« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

大迫純一 逝去

 でもって予備のために実家に持ってきていた地味に買っている大迫純一の『ポリ黒』シリーズの『リベレーション・ブラック』。コツコツとブックオフで買ったり新品で買ったりしているが先日イキナリ何巻かすっ飛ばして第1シリーズ完結編『アドヴェント・ブラック』を読了しているため主人公二人の根源的な秘密についてはすでに知っているのだが、このシリーズは精霊と人間が共存しながら文明を発展させてきた並行世界現代における、ちょっとハードボイルドちっくな刑事警察ミステリーなのでその辺の伏線はフレーバーです。ていうか精霊という超自然的な振る舞いをするファクターがありながら密室とかアリバイとかを組み上げてミステリーにする本シリーズの個々の作品が面白いので順番あんまり関係ないかも・・・・でもマティア警部の親友サジ・シェリカの父の無罪を証明するため奔走する『メモワーズ・ブラック』以降は順番通りに読まないとな。
 巨漢の精霊マナガ警部補(<どう見てもコロンボが元になっている)と無口系ちびっ子マティア警部が対する今回の事件はどっちかっつうと犯人は最初っから丸分かりで、動機と手段を探る話なのだが、手段はどもかく動機は若干マティア自身にも関わりがある事件であってそこに重きを置いているため正直ミステリーの出来としては今ひとつ。まあでも、美人監察医とかソバカス婦警とか、いつもの警察署の面々が出てくるのでファンとしてはまあまあそこいらでも結構です。
 とか呑気に書いてたら作者死んでるよ! いや亡くなってるよ! しかも先週だよ! ええ!? ええー!! ちょっと! 『アドヴェント・ブラック』の後書きで「これで一区切りついたんでこのシリーズおしまいにしようと思ったら編集さんに思いっきり怒られましたので、もうちょっと続けます」とか言ってたやん! スピンオフのレオン・ザ・レザレクターだってまだまだ・・・・ああ、もう。ああ。もしかするとわかってたのかなあ。いろいろ調べるとなんか不治の病とわかっていたらしいので、上記のやりとりも編集さんなりの励ましだったのかも知れない。
 ああ。
 まだ本シリーズの未読本がレオンシリーズも含めて7冊もあるし、評価も高いらしい『ゾアハンター』シリーズも手付かずだけど、それでももう今後大迫純一のブラックシリーズはもう読めないんだなあ。享年47歳か。
 こりゃ今週末は買出しに出かけて残り全部買ってこないと。新品で。本屋で。香典だ。
 謹んでご冥福をお祈りする。ありがとう。
 敬礼。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天冥の標(現在3巻まで)/小川一水

 いつも帰省の際にはここぞとごっそり本を携行するのだが、これが自転車巡回だ宴会だ愚痴聞きだとやっているうちに時間が過ぎて大概読まないまま持って帰るのが常であるが今回に限り読みきってしまい、新幹線代をケチって帰る在来線の中でまぶしい反射に目を細めながらDSで地下迷宮に潜るはめに。

 ということで一気に読みきった小川一水の全10巻シリーズ『天冥の標』の3巻目まで。ていうか最初っから全10巻でぶち上げるなんてチャレンジャー! 2巻あとがきによると「とりあえずやれること全部ぶち込んで10巻書こうぜイェー!」みたいな勢いで編集者と突っ走った結果らしい。大丈夫なのかこの人々!
 第1部『メニー・メニー・シープ(上下巻)』は26世紀の遥かな植民星で事実上の独裁政権を握る臨時総督と地方の豪族の対立をベースに伏線盛りだくさんでありもう話がどこに転がっていくか常にページをめくるまでわからないドキドキだ。謎の生命体、臨時総督の繰り出すロストテクノロジーのロボット、はるか昔に不時着したっきり飛び上がれない植民船、美貌の軍事警察長官・・・・ああ! もうこれでもかというSF三昧。多くは語りませんが超おすすめ。誰もが第1部ラストシーンで「ええっ!」と放ったらかしにされること請け合い。
 第2部『救世群』。時代がイキナリ現代に逆戻り。謎の奇病発生の報に現地に飛ぶ風貌は冴えないが凄腕の日本人医師がでくわす衝撃の事実とアウトブレイク。そしてコッソリ挟み込まれる第1部への伏線・・・・ああ! これ以上言えん! これはあっさり1巻で終わってしまって通算第4巻はまた26世紀に・・・・続く、のか? もしかすると時代がちょっと前後するかも知れん。「今夏発売!」って帯にあるけどいつだよ! 結構幅あるよ!
 ああもう待ちきれないよう、その間「導きの星」でも読んでるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

潮かがやく ちぬの海

 こんな罰当たりな拙者でも一応中高一貫のカトリック系男子校出身である。
 当時学んだ校舎が阪神大震災を契機に改築が検討され、この夏取り壊されることになったため、通常神戸市内のホテル等で開かれる超期OB会(卒業したてのピチピチの18歳から、上は創立75周年であることから計算すると理論上、87歳ということに・・・・・)が先日当該校舎で開催された。実家から北海道の大学に進学して幾星霜、故郷は遠く、そうしたイベントにとんと縁のなかった拙者も流石に名古屋まで南下となると射程内、そして6年過ごした学び舎の最後の姿となるとこりゃ参加せんとな、ということで初めての参加が本行事となった。
 いや、凄かった。総勢200人前後といったところか。
 拙者が在校時の校長をお招きした期別を超えた大朝礼を始め、学んだ教室での合同昼食会、同じくお招きした恩師4名からの選択授業、在校時入れなかった屋上を含めた校舎どこでも見学。そして我が校伝統の2時間目の休み時間に灼熱の夏も極寒の冬も上半身裸で行われるランニング『中間体操』の再現行事(<有志による。当然拙者も参加したが、しかし最高齢が何歳だったのか見当もつかず、実行委員会もさぞかし神経を使ったことだろうw)、新校舎のプレゼンと寄付の呼びかけで締められた。

 鬼体育教師と呼ばれていたがしかしその怒りっぷりには常に1本筋が通っていたため人望が厚かった恩師の選択授業に参加することができた。御健在であった。笑った。涙がにじんだ。机が小さかった。教科書とノート広げたら一杯だよこれ。
 屋上から神戸市が見下ろせた。高層マンションが随分増えた。
 同期190人近くのうち、8人と再会。卒業以来の人もいた。
 同期の父であり、また現在拙者所属機関の超VIP(文官ながら扱いはジェネラルである!)となっている某OBも忙しい中、1日中参加されていた。お話する機会があった。緊張した。
 当時好き放題やっていた理科の先生が教頭になられ、少子高齢化だけが原因ではない苦しい経営事情を打ち明けてくれた。
 そこらここらで「お前があの時あんなこと言うたから、俺あそこで1時間も正座されられたんや!」「そらお前、元々あんなことしよったら・・・・」てな会話で楽しそうに揉める60歳を超えたおっさん達がいる。物陰でこっそり目元を拭う青年がいる。杖をついた老人にペコペコ頭を下げる身なりのいい紳士がいる。拙者が「何でもいいからワンテーマ20分くらいクラスに話していい時間」で、湾岸戦争当時のことであったからトマホークミサイルの航法システムについて黒板に書いて説明した教室は確か3階の一番端の高2Dだ。若気の至りの思い出ってたまらんものがあるよなあ。
 校舎は・・・・
 この校舎は・・・・

 朝礼台の横に、記念碑が立っている。「すべてのものは過ぎ去って消えていくけれども、それでも残る何かがある。その何かについて思いをはせよう」という意の文が刻まれている。
 記念碑は、校舎新築後も残る。

 まだまだがんばれる。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

出張&さよならツェッペリン

 明日から出張です。帰還は水曜日。そして木曜日は泊り込み当番、金曜から帰省。ああ忙しい。

 >さよならツェッペリン
 不調になってから部品を取り外して流用されただ部屋の隅に転がるばかりだった予備艦、ツェッペリンを処分する。あ、PCのことです。
 今日日いろんな廃品回収には金と手間がかかるもので、4200円かけて手数料を払い、中に詰め込むHDはアメリカ国防総省規格で完全抹消し、合体させる等、総作業時間30時間(<ほとんどHDの抹消処理だけどな)かけて準備完了し、本日エコゆうパックにて出立。ガワは名寄時代にドスパラで中身とセットで購入したものの中身は換装を繰り返しており正直今でも使用に耐えうるマシンだったが、録画をPCから矢沢マシンに移行する等、PC2台もいらんね、ということでズルズル名古屋まで引っ張ってきたがようやく処分とあいなった。お疲れ様。
 ちなみに現主力マシンもガワは千歳時代に組んだものの中身を換装しまくり、ATX規格の意外な長命により現在でもAthron64X2Dualcoreを基幹としてバリバリ現役活躍中です。名前はビスマルクを経てヒンデンブルグになっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インドア三昧

 いやいや、徹底した雨天のおかげでやるべき事が進む進む。転属の挨拶状を書き上げ(<今更!)、TOEICのDSソフトを午前1時間、午後1時間(しかもこりゃ出来がいい。紙で独習するよりかなりいける。夜も1時間するつもりだったがそろそろ時間切れっぽいな)、CNNのポッドキャストを2本片付け(<しかしほとんど聞き取れず)、バラライカの駆るミンスク号は海峡を突破して北海に侵入し、ストライカーズのDVD第3巻を視聴、筋トレをしてかつプリキュアマックスハート劇場版もOK。
 あ、明日からの出張準備もしなきゃ。


 >もっとTOEICテストDSトレーニング
 部門別に個別に制限時間付きで練習できて回答には解説までついて、かつ問題文もポイント単語も何度も発声してもらえる。「音質が悪い!」というアマゾン評価もあったがいったいどんなハイソな耳してんだよ。十二分じゃねえか。
 しかし第3部門まで進んで自分の耳の悪さと記憶力の悪さに愕然。こりゃ相当修行しないとダメだな。ていうかモチベーションを蹴り飛ばすためにいっそ次の7月頭の試験を申し込んでしまおうか。

 >リリカルなのはストライカーズ vol.3
 3個シリーズの中では最もイマイチという評価を聞きつつこの第3シーズンをポチポチ見ていたがこの第3巻(7~9話)はちょっとした見物。新主人公であるところの新人ガンマン:ティアナ・ランスター(<おいおい、またしても名前だけで一発変換かよ>google様)が自らのコンプレックスに直面して無茶をしてなのは教官達にボロカスに言われて凹みまくってのたうちまわって最後は友情と自省で再起する青くて春な結構熱くていい話。怒ったなのは怖いw
 なんかチラ見したらまだまだ未登場のキャラがいるようで今後の展開はわかりません。あ~、それはそれとして劇場場のDVDいつ出るんだろー! 早く出してー!

 >映画『プリキュアマックスハート』
 あ、ジョニー氏おすすめの話と思って借りたがどうやら間違っていたようですな。ダイヤモンドと船幽霊の話。金髪のカレー大好き第3号(ヒドイ!)の存在感のなさに涙が止まりません。そして話の内容は普段の30分と何ら変わりのないような・・・・続いて予約注文した『雪空のともだち』に乞うご期待。

 >MADムービー
 超電磁砲のOPは第1クール第2クール共に非常にイカス出来だが、曲としては拙者は第2弾『Level5』の方が好きだ。愛してる!(<ウゼエよ) これを本編のOPだけにしておくのはモッタイナイと思うのは拙者だけではなかろう! ということでYouTubeで探すと出るわ出るわ同好の士達の渾身作が! 今回の傑作大賞は『Level5』で『なのは劇場版』、同じく『なのはストライカーズ』、同じく『ハルヒ』でした。どれも思わずエンドレスで1時間も見てしまう出来の良さ。素晴らしい。

 さて、明日から出張に必要な荷造りを・・・・あ、スーツとシャツのアイロンかけないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日の荒天に備えて買いだめ

 朝も早よから町内会があると回覧板が言うので眠い目こすって出かけて言ったら実は役員のみの招集でありすなわち空振りであってガッカリしつつもせっかく早起きしたのでお掃除洗濯、さあ午前中のうちに買出し・・・・と思ったが前夜に飲んだ鎮静剤のせいでまったく身体が動かず結局午前中ぼーっとして過ごす(<それでも掃除洗濯のルーチンワークはできたんだなと普段の習慣は素晴らしい俺様!(自画自賛))
 昼過ぎに電子辞書到着。ちょっとだけ起動。おお!このサイズでカラー液晶!
 午後、買出し。週明けのスーツ出張に必要なブツを買いに困ったときはキクチタケオと思って栄まで行くつもりだったが、途中の『洋服の青山』で超お買い得セール実施中でありシャツと靴とベルトとネクタイ併せて13000円とお買い得! まあ合コンに行くわけじゃなし。そしてとらに寄っただけでヒッタンウェイで帰宅。結果として半分以上百合本だったり。 
 夜、ついつい2日続けてTOEIC学習をサボってしまう。ああこれじゃあ文字通り3日坊主! CDも参考書もiPodも電子辞書もDSソフトも揃ってたんじゃあ、もうやるっきゃない! 生きてるかな土井さん(<元党首) 
 そして英語ついでにもえたんを発掘。
 "The golfer often aims directly for the pin flag when he hits the balls."
あはははは!(<だめだこりゃ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔、『神鳥』という傑作小説があって

 半島情勢を見ようとNHKの9時のニュース見たらトップニュースはトキの卵、カラスに襲撃される、だった。結構延々と流れる。なんだかなあ。
 ていうか、トキにとっちゃあ日本列島で生きようが中国大陸で生きようがどうでもいいでしょう。むしろ不慣れな島に連れてこられて迷惑千万、一緒に連れてこられた仲間が気の合わない鳥だったらどうするんだ。仮に在米日本人が絶滅(?)しかかったときに、生き残った拙者と百貫デブ女性が米軍に保護されてどっかの島に連れてこられて「さあ繁殖してください」って言われてもなあ。
 日本人は自分たちのせいで自国の名前を冠した鳥を列島内で絶滅に追いやったんだからそれはそれで謙虚に反省して、まだまだ沢山ある残存(っちゃあなんだけど)生物の保護に金と手間をかけた方がいいんじゃないの。先日の小動物襲撃騒動といい、なんかモノスゴイ金とマンパワーを食ってる気がするんだけど。利権が見えないだけに、一体誰が何の目的で意地になってるんだろう。もういいだろう。
 でもってそれをこんな時期にトップに持ってくるNHKもNHKだなあ。もうがっかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あと3年たてば迷わないのだろうか。

 個人的記念日のためさっさと退庁して・・・・独り焼肉に行こうとも思ったがまだそこまで悟りきっていないためw イオン内蔵のスープカレー店『心』で思う様トッピングする。もち豚ほうれん草にディナーセットにして玄米ご飯大盛り、辛さ20でチーズと納豆をトッピングして1680円。 小さっ! 
 ていうか独り飯で贅沢って限界がある気がするな。あ、カウンターの寿司か。う~ん。でもトロよりコハダが好きな拙者ではたかが知れてるよねえ。
 ちなみに夜がふけるとやっぱりなんだか肉が恋しくなって「200m先のびっくりドンキーでもよかったかなあ・・・・」と思ったり。ホルモン食べたい・・・・

 さて、自分へのご褒美ですが・・・・三菱の23インチディスプレイと思っていたがいざTOEICの勉強を始めて見ると大学受験以来使っていたデイリーコンサイスではちょっと物足りないような気がしてきたので(言い換え・類語などもついでにあるといいよね)、電子辞書を物色してみる。数年前から結構職場や大学で見かけることは見かけてたけど、今まで全然関心なかった。が、イロイロ調べてみるとすごい。辞書が電子化されて数万円というとちょっと高いと思っていたが、今回狙いを定めたカシオの看板シリーズEX-wordの8500なんかは広辞苑に漢語林に英語の辞書4種類にJTB外国語自由自在12カ国分、TOEIC問題集音声付き9種類に漢字検定ドリル問題集7種類他130種類! そんなにいらんわ! 半分でええから1万円台にせえよ! と突っ込みたくなる豪華っぷりだ。ネット流通価格がほぼ23000円なので1コンテンツ176円、おいおいおい。大丈夫かよ。しかもカラー液晶にタッチペン付き。スゲエ。安すぎる。
 ということでさっさとネットで注文したがタイミングが悪いな。また代引き手数料ケチって銀振にしたので入金は来週だ。すると来週末か・・・ま、急ぐ旅じゃなし。
 ちなみにDS用のTOEICソフトは今クロネコの手で拙宅に前進中です。金かけりゃいいってもんじゃないぞ!>拙者

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モビーディック (HM戦闘要報)

 思えば初めから何もかもが勝手が違っていた。ここはカイバル峠でもなく、パンジシルでもなく、海都アーモロードの地下迷宮であり、相手はターバンを巻いてRPG-7やAK-47を構えたムジャヒディンではなく、怪光線や怪音波を発する怪物どもなのだ。噛み付いたり体当たりをかましてくるのはまだマシな方だった。巨鳥、巨大ヒトデ、巨大ザリガニ、獰猛なトドなど、既知の生物が多少凶暴になったと考えればいくらか納得できたからだ。
 それでも人間を相手にする手法の応用で地下8階まで進んだが、終盤で出くわした巨鯨には百戦錬磨の一同も呆然とする他なかった。空中を泳ぎ回り(そもそもその階層は海中には違いないのに呼吸ができるため、特に海都に来るまで海を見たこともなかったボリスやオクサナは注意力が散漫になりしばしばバラライカに叱られていた)、大津波を呼び出し、しかも人語で警告までしてくるのだ!
 それでも攻撃し続けるとあと一歩のところで催眠音波とそれに連携した爆撃で撤退を迫られること4回、根本からの作戦の練り直しをすることになった。包帯でぐるぐる巻きになりながら宿屋の一室で議論が繰り返された。敵はイタチの最後っ屁のように深手を負ったところで件の連携攻撃を仕掛けてくる。終盤一気に畳み掛けられる大火力と、催眠音波の対処が鍵だった。
 ジョヴァンニが港町で情報を仕入れてきた。「北東の島で質のいい焼夷弾の材料が手に入るらしい・・・・」 聞けば聞くほど剣呑な素材であったため、実際それらを弾丸飛び交う戦場で扱うはめになるヘルムートは気乗りしないようだったが、代案があるわけでもなく、一同はしばらく海路を探索し、目指す島でテルミット反応を起こす素材を手に入れた。やっかいなことにこの原理を利用し敵に大ダメージを与えるサーメート弾は、一発撃ってしまうと再充填に相当時間かかる。催眠音波対策が必須なことに変わりはない。
 「諸君、朗報だ」
 バラライカが親指の先程の大きさをした謎の物体をメンバーに掲げた。
 「大尉、そりゃいくらなんでも・・・・」 
 どう見ても耳栓だった。

 津波に足元をすくわれならが諸兵が牽制にしかならない攻撃を続けた。ルチアーナはカンフル剤を抱えて戦場を駆け回り、ハインツは呼び出した無人飛行機で鯨の頭を攻撃し続け、オクサナは大口径ライフルの真っ赤に焼けた銃身を4回も替えながら撃ち続けた。ストックを当てた肩が外れそうになった。そしてヘルムートは刺激性のある材料に涙目になりながら再充填を繰り返し、耐用限度を越えて改造されたRPG-7にサーメート弾を込めて発射し続けた。なぜか数十秒しか持たない耳栓は戦闘中にバラライカが各人の耳に突っ込んで回った。
 3発目の発射で鯨は巨体を炎に包まれながら大地に横たえ、RPG-7の本体は使い物にならなくなった。全員顔が煤で真っ黒になっていた。
 「さあ、諸君」
 苦しい息の下からボリスが顔を上げると、いつの間にか鯨の背後にあった扉の向こうを見渡していたバラライカが前方を指さした。明るい光が差し込んでいた。
 「新しい狩場だ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15%くらいにしないと世界から信用を失う

 >有名人続々擁立

 もうね、有権者バカにするのもいいかげんにしなさいよ。せめて政治評論家や政治学者を引っ張ってきて「お前無責任なこと言ってないで一遍やってみろよ!」とぶち上げた方がまだましな気がする。

 >NHK9時のニュース

 消費税うpに向けてじわじわと工作が進んでいる気がする。本日の当ニュースにおいてはギリシャの財政危機をチラ見せしつつ「衆院選後にうp」という案を流す一方、「街の声」のピックアップの仕方も
(1)「財源が足りてないのは明らかだから消費税率アップもしょうがない」となかなか見上げたことを言う青年
(2)「上がったら生活苦しくなるから反対」と脊椎反射のように自分のことしか考えてない感丸出しの中年サラリーマン
(3)「税率上げもやむなし。買い物しんどくなるかもしんないけどそこはやりくりでね」と流石のバランス感覚を発揮している初老の女性。でもその影には自分の年金が減ったら困るという腹黒さを感じるのは拙者だけか?

 と見事なラインナップであざとい。そして「今その話を始めるのもな」という金融担当相(<この人金融相としての仕事どんだけやってるんだろう・・・・)と、「国民の生活を苦しめる税率アップには絶対反対です」と例によって根拠不明な自信満々の笑みを浮かべつつ対案を示さない少子化担当相(<この人少子化担当相としての・・・(以下略))、さらに「削るとこ削ってから議論しよう」という反対意見により結局党会議は結論先送り、というイメージで締める。どこまで削ったら、いつ、どんだけアップするのかちゃんと腹案持って言ってるんだろうな>反対した人
 NHKの論調の変化は何かの先触れか。それとも大前氏の指摘する国債破綻をちょっとでも引き伸ばそうとする欺瞞工作なのか? 他人事じゃないので毎日ドキドキだね。
 ちなみにギリシャみたいな財政破綻状態になっても日本人はギリシャ人みたいにデモらないと思う。それが日本人だから。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

コッチもある意味ホラー

 少子高齢化がここにも影を落とすとは。
 年齢にしてみればローンもない代わりにびっくりするほど資産の少ない拙者ですが(そりゃあんな使い方してりゃあな)、こんな書きっぷりされると流石に不安になってきますな。でも外貨預金したところで証券会社も国内企業、預金も含めて全部閉鎖されたらお手上げでございます。金の現物? それともドルのタンス預金? いずれにせよ分散したら1つ1つは情けないほど小粒になっちゃうねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回転機関 補足

 以前の職場と違って最寄の陸軍病院となると大阪に行くしかない。流石に遠い。ということでイロイロ相談して導眠剤の切れかかった拙者は岐阜にある空軍病院に行くことになった。
 で、抜けるような青空のいい天気でバンバン戦闘機が離陸する癒される空軍基地内の病院で新しい精神科医にあれこれ聞かれた後薬をもらい(鎮静剤が追加された・・・・落ち着けってことだろうか)、マイクロバスにゆられてウトウトしながら帰ってくる途中、春日井市内で久留米時代に相当食った回転寿司『函館市場』を見かけて一発で覚醒。ここに! いままで『名古屋市』だけで検索していたのだが拙者の居住区は名古屋の東北の辺境にあり、ちょっと自転車をこげば隣の春日井市に侵入してしまうのだ。職場でシネコンとかうまいもん情報を聞いても春日井市の情報ばかりが出てくるが、みなさん車持ちなので脳内で勝手にフィルタリングしていたが、実は意外に近いのではないか・・・・検索してみると春日井市役所近辺にある支店を視認したようだ。mapfanルート検索によると7km弱。余裕だ!
 よし、今後は春日井市近辺を捜索だ。しかし名古屋市に手頃な回転寿司店が不足していることには変わりはないんだよねえ。
 ホルモン屋も募集中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

身体は子供頭脳は大人! ってエロく聞こえるのは拙者だけ?<そうです

 名探偵コナン(アニメ版)は気づいたらもう14年・・・・14年! 劇場版も含めると一体何人死んでるんでしょうか! しつこく主張しますがあの少年探偵団の面々は小学生にしてはものすごい数の死体と遭遇してると思いますが将来にわたる精神的影響が心配です。
(※思い込みであってもしかすると直接彼らと死体がご対面、という場面はなかったかもしれない。なんか悪の計画を未然に阻止するとか、窃盗犯とか誘拐犯とか、そういうネタに限定してあるかも知れんな。最近イロイロうるさいし・・・・) 
 なんで唐突にこんな話するかというと、拙者あのコナンのプロローグ曲が放映当初から大好きであって、特に劇場版のプロローグはさらにカッコよく、でもって『世紀末の魔術師』バージョンはもうチビってしまう程のカッコ良さと常々思っていたのですが、アマゾン等で探すとコナンの『テーマ曲集』はなんか倉木麻衣やらガーネットクロウやらの主題歌集ばっかり! そんなコナンとセットにしないと売れないような輩の歌はいらん!(爆弾発言) プロローグ集だけ出せや! と思っているうちにそもそも『魔術師』のサントラそのものもツタヤ等のレンタルで絶滅していることが判明し、もはやアマゾンのマーケットプレイスで中古を、その1曲のためだけに買うのもやむなしかーっ!
 ちなみに怪盗キッドが登場する劇場版のプロローグ曲はある程度バージョンが似ているので、現在ツタヤレンタルで『銀翼の奇術師』サントラを取り寄せ中ですが、ようつべでさっき聞いたらなんかちょっと違う! これはこれでいいけど俺が聞きたいのは魔術師バージョンなの!
 と、探したらあるにはあった。『名探偵コナン・オリジナル・サウンドトラック スーパーベスト2』長いわ!に、収録されている。
 しかしCDでコナンで探したらものすごい数のCDだな・・・・あこぎな商売しやがるのう。14年もやってりゃ数も出るか。
 あーでもどのみちレンタルにはないし、中古で買うしかないのか~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弾丸鉄道万歳

Tousyou04


 なるほど名古屋でもうまい焼肉屋があることはわかった。しかしスカイプ会議でググリながらもやはり名古屋において9日現在、刀削麺店は発見できなかった。であれば! 刀削麺会が東京で企画されれば出向かなければならない!
 そういうことになった。
 ていうか往復2万かけて行くのかよ! いや行きました。
 大曽根まで自転車で15分、名古屋駅まで13分、新幹線で品川まで1時間30分、品川から五反田経由で長原まで7分、合計片道2時間5分である。埼玉の旧宅からを計算してみよう。大泉学園駅まで自転車20分、大泉学園から池袋まで16分、池袋から五反田まで22分、五反田から長原まで7分、合計1時間5分。往復でちょうど2時間の誤差だ。
 たった2時間! そんなもん『東洋経済』今月号をうとうとしながら読んでたらあっという間じゃい!
 とほんとそう思いました。しかも池袋前後の乗り降りの手間を考えると正直今回は往復とも新幹線のいい席で座れたため全然楽な感じ。東洋経済の他、TOEICの入門書、『ホルモン奉行』、乾くるみの『イニシエーション・ラブ』に内藤忍の投資の入門書、おまけに世界樹入りDSって、フェリーにでも乗るつもりか!(>拙者) ていうかそんなに時間を感じませんでした。
 ま~これで2万円を許容できるかというところですが、早めに集合してドトールで大の大人5人でDSを取り出してギルドカード交換会をした挙句、大航海クエストをフルメンバーでやるというもうポケモンみんなでやろうという勢いのダメ大人・・・・もとい、いわば新しいコミュニケーションツールを身につけたネクストジェネレーションズ! とわいわい騒いでそのまま件の刀削麺屋になだれ込んで例によって喉から何か出そうなほど食っても一人2000円ジャストという激安価格。高くない。全然高くないよ?
 素晴らしい。弾丸列車に乾杯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロジクールマウス 新モデル

 現在使っている不朽の名作マウス、ロジクールのMX-Revolutionのバッテリの持ちが悪くなってきている。いつ買ったのかな~と自分のブログを遡ってみたがどうやら発売とほぼ同時、おそらく数カ月の誤差で2006年の秋頃買っているようだ。するともうすぐ4年ということになる。この手のデバイスでは・・・・普通、かな?
 しかしまったく問題を感じないマウスであるので正直ガワはこのままで、ブルートゥースなりなんなりエネループ内蔵なりの今風のマイナーチェンジのみで新型欲しいな、と薄々考えていたところで神戸のソフマップで『MX-Revolution生産終了! 最終入荷特価!』と8000円で売られていたのを見て慌てて現在のロジクールのランナップの主力を見ると(気に入ったのが新製品にないと、MXを買い直す最後のチャンスだ)どうやら親指で扱うアプリケーション切り替えダイヤル(拙者呼称)が無くなっている。その代わりステルスボタンが追加され、設定によってそのボタンを押し下げることによってアプリケーション切り替えモードになってホイールで選んで左クリックで選択、となる。うーん。
 でもよく考えたら現在のMX-Revolutionで親指でカチっとアプリケーション切り替えにしたらやはり本来のホイールで選んでいるのは同じである。親指でそのままグリグリ回るよりやりやすいんだよね。つまりメーカーがそこんとこに気づいてギミックをあえて減らしたのではないかと伺える。となると後継機種(近々買い換えるとは限らないけどな)はMX1100か、M950ということになる。何だ? この2つの差別化はなんだろう・・・・単なる無線方式の違いか? 急ぐわけではないので要検討。ただし名古屋ソフマップでもMXは在庫希少を確認。う~ん。
 しかし2006年の拙者ってエライ金欠にあえいでいるな・・・・なんだろう。あ、車があったからか? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

回転機関

 新任地に到着してまず最初にやらなければならないことは地理の掌握である。特に現在車持ちでない以上、自転車で普段回れる範囲(往路約10kmが目安)にどこに何があるのか、スーパー、大型書店、家電店、交通の要衝等を掌握しておくことは重要である。また自転車での移動により地域の高低差も把握できて面白い。名古屋東部は南下すると一時標高が上がるのだ。海に向かって下がるという感覚の太平洋岸・本州瀬戸内海沿岸居住を主としていると違和感があってそれがまた楽しい。

 ということで引越し直後からスーパー(なんとこの地域のスーパーは9時にはあらかた閉まってしまう!)等のチェックに併せて週末の自分へのご褒美の場所、すなわち外食店(<職場では奇異に見られる勢いだが週末以外はめったに外食しない内食派)=つけ麺or回転寿司店の掌握であるが、関東、といっても千葉近辺と池袋~練馬~埼玉といったほんの一部分しか知らない分際で比較するのもアレだが、転属前からのリサーチでも抱いていた疑念、すなわち「名古屋東部は関東圏に比して回転寿司が盛んではない」疑惑が現実のものに。すなわち絶対数が少なく、コストパフォーマンスが悪いのではなかろうか、という。
 昨日までにチェックした回転寿司店は以下の通り。

 >1軒目:イオン内蔵
  転居2日目に攻略。自転車で15分。ナゴヤドーム横の巨大ショッピングセンターに内蔵されているため当然地代が乗っかっているせいか結構割高感。ネタはそこそこ値段なり。おそらくここにはもう行くことはないだろう。

 >2軒目:すし市場
  4月上旬攻略。自転車で15分。典型的郊外型店だが値段的には上記イオン内蔵と同等であってすなわち割高。そして衝撃だったのはシメ鯖がない! 寿司屋なのに! ていうかこの件については異論も出たのだが、やはり拙者は寿司屋にシメ鯖がないのは牛丼屋に入ったらカレーしかないレベルの衝撃であって実は許せない。ものごっつい好意的に解釈すれば「鯖は鮮度が命のネタなので、新鮮なものが入らない限りお客様にお出しできません」といった店の誠意と無理やり曲解することも可能だが、しかし現在の流通で生はともかくシメ鯖も出せないというのはいかがか。ここにももう行くことはないだろう。

 >3軒目:くら寿司
 言わずと知れた100均全国チェーン3人衆の一人。4月中旬攻略。東山公園方向に斜面を登り続けること自転車40分。言わずと知れた全国チェーンであって当然埼玉にいた頃も相当食っていて安心だが、新鮮味はない。まあ100均にしてはそこそこの質であり、最近強化されたうどん各種もおいしいのでモンクはありません。しかしちょっと遠い上に、東山公園方向というのはショッピングモールもあるものの特に用事がある地域でもなく、くら寿司のためだけに坂を登り続けるのもちょっとねえ。ま、行けたらまた行くでしょう。

 >4軒目:スシロー
 大阪に本拠地を置く100均全国チェーン3人衆が一忍(<なんじゃそりゃ)。埼玉付近では全然見かけなかったが千葉の店には結構行った。ウッカリ検索忘れていたことをジョニーに指摘され、改めて検索すると自転車20分程度の位置にあった。行く。100均にしてはそこそこ。ここもまた行くかも知れん。

 >5軒目:アピタ内蔵
 あまり聞き覚えがないのでおそらく名古屋もしくは愛知ローカルのスーパー(ていうかミニモール)に内蔵されている回転寿司。正直アピタそのものは近所のおっさんおばちゃん達がヘタすっとスウェットで買い物に来るようなスーパーであるが、価格帯が恐ろしく高く、そのせいか超飯時に入ったのにガラガラだ。ネギトロ軍艦1枚(2貫)300円! 別にネギトロ大盛りというわけでもなく標準サイズであり、どこの高級食材やねん! と突っ込む。シメ鯖も締めすぎて真っ白で鯖の旨みが台無しだ。腹5分目で出たにも関わらず1050円。う~ん。ここも多分来ないでしょう。

 この他、栄方面に行く途中に100均3人衆最後の砦、かっぱ寿司があるのだが、神戸でも千葉でも拙者を失望させたかっぱ寿司が当該地域だけ激旨という可能性は極めて低く、メンタルチェックで外した。

 さて、ここで「そんなにいい寿司が食いたいならもうカウンターで板前さんとサシで勝負する店に行けばいいじゃない!金もあるじゃろ!」と当然のようなツッコミが入るわけだが、違う違う、そうじゃな~い、って鈴木雅之だっけ、ていうか、回転寿司であることに意味があるのだ。回っているのをボーッと見ていて気に入ったのを取るのもよし、食いたいものを板前さんに注文するもよし、期間限定メニューを眺めて検討するもよし、コストダウンとバリエーション強化を図るあまりに生み出された奇怪な創意工夫メニューを試してみるもよし、ひと休みして客層を観察するもよしという自由が回転寿司にはある。そしてたまにはやんちゃして甘いものでシメるのもよし。マジ寿司屋ではなんかこう、「勝負!」みたいな緊張感があって、それはそれでいいのだけれども、特にひとりメシにそんなに金かけようとも思わないしねえ。ひとりメシの上限は1500円くらいであろうか。

Oasis21


 と、愚痴っていたところそこはやはり3人寄れば文殊の知恵、スカイプ通話で数人がかりで調べてもらった結果、オアシス21という名古屋栄地区にある意味不明な巨大建造物のショッピングモールの中にも回転寿司があることを聞いて、昨日確認する。『にぎりの徳兵衛』オアシス21店。

 >6軒目:にぎりの徳兵衛
 これはイケる! 名古屋は回転寿司不毛地帯(<失礼な)ではなかったのだ! でもなんだろうな、こんな都心部のモール内にあるのに割高感が全然ない。ネギトロ1枚180円。(<回転寿司の価格基準をネギトロに据える拙者)季節ものも豊富にあり、鯛の天ぷら握りなんかも面白い(<揚げたてで熱くて吹いた)。シメ鯖も締めすぎておらずほどよい生っぽさがグー。これでもうちょっと家に近けりゃなあ。
 ちなみにアピタ内蔵と当店で見かけた自動精算システムがすごい。関東でも見かけなかった。メモしておく。

 しかし均すと毎週1回程度回転寿司に行ってることになり食い過ぎ・・・・ていうか埼玉時代もそんくらいは行ってたな。埼玉ではなぜか回転寿司店とシネコンがいい感じにリンクしており、金曜日には早上がりして回転寿司を食い、そのままレイトショーを見に行って1週間をシメるというご褒美コースがあったのだがここでは・・・・おっと、今度は行きつけのシネコンを探さねばなるまい。これまた名古屋東部では厳しいんだよねえ。
 ちなみにつけ麺店は相当数掌握しており困らないレベル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白鯨とななこたん (一部HM戦闘要報)

>白鯨
 激闘の末、巨鯨を倒す。ていうかいろんな人に相談するといろんな対処法があって面白い。拙者はやりこみ系のゲームはほとんどやらんのだが、これはこれで楽しいな。
 しかし四十路も近い独居男性が夜中の自宅でボス戦に勝って勝利の雄叫びを上げてその後下戸なので炭酸でいっぱいやりながら『空の境界』をとっぷり見るってどうよ。

>だいぶ7になじんできましたが
 まだまだ新機能を使うとこまで行ってない気がする!
 XP時代に使用していたDVDライティングソフトが引越し荷物から発見できず、名前も思い出せず、ネットやCD-ROM・DVD-ROMの山から発掘したいろんなソフトはどれもうまくいかない。はて、なんだったかな~。こういうのって使い慣れてないと圧倒的にストレスだよね。
 と、書いてるうちに「あっ!」と思い出したのでOSやマザボの付属DVD等をしまってある「最低限セット」を今開けたら発見~。なんだ~。
 ということでインストは明日にしよう。いや、よかったよかった。鯨。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特に何事もないGW

 実家に課題図書として持って帰ったジリアン・テット著『セイビング・ザ・サン』を強引に読了。そうでもしなけりゃ普段読まねえよ・・・・中身はイギリス人記者の描く日本長期信用銀行の崩壊と外資の買収劇、新生銀行への再生の物語。日本サイドではとにかくハゲタカハゲタカ言うけど、当然西洋視点から描かれているのでメインは長銀のみならず日本の金融システムの世界における非常識っぷりであって金融庁の黙認のもと半ば公然と行われていた債務隠しの下りなんかはほんと恥ずかしい。そしてリップルウッド側は・・・・まあ好意的に書いてあるけど「価値の著しく低下した銀行を買い取って大改革をしてそれを売却することのどこが悪いの?」と終始けげんそうであるこのギャップ。ちなみに日本人視点から描かれてるっぽいのは浜田和幸著『ハゲタカが笑った日』。あわせて読んでみたいが高いのう。
Koufuku


 そして帰省から帰ってきたら「(アマゾンのほしい物リストに入ってるんだったら)今注文せずにいつ注文するんです?」と最もな指摘をジョニーからされたニーヴン&パーネルの『降伏の儀式(上下巻)』。マーケットプレイスで送料込み上下巻(1000円でおつり少し)が到着。いやあ便利だねえ。
 こういうモノを新鮮な気持ちで読めた時代があったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キュア『月光』 帰省します。

>今週のハートキャッチプリキュア

 おっと! そんなメガネっ娘今まで出てきてたっけ!? こりゃうかつ。朝飯作ったり食ったりしながら見てたからなかあ。ていうかキャッキャウフフの主人公たちよりこういう影のある大人びたキャラの方が拙者は好きですな。しかも生身で強いし。せらむんの天海コンビが懐かしいねえ。

 >帰省
 ということで本年は例年と違って宮崎ではなく神戸に5日まで帰省。しかし昔みたいにど田舎から帰省するわけでもないので特に楽しみ感がないなあ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

魔魚ナルメル殲滅戦(ホテルモスクワ戦闘要報)

 FOEはさしたる苦労もなく倒せる感じがするものの1戦すればほぼガス欠・弾切れ、当初2頭の鹿に挟み撃ちにされながらも生還できたのは今から思えばかなり奇跡的であるが、それなりにカテゴリーAの人々も育ってきたのでそろそろ・・・・と思ったがナルメル戦3度の全滅にさすがのバラライカ姐さんも思案顔です。ほんとにコレ、レベルが足りないだけの問題なんだろうか? まあRPGで詰まったらいつものようにレベルをひたすら上げてゴリ押し突破という手もあるが、これレベル上げるのしんどいよねえ。ていうか本作はとてもよく作りこまれているので、FOEをこんだけ倒せるのに同じフロアにいるナルメルにこんだけ苦労するのは不自然だ。なにか作戦上の見落としがあるに違いない。
 ということで焼肉焼きながらジョニーに相談したところ、戦列ほぼ皆勤賞に近いファーマーのアントノフさんの存在が浮かび上がった。ドロップ品や地下探検ついでの発掘についつい同行させ(だってだって、金がないねん!)、そのまま漫然とナルメル戦に挑んでいたが、正直戦闘中にはまともな攻撃ができないのでスロットが埋まっている分、二重に不利であり、ダメージたたき出し系でガッツリ揃えた方が早い、というアドバイスに至った。
 ということで力仕事には極力関わらないコンビ、シノビのエンマ、ゾディアックのヘルムートの内、とりあえず属性攻撃必須ということでヘルムートをちょいと育てておっかなびっくりなけなしの装甲をつけて身動きできない勢いだったが、2回に別れたナルメル戦を攻撃を食らうことなく余裕で生き残り、大口径ライフル係、バリスタのオクサナさんと共に順調に毎回40~50点程のダメージを与え続けて大活躍、膝まで泥につかっての激戦にケリがついた。おお嫌だ、きっと半長靴の中までドロドロよ!
 ということで晴れて地下5階を探検中。おお~、DSなりに海中っぽい雰囲気出てるな、大したもんだなあ日本の娯楽は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハゲタカとなのは3(DVD消化の日)

 >劇場版『ハゲタカ』

 NHKの外資系投資ファンドドラマの劇場版。柴田恭兵も歳とったなあ。ていうか主人公は大森南朋演ずる鷲津政彦なんだけどな。玉山鉄二演ずる謎の若い中国人率いるファンドがどうみてもトヨタをモデルにしたとしか思えないナショナルメーカー『アカマ自動車』の買収に乗り出す、という話。正直ちょっと薄っぺらいなあ、という感じがするがあんまり買収戦争をマジ描きしても映画としてどうか、というのもあるな。
 しかし遠からぬ将来、大陸に限らず外資からの買収に応じざるをえないところまで行ってしまうんだろうな。ブルドッグソース事件の裁判等(空港管理会社かエネルギー系の会社で同様のトラブルがあったような気がする)で日本が外資アレルギー反応を国を上げて起こしたためぱったりやってこなくなりましたが、どれもこれもJALみたいに国が持てるわけじゃないんだから、もう敷居を低くせざるを得ないでしょう。そして外資が入ってきて最初にやることはリストラよりも先に企業年金の大幅カットなのは明白なので、そっちの抵抗がどのようなものかが見物(JAL問題の時に「〇〇%企業年金が下がります」というあいまいな報道はあったのに、「この人達は3階建ての年金で合計毎月全然労働しないのにこんだけもらってます」という報道はちっともなかったよなあ)。
 日本が調子にのってた時だって米国企業やビルを買いまくってたんだからそんなんお互い様だと思う。

 >りりかるなのはストライカーズ第1巻

 ま、A’s見て、劇場版見たら、なのはビギナーズとしては見ておかないと。
 とはいえ劇場版を見に行ったABAさんいわく「シリーズ中もっともつまんない」とかいわれているのでちょっと腰が引けぎみですが・・・・おおお、なのは達が成長している! はやてに至っては成長し過ぎてロストテクノロジー対処を名目に私兵集団を作り上げているw ていうかリアル軍事組織は人事異動が激しいので私兵集団が作りにくいんだよねえ・・・・ていうかだからこその頻繁な人事異動なんだけどなw。
 う~ん、2巻まで、見る、か?
 それはそれとしてフェイトとなのはは、あの大きいベッドで一緒に寝起きしてるんでしょうか。気になるところです(<なぜニュース調)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »