« 回転機関 | トップページ | 弾丸鉄道万歳 »

ロジクールマウス 新モデル

 現在使っている不朽の名作マウス、ロジクールのMX-Revolutionのバッテリの持ちが悪くなってきている。いつ買ったのかな~と自分のブログを遡ってみたがどうやら発売とほぼ同時、おそらく数カ月の誤差で2006年の秋頃買っているようだ。するともうすぐ4年ということになる。この手のデバイスでは・・・・普通、かな?
 しかしまったく問題を感じないマウスであるので正直ガワはこのままで、ブルートゥースなりなんなりエネループ内蔵なりの今風のマイナーチェンジのみで新型欲しいな、と薄々考えていたところで神戸のソフマップで『MX-Revolution生産終了! 最終入荷特価!』と8000円で売られていたのを見て慌てて現在のロジクールのランナップの主力を見ると(気に入ったのが新製品にないと、MXを買い直す最後のチャンスだ)どうやら親指で扱うアプリケーション切り替えダイヤル(拙者呼称)が無くなっている。その代わりステルスボタンが追加され、設定によってそのボタンを押し下げることによってアプリケーション切り替えモードになってホイールで選んで左クリックで選択、となる。うーん。
 でもよく考えたら現在のMX-Revolutionで親指でカチっとアプリケーション切り替えにしたらやはり本来のホイールで選んでいるのは同じである。親指でそのままグリグリ回るよりやりやすいんだよね。つまりメーカーがそこんとこに気づいてギミックをあえて減らしたのではないかと伺える。となると後継機種(近々買い換えるとは限らないけどな)はMX1100か、M950ということになる。何だ? この2つの差別化はなんだろう・・・・単なる無線方式の違いか? 急ぐわけではないので要検討。ただし名古屋ソフマップでもMXは在庫希少を確認。う~ん。
 しかし2006年の拙者ってエライ金欠にあえいでいるな・・・・なんだろう。あ、車があったからか? 

|

« 回転機関 | トップページ | 弾丸鉄道万歳 »

「サイバー系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/48319899

この記事へのトラックバック一覧です: ロジクールマウス 新モデル:

« 回転機関 | トップページ | 弾丸鉄道万歳 »