« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

『理想を抱いて溺死しろ』再び

 見ても一つもいいことないと思ってもついつい残業がてら見てしまったクローズアップ現代『止まらない未婚化』。ネタも分析もステロタイプでやはり新しい切り口など皆無であった。しかしどうして何もかも非正規雇用、伸びない賃金に集約させるのだろうか。そもそもその方ら、相手の年収にこだわり(以下2万行略)潔く腹を切れ! ていうか40歳男性の方は顔出しなのに相手の年収を手帳にずらり書いていた女性の方は首から下かよ! 2チャン特定班出動だ! 実動班は弾薬庫を開けろ!
 
 しかし希望年収を満たしたら満たしたでまた付帯条件を後出しジャンケンみたいにまた出してくるんだよね、奴ら(暗黒スパイラルモード)。

未練がましく何回でもグダグダ言ってしまうが、「そんなに年収があるのにほうれん草をケチってもやしに切り替えるような人とは一緒になれない」と去っていった人は大手航空会社の地上勤務員であった。どっちの会社であったかもう思い出せないが日航ではなく、そして誰かほうれん草をケチらないいい人を見つけて幸せになっていることを祈る(棒読み)

一緒に残業していた中尉「大尉! 科神大尉! なんか黒いの出てますよ!」

 拙者も人の子。まだまだ修行が足りません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

IS04安定稼働中

 スマートフォンの拙者なりの使い方(ベーシック編)が安定してきたのでこれからスマートフォンをお買い求めの方、ちょっとだけ興味のある方、サイバーガジェット基地外の方(おい)にはご参考までに。
Iso4home 1枚目の写真はホーム画面。むさいオッサンと防水カメラW90が写りこんでいるが気にせずに。
 アンドロ設定とIS04設定、LaunchProというアプリの設定(後入れ)の3種類が現在使用出来るが拙者的にはこのIS04設定が一番シンプルなので当面コレをデフォルトとしている。上段左からついっぷる、webブラウザ、乗り換え案内、アンドロアプリ検索に直結するマーケット、下段左下から電話、googleカレンダーと自動連携するジョルテ、マルチオーディオプレイヤーの「3」(検索するときは作成者名Filipe Abrantesで)、マップ。起動するとこの8つがショートカットとして表示されるようにしている。まあコレで電話かけることもないんで電話もいらんし、iPod持ってりゃコレで音楽聞くこともないけどまあ一応。な、指でスライドさせると左方向にはツイッターの素の書き込みモード、右方向には電卓等が仕込まれている。その他カスタマイズできるらしいがしばらく放置。
Is04tuip 次はついっぷるforAndroidの画面。当然ながらスマートフォンにおいてツイッターアプリは山盛りあるが、拙者は今たまたまPCで使っているのがコレなので違和感のないように(webブラウザはgooglechrome)。お好みで。書き込み用ボタンが右上にあるが少々小さいので、書き込みだけならIS04ホームのページの方が使いやすいかも知れぬ。
Is04mixi ブラウザを開けるとホームページは最も見る頻度の高いmixiに設定してある。ここでつぶやきをチェックするし、必要に応じてコメントするが、拙者は最近ついっぷるからツイッターに記入し、それがmixiに反映されるようにしている。チェックと「イイネ」用と言える。またブラウザでは他にヤフーニュースもチェック。
 しかしついっぷるにせよmixiにせよ、(そんなこと言ったら本来の電話機能もそうだが)、何らかのブロックをかけておかないと外で落とした時や宴の席で誰かに持ってかれた場合、本人になりすまして好き放題に書き込みをされる危険性がある。電話なんてマンツーマンのことだしすぐ本人じゃないと相手には分かるが、ネット書き込み系は受け手にはなりすましが分かりにくい上に通常ネット上大公開で拡散しやすくダメージ復旧はたいそうな手間だ。簡単なものでいいからロックをかける等の対策が必要となろう。なんて偉そうなこといってるけどまだしてませんw。
Is04nico さてニコ動である(何が「さて」だよ)。ありとあらゆる機能をアプリでなんとかするスマートフォンであるがニコ動では拙者はNicoRoα版というのを使用。ダウンロードも出来るため後で電波なしで見返すことも可能。画面写真は最近ループ状態の『第6回MMD杯本戦:ファンファン&シャウト』。あの名曲をアイマスでカバーする奇跡動画がぬるぬる動く! まったくPCと違和感を感じさせない能力であり全米震撼だ。でも外や職場で見るほどの中毒患者ではないので、まああんまり使わないかな。
Is04tv 続いて今朝初めて試してみたTV受像。本体を横向きにすると結構な画面サイズでフツーにテレビを見ることができて正直衝撃だったが、それこそ外や電車の中でテレビを見るほどの中毒患者ではないので今後も多分使わないだろう。ちなみに録画も可能のようだ。ちなみに視聴中に誤って展張しているアンテナをたたんでしまったが別に異常なく受信していた。関係ないのだろうか。
Is04batt
 そして最後の写真は常駐ソフトの表示部分。AdvancedTaskKillerとBatteryIndicatorが常駐しているのが確認できる。なんてレビューっぽく書いているが自分で入れた。
 前者はスリープ状態にした時に自動的にタスクをカットする機能。これがないといろんなソフトの自動更新やGPS受信等、電波のやりとりでガンガンバッテリを消耗してしまうので、ただでさえバッテリの持ちが悪い(ていうか消耗が激しい)スマートフォンには必須の機能なのでなんでもいいからタスク切りソフトは入れたがいい。でもって当然ながらバッテリの残量を知るアプリが後者。目安だけれども%表示ができる。

 というわけで現行では日中自宅外で使用する際にはほとんどmixiとツイッターチェッカーと化している。これに月々5500円払うことをヨシとするかどうか。ま、他にも外でググったりグーグルマップを使用したりもしているわけですが。ちなみに平日だと昼休み等休憩時間に計約1時間ちょいツイッターやメルマガをチェックしているだけで帰宅時にはバッテリ残量が6割近くに減っている。土日外出中に外でマップを見たり頻繁に書き込んだりすると帰宅時には残量5割を切る。ま、通常日帰りであれば問題ないが、例えば旅先で誰かと合流して連絡をmixi経由で取らなければならない場合等(やけに具体的だ!)、心配であったら必要なケーブルと予備バッテリ(拙者の場合エネループのUSBブースター)を携行する必要があろう。拙者の場合はG'sOneType-Xも持ってるんでま~いざとなったらソッチ使えばいいんですけどね。

 じ後の課題は楽天とamazonの使い勝手がEZ-Webと比べて格段に悪くなっていること。現在これらについて使い勝手のいい対応アプリは確認できていない。特にamazonについては出先で急に「欲しいぜ欲しいぜ~!」となることがあるので充実してくれないと困る。ていうか購入することは簡単なのだがほしい物リスト登録機能が見当たらない。むしろ出先で必要なのは購入機能よりも買い物備忘機能なので、むしろ検索&ほしい物リスト登録機能に特化していてもいいくらいだ。
 なんかアプリ次第でのびしろが非常に大きいサイバーガジェットであるが、まだその機能の十分の一も使っていない気がする。今後が楽しみだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

IS04導入

 ということで発売日翌日に富士通東芝製レグザスマートフォン、IS04を購入。現在バリバリアプリをインストール中である。63000円の即金払いは正直痛かったし、通常口座に残しっぱなしの冬ボーの先行きについて若干不安を感じたりする。早く証券口座に移さないとこのままズルズルと使ってしまうよ! いやこの話は本題じゃない。
 直接の購入動機は、携帯電話の主用途が完全にミクシとツイッターとヤフーニュースのチェックと、電車乗り換え案内&モバイルSuicaに特化してきたため大画面が欲しくなってきたことと、やはりアプリ導入により無限に広がる大宇宙のサイバー可能性にドッキドキだったことが挙げられる。ドコモとauの二股をかけて店に通うこと数回、2年使用を前提にすれば料金負担はさほど変わらず、やはり10年近く世話になっているauにまとめてしまったほうがイロイロ便利。当初着目したのはIS03だったが、ちょうどちょっと待てば防水REGZAが出るということだったので予約購入したもの。しかしこれで携帯2台にブロードバンドキャリアーに通常電話と相当auにインフラを握られた感じだ。ちなみに今回の手続料等と除けば現行携帯G'sOneを維持したままの月負担は+2000円程度。8000円を割る。
 え?iPhone? アレは国防軍には評判の悪い電波状況(演習場で電波が入らないのは致命的だ)であるし、アップルにはiPod&iPadとiTunesStoreで十分応援しているので無理せんでも、と思ったのだった。

 さて、ほぼ丸一日かけて大体の態勢は整った。細部これからボチボチだな。
 導入したもの。

ついっぷるforAndroid
PCで見ているWebブラウザのアンドロ版。ほぼ同じユーザーインターフェースで見やすい。しかしスリープ状態でも自動更新する機能があるためあまり頻繁に振動されてもバッテリと心臓に悪い。再設定が必要である。
乗り換え案内
EzWebで『駅前探検倶楽部』という有料サービスで乗り換え検索をしていたのだがこのアプリは無料である。脱会せんといかんな>探検 
AutomaticTaskKiller
スリープ状態にした時に自動で特定のアプリを終了させるアプリ。バッテリ長持ちのために必須のソフトらしいということでとりあえず導入した。しょっぱなから導入したので効果の程は不明。
AdvancedTaskKiller
上記と同じく定番というのでとりあえず入れてみた。が、上記ソフトとの差異がイマイチわからない。
AntivirusFree
現在そんなに深刻なウイルス被害も顕在化していないが一応入れてみた。どれだけ効果があるのかは不明。最早まじないに近い。
QRコードスキャナー
デフォルトで入っていないため導入した。アプリ本に乗っているバーコードを読み取るためだったが、正直直接検索した方が早かったりする。ま、イロイロ使えるしな。
Simeji
スマホで入力する場合は従来携帯電話のキーボードを表示するか、フルキーボードを表示するか(当然キーの大きさは極小でありおそらく白人には使用不能)なのだが、このSimeji独特のインターフェースにより慣れれば高速入力が可能らしい。一変使ったがナルホド慣れが必要だ。すなわち現在猛烈に使いにくい。んん~。

Sumapho mixiも対応アプリがあったもののイマイチだったため結局フツーにブラウザから見ることに。ヤフーニュースも同じ。ただmixiやniftyもスマートフォン向けサイトを導入しているからよかったようなものの、携帯でもなくPCでもないスマホ対応のサイトはまだまだ少なく、うっかりつなぐとPC版のサイトを極小に縮めて表示されたりするとたまらない。現在の懸念はamazonが非対応らしいこと。困るなあ。
 今後はマイセッティングを始めとするシステムツールをもうちょっと入れてタスク管理をもうちっと頑張りたいところ。しかし当面必要な機能は大体入れた感じ。
 なお、G'sOneは電話会話最低限、メール従量制(といってもタダ同然)のみにして維持費を2000円程度に押さえてある。当面電話着信と写真付きmixiつぶやき、モバイルSuica専用機として使用予定。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

犯罪捜査の心理学/越智啓太


 犯罪捜査のプロファイリングは心理学ではなくて統計学に近いんだよ~みたいな読後感のある犯罪心理学の本。あれ、タイトルに心理学入ってるなあw。
 第1章はFBI方式、第2章はリバプール方式の紹介。第3章は犯人の居住地の推定方法と捜査への応用、第4章は犯人の危険性推定。特に危険性推定のところはちょっと面白い。ストーカーの分析なのだが残念ながら悲惨な結末に至った過去のストーカー事件の統計から、どういう行動傾向にあるストーカーがどの段階に進んだら次の段階は危ない!と判断して動くタイミング、みたいな。ただあくまで統計上の問題なんで杓子定規に解釈すると「動きの鈍い警察!」とか言われちゃったりするんだけどな。ストーカーという概念が国内で安定してまだ日が浅いけれども、こういうアプローチをされているとは知らなかった。
 第5章は動機推定。テーマは大量殺人犯で、連続殺人犯ではないところに着目。映画の影響でプロファイリングと言えば連続殺人犯のイメージがあるけれども大量殺人犯なんですな。でもって大量殺人犯って大概発生と同時に自決したり射殺されたり死刑になったりするんであんまり情報は取れないんだけども、それでも過去の事件を分析することにより・・・・あれ、どうやって役立てるんだろう。?
 非常に興味をそそられたのは池田小学校事件後の文科省の作成した不審者対応マニュアルのお粗末さの紹介であるけれども、著者も指摘しているけれども、確かにこのマニュアルは無茶(正直、教師に「戦って死ね」とスプリガンのような言いっぷり)ではあるが、滅多にいない大量殺人犯みたいなのを想定するのか、それともそこらじゅうにいる軽易な変質者を想定するのか、そりゃ考え方はイロイロあるだろう、という。
 不運なことに滅多にいない大量殺人犯が侵入してきたら、職業人として教師は身体を張って特攻しなきゃならんのだろうな。ていうか教師ってホントやること山盛りだよな~。
 いや、ロバート・K・レスラーの『FBI心理分析官』ブーム以来なんかこういうコンテンツに触れていなかったので、ちょっとリハビリした気分でした。しかし最近特に国内外問わず、純粋なシリアルキラー的連続殺人犯っていないよねえ。別にいなくてもいいけれども。報道されないだけでホントは発生しているのか?いやいない気がする。なんで、えー・・・・1990年代くらい?に集中しているんだろうか。印象だけど。なんか小説とかドラマとか映画とかイロイロあったなあ。
 ちなみに各章末にコラムでフィクションに見る犯罪心理学、というのがあって、『新幹線大爆破』とか『シックス・センス』を見たくなったのだった。今度借りよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

冬の新番1stインプレッションまとめ

独身陸軍士官って、何でできてる?(挨拶)

 ということで今更ですが愛知県地区で見られる冬の新番は大体出揃ったので第1印象をまとめてみた。

>リオ レインボーゲート
 カジノを舞台にしているわりにはバクチのシーンそのものが・・・・駆け引きもヘチマもないただの派手な動画というのは、カイジとかアカギとかを知ってる身にはねえ、正直物足りない(<いやそれと比べるのもどうよ!)。お色気でかではダメですな。ということで第2話で視聴終了。

>インフィニット・ストラトス
 よく動くイントロであった。イントロからすると今ツンツンしている周辺の登場人物や未登場人物も後からワラワラ出てきてハーレム状態になると思われるのだが、後日登場する各人・各機体の得意技の描写が気になるのはボーダーブレイクプレイヤーだからか。視聴続行。 

>魔法少女まどか☆マギカ
 既にネットで大騒ぎ。第3話まで視聴。第3話で(ピー)が(バキューン)という有様だがスタッフを考慮すれば予想の範囲内だ。どおりで「魔法少女」というタイトルに不似合いな不気味なEDが第3話まで放映されなかったわけである。魔法少女モノであの画面はどうよ。いやそんな既存の概念なぞ犬の餌だ! さあ蒼樹うめのかわいいキャラデザでどこまでニトロな話になるのか、見させてもらおう! 血溜まりスケッチ星みっつ! ところで拙者は主人公達を魔法少女に誘うあの無表情な小動物を脅威に感じてなりません。登場する度に一刻も早く射殺したくなる。あるいは「逃げてー!」

>GOSICK
 第3話まで視聴。ヴィクトリカの声、悠木碧が抑えた低い声で頑張っている。特段減点対象も見当たらずそつなく仕上がっている。しかし警部の髪型はアニメにするとよりヒドイなw。ちゃんとあの髪型には裏エピソードがあるのだがそれにしたってヒドイ。ところでヴィクトリカという正式名称はヲタ的にはちょっと長いと思うのだが、どっかで誰かが愛らしい略称を考えているのだろうか。例:「ヴィクトリカは俺の嫁!」→「ヴィクトリカたんは俺の嫁!」だと長ったらしい。「ヴィッキー」だと馴れ馴れしい上にソバカス米国人少女みたいで似つかわしくない。おまけに朝から英会話を強制されそうだ。しかしヲタ界では可愛らしいキャラに可愛らしいニックネームがつくとは限らないので油断大敵。例「天海春香→閣下」

>フリージング
 万全の医療態勢を前提とした超実戦的な戦闘訓練のために血しぶきが飛ぶプロローグ。そのため巨乳ポロリやパンツを隠すだけでなく残虐シーンまで要所要所に光や影が入るためもう半分くらいマトモに写っていない印象が残る。にっかつロマンポルノか! いくらDVDやブルーレイで取れますよってったってこれだけ見づらいようなら放映するアニメとしていかがかというレベルだと思うんだがどうだろう。まだサムライガールズの墨飛ばしの方がナンボかましよ。巨乳大安売りのキャラデザにやや辟易する上に最初っからヒロインが主人公にデレ状態であって正直、今後時間がキツくなってきたら切るかもな。

>お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからね
 まさか草野紅壱の漫画がアニメ化される日が来ようとは、と一瞬思ったが今ちょっと出てこないけどソッチからメジャーデビューしてアニメ化作品出した人って今日日沢山いるよねえ。失礼しました。登場人物がどこか変態だらけなのは草野紅壱カラーか・・・・いや最近どんな作品にもわりとフツーに登場するような気がするw。どうしようか石原さん。
 展開がベッタベッタンでかつ作画もイマイチ(ていうか草野の描くちょっとバランスを欠いたデザインまで忠実に再現しなくったっていいよね)なので場合によっては切るかも。

>ドラゴンクライシス!
 OP曲が好印象であったのでなんとなく見ていたが正直引っかかる要素がなんもない。まあOPに登場するキャラがまだ半分も登場していないので現時点ではなんとも言えんけども。しかしあの無駄にバブル期を演出したED画面はいったい誰得なのか。

>レベルE
 なんか一部でエライ盛り上がっているのだが前提知識がないためようわからん。しかし設定そのものや展開は面白い。宇宙人モノでこういうドタバタ展開はちょっと見ないなあ。原作が古いせいか、なんか雰囲気が全体的に昭和な感じがする。いやそこまで古くないか? ヒロインが萌え系でないのはなんか新鮮な感じ。いやそれだけではない。異界からの来訪者が金髪美青年というのは近年稀に見るエポックメイキングな出来事なのではなかろうか? 自分がいかに萌え文化に毒されまくっているかに気づいてシュンとする。

>フラクタル
 まだ第1話しか見てないがなんだろうこの不思議感。誰かが「未来少年コナン」と「ラピュタ」を混ぜて管理社会を批判するアレなアニメを作ろう! と一念発起して勢いで作ったような印象を受けるのだが、まあまだ1話だし。静観。

>放浪息子
 志村貴子の漫画が漫画として評価が高いのは知っているが読んだことはなく、せっかくアニメ化された『青い花』も百合ファンとしては恥ずかしいことに見ていない。ていうか別の作品でチラ見したけどこの人の作品は拙者にとっては難解であり、またテーマも娯楽としては重めだ(拙者印象)。なので、もし本作が今後、性同一性障害について真剣に向きあうという番組であれば正直最後まで付き合う自信がない。

>夢喰いメリー
 動く! 第1話だけしか見てないがとにかくよく動くと思う。なんか絵も綺麗だ。なにがどうとは言えないが・・・・なんだろう、光の差しっぷりの描写かなあ。ていうかヤケにヒロインのおへそが拙者の脳裏にこびりついて離れない。いや! これは拙者が新しい属性に目覚めたわけではなく明らかにスタッフはこのキャラのおへそを売りに出そうとしている!(雷様かよ!) EDもなにげにへそばかり・・・・おへそ・・・・おへそアニメ・・・・(<どうした)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »