« 謹賀新年 及び IslandCampaign in winter 2009最終日 | トップページ | 2009年の自転車走行状況 »

科神家の事情

 帰省の際に拙者と父が二人きりになる機会は実はあんまりなかった。
 この年の瀬は母は実母である拙者の祖母の面倒をみに宮崎に行っており、神戸には拙者と父と妹のみ。ブティック店員である妹は元旦のみのお休みで年が開けたらすぐ福袋を売る方をやるべく帰りも遅い。
 頃合を見て父が口を開いた。

 妹上京の際に都心で合流して飲み食いしつつ「いや~稼ぐ身になってみると父の偉大さがわかるよね~」「ですな~」とかいい気になって知ったふうな口をきいていることが(特に妹にとって)いかに身の程知らずな行為であったかということが明らかに!

 ていうか。
 戦時中の招集を除けば一族でほぼ初という陸軍士官になってしまった拙者を父がどう思っているのか実は今でもよくわからないのだが(多分異次元人になってしまったとでも思っているかも知れん)、同じ民間で働く三十路の社会人としての拙者の妹に対して父が相当に厳しい見方をしているということはわかった。
 曰く、縮めて言うと「何かに頑張って取り組んで乗り越える意欲に欠けている」という。実は愚妹は現在の職が3つめ(<この父との会話の中でもう1つ挟まっていることがわかった。計4つだ)であり、現職は比較的長く続いている方だ。しかしそのポリシーのない転職のプロセス(<に、父には見える)、及び現職の間に店長に抜擢されながら耐えきれなくなって3ヶ月で自ら降格を申し出たことについて父は「辛抱が足りん」と切って捨てる。父はソコソコの上場企業で人事を長くやっていたから女性会社員の出来不出来のタイプはある程度わかるという。「多分、使えない、使えてないぞ」
 本当に使えてないのであればこの寒風吹きすさぶご時世、とっくの昔に路頭に迷っているはずなのだが、そうでないところを見るとある程度できてるんじゃないかなあ、と拙者は思った。が、大卒として社会に出て幾星霜、いつまで一介の店員でいるんだ! というわけだ。
 父の不満はそれだけではない。「家事を全然手伝わない」「『特に使わないから』という理由で家にネットもPCも導入しない。現代人に必要な素養じゃないのか?」「(実家は電波状態が超絶悪いので)マンションの廊下や屋上で携帯電話で痴話喧嘩をする」「嫁に行け!」・・・・なんだか趣旨が段々混乱してきたが、それ直に言えよ! と一瞬思ったものの、やはり男親から娘には言いにくいことがあるんだろうなあ。ちなみに母はイイトコの箱入り娘から専業主婦を経ているのでこの手の問題ではまるで役に立たないと父は諦めている。
 うーん。
 父は自分にも他人にも厳しい。厳しかった。帰宅も遅く、土日出勤もざらだった。休みの日、疲れてるのに遊園地やデパートに連れていけと残酷なことをずいぶん言ったものだと反省しきり(<ま、コドモはそういうものですが)。息子は合計3年も浪人するし。従って拙者や妹に社会人としてかくあるべしと言えるだけのことはしてきている。それは間違いない。
Tetujin
 先日鉄人28号について調べている時に偶然気づいたのだが、拙者の父はちょうどかの作品に登場する金田正太郎少年とほぼ同年代だ。物心がついた頃には戦争が終わっていて、鉄拳制裁が当たり前の小中学校をすごし、三種の神器が家庭に登場、高校を卒業するくらいが新幹線開業と東京五輪。安保紛争前の大学を卒業しそのままゼネコン系に入社して高度成長期とバブル時代を一度も転職することなく定年まで爆進した団塊世代の典型。派遣社員や年金未納者に対しても非常に厳しい。「自分で選んだ道だろう」「僕も毎回年金収めるの、決して楽ではなかったよ」というわけだ。
 うーん。
 でもなー。どうなんだろうなあ。
 多分拙者にだって妹のポジションはわからない。アッチは特に興味があってなったわけではないブティック店員で、コッチは望んでなった軍人だ。仕事に対するスタンスだって、同年代でも全然違う・・・・そういや拙者は「ダメだろう」と言われていた私立中高一貫校に仰天合格し、浪人はしたものの第1志望の大学に進み、浪人はしたもの(<よくするな!)誰もが本気度を疑った陸軍に志願入隊して早10年。結構力任せでやりたい放題なんとかしてきたが気がするが、アイツはそういうの、ないもんなあ。何がしたいのかようわからんし、そもそも何事にも淡白だし・・・・「濃ゆい」ところは拙者が母親の胎内からゴッソリ持って出て行ったからかも知れん。
 なんかまとまらないが、祖父も寝たきりになって長く、直径一族は祖母と父母と妹という男女比1:3という場にあってイロイロ気苦労しているのはわかった。次の異動、関西方面が叶えられるといいなあ。もそっと頻繁に帰るか。

PS:拙者に何も言わないのも単に物理的距離があるからだけであって、父が拙者の電子の要塞と化した自宅を見たら、きっと一言二言あるに違いない。こんなゲームや漫画の山、それらは子供のもの、と断じる父にはちょっと見せられない。

|

« 謹賀新年 及び IslandCampaign in winter 2009最終日 | トップページ | 2009年の自転車走行状況 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

まあ、アナタの電子の要塞には
しこたま「子供のもの」じゃないモノがあると思うが・・・

うふふ

でも、高度成長期の人、ってタマに物凄い発言するよね?
「え?今の時代にソレを言う?本気でソレ信じてるの?」
って事・・・

どうかな?

投稿: かんこ | 2010.01.06 23:02

 時代が違うんだとわかっていてもやはり自分の過ごした時代の価値観と無縁ではいられないのはきっと誰もが同じこと、ン10年後きっとわしらはわしらで「これだからゆとりは!」とか言ってるかも知れん。あ、コレ今言ってるかw

投稿: 科神総研 | 2010.01.07 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/47208865

この記事へのトラックバック一覧です: 科神家の事情:

« 謹賀新年 及び IslandCampaign in winter 2009最終日 | トップページ | 2009年の自転車走行状況 »