« 西春日井郡豊山町 | トップページ | 2011年アニソン10傑 »

映画 『聯合艦隊司令長官 山本五十六』

 ま~興味がないわけでもなかったが「戦艦と零戦が見たいです!」という同行者がいなければなんだかんだ言って見なかったかもしれない映画。のくせに結構こっそり泣いてたり。
 歴史解釈にも流行り廃りがあるようで、昔ほど『海軍善玉論』は聞かれなくなり、最近はむしろ戦争責任は陸軍とか、海軍とか、政府とか特定のどこかの勢力の謀略によるものではなく、メディアや国民性や役所のセクショナリズム等、当時の大日本帝國の「構造」そのものにあったとするNHK特集を見てなんとなく納得する昨今。
 でありかつ、原作者が「ノモンハンの夏」の半藤一利氏であるから、多分単純な「山本五十六スゲー!」という話ではないんだろうな、とある意味安心して見始めた。
 むーん。
 ほんとに沢山の人間が「このままじゃマズイよ」と大なり小なり感じつつも、当時の帝国の直面するあまりに大きな問題の前に、勇ましい掛け声と閉塞感の中で転がり落ちていく・・・・その中で必死でもがき苦しむ五十六の姿を役所広司の淡々とした演技の中に見た気がする。多少政治に関与できる場所から現場である聯合艦隊司令長官に遠ざけられたならば、機関の部品として与えられた命令に従いベストを尽くす。だって軍人だもの。
 特筆すべきは山口多門を阿部寛が演じているので時期的にNHKドラマ『坂の上の雲』の秋山好古と被ってかなり笑ったがキャラクターもモロ被りなので存分に楽しめた。ちなみに豪快な山口多門像と対照的な、いわば小役人的な立ち回りを与えられていた南雲忠一、臆病な親父のような描写をされているが、軍令部の方針と山本長官の指針との狭間で苦しむ指揮官としての苦悩を匂わせるところもあり正直ここらへんが涙腺を直撃。wikiると南雲中将を日露戦争における乃木大将のようにdisるのは最近の流行りだそうだが、果たして。
 ちなみに戦闘シーン。CGもかなり発達してきたので、円谷特撮からCGに切り替わったばかりのゲーム画面のようなガシャポコとは隔世の感あり。すごいなフツーに何の違和感もなく実写に見える。大したもんだなあ。

 『踊る大捜査線』もそうだったけど、別に現役軍人でなくったって組織に生きる人間にとっては非常にこう・・・・なんていうか・・・・ようはオッサン泣かせの映画だと思ったww。オススメです。

|

« 西春日井郡豊山町 | トップページ | 2011年アニソン10傑 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/53561195

この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『聯合艦隊司令長官 山本五十六』:

« 西春日井郡豊山町 | トップページ | 2011年アニソン10傑 »