« 永吉っつぁんどこいったのー(新マシン SONY AT-900) | トップページ | Island Campaign in summer 2011 »

モニタ新調(ナナオEV2333W-HBK)

152tside 8年半にわたって使い続けてきたサムスンの152Tという液晶モニタがついに逝ってしまった。特に動画をいじったり大画面で遊ぶオンラインゲームをしたりしないので15インチでもまったく気にせず使い続けてきたが、ここ2年程、時々チラついたりホワイトアウトしたりしていたが電源切ってしばらくして再立ち上げするとなんとかなっていたので騙し騙しつかっていたところ、先週ついにホワイトアウトしたっきり復帰しなくなってしまった。PCパーツとしては異例の長寿であったろう。2階級特進させてご冥福をお祈りした。
 で、応急処置的代替手段は2つ。37インチプラズマのアナログ入力or8インチのUSBディスプレイ。テレビの方はPCモニタとして使っていると録画が見られない。USBディスプレイも流石に狭い。ということで当然ながら買い替えということに。
 拙者はコタツの上に置いてテレビとながら使用することがほとんどなので視界の中でテレビと共存できることが必須事項である。152Tは最初の写真のような配置で使用しており、ながらも可、ちょっとテレビに集中する時は仰角をいっぱいにしてぐにっと折ると邪魔にならない優れものだ。実は数年前からモニタの新調についても検討はしていたが今時なかなかこのようなギミックのモニタはない。安いとぞんざいなスタンドがついて棒立ちになっているだけだ。特に仰角・俯角をとれるモニタは非常に数が少ない。
 ということで例によって物欲大王ペンギン(というよりは購入大王ペンギン)である玖とボイスチャットしながらあーだこーだ検索しながらたどり着いたのがナナオのEV2333。正確には黒モデルのW-HBK。ビジネス用らしくちょっとしたプレゼン用に首にょーんと延びたり台座がくるくる回ったり、152Tほどではないが多少仰角俯角もとれる。ちょっと前までは仰角俯角だけだが似たような動きをする三菱のモニタがあったのだがなぜか市場に影も形もなかった。残念。
 一応大須のミニ電気街で実物をいじって回った結果決心。でもって店を出たところで通販が店頭価格よりマイナス1万円であることを確認してポチる。約45000円。最安値と1円しか違わなかったので迷わずアマゾン。ドット欠け? そんなもん気にしてたら液晶モニタなんぞ買えませんよ。
2333bkside
 ということで設置したらこうなった。動きがよくわかる側面からどうぞ。このアームっぽいゴテゴテしたところがちょっとサイバー感を醸しだしてナイスだ。やはり画面の下端が卓上とくっつくポジションも譲れない。ていうかその条件もうノートでしょ画面の大きさに拘らないならむしろそうしろよ的ニーズだが、そこはそれ、そろそろ10年になるクーラーマスターのイカスケースはマザボやHDをとっかえひっかえ、まだまだ使えるのだ。
 しかし正面から見ると流石に15インチ→23インチはデカイ。が、1日で慣れた。慣れとは恐ろしいものよ。ニコ動を堪能する際にわざわざ37インチプラズマテレビで上映会モードにしなくとも驚きの大迫力。この他、一定時間画面の正面にいないと画面がスリープする機能があるがじっとしてるだけでも「いませんね?」となるのでいませんね警告が出るとアワワワと画面の前でインドの踊りを・・・・何やってるんだろう拙者。
 デフォルトだとちょっと目にしみるので輝度をとりあえず暗めにしてみた。後、コントラストとかイロイロいじれるらしいし、画面を分割できたりもするらしいけどそれはまあ、おいおい。
 到着したの水曜だけど、早速コミケカタログを全展開しつつツイッターもmixiも見れて大活躍。末永くよろしくお願いします。

|

« 永吉っつぁんどこいったのー(新マシン SONY AT-900) | トップページ | Island Campaign in summer 2011 »

「サイバー系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/52452269

この記事へのトラックバック一覧です: モニタ新調(ナナオEV2333W-HBK):

« 永吉っつぁんどこいったのー(新マシン SONY AT-900) | トップページ | Island Campaign in summer 2011 »