« 日曜日に片付けたもの。 | トップページ | 犯罪捜査の心理学/越智啓太 »

冬の新番1stインプレッションまとめ

独身陸軍士官って、何でできてる?(挨拶)

 ということで今更ですが愛知県地区で見られる冬の新番は大体出揃ったので第1印象をまとめてみた。

>リオ レインボーゲート
 カジノを舞台にしているわりにはバクチのシーンそのものが・・・・駆け引きもヘチマもないただの派手な動画というのは、カイジとかアカギとかを知ってる身にはねえ、正直物足りない(<いやそれと比べるのもどうよ!)。お色気でかではダメですな。ということで第2話で視聴終了。

>インフィニット・ストラトス
 よく動くイントロであった。イントロからすると今ツンツンしている周辺の登場人物や未登場人物も後からワラワラ出てきてハーレム状態になると思われるのだが、後日登場する各人・各機体の得意技の描写が気になるのはボーダーブレイクプレイヤーだからか。視聴続行。 

>魔法少女まどか☆マギカ
 既にネットで大騒ぎ。第3話まで視聴。第3話で(ピー)が(バキューン)という有様だがスタッフを考慮すれば予想の範囲内だ。どおりで「魔法少女」というタイトルに不似合いな不気味なEDが第3話まで放映されなかったわけである。魔法少女モノであの画面はどうよ。いやそんな既存の概念なぞ犬の餌だ! さあ蒼樹うめのかわいいキャラデザでどこまでニトロな話になるのか、見させてもらおう! 血溜まりスケッチ星みっつ! ところで拙者は主人公達を魔法少女に誘うあの無表情な小動物を脅威に感じてなりません。登場する度に一刻も早く射殺したくなる。あるいは「逃げてー!」

>GOSICK
 第3話まで視聴。ヴィクトリカの声、悠木碧が抑えた低い声で頑張っている。特段減点対象も見当たらずそつなく仕上がっている。しかし警部の髪型はアニメにするとよりヒドイなw。ちゃんとあの髪型には裏エピソードがあるのだがそれにしたってヒドイ。ところでヴィクトリカという正式名称はヲタ的にはちょっと長いと思うのだが、どっかで誰かが愛らしい略称を考えているのだろうか。例:「ヴィクトリカは俺の嫁!」→「ヴィクトリカたんは俺の嫁!」だと長ったらしい。「ヴィッキー」だと馴れ馴れしい上にソバカス米国人少女みたいで似つかわしくない。おまけに朝から英会話を強制されそうだ。しかしヲタ界では可愛らしいキャラに可愛らしいニックネームがつくとは限らないので油断大敵。例「天海春香→閣下」

>フリージング
 万全の医療態勢を前提とした超実戦的な戦闘訓練のために血しぶきが飛ぶプロローグ。そのため巨乳ポロリやパンツを隠すだけでなく残虐シーンまで要所要所に光や影が入るためもう半分くらいマトモに写っていない印象が残る。にっかつロマンポルノか! いくらDVDやブルーレイで取れますよってったってこれだけ見づらいようなら放映するアニメとしていかがかというレベルだと思うんだがどうだろう。まだサムライガールズの墨飛ばしの方がナンボかましよ。巨乳大安売りのキャラデザにやや辟易する上に最初っからヒロインが主人公にデレ状態であって正直、今後時間がキツくなってきたら切るかもな。

>お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね
 まさか草野紅壱の漫画がアニメ化される日が来ようとは、と一瞬思ったが今ちょっと出てこないけどソッチからメジャーデビューしてアニメ化作品出した人って今日日沢山いるよねえ。失礼しました。登場人物がどこか変態だらけなのは草野紅壱カラーか・・・・いや最近どんな作品にもわりとフツーに登場するような気がするw。どうしようか石原さん。
 展開がベッタベッタンでかつ作画もイマイチ(ていうか草野の描くちょっとバランスを欠いたデザインまで忠実に再現しなくったっていいよね)なので場合によっては切るかも。

>ドラゴンクライシス!
 OP曲が好印象であったのでなんとなく見ていたが正直引っかかる要素がなんもない。まあOPに登場するキャラがまだ半分も登場していないので現時点ではなんとも言えんけども。しかしあの無駄にバブル期を演出したED画面はいったい誰得なのか。

>レベルE
 なんか一部でエライ盛り上がっているのだが前提知識がないためようわからん。しかし設定そのものや展開は面白い。宇宙人モノでこういうドタバタ展開はちょっと見ないなあ。原作が古いせいか、なんか雰囲気が全体的に昭和な感じがする。いやそこまで古くないか? ヒロインが萌え系でないのはなんか新鮮な感じ。いやそれだけではない。異界からの来訪者が金髪美青年というのは近年稀に見るエポックメイキングな出来事なのではなかろうか? 自分がいかに萌え文化に毒されまくっているかに気づいてシュンとする。

>フラクタル
 まだ第1話しか見てないがなんだろうこの不思議感。誰かが「未来少年コナン」と「ラピュタ」を混ぜて管理社会を批判するアレなアニメを作ろう! と一念発起して勢いで作ったような印象を受けるのだが、まあまだ1話だし。静観。

>放浪息子
 志村貴子の漫画が漫画として評価が高いのは知っているが読んだことはなく、せっかくアニメ化された『青い花』も百合ファンとしては恥ずかしいことに見ていない。ていうか別の作品でチラ見したけどこの人の作品は拙者にとっては難解であり、またテーマも娯楽としては重めだ(拙者印象)。なので、もし本作が今後、性同一性障害について真剣に向きあうという番組であれば正直最後まで付き合う自信がない。

>夢喰いメリー
 動く! 第1話だけしか見てないがとにかくよく動くと思う。なんか絵も綺麗だ。なにがどうとは言えないが・・・・なんだろう、光の差しっぷりの描写かなあ。ていうかヤケにヒロインのおへそが拙者の脳裏にこびりついて離れない。いや! これは拙者が新しい属性に目覚めたわけではなく明らかにスタッフはこのキャラのおへそを売りに出そうとしている!(雷様かよ!) EDもなにげにへそばかり・・・・おへそ・・・・おへそアニメ・・・・(<どうした)

|

« 日曜日に片付けたもの。 | トップページ | 犯罪捜査の心理学/越智啓太 »

「アニメ等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/50743174

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の新番1stインプレッションまとめ:

« 日曜日に片付けたもの。 | トップページ | 犯罪捜査の心理学/越智啓太 »