« 陣地変換命令 | トップページ | 第3種非常生活態勢 »

アバター(ネタバレなし)

 どうしても「アジャパー」って脳裏の関西人がささやく・・・・
 金曜日、久しぶりに回転寿司→映画のレイトショーという究極の1週間お疲れ様コースを堪能する。映画のタイトルは『アバター』! レイトショーであってもレイトショー料金ではないどころか通常の映画よりも高い2000円! まあ特製3D眼鏡も貸し出されるし、しょうがあんめえ。
 回転寿司で生サバを醤油でなくて塩で食う。ここ1年のヒット。ああうめえ。
 そしてアバター! 2145からの回なのにほぼ満員だ。スゲエ。そして何の奇跡なのかド真ん中の座席をゲット。堂々真正面がスクリーンだ。
 で、見る。
 ネタバレ回避に留意するのでまず3D眼鏡から。新作映画のCMから一部が既に3D化だ。今後ハリウッドはコッチで押して来るのか?! その衝撃のまま映画本編がスタートするが、結構すぐ慣れた。しかし慣れたつもりで終盤、正面から飛んできた砲弾を思わず避ける動作をしてしまって暗闇で猛烈に赤面。きっと後ろの人笑ってるよ!

 ちょっとだけ内容に触れる。正確には内容に関する一部のリアクションについて。
 この作品をアメリカ合衆国の企業が作成し、中華人民共和国の一部の右派が激しく反応するという・・・・なんという皮肉であろう。先住民族に対する植民地化及び収奪という行為について、特にキャメロン監督の頭にかつてのネイティブ・アメリカンと植民白人の関係は必ず意識していたであろうし、悪役マシンのドラゴンマークに激しく反応した中国右派国民の脳裏にはチベットやウイグルに対する共産中国の所業が(口にこそ出さないものの)蘇り激しい反応を引き起こしたものと思われる。つまりはコンプレックスなのだ。
 あ、そうか。それで上映が制限されているのか・・・・これは取りようによっては危険だなあ。
 これは興味深い。

|

« 陣地変換命令 | トップページ | 第3種非常生活態勢 »

「アニメ等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/47497974

この記事へのトラックバック一覧です: アバター(ネタバレなし):

« 陣地変換命令 | トップページ | 第3種非常生活態勢 »