« 第二次世界大戦(1):ポーランド侵攻直前 | トップページ | アマゾン急行 »

化物語Blue-ray最終巻『つばさキャット(下)』

 ということで最終巻。ネット配信を見てないので2話とも初見。そして原作読んでるはずなのにストーリー初耳で結構面白かった。あれぇ?読んだと思うけどなあ・・・・忘れてるかもしくは「アニメ見るまで読まずにしまっておこう」と壮大なオタク根性で実は読んでないのかどっちだろう。後日めくってみよう。「かれんビー」も「つきひフェニックス」も間違いなく読んでるけどな。あ、後「傷物語」はそういやまだ読んでねえ。ちなみに続編の噂はどうなってるんだろう・・・・>西尾維新 イロイロ忙しそうだけど。ということで読んでて忘却しているとしたらなかなかお得だ!(<歳なんだよ!)

 ところでアニメ本編ですが初見なので、帰宅してメール便の包装をバリバリ開けて1回通常音声で見て、それからまた最初っからキャラクターによるオーディオコメンタリー編でもう1回見るという、どんだけ好きなんだよ! ていうか今回は最終2話の前半を羽川翼&神原駿河(<また先読み変換しやがった)、後半羽川翼&阿良々木暦のメタ的セリフ全開のコメンタリーなのだが特に後半のコンビにおいては羽川さんが白いままでブラックに変貌し阿良々木のニブチンっぷりについて30分間ネチネチいじめ抜くという衝撃展開に大爆笑。ていうか静かに笑顔で溶岩のように怒っている羽川さんはおそらくガハラさんより怖いです。おお。
 都合シリーズを通してオーディオコメンタリーで5時間はしゃべっている羽川さん。凄いな、ギャラいくらもらってるんだか(<生臭いよ!)
 他の番組もDVD等の特典に、声優同士のくっちゃべりなんか悪いけど聞きたかないので、キャラクターにコメンタリーをさせるとか濃イイ特典を付けてくれたらもっと買ってやるのにのう。
 とりあえずご馳走様でした。さ、また最初っから見直すかw。
 しかし昨年の夏は中央大学に通いながら夢中で読んだなあ(勉強しろよ)

|

« 第二次世界大戦(1):ポーランド侵攻直前 | トップページ | アマゾン急行 »

「アニメ等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/48993014

この記事へのトラックバック一覧です: 化物語Blue-ray最終巻『つばさキャット(下)』:

« 第二次世界大戦(1):ポーランド侵攻直前 | トップページ | アマゾン急行 »