« 本年アニソンベスト選出母集団 | トップページ | 2010年アニソン10傑 »

充電マニア

 新デジカメであるペンタックスの防水耐衝撃デジカメ他数件が届く。おそらく今年最後のアマゾン買い物。佐川のおっちゃん、今年も有難う! 来年も無茶言うけどよろしくね!w 
3rensei
 さて、充電してバッテリ突っ込んで立ち上げだけは確認して(ちなみに立ち上げ速度は元々早いIXYよりもさらに早い)、いじりまわすのはまた今度にしてとりあえず並べてみる。真ん中のが4年前から使っているキャノンのIXYL4、左が買い換えたばかりの携帯電話のデジカメサイド。右が新デジカメ。順に最大撮影画素数は7.1、13、12.1(単位:メガピクセル)であり、アレー携帯電話のデジカメの方が新防水デジカメより若干高性能! というありがち展開である。まあ撮影モードがイロイロあったりしてその辺はデジカメはデジカメなんだけどな。
 しかし通常ブログに乗っける画像は640×480ピクセルですなわち307200ピクセル=0.3メガピクセルであって、旅行に行ったときの記念写真だって1つ上の1600×1200=1.92メガピクセル。ピクセル数だけで考えると2以上必要ない全く無駄なスペックであってそこらに転がっている旧型携帯でも十分だ。ま、マクロとか夜景とか、そういう小技はやはり新しいものがいいのだけれど。

 で、そこでちょっと考える。au携帯、iPod、PSP、DSLiteにDSi、DSiLL、どれもこれもUSBで充電できる。AC電源から直接USB出力が取れたり、USB端子を備えたエネループパックまでありもう充電と言えばUSBの世の中において、なぜかデジカメだけが不適応だ。IXYは専用クレードルに刺さないと充電できないし、W90に至ってはその防水性からやむをえないだろうが、防水パッキンを開けてバッテリを取り出し、わざわざ専用充電器(しかも充電器にACプラグがついているのではく、ノーパソやプレステでおなじみ豚さん2穴ケーブルを繋げないといけないダメっぷり)に差す有様。なるべくマメに充電するようにし、切れたら切れたで携帯で撮りゃいいし、そんなブログアップ中毒でもないし~、と割りきってもいいのだが、そこはそれ、移動時の荷物を増やさず旅行先でも出張先でも実家でも充電できればしたい! なんとかならんのか! と思ってちょっと調べたら同じようなこと考えた奴はいた! そして商品はあった!

 ということでブツはこれ。バッテリを取り出すのはしょうがないとして、バッテリの金属端子にUSBからの針のような金属端子を直接ぶち当てるというシンプルかつ乱暴な押し込み強盗のようなやり口だ。中小パーツ企業の若手社員が頑張りました!みたいな(褒め言葉)。当然出来不出来が激しいらしくダメだった購入者もいらっしゃるようである。しかしこれひとつあれば安心という・・・・まあ、この積み重ねが「ヲタクの大荷物」の原因なんだけどな、まあそういう小道具の満足感はある。コレは下のパッケージを開ければエネループでもなんでも直接電池を突っ込んで充電できるモデルのようで、それがないより薄いタイプもあるが値段ほぼ同じ。うう~ん。薄さか完結性か。
 ていうかモノがあった! という状態で満足した感じ。出先で切れたら携帯でいいじゃ~ん。当面・・・・でもなんでこの種のブツってカバンにぶら下げてる写真がついているのだろうか。必要性あるの?w

|

« 本年アニソンベスト選出母集団 | トップページ | 2010年アニソン10傑 »

「サイバー系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/50423836

この記事へのトラックバック一覧です: 充電マニア:

« 本年アニソンベスト選出母集団 | トップページ | 2010年アニソン10傑 »