« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

SW2/第4話『かたい、はやい、ものすご~い』

 ジェットエンジン話。「高速強力で凄いペイロード! ただし魔力をモノスゴく喰うので調子乗って飛んでるとひからびるYO!」という話であり要は燃料が魔力になっただけで燃費(魔力費?)の話なのだが荒唐無稽パンツ見せ番組とはいえ軍ヲタエキスが随所に仕込まれていて非常にいい感じだ・・・・と思ってwikiったらなんかかなりディープな設定っぷりであってそういやそもそもこのコンテンツのスタッフはそっち系ぞろいだったな・・・・と今更ながら納得しきり。
 しかしなんでだろう、こう、最近のハイテク兵器ってイマイチ燃えないよね。「ハインケル」とか「マイバッハ」とか聞くとドキドキするのに「ロッキード」とか「マクドネル・ダグラス」とか聞いてもいまいちな(<それはドイツマニアなだけだ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「わたしたちはチンピラではないのですからやるかやらないかではなくどうやるかを議論すべきですわ」

 アマゾン強化週間(?)4日目、超電磁砲のDVDつきファンブックはメール便で到着したため佐川急便の4連続訪問ならず。まあ佐川急便さんが自宅まで4日日参したことには変わりないけどな! ちなみにお目当てのDVDの収録時間がたった5分間だったという罠。しかしOVAも出るのか・・・・ちなみに最近認知した『ブラック・ラグーン』のOVA、なんぼなんでも30分で6000円とかどんだけボるんだよ。昭和末期のOVAかよ。

 昨夜雨天の隙間をついて本屋に出かけたが化物語新刊『猫物語(黒)』見当たらず。くそう。まあもうすぐ週末なので。それまでに『傷物語』は読了しておかないと・・・・ブルーレイも見直さないと・・・・

 今週の「勇者の伝説」、打って変わって平和な話に逆にドキドキ。ゲスト登場する看守一家がどんな死に方するのか心配でしょうがなかったが杞憂。しかしあの第2話の残虐展開はなんだったんだ。でもストーリーそのものはちょっと面白い展開。
 今週の「カンパネラ」、なんか薄っぺらいなあ、そろそろ切るか。
 今週の「オカルト学院」、このダメ過ぎる主人公は成長の余地があるんだろうか。
 
 玉置勉強の『彼女のひとりぐらし』コミカルかつリアル過ぎて衝撃。玉置勉強も成長したなあ。

 本日は転属行事。拙者の職場の先輩が去り、名実ともにワンセクションのナンバー2になる。うう~ん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アマゾン急行

Tomuraushi
 頼まない時は全然頼まないけど続くときは続くもので、月曜日からこっち連続3日間(※1)、佐川急便のマスクをした痩せたお兄さんは連日アマゾンからの荷物を運び続けている。もうこの地に来て4ヶ月にもなると慣れたもんで、平日の昼間に不在連絡通知を入れるような無粋なマネをすることもなくなった。夕方近くに必ず電話をくれる。現在の職場は限りなく残業が少ないので午後7時には大概家にいる。最高だ。
 そして本日は3日目、『トムラウシ山遭難はなぜ起きたのか?(山と渓谷社)』が到着。ていうか時々アマゾンって無駄にデカイ箱で送りつけてくるよねえ。
 ちなみに本日受け取る際に・・・・
「すみませんねえ、実は明日も1つ来るんですけど(※2)
「・・・・そ、そうですか・・・・同じ時間でいいですか?」
「よろしくお願いしま~す」
 まとめて頼めよ! と言いたかったに違いない。ごめんよ。

※1)月曜:崩壊連鎖(長銀日債銀粉飾決算事件)/共同通信社
   火曜:第二次世界大戦回顧録シリーズ/チャーチル
   水曜:トムラウシ山遭難本/山と渓谷社
※2)木曜:DVD付き超電磁砲ファンブック/電撃大王

| | コメント (0) | トラックバック (0)

化物語Blue-ray最終巻『つばさキャット(下)』

 ということで最終巻。ネット配信を見てないので2話とも初見。そして原作読んでるはずなのにストーリー初耳で結構面白かった。あれぇ?読んだと思うけどなあ・・・・忘れてるかもしくは「アニメ見るまで読まずにしまっておこう」と壮大なオタク根性で実は読んでないのかどっちだろう。後日めくってみよう。「かれんビー」も「つきひフェニックス」も間違いなく読んでるけどな。あ、後「傷物語」はそういやまだ読んでねえ。ちなみに続編の噂はどうなってるんだろう・・・・>西尾維新 イロイロ忙しそうだけど。ということで読んでて忘却しているとしたらなかなかお得だ!(<歳なんだよ!)

 ところでアニメ本編ですが初見なので、帰宅してメール便の包装をバリバリ開けて1回通常音声で見て、それからまた最初っからキャラクターによるオーディオコメンタリー編でもう1回見るという、どんだけ好きなんだよ! ていうか今回は最終2話の前半を羽川翼&神原駿河(<また先読み変換しやがった)、後半羽川翼&阿良々木暦のメタ的セリフ全開のコメンタリーなのだが特に後半のコンビにおいては羽川さんが白いままでブラックに変貌し阿良々木のニブチンっぷりについて30分間ネチネチいじめ抜くという衝撃展開に大爆笑。ていうか静かに笑顔で溶岩のように怒っている羽川さんはおそらくガハラさんより怖いです。おお。
 都合シリーズを通してオーディオコメンタリーで5時間はしゃべっている羽川さん。凄いな、ギャラいくらもらってるんだか(<生臭いよ!)
 他の番組もDVD等の特典に、声優同士のくっちゃべりなんか悪いけど聞きたかないので、キャラクターにコメンタリーをさせるとか濃イイ特典を付けてくれたらもっと買ってやるのにのう。
 とりあえずご馳走様でした。さ、また最初っから見直すかw。
 しかし昨年の夏は中央大学に通いながら夢中で読んだなあ(勉強しろよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第二次世界大戦(1):ポーランド侵攻直前

 ぐをー!
 これを37歳の今までなんで読まずに放っていたのか拙者のバカバカ! 愚か者!
 ていうか拙者的に最も第二次世界大戦にフィーバーしていた中学生から高校生にかけてもしこの本読んでたらもう丸暗記するくらい読み込んでいたであろう。きっと人生の道も・・・・いや多分おんなじかw もしかすると政治家を目指してたかも知れんなあ。
 刻一刻と迫るポーランド侵攻まで読了。しかしどうだろう、歴史的事実や各記録、特にドイツ・イタリア側から戦後押収された資料によってチャーチルの見通しが正しかったことは証明されているものの、当事者としてはどうだろうかね。

 選択肢A:将来起こる可能性のある破滅的戦争(予想戦死者・数百万~数千万)の回避のために予防的限定戦争を行う。戦死者『確実に数万名』。
 選択肢B:破滅的戦争が起こらない『可能性に賭けて』、とにかく戦争はしない。

 という選択肢があった場合、国家指導者としてどっちをとるべきか? まあ上の2つの選択肢は微妙に期待値の単純比較が出来ないんだけども、平和な時代が長く続いた国ほどBを取るような気がするんだよねえ。ところが当時のチェンバレン率いるイギリスは第1次世界大戦が終わったばかりで・・・・やはりBを選択する。そりゃそうだなあw。「戦争はもうこりごり」ということになるもんねえ。
 ただ選択肢Aはちょっと分かりやすくしたところがあって、「ラインラント進駐」「オーストリア併合」「チェコスロバキア併合」のそれぞれの場面で、英仏軍が具体的な動きを示せば、実際に砲火を交えることなくドイツが軍を引く、という可能性もあったわけで、その場合戦死者はゼロになる。
 でも生人間(<ヒドイ表現だな)の命がかかっているので単純に期待値でどうこう論ぜられない、というのが難しい。先日の哨戒艦撃沈事件の推移を見ててそう思ったな。50人近く死んでるんだから限定戦争の発端になっても全然おかしくないけど、威勢のいいことをいう政府に不安を感じた韓国国民は直後の選挙で政府不支持を表明する。あれあれ、なんか竹島と対馬にはなんか威勢のいいこといってるなじゃいですか国民は。どうしたのかなあ。
 こりゃ勉強になる。2巻~4巻までまとめて注文。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の新番ちょっと:その2

 TOEIC無残。あれで600点行ったら真面目に勉強している人に申し訳ない。いや、それなりにしてたけどね。
 次回9月はちょっと多忙なので、10月に再戦するか。でも拙者の勉強はTOEIC高得点獲得そのものが目的じゃないんだよねえ。ちなみに自分への慰労は回る寿司。
 
 >黒執事2
 知識としては知っていたが見るのは初めて。
 う~ん、まあ、その、干渉はしないので、どうぞ勝手にやってくださいw
 切る。

 >裏切りは僕の名前を知っている(新番に非ズ)
 知識としては(以下略)。切る。
 アゴ、尖り過ぎw 絵柄がいかにもASUKAだなあ。
 ていうか「うらぎ」で先読み変換するgoogle日本語入力はもはやオーバーテクノロジーの域。単にオタクに特化しているだけという噂も。

 >オオカミさんと7人の仲間たち
 第2話より。リアル学園を舞台にするにはちょっと設定がぶっ飛びすぎのような気も・・・(<そんなこといったら『けんぷファー』はどうなるよ) イマイチ牽引力に欠ける。切るか?
 しかしナレーションがなぜか白井黒子・・・・w

 >伝説の勇者の伝説
 第3話から。ぎゃあ! なんかしょっぱなから血しぶき肉片スプラッタ、レギュラーキャラと思った登場人物が片端から惨殺されるドえらい番組だ! いいのかコレ! ファンキーなファンタジーモノを予想してたら中身のどシリアスさにちびっちゃうYO! 前説もなく前提がよくわからん上に先の展開もマッタク予想できません! 恐る恐る視聴予定。

 >祝福のカンパネラ
 第2話が後半切れ。フルに見たのは第3話から。なんか言っちゃあなんだが陳腐なお気楽系ファンタージーモノ。う~ん、なんか『刀鍛冶』もそうだったけどなんかもう一捻りないとこの手のジャンルでは生き残れませんよ。

 本日はこの辺で。残りは『アマガミSS』と『MM9』だな。
 GODEATERやりたいけどまず世界樹3が先だな・・・・またしばしば地下18階で気を抜きすぎて全滅する。いかんいかん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の新番ちょっと。

 2話からだったり最初からだったりバラツキはあるもののちょっとだけチェックした新番組。

>世紀末オカルト学院
 第2話から。なんか主人公のファッションセンスが古くない!? と思ったら1999年が舞台という。凄いな作り込みが! しかしサスペンス&オカルトホラー&コメディという、アニメノチカラはなんだかいつもわからんなあ。出来は非常にいいとは思うが他番組と時間がかぶるため最高画質で録画され、HDも猛スピードで圧迫する。残すか消すか。

>あそびにいくヨ!
 幸い第1話から録れた。ていうか典型的な近所の幼なじみキャラと見せかけてCIAの末端工作員って舞台が沖縄だけにシャレにならなくて嫌過ぎる。その他改造人間(?)の同級生やらネット秘密結社の学級担任やら主人公の知らぬままに近しい人々は怪しい組織で埋め尽くされ、むしろヒロインのネコミミ宇宙人がよっぽどまともに見えてかつ安心できるから難儀な番組だ。頑張れ主人公! こりゃ当たり。
 でも末端はCIAの末端のつもりで動いていても大概この手の大手は間にイロイロかますので末端にその属する組織が「本物」なんてわかるはずもなく、実は大本はロシアでした、中国でした、というのはよくある話。

>生徒会役員共
 第2話から。でもこういう話だから別に問題ない。読んでないけど原作もおそらくそのまんまだろう。出来はフツーだがなぜかEDがangelaの結構いい曲。なんでよりによってコレに!? チェック。

>ハイスクールオブザデッド
 第2話から。なんかチラっと佐藤大輔の文字が見えたが気のせいか? 早よ『レッドさん・ブラッククロス』の続き書けや。その名の通り学園ゾンビスプラッタ。極限状況人間関係モノって見るのキツイんだよねえ。

 その他『黒執事2』『オオカミさんと7人の仲間たち』『アマガミSS』『祝福のカンパネラ』『伝説の勇者の伝説』が録画のまま未見。TOEIC終わったら目玉がとろけるまで見るぞ~。
 そういや「ずっと先だなあ」と思っていた化物語の最終巻の発売が眼前に迫っていてびっくり。ええ~もうそんなにたつの? 思い起こせば昨年コレにドハマリして中央大学の書店で全巻揃えたのもいい思い出(<何しに行ってんだよ)

 ※)あ、実写ドラマらしい「MM9」も録画してた・・・・・実写、だよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

列車事故とTOEIC準備

 >スイス列車事故
 北欧とかクロアチアとかに行きまくっていた拙者の両親もそうですが悠々自適の生活を送りまくりの老人どもがここにも。実は当列車についてはたまたま知ってて行きたいな~とは思っていたものの、プラネタリウムや水族館に次いでこのへんの一人旅ってハードル高いよねえ。
 ていうかバックパッカーという存在はこの国においてはとんと聞かなくなりましたな。そして先日の英会話教室経営破綻のニュースでも登場する被害者の面々は圧倒的に老人だった。
 本来イロイロ経験して人格形成の一助とすべき若者が全然海外にも行かず、行けず、そもそもそうしたモチベーション・向上心そのものが減衰し、そして絶対数を減らしている。ハッピーリタイアメントを満喫し、後期高齢者医療制度にぶうぶう文句をいい、年金も納めないのに生活保護の老齢加算を求め・・・・そうした人々が満足しきってこの世を去る前に・・・・間に合うのか日本再建! ていうかホントどうすんだよもう。

 さて日も変わって本日は自発的に受けるTOEIC初体験。ブルー。日中やった旺文社の模試で二ヶ月の勉強の成果が「500点前後」はあまりにも衝撃だ。あんまり変わってないよ! ていうかやはり最後の長文読解25問時間切れもさることながら(<当然とりあえず全部埋めたが)、やはりヒアリング系が低空飛行なのがたまらん。こりゃ続けるしかないのかのう。しかし2時間長い!
 明日の試験が終わった後の「自分へのごほうび」(<何このダメな女性雑誌感・・・・)をどうするか今から思案中。ダメだこりゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どのチャンネルも同じニュースだとうんざりする。

 Oh! 今月号『山と渓谷』にトムラウシ遭難事故(もはや事件か?)のガイド側の取材が掲載されているらしい。客の見解とも一致しているようでこれはなかなか、よしポチるか! と思ったら明日あさってあたりに当のヤマケイから上記事故に関する単行本が出るらしい。コッチをポチった。わくわくだ!(<どんだけ事故好きなんだよ)(<いや、探究心と呼んでくれたまえ!)
 しかし死んじゃったガイド自身に弁明の機会は永久にないんだよねえ。

 DSのTOEIC模試が最低点を記録。なんなんだ。なんでやればやるほど下がる!

 >元死刑囚訪日
 そりゃご家族は最新情報(っつっても大韓航空機爆破事件までの情報だけど)を得て多少は安らぐかも知れんけれども、今回の施策も含めて我が国政府だけでなくご家族が最終的にどんな手段でこの問題を解決したいのかサッパリ見えてこないよね。そりゃご家族にしてみりゃ家族を返してくれれば手段は問わないんだろうけど。ただヤイヤイ言いたててたら返してくれるのか? そんな希望は微塵もないでしょう?  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第二次世界大戦(上)/W・チャーチル


 ハーツオブアイアンという世界戦略ゲームがあるらしい → でもシヴィライゼーションのように時間を吸い取り尽くされるのはちょっと → リプレイ読んで我慢しよう → リプレイ本購入 → 読んだら読んだでやはり面白そうなので我慢できない → 実物を購入 → でもインストールする前に予習をしておかないと初戦で負けたら恥ずかしい → ・・・・って、うぶなネンネじゃあるまいし! 何ウジウジ回り道しとるんじゃ2回死ね! ということで回りまわって教科書替わりに購入したのがコレ。知識としては知っていても読んだことない古典って結構あるよね。この後『わが闘争』読んだり(<やめとけ)。
 ということで英国戦時内閣首相として空爆下のロンドンでバトルオブブリテンを指揮し国難を耐えぬいた国家指導者の回顧録。ノーベル文学賞受賞。1冊にまとめた奴はあまりにもはしょり過ぎという噂だったので河出文庫版に。全3巻。
 ていうかまだまだ読み始めなのですが、「あの戦争は第1次大戦の戦後処理を誤った結果の産物であり、十分回避しうるものであった」というコンセプトで書かれているため、1次大戦の回顧から始まっているのだが、教科書通りのクソの役にもたたねえ知識+軍ヲタとしての非常に偏った知識では細かい戦闘の経緯なんか知らないよ! 一応脚注ついてるけど! なんかもうコレを読むためになんか1次大戦を網羅した別の本が必要な勢いです。どこまで広げるんじゃい! さっさとゲームやれ!>拙者

 ちなみに本日は午後から一日中『いちばんうしろの大魔王』を全話見て過ごしTOEICの勉強サボりました。次の日曜だよおい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パンツ第2シーズン/プリキュア3人目

 地デジ非対応の現住居の環境に一方的に絶望していた拙者ですが、よく点検したらテレ東と朝日系はノイズなしに映ることが判明。つーかフツーにプリキュア見てたしな。なんだこれなら月頭の新番ラッシュに間に合ったのに・・・・ということで今季は軒並み第2話からだしょうがねえ。ちなみにTBS系はアナログでないと見られず、フジはノイズが混じり、NHKでさえもブロックノイズが入りまくり。受信料払わんぞコラ。
 >ストライクウィッチーズ2の第2話。
 いわば前後編の後編部分であるし戦闘シーンバリバリなので前編なくてもいいや。しかしパンツを抜いてもバッチリだなあ、二式大艇(※)を登場させるのはお約束として軍艦の対空砲火シーン(<三式弾か?)・空中戦~総攻撃シーンまで目の回るドッグファイト。キャッキャウフフ好きも軍ヲタも楽しめる作りになっとる。パンツのおかげでこの作品はある意味ちょっと損をしているような気もするな・・・・しかしこれを個々人を戦闘機に乗っけるだけだと味気なく、個々人が違った火器で攻撃する面白みに欠ける。個々人がそれぞれの火器で空中戦をするとなると生身で空を飛ぶしかなく、リリカルなのはみたいになんでも魔法としてしまうと火器を持つ意味が無い。ううん、うまいこと考えてるなw
 あ・・・・第1期のサーニャエピソードの冒頭に登場した輸送機もちょっとマニアックな感じがしたけどなんだったかいな。

 >プリキュアサンレッド登場(<違います)
 3人目そう来たか! と先週からバレバレだったがそれでも嬉しい「やってくれたねえ」感満点だ。ううう~ん、そうかあ。しかしご本人様の可愛らしくありたいという願望を反映してあえてツインテールにしていますが上背があるのにツインテールは正直ちょっとなあ。一人称も「私」になってるし・・・・よくってよ?セーラーウラ○スでも(懐かしい!) デカイ分動きがダイナミックになって素敵。しかしなんかバランスが悪い3人衆になっちまったな。また今後増強されるんだろうか・・・・姉とメガネ? いやいや。ん?大穴でアレが寝返るパターン!? あ、それいいなあ。ていうか正直ダークファンです。もっと出番を!

(※)ちゃんとした飛行艇作って売ったら東南アジアで結構使いでがあると思うんだけどなあ。なんか問題あるんかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このままでは今年の名古屋は空梅雨だ

 アマゾンでもろもろ届く。

>ロジクール M705
 結局ロジクールのM705にした。実家で親父殿がなんとなく買ったものと同じヤツ。MX-Rに比べるとやや小さいがすぐ慣れた。アプリケーション切り替えがダイヤルからボタンになっただけで普段使う機能に問題なし。一般電池2本装着で3年持つ!のが売り。ロジクールのマウスは付属ソフトで電池残りが表示されるが、MX-Rは先週充電したばっかりなのに残り7日であるのに対し、M705は電池入れたばっかりとはいえ1000日を軽く超えている。流石だ。ちなみに親父殿はこれと一緒にエネループセットを買っていた。1回充電したら3年だよ!どんだけ使うんだよ! こんどなんか有意義な使い道を提案しよう。長生きしてください。
 
>『人は皆「自分だけは死なない」と思っている』/山村武彦
 先日知人とチャット中にセルフ危機管理についていろいろ検索していたらひっかかったのでポチる。韓国地下鉄火災やインド洋大津波等をサンプルに、人はいかにして「自分だけは大丈夫」と思ってしまうのかを検証し、危機意識を啓発する本。大学の寮で擬似火災を予告せず発生させ、非常ベルを鳴らすと、一人で部屋にいた学生の方が食堂等でたむろっていた人間よりも圧倒的に自己判断による避難率が高くなる。某旅館の大火災では2つの老人会が宿泊していたが、昼火事だったこともあって油断しまくり、一人強烈なリーダーシップを発揮して非常ベルとともに火元を確認し避難させたじいさん率いるグループは全員助かったが、誤作動だという館内放送をうのみにした(<当然事故後刑事事件に発展した)グループはちゃぶ台を囲んだ姿勢のまま全滅する。韓国地下鉄火災は最近大きく報道されたのでご存じの方もあろう。
 火事の例ばかりあげたけど本作では他にも地震や津波・水害について同様の事例を検討し、「わかっちゃいるけど行動しない」「わかっちゃいるけど準備しない」のは「わかってない」からなのだと糾弾する。
 非常事態に人がどう行動するのか拙者は相当昔、はなたれ小僧の頃から興味津々である(<変な子・・・・)。犯罪・大事故や山岳遭難の本を読みあさり続けているのはそのせいだ。拙者は駆け出しの際には戦場というこれ以上はない非常事態のただ中で正常な判断を下せるがごとき能力を身につけるよう訓練を受けたが、もちろん本当の戦場に出たことなんざないので正直自分がその瞬間正しい判断を迅速に下せるのかさっぱりわからない。山に登らなくったって海に出なくったって誰がどこで非常事態に陥るのかわからない。さあ、あなたはどうでしょう。(なんだこのまとめ方)

>『わたしたちは皆おっぱい(1)』/東風実花
 自分がつるぺたであるために豊乳・微乳の同級生に異常に興味を示す若干中学1年生の女の子の変態な日常w ほぼギャグ。少し青春。

 明日から1泊出張。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の未来

 ふと思い立って『機動警察パトレイバー 劇場版』のDVDを見る。一番最初のヤツのイントロ部分のみ。感慨深い。劇場公開1989年。高校のヲ友と一緒に観に行って、10年後の1999年「おいおい、パトレイバーの時代になったのにレイバーのレの字もねえよ」と突っ込みつつ入隊し幾星霜、導入シーンに登場する空挺レイバー『ヘルダイバー』が装備されているはずの部隊と何の縁だか3年にわたる激しいお付き合いをするはめになり、彼らと電話で喧嘩をし、担当者から江戸城観光中の拙者の携帯にまで電話をかけられたり、現地に行っては酒を飲まされ、死亡事故の報の速報FAXを送りながら瞑目し・・・・彼らは今でも身一つで航空機から飛び降りている。レイバーなんかない。
 新型偵察ヘリOH-1は同劇場版に登場するスカウトヘリ程突飛なデザインではなかった上、現場の部隊では全然見かけない。新型対地攻撃ヘリも国産ではなくアパッチの導入が中途半端に終わってライセンス生産するはずだったメーカーとは訴訟沙汰、主力はまだまだコブラだ。
 別に車を飛ばせとかパイプの中を走らせろとか言わんけど、未来ってなあ、もうちょっと、こう・・・・

 痛い2チャンニュース『子供のころしていた勘違い』のレスに「サザエさんみたいな平凡な家庭を作るのは簡単だと思ってた」に全俺が泣く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『やまと』国会

 昔、『沈黙の艦隊』という漫画があってね・・・・
 部分的に評価できたり残念だったりした部分はあるんだけれども、よほどのウルトラCでもない限りは根本的なことについては何にも決められない残念な数年間がまたこの後あるのかと思うと暗澹たる思いで一杯です。最近塩野七生のエッセイを読む機会があったのだが『改革は余力のある内に始めないと間に合わない』『国家の衰退期には短命な指導者が続く』・・・・う~ん。
 まあそれはともかく(ともかくなの?)、とっくに歴史的役割は終えているのに亡霊のごとく存在し続けポッポさんをさんざん振り回し(<ま、これは参加当初から言われてたけど)最後まで勘違いしまくっていたアソコにはもう解党願おうよ。迷惑だよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狙撃とアニメで検索

 >英兵、アフガンで狙撃世界記録達成(2.5km)
 >ストライクウィッチーズ2放映開始

 上記2項目から連想してストライクウィッチーズ第1期第3話『一人じゃないから』を再視聴。う~ん、この狙撃シーンはいつ見てもリーネの眼球描写が怖くていいよね! ちなみにスト2はあきらめてアナログで見ます。
 しかし上記のアフガンでの戦果は着弾まで2.64秒、ほぼ無風だったらしいが修正のため標的の上1.8m、50cm左を狙って撃って当ててるんだから凄い。スコープあっても相手はゴマ粒だ。ところで拙者はもうすぐ自動小銃の割り当てがなくなります。とうとうスコープを公務で使うことはなかったなあ。いや、大抵の人はないんですけど。
 ちなみにアニメで狙撃シーンを見たいと思って検索したら『マドラックス』『ガンスリンガー・ガール』『ナジカ電撃作戦』『ノワール』が引っかかった。ゲームなら『ファントム』も。とりあえず手持ちから発掘できるのは『マドラックス』と『ノワール』か・・・・ナジカもどっかにあった気がする・・・・
 ひきこもりだなあ。ダメだなこれじゃあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラブプラス始めました。

 ちょっとした規模の街にホイホイある関東と違ってここ名古屋は茶葉専門店ルピシアの店舗が希少である。県内に4店しかなく、名古屋市内3店はいい感じにバラけていて実際行けるのは名鉄百貨店の5F、なぜか婦人服売り場の隅にポツンとある中途半端な規模の店しかなく、デカフェ(カフェイン抜き)のコーナーが独立していないのでルイボスティーメインの島か、「デカフェ」とわざわざ銘打ってある茶葉を個別に探すしかない。ということで故障したベンラス腕時計(<スイス製軍用時計と銘打っている割には不具合が1年で3回・・・・トリチウム発光体がなければとっくにお払い箱だ)をビックカメラに放り込んだついでに寄ってこのイマイチな支店に寄ってお茶を補給する。
「いったいぜんたいこのお茶はどのくらいでどのくらいするわけぇ!?」と一緒にやってきたと思しき百貫デブ知人に辺りをはばからぬ大声で尋ねる同じく百貫デブ女性を発見したわけだが、一瞬その語彙とイントネーションの古さから古い資料で日本語を学習して日本に潜入したばかりのNKのスパイと認定した。値札見りゃわかるじゃん。
 しかしNKのスパイがこんなにデブなわけがない! ということで一瞬で認定解除。しかし女性というものは似たような部類が群れをなすな・・・・と思ったが池袋や名古屋の夜の街を思い出せばそれは男性も概ね同じであるような気がしたので前言またも撤回。ホストっぽい人とオタクっぽい人は群れないし、オタクっぽい人とジャラジャラした人は群れないし、ジャラジャラした人とホストっぽい人は群れないよなあ。そんなのが群れているのはIWGPの人たちだけです。
 ファンケルの通販と同じく今ぐぐったら適度に買ったら送料無料でルピシアの全茶が通販で買えることがわかったので今度からそうしよう。ああドンドン通販生活。
 地図持ってない時に限って名古屋駅からの帰途迷子になる。夜はまだ方向がわからん・・・・携帯で見るギリギリ無料のゾーンを見ながら西に大回りして帰宅する。ちょうど往復20km。名古屋城がチラっと地図に写ってなかったら危なかったな。相当北のほうに進路がずれていた。
 ラブプラス・・・・愛称の略称がおおざっぱ過ぎだろ。釣りバカ日誌かよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新番のシーズンですが

 NHKとテレビ朝日系以外はノイズ入りまくり(ヘタすっとNHKにもノイズが入る。受信料返せ!)の地デジ非対応環境がヤル気を削いで春に引き続きまともに見ちゃいねえ。ああ見たいなあ。でもこれを機会にデッキに溜まりまくっている過去録画の山を見ていくのもいいかも知れん。
 とくに『みかみけおかえり』とか『CANNAN』とか『青い花』とか。うーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンデーナイトスペシャル

 土日は実家に帰っていてアレコレしていたので巡回せず。別に次の週末行ってもいいんだけどさ~なんか週一でいかないと落ち着かないというか。
 というわけで伊丹へパジェロで往復してほぼ一日潰れるという仕事らしい仕事をしないまま退庁時間になり帰宅後一旦着替えてとらのみ巡回する。あ~平日の晩のとらは人もまばらでいいなあ。これ毎週末、土日の昼じゃなくて金曜の晩にしようかな。埼玉で金曜晩のご褒美コース「回転寿司~レイトショー」の2連発から名古屋での「回転寿司~とら」の2連発へ。すると土曜の昼にすることがなくなるな。う~ん(<他にないのかよ!?)。
 これから暑くなるので土日とも日中はコンテンツ消化に専念して日が暮れてから出かけだすという沖縄人のような生活でのいいかもわからん。いや? 夜行性じゃないよ? 紫外線と熱中症対策です。ていうか体力消耗節減です。ちなみに今夜で17km走りました。自転車だけど。

 ちなみに本日のパジェロ操縦手は米軍との通訳も何度か勤めたこともある英語バリバリの下士官であって結構アドバイスをもらう。ていうか最早TOEICのアドバイスではなく英会話のアドバイスだ。縮めて言うと要は気合いだ! とう話。(<縮めすぎ!)

 >ショートニュース『B-CASユーザー登録全廃』

 結局なんだったんだコレは。あほらしい。
 ていうかなんか奥歯に物のはさまったような書きっぷりだけどカードそのものは残るのか?
 登録をやめるてさらに残る存在意義があるんかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

使い道に困ってやった

反省はしていない。
 ということで7~10営業日待ちすなわちもういつになるかマッタク保証できませんよ~と店頭でも言われネットでも宣告されたiPadが人がちょっと帰省している内に不意をついて到着した。5日もたってないよ! まったくもう、これだからアップルは。いやいいけどよ。
 ということで大騒ぎしながらアマゾンで買っておいたフィルムを貼る(<万全の態勢で臨んだのにほぼ中央付近にホコリが! ガッデム!)。PDF等を見る際にはGoodreaderというアプリ(iTunes ストアで115円)を入れるのが良いとネットオーディエンスが言うのでiTunes ストアでダウンしたがインストはうまくいったもののネットで皆が言うような動作をしない。1時間ほど四苦八苦した挙句慌てすぎてiPhone用のアプリを誤って入れてしまったことがわかった。中途半端にフツーにインストされてんじゃねえよ!>iPad ということで改めてiPad用goodreaderをインストしなおす。115円損。落ち着け>拙者
 予め用意しておいたPDFやらTXTやらJPEGやらを突っ込んでみる。JPEGの束は別にgoodreader使わんでもフツーにビューワーで見れる。おお美しいよ安田美沙子(<何の画像見てんだよ)。雑誌記事のJPEGデータは記事の文字が小さいものの、そこはそれ評判の指グイグイで大きくすれば問題ない。
Ipad1st
 続いてPDF。う~ん、文庫も漫画も問題なくガンガン読めるのだが、ページをめくるのが英語仕様、すなわち画面右にタッチして左にスライドさせると次ページに進む仕様になっているため違和感バリバリ。どっかの設定でなんとかなるような気もする。ちなみに慌てすぎてよく撮れていない画面は先日スキャンした谷川史子の漫画。画面がデカイのでそのままで全然読める。右下の黒い塊は大きさ比較のための携帯電話。
 そしてテキストファイル・・・・コードかフォントかの関係で読み込めない。ま~これもググってれば同種の問題を解決した先達たちがいそうなので後日調べることにしよう。まだ到着して3時間だしな・・・・
 あ、また日曜の日課、筋トレ忘れた・・・・最近月曜日にズレこんでばっかだな。
 しかしやはり重い。これ外で使うのは机の上か膝の上だよ、かなり手首に来た。

 残ったボーナスは金とパラジウムに突っ込まれる予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未曾有のグルメ

 昨日はちょっと僻地の駐屯地にジープで出張。出張先の有料食堂で昼食をとったが海の家のメニューが裸足で逃げ出す未曾有のクオリティであって餃子の皮がフライパンにくっついたらしく剥がれて中身がむき出しに。ざるうどんのつゆはいくら関西圏でもこりゃ薄すぎだろうという薄さであり、しまいの部分はもう無理やり飲み込んだ。おつりは30円間違える、たった3人の客にけっこう待たせる。そして極めつけは飯時になっても拙者達以外だれも入ってこないすなわちジモッティーはすべてもう1軒の方の有料食堂で食ってるのだ!
 2つある有料食堂のうちあえてコッチを選んだ伍長は拙者達のモノ問いたげな視線に対し、「うまいものは金出しゃ食えるんですよ。きょうび安くてもそこそこのものはともかく不味いものはなかなか食えないですよ!」と強弁した。
 わかったようでわからねえよ!
 ていうかこのクオリティの店が淘汰もされずに生き残っているのが部内食堂の盲点。競争入札やってるはずなんだけどなあ。

 本日からネット構築のために実家に帰省。ネット環境立ち上げくらいやったれよ>妹

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刀語第四話 『薄刀・針』

 なんでやねーん!
 と二ヶ月前に本作を見た人々とほぼ同様の反応をせざる得ない拙者。
 いや、これは・・・・
 こりゃないよ! いやアリだけど!(<どっちだよ!)

 やってくれるわ・・・・ラスト5分は落ちた顎が持ち上がらないのもそのままに腹の皮よじれっぱなし。
 ていうかもう人間じゃないよね。怪人だよね。
 ブルーレイ、来週発売・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »