« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

天安艦沈没/映画

 先日『キャプテンアメリカ』を見に行こうとしたら時間調整に失敗して数時間空いてしまい、そのまま街中で携帯いじっていると名古屋駅近くのミニシアターで一部でコアな人気を誇る電人ザボーガーをやっていることが判明。しかし時間が非常にタイトであって、シネコンからキャプテンアメリカを見終わった瞬間にミニシアターにおらねばならず・・・・まあ、とりあえずそのミニシアターをやらを見に行ってやろう、と思って前進~。
 すると、名駅西側のビジネスホテルやエロい店や居酒屋がごちゃごちゃしているゾーンに、道端に直接窓口があってその横からほぼ直で映写室に入るスゲエ小さい映画館をハケーン・・・・で! なんか昨年春の韓国の哨戒艦(これどういう等級カテゴリーなんだろうな・・・・)沈没事件は本当に北朝鮮海軍による魚雷攻撃のためなのかーッ! と疑問を呈する韓国産ドキュメント映画をやっていたのだった。その映画館は映写室が1つしかなく、時間的に連チャンで電人ザボーガーが見られる! よし! 見よう! ということで見る。(キャプテンアメリカどこ行ったのー)

 趣旨はこうだ。
 「あのハングル数字が記入された魚雷は古過ぎる。文字が残っているのはおかしい」
 「雷撃による沈没というが雷撃特有の水柱を見たものがいない」
 「遭難時間が米韓当局で当初まちまち。これは何を意味するのか」
 「当日近海で行われていた演習に参加していた米韓艦艇の動きが不審」
 「その他上記疑問を呈する韓国国民に対する当局の圧力がヒドイ」

 などなど。ただ結論は出ないものの、映画の主張は「調査は不十分であり、今の材料で北朝鮮の雷撃によるものとするには検証しなければならない点が多い」に重点が置かれている。いや、正確に言うと「こうも説明できるのではないか?」ということで・・・・ま、ここでほのめかされているのは合同演習をしていた米原潜による魚雷誤射、あるいは衝突なのではという説。流石に自作自演説は出てこない。
 
 なにしろこの1年後くらいにもっとインパクトが強烈で、さらに実行者が疑いようのない砲撃事件があったもんだからもう上書きされて「例によって北朝鮮の仕業らしいよ」と書きこまれて記憶の彼方に去っていたもの、呼び戻してみる・・・・うーん。そして帰宅してからググるとあるわあるわ、あの事件を陰謀とするサイトが・・・・
 が、その反面、「そんな陰謀がありうるのか」という検証サイトもあってこれも興味深い。
 確かにそのさびさび魚雷だけをもって「はいこれ北朝鮮の仕業です!」というのもちょっと短絡的な気もする。そして自作自演説はもってのほかとして、「米韓衝突事故の隠蔽」という説は・・・・この検証サイトの議論を待つでもなく、それこそ「アポロは月に行ってない説」と同様、もしその隠蔽を行うとしたら一体どんだけの人の口を塞がなければならないのかという合理性に突き当たる。これが韓国単独の演習中であればともかく、一定年月が立ったらありとあらゆる公文書が公文書館でデーンと公開されるアメリカが韓国側の隠蔽の誘いにのるとは思えないのですな。
 ましかし、定説になっている「北朝鮮魚雷説」の他、当映画が第1候補に上げる「誤射説」「衝突説」、第2候補に上げる「座礁説」を除いても、まだ「浮遊機雷説」等まだ余地があるのではないかな~といろいろ考えさせられる映画ではあった。(ちょっと眠かったけど・・・)

 ところで近い将来か遠い将来に第2次朝鮮戦争が起こったとして、な~んとなく平壌の政府各官庁には国連軍や米軍を押しのけて韓国軍が一番乗りし、書類を一切合財抑えてしまいそうな気がするんだよね。なんかイロイロやってそうだよなあ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大つけ麺博覧会襲撃作戦

 うわー前回の更新は温泉行でほぼ一ヶ月ぶりかよう。あっという間だなあ。やっぱりツイッター始めてからじゃあ、そっちがメインになっちゃうよね。前々から「お前のブログ長えよ」と言われてたりしましたが。丁寧な言い方をすると冗長だという。

 ということでもはや月イチでなんだかんだ上京している拙者ですが今月は「大つけ麺博覧会」が浜松町で開かれているというのだから仕方ない。なんか古今東西つけ麺有名店がずらっと営業すること週替わり、1ターン1週間くらいで序章3日間を含めると8店舗×4ターンで32店舗・・・・選りすぐりのつけ麺が32店舗・・・・・う・・・・うおおおおおお! とたぎって丁度第2章と第3章をまたいで10月8日~10日まで参加。がんばろう日本!の勢いで頑張ろうとしたが(日本に謝れ!)やはり一日2食が限界だったな。3日で6食いただいた。
Menpaku01 800円の共通食券買ってそれぞれの店レーンに並んで簡易食器に盛られた麺とつけ汁のセットをいただくわけだが、おなじみ全部のせ等を頼む時は別に店ごと現金払い。初日のこの写真の手前左がそれで、手前右は長期戦に備えて具をケチった拙者のさみしい器。これも店によってデフォで味玉がついていたりするので確認しないと下手に全部のせにすると元々の味玉の上にさらに味玉がのっかってたり生卵が乗っかってたりで色々健康に悪い、のではなく、2食目、3食目に響くからだよばかちんが!(結局日に3食は無理だったけど)

 >1日目(第2章)
 >>カラツケ『グレ』

  真っ赤なスープで一目でわかる辛さっぷり。追加の具をケチったため大変寂しい見た目となっている上の写真の手前右である。実はつけ汁の中に牛の角煮が入っているのだが・・・・やはり見た目がねえ。
 こんなこと言っちゃなんだけど「辛いつけ麺」で、はい終わり、みたいな。ううん。
 >>孫
  影でソフトバンクソフトバンク言ってた店w 中にはこのようにいろんな店がコラボして出店しているブースもある。でも麺から汁から具からをそれこそトータルコーディネートしているラーメンつけ麺でコラボって難しいんじゃないかなあ。
  味は正直オーソドックスでいまいち記憶にない。
 >>その他
  つけ麺部の後輩たち(この日はauto_ptrとスガとhitugi)もそれぞれ散っていて女性部員hitugiを除いて全員2食食い。いろいろ味見しあったが「え~ワインベースでつけ麺~?」と正直花で笑っていた田崎真也とDueItalianのコラボのつけ麺が意外にうまい。翌日挑戦だ。ちなみにこの時東海四天王コラボに挑んだスガだがなんか海老フリャーが乗っかってたような・・・・全部のせにするとういろまで付いてくるとか。そんなん見たことねえよ(笑)
 この日はどういうテンションだったのかこのあと居酒屋で刺身で軽く口直ししてカラオケ。解散後キャプテン宅に世話になる(3連休で都心のホテルは皆一杯)

 >2日目(2章)
 >>とみ田

Menpakutomita ニチアサをゴロゴロしながらキャプテン宅で見てから出発。スガを加えて3人態勢だがなんとなく前日うまかった「とみ田」に行こうという話になって(おそらくスガが言い出した)まさかの3人とも同一店に並ぶ。2日目の余裕か・・・・しかしこれが大当たり! 「うまっ!う、うまっ!」と巨大化する勢いのうまさ! なにこれ! 見た目フツーなのになんていうか・・・・こう・・・・ああ! 自らの日本語能力の貧相さをこれ程呪ったことはない! ああ、なんだろうなこれうまいよ旨すぎるんだよおかいうおおておjとえて(略) ・・・・はあはあ。この上に乗っかった炙りチャーシューがまた殺人的に汁にau。
 この店、千葉県松戸市の店にて普段からも行列らしいけどこりゃ並ぶわ・・・・うまいなあ。うまいなああ。これ絶対行くで。また行くでー! あ、通販もある・・・
 >>田崎真也&DueItalian
Menpalunazaki デミグラスソースたっぷりの濃厚なつけ汁にパプリカやトマトの具が普段に乗ったほぼ小麦粉の太さ中くらいの麺・・・・「科神さんそれパスタで(ターン!」 ああ・・・キャプテン氏も余計なこと言わなけば死なずに済んだのに・・・・www 確かにこれつけ麺かどうかと言われるとちょっともにょっとするが、しょうがないんだ、オイシイから。牛しゃぶをトッピングして贅沢。ちなみにフルトッピングにするとフォアグラとかいろいろ乗ってトッピング代が2000円と本体の倍でありなんだそれw
 >>その他
 流石に腹いっぱいになったので野郎3人でダラダラ増上寺の縁日を冷やかし(ここで焼鯖とどぶろくの試食・試飲に挑戦するキャプテンとスガ。おまいらまだ食うか) スタバで一服して解散。
 で、拙者はそこで一旦いつもの神田のホテルにチェックインして大浴場でひとっ風呂浴びた後に横浜まで移動してauto_ptr、玖と合流して回転すし。その後ゲーセン。神田に帰った後、翌日から出店する神田にある店を探したのだが見つからず。

 >3日目(第3章)
 正直この日からの第3章、捨てる店が全然なくてどうやって8食全部食うか真剣に悩んだが胃袋1丁仕方なし! hitugiとauto_ptrと弐号が参戦。
 >>肉玉そばおとど
Menpakunikutama
 テンションフルだったので迷うことなく「全部のせ!」と吠えたら元々結構肉が乗っかってたのにさらにドカンと肉が積まさって卵黄まで乗っかってる重量級。つけ汁も濃厚だ。しかしうまい。崩した卵黄に肉をからめてつけ汁で(略
 あー幸せ。
 >>ここでカラオケ
 何も二連発でなくてヨクネ? という話になって間にカラオケ2時間挟むことになる。2日前にも行ったカラオケでまた2時間。なかなか狙っても「本人映像」がないねえ。
 >>一燈
 始めは仙台からの出店「五福星」に並んでいたのだが、1食目の時に凄まじい行列だった「一燈」が全然空いている! という電話を受けて急遽並び直し。うまし。二杯目にはトッピングについていた刻み青唐辛子の刺激がありがたい。流石に3杯目は入らない・・・・が、なあに、復興なった宮城を訪れたら行けばいいのさ!
 >>ここで主力は解散
 弐号と銀座のソニーストアに寄ったら3Dヘッドマウントディスプレイは行列。なので行列に並ぶ弐号と一旦別れてちょっと新宿でヤボ用を済ます。その後六本木で合流してミッドタウンのコナミのお店に寄って物色。この日までのお誕生日キャンペーンの愛花ピンバッジを5つセットで1050円。
 ちょっとお茶して解散。

 剛健胃袋酷使ツアーに参加してくれた皆、ありがとう!

 いやーし今回食いそびれた店を回る旅が始まるのだなあ(始めるのかよ)
 最近名古屋でも未開拓ゾーンをあちこちに見かけているので名古屋市内(主に東部)だけでもまだまだ探せそう。食べるぜ食べるぜ~。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »