« NHKスペシャル 日中韓汚染ビジネス戦争 | トップページ | 花のズボラ飯/久住昌之&水沢悦子 »

機動力は戦闘力である

by ヘルムート・フォン・モルトケ(1800~1891)

 木曜日。前職場(朝霞)の忘年クリスマス鍋会に冗談で誘われたがマジ受けして上京する。名古屋に居を移して実感したのだが、東京だろうが大阪だろうが、片道1万円以下の交通費で行けるところは拙者にとって最早指呼の距離である。旭川から北に70km、汽車が1時間に1本弱しか通わぬN寄から実家の神戸を往復する際には下手すっと10万近くかかっていたのであるから大進歩といえる。
 ということで懐かしい和光市で降りて駅前のイトーヨーカドーですかさずご当地ラブプラス。廃人だ。埼玉県ということで草加せんべいの着ぐるみ・・・・まんま過ぎだろ。
 単身赴任であるため独りで住んでる元同僚の官舎が会場。平日午後4時頃であるため先着して手伝う気満々でありエプロンまで装着していたのだが同じく準備のためやってきた女性大尉に「アンタの出る幕はない!」と台所から追い出される。ぬぬん。包丁すら握らせてもらえない。
 2年間お世話になった部長以下、拙者と入れ替わりで面識のない数名を含めて20名を超える拙者も未体験の壮大な鍋会。最早土鍋では間に合わないため寸胴鍋が3つ搬入されすでに炊き出しの雰囲気だ。大盛り上がり4時間。新しい人に「お噂はかねがね」と言われて赤面したり、旧知の人々と近況を報告しあったり。平成19年から過ごした入隊以来もっともヘビーな3年間は非常に貴重な経験であり、それを今後、活かすも殺すも今後次第だと改めて痛感した。
 鍋するっていうから名古屋から味噌煮込みうどんセットを8人分(2人分×4)も抱えてきた(重い)のだが、もとの鍋が大量すぎてもうそんな雰囲気ではなかった。残念。土産に1つ会場に投下して辞去する。みんな元気で。
 拙者と同時期に転出したが現在も同地に居住する中佐宅に泊まらせてもらう。途中バス停で玖から電話の着信。異動の打診について相談受け。人間岐路に立っている時にそこが岐路であると認識することが大事なんじゃないかと思った。宿泊先の中佐宅でも味噌煮込みうどんセット1つを宿代に1つ投下。

 金曜日は電車とバスを乗り継いでわざわざ志木の古本市場まで出向いてご当地ラブプラスin埼玉2回目。そのまま志木の町外れにある温泉(おふろの王様志木店)に行くか、それとも小平郊外にあるテルメ小川に行くか迷うが、志木から新座までバス移動、新小平まで武蔵野線、駅前からバスで最寄りバス停、そっから徒歩数分でテルメ小川に寄る。以前立川から朝霞まで自転車で通っていたことがあるので下手に車で通勤している人よりも詳細に土地勘がある自信があるが、自転車すらない今となってはバスのネットワークの掌握が肝心である。携帯によるルート検索は不思議とバスまでは考慮してくれないんだよね。各社毎のサイトを見るしかない。
 平日昼のガラガラ露天風呂を堪能したら珍しくそのまま中で昼食。開業○周年記念ということでクリスマスまで中の温泉内レストランがフル半額という信じられない特典に遭遇し、天ざるとアイスを食べてわずか300円! そんな値段で大丈夫か!?と思わずエルシャダイ。 いやいや、大満足。
 あらかじめ印刷しておいた周辺マップを頼りに最寄りの私鉄駅まで徒歩20分、そっから数駅で平成14年に研修で4ヶ月ほどいた懐かしい駐屯地を探訪。拙者の現職の業界における関係者への挨拶まわり。味噌煮込みうどんセット1個投下。
 その後立川に移動して駅前ビックカメラで初の東京都ご当地ラブプラス。江戸前寿司と東京タワー。何この投げやり感w。
 国分寺で現在小平に勤務し、かつて朝霞で共に勤務した同期と猛烈にホルモンを食う。最後のシメを誤ってととろご飯とホルモン焼きうどんのダブルパンチに轟沈しそうになる。
 ホテルは神田なので中央線1本で移動。駅前は猛烈な酔客軍団。シーズンだからしょうがねえがホントにソルマックやキャベ2のCMのような地獄の有様だ。太古の昔、就職活動の際によく利用した大浴場付きビジネスホテルにチェックイン。飲み物買いに外出するが再び酔客軍団。うるさい!臭い! キライキライ。取手の無差別傷害事件の情報を求めて夕刊を買う。死者が出なくて幸い。東金事件はいつの間にか本人が事実関係について認めている。弁護団は責任能力で勝負をかけるらしい。突っ張れよ!と思ったがどうなんだろう。
 神田駅繁華街からはちょっと距離があったため静か。寝る。(続く)

|

« NHKスペシャル 日中韓汚染ビジネス戦争 | トップページ | 花のズボラ飯/久住昌之&水沢悦子 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/50348156

この記事へのトラックバック一覧です: 機動力は戦闘力である:

« NHKスペシャル 日中韓汚染ビジネス戦争 | トップページ | 花のズボラ飯/久住昌之&水沢悦子 »