« 『やまと』国会 | トップページ | このままでは今年の名古屋は空梅雨だ »

日本の未来

 ふと思い立って『機動警察パトレイバー 劇場版』のDVDを見る。一番最初のヤツのイントロ部分のみ。感慨深い。劇場公開1989年。高校のヲ友と一緒に観に行って、10年後の1999年「おいおい、パトレイバーの時代になったのにレイバーのレの字もねえよ」と突っ込みつつ入隊し幾星霜、導入シーンに登場する空挺レイバー『ヘルダイバー』が装備されているはずの部隊と何の縁だか3年にわたる激しいお付き合いをするはめになり、彼らと電話で喧嘩をし、担当者から江戸城観光中の拙者の携帯にまで電話をかけられたり、現地に行っては酒を飲まされ、死亡事故の報の速報FAXを送りながら瞑目し・・・・彼らは今でも身一つで航空機から飛び降りている。レイバーなんかない。
 新型偵察ヘリOH-1は同劇場版に登場するスカウトヘリ程突飛なデザインではなかった上、現場の部隊では全然見かけない。新型対地攻撃ヘリも国産ではなくアパッチの導入が中途半端に終わってライセンス生産するはずだったメーカーとは訴訟沙汰、主力はまだまだコブラだ。
 別に車を飛ばせとかパイプの中を走らせろとか言わんけど、未来ってなあ、もうちょっと、こう・・・・

 痛い2チャンニュース『子供のころしていた勘違い』のレスに「サザエさんみたいな平凡な家庭を作るのは簡単だと思ってた」に全俺が泣く。

|

« 『やまと』国会 | トップページ | このままでは今年の名古屋は空梅雨だ »

「アニメ等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/48871748

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の未来:

« 『やまと』国会 | トップページ | このままでは今年の名古屋は空梅雨だ »