« Island Campaign in summer 2012 | トップページ | ソニー電子書籍端末 350とT2を比較 »

斜陽国家の国境維持

 たまにはブログも使ってやらんとのう。

 ソ連地上軍と言えば気に入らないところがあればとりあえずキャタピラで踏んづける旧ソ連のキャタピラそのものであり、運用に見合った実力を持ちそれなりに恐れられていたのだが、ソ連崩壊時にはやっぱりすったもんだあって弱体化するわけです。兵営で餓死者が出たりとか、原潜を岸壁につけた際に陸から引っ張る原子炉管理用の電源の電気代が払えなくて、電力会社に送電止められたら(止められそうになったから?)海軍陸戦隊が発電所まで乗り込んでムリヤリ送電させたりとか(強盗だww)そらもうスゴイgdgd感あふれるニュースを当時よく聞きました。(余談だけど多分この時代に相当な兵器が流出したんじゃないかなと想像。「軍人は自分の飢えには耐えられても、家族の飢えには耐えられない」って言葉をどっかで聞いたことがある)
 で、そんな状態だと国境付近もなんかザワザワするわけです。ソ連圏から離脱した中央アジアとか中国とかが「○○は元々我々の~」とか言い出す。実力行使と既成事実化のリスクが高まった。
 その時、ロシアの大統領だったか軍の要人だったか忘れたけど、それなりのひとが「ワレ、何やコラ、国境侵犯とかナメたことしくさったら『最初は地上戦力で奪回を試み・・・・』なんてお行儀のいいマネせえへんど。イキナリ核食らわすぞコラ」と恫喝して事態を沈静化させた記憶が。地上部隊がスカスカ、ガタガタになっても、必要な時に必要な核弾頭を必要な場所に送り込むことができる能力と、「ロシアならやりかねない((((;゚Д゚))))」と思わせる過去の歴史を持っているからこそ効いた言葉であって、「その手があったかー!」と子供心に手を打ったものです。(このへん個人の記憶によるもので、ウラとってません~)
 え? 日本? ナイナイ! 50万歩譲って保有したとしても「あのチキンな被爆国が自分で使うわけないじゃーんプークスクス」とか言われて終わりですよ。最後の「アイツならやりかねない!」要素が抜けてるんですね。

 我が国が「やりかねない」って思わせることってなんだろう。

 はい、バンザイ・アタックですね ( ̄д ̄;)アアン

|

« Island Campaign in summer 2012 | トップページ | ソニー電子書籍端末 350とT2を比較 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

原発停止の超法規的措置をアッサリ承諾する国民性を見て、逆の意味でビビってもらえませんかね?^^; なんせ、ポリシーが無い連中の方が危険だと思うので。

投稿: そー | 2012.09.17 11:56

浜岡原発のこと言ってます? あれはどうですかねえ。ノイジーマイノリティだったと思いますよ。あの時電力会社は「そんな権限アンタにないでしょ」と蹴っ飛ばしてもよかった。問題があるのは制度の方であり、止める義理はなかったんです。もしほんとに浜岡に危機が迫ってるんだったら保安院等を通して正規に止めればよかった(運転許可の取り消し?)。手続に時間がかかるんだったら、非常時にそういう命令が出せない制度に問題あったのであて、「空気読めよ」と損害を民間会社に負担させてよしとする風潮はいかがなものかと。

投稿: 科神博士 | 2012.09.20 20:18

コメント付いても気付かないな、遅RESスンマセン。
そうですね、浜岡もそうだけど、他の原発を含めて、ですね。ノイジーマイノリティを放置して、その方針を承諾してしまうのって、ムッチャ怖いですよ。

投稿: そ | 2012.09.29 13:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/55676162

この記事へのトラックバック一覧です: 斜陽国家の国境維持:

« Island Campaign in summer 2012 | トップページ | ソニー電子書籍端末 350とT2を比較 »