« どんな星なき夜でも (その1) | トップページ | どんな星なき夜でも (その2) »

宇宙戦艦ヤマト2199

 ネタバレあり〼。

 よく考えたら拙者たちが中高生だった時代によく摂取したアニオタコンテンツの作り手である若手クリエイター世代だった人たちが、年を経てそれなりの立場になり好き勝手(褒め言葉)できるようになったのだからもうステキな時代になったと言える。

 本作はそれこそ「(旧作)ヤマト見てこの業界を目指しました!」という人々が作っているのだからもうなにもかもわかっている。どこに現代の技法や技術を生かし、どこを元のまま受け継ぐのか。過去の作品をリメイクする際に立ちふさがる非常にデリケートな問題をほぼ解決している。
 宇宙軍用艦や戦闘機のデザインが細かくなり、漢字表示などマニア心をわざとらしくくすぐりw、まるで戦闘機のドッグファイトのような宇宙戦を描写、冥王星会戦にちょっとした裏設定を付加し、ガミラス人には独自の言語をしゃべらせて字幕付き、森雪以外これといったヒロインがいなかったむさ苦しい艦内も大幅女性陣アップ!w あの乗艦時に銀髪をバッサリ切った美人は山本の婚約者か誰かなのかーッ! ていうか山本最初っから死んでんなよ。
 それでいてもうモーパイにすら登場した有名過ぎるセリフ「馬鹿め!」も健在である上、懐かしいBGMも要所で流され・・・・古代達が不時着して周囲を確かめるため遊星爆弾のため干上がってしまった海底を走り、丘を越えるとそこには・・・・夕日に照らされて坊ケ崎に擱座する、赤錆たヤマト、いや戦艦大和。
 これがやりたかったんだよね? これが見たかったんだよね? と作る方見る方が一体となった瞬間だった。目頭が熱くなる。

 以下、アニメとはあんまり関係ない話。
 大和といい、ヤマトという。西崎某氏の妄執がどうあれ、この戦艦が日本人に与えた影響ってもはや呪いに近いんじゃないのかなと思うんだけどどうだろう。その建艦当時の未曾有のサイズ、そして出撃時には既に時代遅れの産物となり、理不尽な作戦にしたがって海に没した実に日本人好みの悲劇性。しかし戦後の造船にも影響を残した部分的な先進性、そして後の世には海から掘り出して宇宙に飛ばして地球を救わせるという・・・・
 日本人独特のメンタリティに更にコレほど強烈な上書きをした軍艦が、というか戦史上の存在が他にあっただろうか。同じ世界設定を例えばアメリカ人にホイと渡しても、干上がった真珠湾から地表を割って宇宙に出撃する『宇宙戦艦アリゾナ』とか絶対作らんだろうw。

 本編だけでも楽しめると言えば楽しめるけど、旧作を知っている人向けだよね基本。と思ったのでした。しかしスタッフロールにさりげに海上自衛隊の文字が・・・・ww アンタ何やってんのww
 海上自衛隊の現役世代分布を考えると、将来どこぞの国と戦争になって、海戦で追い詰められた時に「敵艦隊から降伏勧告です!」と通信兵に報告されたら・・・・10人の艦長達のうち9人は答えると思うw。
 「『馬鹿め!』」

|

« どんな星なき夜でも (その1) | トップページ | どんな星なき夜でも (その2) »

「アニメ等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/54472982

この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙戦艦ヤマト2199:

« どんな星なき夜でも (その1) | トップページ | どんな星なき夜でも (その2) »