« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

やりたいことをやってやれ(その2)

 ホント今更だけど放置しとくのもなんだしw。6月の海保観閲式の続き~。

 >3日(日曜日)
 晴海埠頭に昼前についたら既に行列が。乗船する人数は限られているものの、船内の「いい場所」を確保するためにかぶりつきに並ぶ方々もおられるようですよ。
 真昼に出港するけど船内には特設売店くらいしかないので昼食は各人で、ということなので彼女様Xが行列に並んでいる間に拙者がコンビニに買いに行く・・・・ああ、この、複数で行動してる時の・・・・なんて言ったらいいのだろうなww 一人だともう行列とか列車とか一回配置についたら動けないもんな~w としみじみ。
 観閲船4隻のうち晴海埠頭から出る船の3隻目「えちご」(3100t)に乗船してわりといい席(ヘリ甲板にパイプ椅子を並べて観覧席にしてある)を確保。船内を見て回って機関砲のすぐ根っこのところにレジャーシートを展開している家族連れに閉口したり、ブリッジにいる海上保安官にブリッジの防弾ガラスの性能について質問して困らせたりしているうちに1200出港。途中で先導船の「いず」と合流して、以降観閲船(長官やら大臣やらが乗っている。当日、既に翌日の更迭のニュースが流れていた国土交通大臣(当時)の挨拶が途中で流れて船上は微妙な雰囲気にww)「やしま」、2番船「そうや」、3番船の「えちご」と続いた。
 東京湾内で観閲式するということでなんでそんな早い時間に出るんかな~とも思っていたが意外に東京湾広い。1200に出港して1435~1540までイロイロ海上で行事があって、帰港は1700だもんな。
Yamagiri 「えちご」を含む4隻は観閲船なのでいわば主賓、これを26隻の船と16機の航空機が迎えるのだからなかなか盛大。拙者の一番の目当ては海自からの参加艦船で護衛艦の「やまぎり」。写真をうp。難しいな。遠すぎず近すぎずという写真は・・・・
 放水展示訓練、ヘリの編隊飛行、火災船を想定した消防艇等による放水訓練の展示、ヘリによる人命救助訓練、密輸容疑船の捕捉・制圧訓練と続く。秋に控えた陸上での似たようなイベントの一翼を担う身としては見る方も見せる方も海上で動いている状態でよくこんだけコントロールできるなあ、と感心しきり。
 観閲式と各種訓練展示が終わった後、最後に参加艦船・航空機による挨拶があって、特に全国から集められた巡視船・巡視艇はそれぞれご当地の工夫をこらしたアピールをやってて楽しいww 船上でゆるきゃらやらうどんやらが舞い踊り太鼓が打ち鳴らされ大変な騒ぎww
 1700、帰港。
 で、こっからが忙しかった。帰りの新幹線の中で前の日上野の松坂屋で見た北海道物産展で売ってる弁当を食べるんじゃ~と決めていた拙者は、晴海から都心へ戻るすし詰めバスの中で検索しまくって不慣れな場所で下車、地下鉄で上野まで移動して松坂屋に吶喊、豪速球で弁当と自分へのおみやげを買いまくって東京駅に移動、ロッカーから荷物取り出してバタバタ新幹線に乗車。かなりギリギリwww
 超豪華弁当を食べながら名古屋に帰る。
 うーん、やっぱり二人だとイベントの幅が広がって面白いなあ。興味はあってもチケットとるとこまでいかんもんね。
 しかしカノジョの確保したチケットで海保観閲式に連れて行かれるカレシってなかなかいないと思われるww 普通逆だよねww
 オモロイ人と一緒になったなあ・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »