念のため余熱で温めつつシャワーを浴びる。
Cake01
 そしてオープン! さあ御覧ください父上! 教えてやろう本当の夜を! とGロボごっこを始めるがごとくハイテンション。う~ん、ちゃんと焦げ目をついていてそれらしい。まな板の上に転がしてトントンで落ちる。生地を入れる前にマーガリン塗っといてよかった。
 いただく。デリーシャス! 生姜の風味が新鮮だ。しかしコレそもそもシリコンスチーマー使う意味あったんかな(意味崩壊)

 ちなみに冷蔵庫で冷やしておいたのを翌日食べたら程よい程度に硬くなっていてオドロキ。これベーキングパウダー入れんかったらもっとカッチカチや!
 普通のパウンドケーキ型でも多分できると思うので試してみてはいかがでしょうか。さあ、次回は本来の蒸し物にチャレンジしてみるかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

HTT

 ホルモンたらふくタイム!(炎) ということで法事で帰省していた玖と名古屋ホルモン『炭火焼 ばつぐん屋』に挑む。とら名古屋を起点に結構歩いたが実は名古屋駅からの方が圧倒的に近かった! ガッデム!
Supecialholmon
 手始めにそれこそちりとり大の皿にドッカリ盛られた1kgのバツグン盛りホルモンスペシャルからスタート! 二人とも下戸なんで最初から白飯だ。拙者いつも物足りないので今回は最初から大盛り。玖は中盛。これが後ほど死命を制すとは!
 まずレバ刺し! 塩とごま油でいただく! うまさにハイタッチ! ユッケ! そして1kgのホルモンをモリモリ焼き進む。テッポウ系が多いので拙者的には大満足。しかしここで妙に分厚いハチノスが1切れしか入っていないことに気づいた玖がハチノスを追加。拙者は欲望の赴くままに大阪ではメジャーだが名古屋では珍しいマルチョウを追加。マルチョウは相変わらず脂ギラギラでうまい。そしてこの店のハチノス! なんだこのハチノス! 未体験ハチノスに二人して巨大化。最早別の部位のよう。そして玖がメニューの隅に見つけた「タコキムチご飯」を注文。くっ、そんなメニューがあったのか・・・・なんかホルモンスペシャルに浮かれてご飯大盛りで飛ばした拙者のなんと浅はかなことだろう・・・・今度からもっとメニューを吟味してご飯を注文する!
 さらにメニューの隅に「コロタン塩味」を発見した玖がさらりと注文。豚の舌の角切り。ギリギリ焼いてレモン汁で食べるとこれまた未体験ゾーン! ううっ、結構お腹が・・・・しかしまだ小腸を行くぜ!
 というこで全力全開をかました拙者はもう「甘いものは別腹」とはとても言えない状態に。また来るぜ! とよろけつつ退散。しかしどんな店に入っても冷静にメニューを検討することを忘れない玖・・・・まさにホルモンの軍師!(<ホルモンだけじゃねえよ) 拙者、脱帽でござる。

 デジカメを忘れたので携帯で激写したがまだ新しい携帯なので取り出し方がわからぬ・・・・ま、でもうまかった! 再戦だ! ご飯は中盛な!(<弱気)
※)6日0645 写真追加

| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょうの料理ビギナーズ

 17年も料理をやってきて今更ビギナーズもないが、まあ初心忘るべからずということで。
 11月号は『ストックおかず』特集。今回のチョイスは直径26センチのフライパンをフルに使って焼くお好み焼きサイズの大型韓国風ハンバーグ。「円いものをひっくり返すのならまかせろ!」というわけですが、フライパンに調味料をこね入れた肉を展開して火を入れたところで、肝心の玉ねぎを入れ忘れていたのに気づいて慌てて火を消してボウルに戻して玉ねぎを刻んでまたこねて投入、という事故未遂が発生したため、粗みじんの玉ねぎが災いしてたいそう荒々しいハンバーグが出来上がってしまった。味は成功。玉ねぎはもっと細かく刻んだ方がよろしかろう。
 しかしなんだな。この「見た目荒々しいハンバーグ」を見て連想するのが「か、勘違いしないでよね! 沢山作りすぎちゃったから、余ったのを持ってきただけなんだから!」という汎用ツンデレ台詞というのは、もう末期的ですな。いかにも初めて一生懸命作りましたというこの焦げ焦げ感が・・・・
 いや、やめよう。やめて『もっとToLoveる』を見よう(<悪化するよ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

深夜食堂(自宅編)

Raoil7 また2ヶ月ほど全然桃屋、SB製ともに具入り辣油が見当たらなかったため在庫を取り崩しながらドキドキしていたのだが、最近立て続けに週イチ程度では見つかるようになったのでマメに買っていったら現在在庫が7つ。どんだけ好きやねん! いやいや、また次いつ会えるのかわからんので、見敵必殺ということにしている。当初そうでもなかったのが最近どの店でも「おひとり様おひとつ限り」となっているのでコツコツコツコツ、見たら買う、を繰り返しているのであった。
 用途はこれまで納豆ご飯、炒め豆腐かけご飯、くずし豆腐かけご飯(<大豆とり過ぎ?)、ざるうどん、胡麻だれかけざるうどん、素うどんに摘要。素晴らしい。健康への悪影響を考慮し過ぎてかえって栄養不足になってませんか的粗末なメニューがかなり満足感のあるちょいとしたメニューに!
 まあでもなあ。そろそろ一人で喰う飯はしんどいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回転機関 補足

 以前の職場と違って最寄の陸軍病院となると大阪に行くしかない。流石に遠い。ということでイロイロ相談して導眠剤の切れかかった拙者は岐阜にある空軍病院に行くことになった。
 で、抜けるような青空のいい天気でバンバン戦闘機が離陸する癒される空軍基地内の病院で新しい精神科医にあれこれ聞かれた後薬をもらい(鎮静剤が追加された・・・・落ち着けってことだろうか)、マイクロバスにゆられてウトウトしながら帰ってくる途中、春日井市内で久留米時代に相当食った回転寿司『函館市場』を見かけて一発で覚醒。ここに! いままで『名古屋市』だけで検索していたのだが拙者の居住区は名古屋の東北の辺境にあり、ちょっと自転車をこげば隣の春日井市に侵入してしまうのだ。職場でシネコンとかうまいもん情報を聞いても春日井市の情報ばかりが出てくるが、みなさん車持ちなので脳内で勝手にフィルタリングしていたが、実は意外に近いのではないか・・・・検索してみると春日井市役所近辺にある支店を視認したようだ。mapfanルート検索によると7km弱。余裕だ!
 よし、今後は春日井市近辺を捜索だ。しかし名古屋市に手頃な回転寿司店が不足していることには変わりはないんだよねえ。
 ホルモン屋も募集中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回転機関

 新任地に到着してまず最初にやらなければならないことは地理の掌握である。特に現在車持ちでない以上、自転車で普段回れる範囲(往路約10kmが目安)にどこに何があるのか、スーパー、大型書店、家電店、交通の要衝等を掌握しておくことは重要である。また自転車での移動により地域の高低差も把握できて面白い。名古屋東部は南下すると一時標高が上がるのだ。海に向かって下がるという感覚の太平洋岸・本州瀬戸内海沿岸居住を主としていると違和感があってそれがまた楽しい。

 ということで引越し直後からスーパー(なんとこの地域のスーパーは9時にはあらかた閉まってしまう!)等のチェックに併せて週末の自分へのご褒美の場所、すなわち外食店(<職場では奇異に見られる勢いだが週末以外はめったに外食しない内食派)=つけ麺or回転寿司店の掌握であるが、関東、といっても千葉近辺と池袋~練馬~埼玉といったほんの一部分しか知らない分際で比較するのもアレだが、転属前からのリサーチでも抱いていた疑念、すなわち「名古屋東部は関東圏に比して回転寿司が盛んではない」疑惑が現実のものに。すなわち絶対数が少なく、コストパフォーマンスが悪いのではなかろうか、という。
 昨日までにチェックした回転寿司店は以下の通り。

 >1軒目:イオン内蔵
  転居2日目に攻略。自転車で15分。ナゴヤドーム横の巨大ショッピングセンターに内蔵されているため当然地代が乗っかっているせいか結構割高感。ネタはそこそこ値段なり。おそらくここにはもう行くことはないだろう。

 >2軒目:すし市場
  4月上旬攻略。自転車で15分。典型的郊外型店だが値段的には上記イオン内蔵と同等であってすなわち割高。そして衝撃だったのはシメ鯖がない! 寿司屋なのに! ていうかこの件については異論も出たのだが、やはり拙者は寿司屋にシメ鯖がないのは牛丼屋に入ったらカレーしかないレベルの衝撃であって実は許せない。ものごっつい好意的に解釈すれば「鯖は鮮度が命のネタなので、新鮮なものが入らない限りお客様にお出しできません」といった店の誠意と無理やり曲解することも可能だが、しかし現在の流通で生はともかくシメ鯖も出せないというのはいかがか。ここにももう行くことはないだろう。

 >3軒目:くら寿司
 言わずと知れた100均全国チェーン3人衆の一人。4月中旬攻略。東山公園方向に斜面を登り続けること自転車40分。言わずと知れた全国チェーンであって当然埼玉にいた頃も相当食っていて安心だが、新鮮味はない。まあ100均にしてはそこそこの質であり、最近強化されたうどん各種もおいしいのでモンクはありません。しかしちょっと遠い上に、東山公園方向というのはショッピングモールもあるものの特に用事がある地域でもなく、くら寿司のためだけに坂を登り続けるのもちょっとねえ。ま、行けたらまた行くでしょう。

 >4軒目:スシロー
 大阪に本拠地を置く100均全国チェーン3人衆が一忍(<なんじゃそりゃ)。埼玉付近では全然見かけなかったが千葉の店には結構行った。ウッカリ検索忘れていたことをジョニーに指摘され、改めて検索すると自転車20分程度の位置にあった。行く。100均にしてはそこそこ。ここもまた行くかも知れん。

 >5軒目:アピタ内蔵
 あまり聞き覚えがないのでおそらく名古屋もしくは愛知ローカルのスーパー(ていうかミニモール)に内蔵されている回転寿司。正直アピタそのものは近所のおっさんおばちゃん達がヘタすっとスウェットで買い物に来るようなスーパーであるが、価格帯が恐ろしく高く、そのせいか超飯時に入ったのにガラガラだ。ネギトロ軍艦1枚(2貫)300円! 別にネギトロ大盛りというわけでもなく標準サイズであり、どこの高級食材やねん! と突っ込む。シメ鯖も締めすぎて真っ白で鯖の旨みが台無しだ。腹5分目で出たにも関わらず1050円。う~ん。ここも多分来ないでしょう。

 この他、栄方面に行く途中に100均3人衆最後の砦、かっぱ寿司があるのだが、神戸でも千葉でも拙者を失望させたかっぱ寿司が当該地域だけ激旨という可能性は極めて低く、メンタルチェックで外した。

 さて、ここで「そんなにいい寿司が食いたいならもうカウンターで板前さんとサシで勝負する店に行けばいいじゃない!金もあるじゃろ!」と当然のようなツッコミが入るわけだが、違う違う、そうじゃな~い、って鈴木雅之だっけ、ていうか、回転寿司であることに意味があるのだ。回っているのをボーッと見ていて気に入ったのを取るのもよし、食いたいものを板前さんに注文するもよし、期間限定メニューを眺めて検討するもよし、コストダウンとバリエーション強化を図るあまりに生み出された奇怪な創意工夫メニューを試してみるもよし、ひと休みして客層を観察するもよしという自由が回転寿司にはある。そしてたまにはやんちゃして甘いものでシメるのもよし。マジ寿司屋ではなんかこう、「勝負!」みたいな緊張感があって、それはそれでいいのだけれども、特にひとりメシにそんなに金かけようとも思わないしねえ。ひとりメシの上限は1500円くらいであろうか。

Oasis21


 と、愚痴っていたところそこはやはり3人寄れば文殊の知恵、スカイプ通話で数人がかりで調べてもらった結果、オアシス21という名古屋栄地区にある意味不明な巨大建造物のショッピングモールの中にも回転寿司があることを聞いて、昨日確認する。『にぎりの徳兵衛』オアシス21店。

 >6軒目:にぎりの徳兵衛
 これはイケる! 名古屋は回転寿司不毛地帯(<失礼な)ではなかったのだ! でもなんだろうな、こんな都心部のモール内にあるのに割高感が全然ない。ネギトロ1枚180円。(<回転寿司の価格基準をネギトロに据える拙者)季節ものも豊富にあり、鯛の天ぷら握りなんかも面白い(<揚げたてで熱くて吹いた)。シメ鯖も締めすぎておらずほどよい生っぽさがグー。これでもうちょっと家に近けりゃなあ。
 ちなみにアピタ内蔵と当店で見かけた自動精算システムがすごい。関東でも見かけなかった。メモしておく。

 しかし均すと毎週1回程度回転寿司に行ってることになり食い過ぎ・・・・ていうか埼玉時代もそんくらいは行ってたな。埼玉ではなぜか回転寿司店とシネコンがいい感じにリンクしており、金曜日には早上がりして回転寿司を食い、そのままレイトショーを見に行って1週間をシメるというご褒美コースがあったのだがここでは・・・・おっと、今度は行きつけのシネコンを探さねばなるまい。これまた名古屋東部では厳しいんだよねえ。
 ちなみにつけ麺店は相当数掌握しており困らないレベル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自家製食べるアレ

 >自家製桃屋のアレモドキ
 先日苦心して作成した桃屋のアレモドキだが、確かににんにくとネギとフライドオニオンをごま油で仕上げたブツなのでスパイスとしてそんなにマズイわけではなく特に丼モノに乗っけたらそれなりにおいしく、桃屋のブツが軌道に乗るまでは持ちこたえられると思うのだが、なんだか油っぽいんだよなあ。主原料が油なんで当たり前だけど。
 ちょっと油断して使いすぎると器も唇も油でギトギトだ。

 >プリキュアの妖精が
 エピソードの最後に身震いして出すアレがやはり問題化しているらしいw
 いや、最初っから「アレはちょっといただけねえなあ」と思ってたんだけど、まああの絵柄ならいいか、と許してたら許せない人々もいたらしい。あはは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テキサスのかたきー!

 と聞いて初代ガンダムを思い出すか、それとも太陽にほえろを思い出すかでジェネレーションギャップが顕在化すると思いますが、どのみち若くないよね! ということでテキサスバーガーを食べそこねた拙者はニューヨークバーガーもハワイアンバーガーも食べてみた。どっちも結構な値段がする気がしたが、よく考えたら1個100円のハンバーガーの方がイロイロ突っ込みどころがあるのであって、昨今報道される名ばかり店長の蟹工船状態やバイト嬢の女工哀史状態の上に成り立っている激安価格と考えると、まあまあ、そんくらいはしまっせ、金とっていいよと思います。
 
 >ニューヨークバーガー
 う~ん、なんかバンズはちょっと上等? そしてベーコンの存在感がちょっとある、程度。一口食って「おおおお!ブロードウェー!」という感じはちっともいたしません(<どんなんや)。 まあ、まずくはない。どっちかというとおいしい・・・・が、500円弱払うんだったら悪いけどモス行くかどうか迷うところ。

 >ハワイアンバーガー
 ポスターの見た目からしてロコモコを意識しているのが丸わかりだが、食べてみても玉子の存在感が霞んでしまっている上にソースもなんかハッキリしねえとぼけた感じ。こっちだったら正直迷わずモスに行くぜ! ていうか、なんかもっと、ないかねえ、「カリフォルニアバーガー(<アボカド入り)」とか、「アラスカバーガー(<サーモン入り)」とか。ちなみに甘いものも欲しくなってフルーリーも頼んだので合計700円超え。吉牛行ったら腹いっぱいだぜ。ていうか吉牛も不自然な安さだよね・・・・

 テキサスバーガーの再発売に乞うご期待だ!
 ・・・・どうしてこんなにこだわってるんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mチーム・市が尾再襲撃

 例によって神の悪戯としか思えない奇跡の肉を食いに市が尾に侵攻する5人の男達。
 この焼肉屋に入るとき、我々の財布の紐は緩いのではない! そもそも存在しないのだ!
 うまいから!

 チョレギサラダ×2
 カルビ×6
 上カルビ×4
 鶏の軟骨×1
 ユッケ×2
 レバ刺し×2
 牛ホルモン×1
 何かの肉のタタキ×1
 白ご飯×10以上
 冷麺×3
 その他飲み物多数

 食った! もうドレスデン爆撃のように食った!(<ドレスデンの皆さんごめんなさい) そして感涙にむせぶ我々。
 34000円! 安ッ!(<いやホント)
Ichigao200907_2
 ていうかもうこの上カルビ食べたらねえ、もう普段の理不尽なアンナことやコンナことにも耐えられるってもんさ~って何回同じ写真のっけてんだよ! いいんだうまいから!
 食ってる最中テンション上がりっぱなし。
「こんなに贅沢してたらそのうち神様に怒られそうだ。『お前らばっかりうまいもん食いやがって!』」
「そしたら言ってやりますよ、『うるせえ! お前は林檎でも食ってろ!』」

 ひどいなあ。
 ひどいついでにもうひとつ。

「カルビあと2人前追加お願いします~」
店員「あっ・・・・カルビ・・・・ですか・・・・」
 一同戦慄する。あまりにうまいこの焼肉屋では時間が遅くなると時折「カルビ切れ」という本来であれば焼肉屋にあるまじき現象が発生する。しかしこんだけ旨いならしょうがない。旨けりゃ許される。だが我々にはよこせ!(<ヒドイ)
店員「ちょっとお時間頂きますけど・・・・」
我々「どうぞどうぞ! ナンボでも待ちますよ!」
「前、カルビ切らしたことあったからな・・・・・」
「まあまあ、そんときはそんときで上カルビに切り替えればいいんですよ」
「まあ、そうだねえ」
「そんで上カルビもなかったら特上カルビにすればいいんですよ」
「まあ、そうだねえ」
「あんたら・・・・そんなこと言ってたら空から白い光が落ちてきて塩の柱にされますよ」

 札幌でならした俺たちMチームは濡れ衣をきせられ当局に逮捕されたが、関東一円に脱走して地下に潜った。だが地下で燻っているような俺たちじゃあない。味さえよけりゃあ金次第で何にでもチャレンジする命知らずだ。不可能を可能にし、この世の美味を食べ尽くす、俺たち特攻野郎、Mチーム!
(テーマ曲開始)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刀削麺館 襲撃

 以前通報のあった刀削麺の店を、通報者他2名と共に襲撃する。東急池上線というこの一件がなければ一生縁がなさそうなマニアックな私鉄を五反田から6分、大泉学園から都合55分のうまいもんのための行軍である。
Tosyou01
 入るなり刀削麺を含むコースを2人前頼み、続いて待ちきれずに刀削麺(なんか山椒山盛りの辛そうなヤツ)を頼み、コースの先頭、定番のくらげとか煮豚が来ると同時に猛然と食べ始める。併せて麻婆豆腐! おっと忘れてたぜ白飯! にんにくの芽と豚肉の炒め物! ピータン! カシューナッツとなんとかの・・・・とにかく炒め物! そっそれから酢豚と春巻きとホラ貝のなんとかと・・・・あわわわ、もうひたすら食って食って食いまくり戦友達は紹興酒もくらいつつただひたすら「うまいのう、うまいのう」とうめき続ける1時間半の激闘。刀削麺を削るところもご主人の許可を経てしっかり撮影。ていうかもう杏仁豆腐が出てくる辺りには拙者のもうのど元まで中華料理満タン! 爆発寸前であってもう「今、電車乗ったら・・・・出る・・・・」という勢いだ。そういや昨日もホルモン焼きたらふく食ってたな・・・・食べ過ぎだ。
Tosyou02
 ていうかこんだけ食って一人頭2500円と激安! 嘘やろ! 大丈夫この店! と心配しつつ大満足な一時間半だった。この店をつぶさないためにもぜひまた行かないと! そしてみんな行きましょう!

Tosyou03
 ところで今グーグルストリートビューで見たら当該店舗は『チュニジアレストラン』という吹けば飛ぶような(ていうか実際飛んでしまっているわけですが)店舗として撮影されていた。やはり前身も食堂であったようだ。諸行無常。
東京都大田区南千束1丁目4−5をググれ! そして行け! 同士達よ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)