« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

内需拡大と拙者(あるいは忍者無駄遣帳)

 とかくファッション雑誌を一例としメディアはメーカーと結託してこぞって若者(あ~、なんか段々拙者もこのカテゴリーから省かれつつあるな・・・・)に消費させようさせようと必死なわけで(最近は悲壮感すら漂ってきた)、やれ「車を持ってないとモテないよ!」「酒を飲まない奴はコミュニケーション能力が足りないよ!」「海外旅行に行かない奴らは冒険心が足らん!」「女の子は高い店に連れて行っておごれ!」などなど。正直もううんざり感が蔓延しております。
 それはさておき「たまにはブルーレイやゲーム以外にも内需拡大に貢献しよう」第○弾(<何弾か忘れた。) サブバッグを買おう。
 ということでたまに買う「ゲイナー」をめくっているとコーチというメーカーのサブバッグに目が止まる。拙者は引越しのたびに自分が結構なカバン持ちであることを痛感するのだが、そういやこのサイズの鞄は持ってないな・・・・「ブリーカー ナイロン スモール ノース/サウス クロスボディ サッチェル」(リンクの最下段右2つのあたり・・・・)・・・・ナイロンとスモールはわかるが後は何がジャンル名で何が商品名がわからん。とりあえず見て触ろう、ということで店舗を検索すると渋谷のど真ん中。やれやれ・・・・よりによってあの一番違和感のする街かよ・・・・
 で、出向く。ホラホラ~それなりの店は速攻で店員が寄ってきてイロイロ説明し始めるよ・・・・むむむ、思ってたより小さいなあ。
 拙者が外出する時の手持ち品の最小単位は「携帯・財布・iPod・文庫本&携帯ゲーム機」であって、これにどのくらいの買出所要を見込んでいるか、による。通常めんどくせえから(1)ユニクロのトートバッグを愛用しているが、ほとんど買い物をしないと見込んでいる場合は(2)小さい都市迷彩のポシェット(<士別のスーパーで購入。懐かしい・・・・)。しかしこれでは予想外の買い物をした場合にポリ袋をぶら下げるはめになる。先日キクチタケオでウッカリ購入したのも容量的には(2)レベルだ。見た目がちょっと小洒れてるだけ。
 (1)はコミケ出撃にだって耐えられるがデカイちゃあデカイ。通勤にも使っているしスーパーで買いものしても全然OKだが・・・・ちなみにコレより大きい1泊旅行レベルのカバンとなるとなぜか大量に持っており3年前の引越し時に結構処分した。でも引越し時の最終脱出時って結構カバンになんもかんも放り込む必要があるので便利なんだよねえ。車いるけどさ。
 ということで今回目星をつけていたものは(1)に毛の生えたようなサイズであって、B6漫画ならともかく雑誌や同人誌を買えばもうアウトだ(何がだ)。うう~ん。これじゃあなあ。
 という迷いを見透かされてワンサイズ大きい「ブリーカー ナイロン クロスボディ」(リンク先の最下段左端)を勧められる。トートよりも小さくショルダーバッグよりも大きい。A4サイズだって収納可能だ。うう~ん。予算より1万プラス。「すんません、ATM行って来ます・・・・」とほほ、いつも予算ギリギリしか持ち歩かないのでカッコ悪いのう。(<デビットなどと野暮なものは使えなかった)クレジットカード使えよ! いやいや、カードはあの引き落としまでの微妙なタイムラグがなんか嫌いでなんとかデビットは現金払いで行きたいものです。
 ということでなぜか最近よく利用する新生銀行渋谷支店で追加をおろしてモスグリーンタイプをガポっと購入、38,850円。我ながらチョットチョット! PS3買えるよ! ちなみにモスグリーンを選択したのは黒系を着ることが多いため真っ黒クロスケになることを避けるためです。「差し色としていいですよ~」またかよ! 最近急によく聞くようになったこの「差し色」! まあ要するに「真っ黒」とか「真っ白」は回避しろってことなんだなとは理解してるんだけどもな。

 ということで月末ギリギリにデカイ買い物をしたため今月の支出も22万に達する。よくよくチェックするとココ数カ月の支出はいずれも22万前後で推移しており、これで平均的なのかゴージャスなのか不明だがどうなんだろうか。つまり今月はこのカバンを買わなければ18万前後だったわけだ。12月は帰省とコミケ、11月はホワイトボーン作戦という臨時支出がありそれぞれ22~23万程度、9月の北海道強行作戦はちょっと走って28万円、ビッグイベントのなかった10月は19万ジャストだ。8月は夏コミと航空券で26万、7月は腕時計と・・・・おっと! 12月のLED付ライトを計上していなかったことが判明、記帳しないとな・・・・いやいやいや、なんかちょっと使いすぎな気がしてきたぞ。これまずいんじゃないのか・・・・やっぱり池袋に出てとらとジュンクを回るたびに1.5万自動的に出て行くのはマズイのだろうか。4週間で6万円。おおおお。でもそれ削ってじゃあどこに回すの? と言われてもなあ、酒飲むわけでもないし、昔に比べるとゲームもDVD(orブルーレイ)も買わないしなあ。(<貯金しろよ)
 ま、これくらいはいいか。明日には休眠状態の外為口座を1個閉じたので1.5万戻ってくるしな!(<錯覚だ!それは40万突っ込んだ奴の焼け残りだ! もうけた気になってんじゃねえ!)2月はおとなしくしておこう、下手すると3月には引越しという大事業が待っている。手当が出るとは言え支出は激しいと見込まれるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無駄な想像力

 乳児置き去り事件。

 30日午前7時40分ごろ、東京都大田区大森西の民家の玄関先で、タオルケットと毛糸の生地に包まれた生後間もない女児が放置されているのを住民の女性が発見し、夫を通じて119番通報した。

 警視庁大森署によると、女児は病院に搬送されたが、命に別状はなく、泣くなど元気な様子だという。女児は生まれて数日とみられ、へその緒がついたままだった。同署は何者かが置き去りにしたとみて調べている。

 これ絶対しばらく旦那さんは疑惑の目で見られるなあ。発見者の妻に(笑)。

 春に引っ越しの可能性がまた出てきたのでとりあえず山積みになっている既読本を整理。まだあと大量のダンボールを格闘しなければならん。未読本だが今更ながら「もえたん」はスゴイ。

Though this is the masterpiece that represent the joys and sorrows of life,they X-rated it.
(人生の喜びと悲哀を描ききった名作なのに、成人指定である。)

 ・・・・何が元ネタだ!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食中毒

 久しぶりにやってしまったな。犯人はおそらく深川丼に入れた冷凍していたあさり。買ってきて小分けにして冷凍するまでの間相当の期間、只の冷蔵状態であったのが災いしたと思われる。
 木曜の夕食後午後10時頃からなんかモヤモヤしてきてヤベエこれ当たりっぽいよと思った瞬間腹具合が悪くなってトイレに・・・・通い続けること3時間。なんか下からだけではなく上からも出たそうにしているのだが、このまま持ちこたえればそのまま胃の中身は腸に運ばれてそのまま事態がうやむやに・・・・なることなどないと経験ではわかっているのに! わかっちゃいるのに、さらにモヤモヤは吐いてしまえばスッキリすることは百も承知なのに、吐く瞬間のどうしようもないキツさが怖くて便器を抱えること1時間。意を決して口に手を突っ込む。

 間。

 ビロウな話で恐縮ですな。
 というわけで戻した瞬間冬山でも経験したことのない凄まじい悪寒に襲われ(体温と同じ温度の物体を多量に排出するので冷える・・・・のか?)ガチガチ歯を鳴らしながら手足の痺れが来る前に水分補給。そして厚着して寝る。
 二重の目覚ましに気付かず0730頃起きる。寝汗びっしょり。もうこれで異常事態確定だ。医者に行くことにして部長に電話する。「インフルだったら来んでええで」 まあ熱もないし、それはないな。
 流石に自転車もキツイのでバスで医者に。10分の問診でウイルス性食中毒濃厚。腹の触診の際に「お、いい腹筋してるね」フフフ・・・・それを言われたいためにやってますぞ。(<下してるけどな)
 整腸剤を処方してもらう。当分、おかゆとスポーツドリンクとウィダーインゼリーで過ごすよう申し渡される。とほ~金曜は回転寿司の日なのに~
 そして微妙にフラついたまま職場に出る。だるいまま定時までなんとか仕事して、おかゆ買って帰宅。うちには玄米しかないので消化にはよくないのでやむなくおかゆも買うはめに・・・・100円から200円でイロイロあるんだよねえ・・・・1人前では全然お腹いっぱいにならないから3人前食べる!(<意味ねー!) 早く元気になれ俺の胃腸! 明日はラーメンか寿司かどっちか食うんだからさあ。
 たぶん昔ほど胃腸が若くないんだろうなあ。今後は食材管理にもっと気を使おう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPad発表

 ニュースはココ。うううう~・・・・Macのパソコンには昔煮え湯を飲まされたのでその子孫と考えると若干躊躇われるところはあるものの、スゴイiPhoneと考えれば・・・・キンドルのマック版と考えれば・・・・欲しい! 欲しいゾー=~(怨)
 早く出せ~出せ~ そして日本語コンテンツを配信するのだ。ていうかしてください。業界スキームを早く確立してください。お願いしますよもう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撫子スネイク/刀語第1話

 作画がひどかったと大評判の本エピソード、そのあまりにヒドイ作画を修正するのに1ヶ月発売が伸びていたのだった。多分。ていうか拙者はストーリーが良けりゃあ余程でないと作画が酷くても気づかないし(本作)、逆に絵がそれなりにできてりゃストーリーが破綻してても気づかない(例:ガンダムS)、つまり個人的にはお得で資本家的には騙されやすい消費者なのであって、まあそれはそれでイロイロ頑張って修正してくれるんならそれに越したことはないし。金出して買うんだしな!(<生臭いよ)
 というわけでしょっぱなからサブ音声のオーディオコメンタリー版で見る! 忍野メメと千石撫子という異色の組み合わせが異色過ぎて若干からみにくくノりが悪い感じだが、逆に前の巻の天然サイコパスと変態百合娘の組み合わせがツッコミ役不在の暴走90分であったために感じた錯覚であろう。そしてソッチをメインに聴いていたため画面をさらっと見てしまった。おお。普通にできてるぞ。じゃあ放映版はどうだったんだろうか見てみましょう。録画データ、ポチ。
 うわああああ! こりゃひでえ! 完成版を見てから見ると拙者でもわかる! あ~こりゃダメだわ~。止め絵が多すぎる。しかし止め絵を動かしてしまったため元々けしからんところがさらにけしからんことに! だ、ダメだこれは放映できない! ていうか元映像も一部の放送局では修正が入ったらしい。この話のどこをどうやって修正したのか確かめてみたい・・・・著作権を害することなく改変する程度なのだからボカシかモザイクか? でもソッチが入った方がかえってヤラシイ気がするが・・・・
 ところで前作のオーディオコメンタリーと本作本編音声でも思ったが、神原駿河って百合変態であることを除けばあのメンツの中ではかなりの常識人だよねえと思った。

 そのままの勢いで『刀語』第1話を見る。西尾維新デー。
 おおお、流石1ヶ月に1本しか作らないと気負うだけあってなかなかの出来ですぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東のエデンとラスト・オーダー

 しまったあああああ!
 こんな傑作を見落としていたとは! スマンわしが悪かった!(<シズマ現象)
 ていうか神山じゃん・・・・攻殻SAC大ファンでありかつそのままの勢いで『精霊の守り人』まで全巻買ってしまった神山ファン失格ですな。キャラデザが羽海野チカだったので緊急性はない(<なんでだ)と勝手に判断していたが中身はメルヘンでもラブコメでもなく全然違って・・・・えーと、えーと、なんだこりゃw 少女漫画っぽいキャラデザなのに近未来東京にミサイルがガンガン降り注いだり、主人公たちの携帯電話がスゲエギミックだったり謀略と殺戮のジルバだったりそのギャップにノックアウトさ!(<古典的表現) しかし神山の描く世界はいつも足腰がしっかりしてんなあ・・・・続けてレンタル決定! シリーズまるごと予約する!>ツタヤ 
 ていうか「迂闊な月曜日」ってなんか神山っぽいネーミングだよね。

 2クール目からしか見て無い『禁書目録』を最初っからレンタルしている。ああ、シスターズのゾロゾロ出てくるこっからがむしろ本番という感じだな。メインキャラ出揃いというか・・・・ちなみに先日からブックオフを相当廻っているのだが全然ねえよ>原作電撃文庫 新品買えって? いやそのとおりです。意を決して買った3巻さっさと読めよ! いやそれは『一方通行編』見終わってからYO! しかしこのシリーズ、ラノベのくせにものすごい巻数だよね。まあ面白いんだけどさ~。でも脳損傷により過去の記憶全部リセットって結構キツくない?>とーまさん あと、『打ち止め本』って何のことかと思った。

 そして絶賛地上波放映中『ソラノヲト』の凄まじい画力に失禁。殺す気か! しかし微妙に大風呂敷の予感・・・・春からの新番組はもう決まってるようだし、つまりは1クールで終了ということだ。大丈夫か? ていうかこれって遠未来の日本という噂あり。どこで出てきたんかなあ。録画し損ねた第2話かなあ。

 月間8本借りられるツタヤレンタルをこなすため、到着したその日に一気に見て翌日速攻ポストに投函する日々が続いている。ああ録画が片付きゃしねえ。バイオハザードも進まないよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 キンドルはまだか 2

 先日キンドル記事におけるコメントからリンクを次々たどっていくと電子ブック競争時代に突入した米国での電子ブックショーみたなイベントに出品されている品々が見られる。ああ・・・・なんか・・・・なんかものスゲエ欲しい! 欲し過ぎる! ていうかもうコイツらを使うために英語我慢していい! とか思える勢いですが、だからってねえ。ていうかコレ一気に日本に上陸したら全種類大購入して使い倒したい! PCの進化が省エネ以外頭打ちになったサイバー界において久しぶりにビリビリ拙者を刺激してやまないブツ、それが電子ブックリーダーだ! ああ欲しい欲っっすいー!(<落ち着け) ていうかコレで毎朝新聞ダウンロードできたら10年ぶりくらいに新聞とっていいかもと思うもの。読んだら削除してゴミいらず。ああ素晴らしい。
 ちょっと唐突だけど最近新聞の勧誘、ずいぶんあっさりしてない? 学生時代、札幌北区某所の読売新聞のセールスはそりゃあしつこかったもので、もうここの新聞は一生とらない、と拙者に決心させて営業大失敗な状態だったのだが、最近はどこの新聞でも「ネットで間に合ってます」というとさっさと帰ってしまう。もっと食い下がれよ!(<どっちだよ!) なんかでしつこい勧誘でどっかで裁判沙汰にでもなったんかな・・・・ちなみに「ゴミが出る」とか言うと「こちらで回収します!」とか反論してくるんだけどもわかっちゃいねえ! 読み終わって二度と読むことのない紙の束が部屋の隅に積み上がっているだけでも我慢ならないんだよコッチは! 後、「ビール券が」とか「野球のチケットが」とか言うのやめようよ。新聞は中身で勝負じゃないの? 朝日新聞が来たら沖縄基地問題と極東アジアの安全保障について一度問いただしたいと思ってるけど全然来ないなあ。まともな答えなんざあ全然期待してないけどな。ちなみにこちとら下戸の上に野球には毛の先ほどの興味もありません。
 話がそれたな。でも新聞はもっとダイレクトだね。ネット配信がはびこると販売店が潰れるんでしょ? でもそりゃしょうがないよ、今だって押し紙とかなんだとかいってもうこのモデルは限界なんだよ。心配しなくても紙で読む人がそんなに一気に減るわけじゃないからソッチはソッチで再編すればいいんだよ。
 ちなみに電子ブックデータが紙媒体の半額ぐらいになったらブックオフにも少なからず打撃だよなあ。こりゃどこの会社のみなさまも新しいスタンダードを構築した方の勝ちですぜ? じたばたしたってMP3がそうであったようにいずれどうにかなっちゃうんだよ。
 ていうか入れて! 入れてよう! 日本語で電子ブック入れてよう!(じたばた)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

変換力!(カツマーじゃないよ)

 ATOK2010新発売に伴なうダイレクトメールがやってきたけれども、こうも圧倒的なGoogle日本語入力の変換力を見せつけられては8000円とか言われても正直全然買おうという気にならない。昨夜も「すい」と入力しただけで第1候補に「水曜どうでしょう」と出てきたし、しかもそれでその時は正解というから恐ろしい。Google日本語入力はもしかしてその人のブログ書き込みを監視して単語の使用傾向を把握分析しているのでは!? と疑いたくもなるぜ。それとも過去の使用歴からの単なる学習効果なんだろうか。使ったかなあ、水曜どうでしょう・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

腐れ縁と桜庭一樹と、焼肉刀削麺

 ポチポチ『アマガミ』実施中。最初は中学生からの腐れ縁の棚町薫さんです。
 「ずっとトモダチだと思ってたのに今更こんな気持ちになるなんて・・・・」
 戸惑う薫たんはぁはぁ。懐かしいなこのキモチ。ギャルゲーとはかくあるべきなのです。
 久しぶりだ。久しぶりだぞ。(<静かに興奮気味)

 ちなみに本日は軍病院通院の日。症状はかなり改善している。薬を減量。
 行ったついでに近傍の三軒茶屋の本屋を回る。なぜかココのブックオフとツタヤはツボをつく品揃えなんだよねえ・・・・あ、桜庭一樹のエッセイ新刊出てたのか。しかしこの人の読書量すごいよね。
 職場に戻ったら大佐から耳打ち。まあ、1月の半ばにもなって探針音が返ってこないからそんな気はしてたんだよねえ。いいですよ、今の陣容のままだったら、後半年マッタク問題ありません。
 まさか今の職場で4回も花見をすることになるとはねえ。入隊以来の最長不倒距離がほぼ確実です。よほどのミラクルが発生しなければあと半年、下北のカレーと品川の刀削麺と市が尾の焼肉を頑張って食おうじゃないか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キンドルはまだか

 起床して脳のアイドリングしながらニュースをほげーと見ていてそろそろ朝飯を作るかと起きかけたらNHKでキンドルを始めとする電子書籍が米国で大ヒット中のニュースが始まったのでそのまま見る。ていうか最近アマゾンにアクセスするとトップページにこれでもかっちゅうくらいに宣伝しているので(何しろアマゾン製だ)興味はあるんだけども・・・・「ソニーも参戦し、この先の展開が注目されます。では次のニュース・・・・」 って、おおい、一方日本では、ってやらんのかい! もしくは日本での上陸状況とかさあ、 フツーやるやろ!
 モノによっては本のデータ単価が紙媒体の半分近いという羨ましい状況であって正直申し訳ないけどブックオフで買って読み捨てするようなラノベ程度だったら電子書籍程度でいいような気もするけどなあ。できれば漫画もそうしてもらいたい。iPodと同じでまたぞろアメリカから上陸してきて出版業界大慌て、みたいな展開になり・・・・いや消費者としてはぜひそうして頂きたいんだけれども、なんか一向にそういう風向きが感じられない。なぜだ!(<ギレン風)
 コレはアレか、なんとか上陸を阻止しようと今すったもんだしているグーグルのスーパーアレキサンドリア計画が実現するタイミングがひとつの鍵なんだろうか。
 早く上陸してもらいたい。ものすごい助かるんですけども、特にスペース的に!(<心の叫び)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

超電磁砲 OP/ED交代

 おっとここにきてOPとEDの交代だ。2クール目からちょっきりというわけではないので不意をつかれたぞ。
 歌い手はどっちも交代なし。OPはfripSideの『LEVEL5-judgelight-』、曲調は第1期と似ているがあんまりテクノっぽいのは安っぽくなるからな・・・・それはそれとして細切れ画面に注目。木山せんせいが復活しそうなのと、第1期の原発処理にチラっと登場したマーブルチョコ持参のメガネの姉ちゃん(多分悪役)と、おなじくコミカルエピソードでチラっと登場した御坂と白井の住む寮の鬼寮監のお姉さんが入り込んでいるのが乞うご期待。さらにジャッジメントの固法センパイの見せ場も期待できる。保有能力は透視能力らしい。地味そうだな。しかし全体としてお姉さま群の活躍が目立ちそうで乞うご期待。
 EDは『Real Force』byELISA。第1期と違ってアップテンポになっているがなんかピンと来んなあ。でも第1期のEDも途中から急にハートをパンチしたので油断がなりません。どっちも配信まだかなあ。

 ちなみに今期は当『超電磁砲』と『おまもりひまり』、『ソラノヲト』(<痛恨の第2話撮り逃し)でお腹いっぱいな気がしてきた。ていうかその他がぱっとせん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

15年。

 もう日付が変わってしまったが日曜日は震災の日。神戸市民として日曜だが頑張って早起き。当該時間に黙祷の年中行事。
 もう15年もたつんだなあ。
 職場で当時現地で被災したことを告げると10人中7人は拙者の入隊と震災の体験をリンクさせるんだけど、何度も言うけど全然関係ありませんw。マニアだからです(おい)。
 しかし誰がなんと言おうと15年もたてばやはり風化は避けられないもの。インタビューに震災当日の夜生まれて現在15才の少年がインタビューを受けてたけど、正直、君、実感わかんやろ? ていうかかくいう拙者も15年前のあの日から札幌に脱出するまでの数日間の体験(そう、数日間しかいなかった)の記憶が徐々に薄れていく。親や祖父母を亡くした知人は結構いたものの、幸い家族や直接の知人は死ななかったこともあるだろう。土建企業に勤めていた父が認めたマンションはびくともしなかった。帰省のたびに自転車で、地震後の大火事で地域ごと焼失したゾーンを通るのだが、最初の数年こそ更地が目立ったものの、流石にココ数年は真新しい家や店で埋め尽くされた。復興の起爆剤を言い訳に空港建設計画が息を吹き返し、大方の予想通りに業績は伸び悩む。
 焼け野原だった地域には今、鉄人28号が立つ。先日貧しい国で想像を絶する地震が発生し、拙者の職場からも人員が飛び立つ。NHKでは科学者が「メカニズムを解明しただけでは意味がない」と声を振り絞る。
 日本人と地震。人類と地震。つらつら考える日が、年に1回くらいあったっていい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アマガミ開始/攻殻ナビゲート

 さあ、既に戦端は開かれた。もう我々には敵を叩き潰すより他明日を迎える方法はない。今からおじけづくような奴は陸軍へ行け!(<お前だよ!)
 ということで購入後もうちょっとで1年というところでようやくPS2にスロットインした『アマガミ』、開始である。ていうかこの最初のからみだとやっぱりとっつきやすいのは薫だよねえ、いいなあこういう腐れ縁・・・・
 そして森島先輩とは強制イベント発生! ラーメンに唐揚げだ! ていうかさらに塚原先輩も後続でセット乱入ですよ! この登場っぷりでこの人ルートがないってちょっとどういうこと!(ダダン!<机を叩く音) これはもう同人誌で補完するしかありません! すうはあすうはあ(<ビニール袋<何入り!?)
 今年の冬はコレで乗り切るぜ!(寒いよ・・・・)

 さて先日欲しいものリストに載っていたところを衝動買いした『マップラス3』と『PSP用GPSレシーバー』、到着と同時にバリバリ封を破ってガシャンと合体していじり倒し、PCにつないでゴソゴソすること10分ちょっと、なんと拙者のPSPはタチコマボイス(すなわち玉川紗己子)でナビゲートする携帯ナビの誕生だ! 素晴らしき世界! 以前からその筋で「あったらなあ」と思っていたことがほんとに実現。すごいなあ。ちなみにソフト6600円、GPS4800円に、攻殻機動隊着せ替えデータ1890円の合計13000円ちょいの衝動買い。ちょっと! ていうか日本経済に貢献です。ちょっと試してみるがほんとにタチコマの声で「実際の交通規制になるべく従ってくださーい」とナビをおっ始めるのであった・・・・「なるべく」って何だよ! ちゃんと従えよ! と一拍置いてノリツッコミができるセリフまでしゃべるわけだすごいなコレ。サンプル等が確認できるメーカーサイトはココ
 ちなみにPSP用ナビソフトとしてはこのマップラス3はアマゾンにおいて評価が2分しており、ゼンリンの出している同種ソフトの方が平均的な評価は高い。でも考えてご覧よ既にPSP持ってる人は13000円で携帯ナビよ? ていうか昨今携帯電話にフツーにGPSが積んであるので通信料払えば今だって全然OKなのだが、まあ攻殻機動隊セットを始めとして大塚明夫や釘宮理恵、増山江威子や井上喜久子ボイスでナビをしてくれるというのだから(有料・数百円)もうその辺はテキトーでいいのだ。車で使う人はフツーのナビを買いなさい! しかし改めてサンプルボイスを聞くと結構井上喜久子の破壊力すごいな・・・・ちなみに若本規夫や金田朋子ボイスだった場合、きっと目的地までもたないと思います。いろんな意味でw。濃すぎるわ。
 ところで自転車にアタッチメントをつけて使うつもりはありません。電源だって心配だし(メモリーにインストールしてUMDのぶん回しを回避すれば多少は持つかも知れん)、第一ヘッドホンでナビ音声聞きながらは交通違反である、ということはすなわち音量大でタチコマをしゃべらせながら自転車こぐわけで、走行状態ならまだしも信号待ちしている人ごみの中で「ボクの計算では後300mで右折です!」と言われるのは流石にイタい。要所要所で取り出して現在位置・分岐点を確認するのがよろしかろう。ちなみに家の中にいてもGPS電波はガンガンに入ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美人画報(全3巻)/安野モヨコ


 なぜ?
 とお思いになる方も多いだろう。本連載が掲載されているのはファッション誌というかコスメ誌というかすなわち女性向け以外の何ものでもない雑誌であるからではないだろうか。そしてその筋モンの男性が著者を認識するときは「庵野秀明の奥さん」であることが多いのではないか。でも逆に女性からしてみりゃ庵野の方が「『ハッピーマニア』の安野モヨコの旦那」となるわけで。
 さて先日長野からの帰りの電車で隣席に座った後輩女子からちょろっと借りて読んでみたのですがこれがなかなか。中身は漫画家安野モヨコがそれはもうありとあらゆる美容やダイエットに果敢に突撃しまくるイラスト&エッセイ集。当然ながらメイク落としがどうとかファンでがどうとかマスカラがどうとかには微塵も興味はないですが、こうして読むと「美容」と「健康」とは結構リンクするのだなあ、と感心しきり。ダイエットや老廃物とか適度な運動というところでは参考になるところが結構あるのであった。
 拙者が筋トレやランニングやサイクリングに勤しむのは別に仕事で必要だからというだけではない。拙者はタダ「食いたいだけ食っても太らない高燃費な体!」「さんざん遊びまくった翌日にもすっきり出勤できる体力!」「あるいは猛烈に働いた翌日にも元気に遊びにでかけられる体力!」が欲しいだけなのです・・・・それも最近息切れ気味ですが、士官学校で叩き込まれた「貴様らに求めるのは筋力じゃない! 連続長期にわたって明晰な頭で指揮が取れる体力だ!」という原則について今更ながらなるほどなあと痛感することしきり。ただ筋力だって体力をつけていくうちに自然についてしまうんだけどな。
 ということで食生活やストレス管理、お肌のお手入れや生活習慣については結構参考になる部分があったし、男性の服飾意識についての女性からの視点も結構興味深い。まあそんなに素っ頓狂な格好しなけりゃ似合うモン着れや、ということですな。
 ただしデトックスについてはコレ科学的に疑義のある行為が多数横行しているという情報を得ていたので結構懐疑的なところもある。直腸洗浄・・・・たまにするのはいいかも知れんけどこんなの頻繁にやってたらどっかおかしくならないか? ダイアナ妃もやっていたらしい・・・・ええ~。リンパマッサージとかもちょっと眉唾だなあ。
 また驚いたのは「ボトックス」。これはあろうことか安全保障関係者にとっては完全にテロ関係情報でしか見かけない物質であるところのボツリヌス菌をオデコに注射して筋肉を動かなくして横向きに走る猿じわの定着を未然に防止するという乱暴極まりない美容法であって、つまり麻痺しているから笑おうが眉をひそめようがオデコの筋肉が一切動かないのでシワが寄らないという・・・・大丈夫なのかコレ! いやあ、コレだけはちょっとなあ。効果はてきめんらしいけどやはり真正面から見ると表情に違和感があるらしい。もはや改造だ。
 まあ美容法っつったらクレオパトラから楊貴妃から歴史が古いジャンルであるからそらイロイロあるだろう・・・・ちなみに一番ぐっときたのは「女性は男性の他にも植物や小動物から『癒し』を得られるが、男性は女性からしか同種の『癒し』が得られないらしい」という不思議情報。へええ! そうなの!
 よし! 今週こそ『ラブプラス』のスイッチを入れるか!(<そっちかよ!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ネットで音楽お買い物/最近のアニソン

 以前ELISAの『DearMyFriends』と『You&Me』、ときメモ4OPをiTuneでサクっと購入してその便利かつお買い得っぷり(バラ売り200円・・・・こう書くとなんか駄菓子のような)に驚嘆した拙者ですが、iTuneでは在庫がない曲だってある。そういやツタヤオンラインはレンタルの他にもダウンロード販売もやっていたな・・・・この思いつきが連休の中日の数時間を吹き飛ばす騒動になろうとは!
 『おおかみかくし』を見ている間にCMでサラッと流れたアニメ版『パンドラハーツ』のOPが妙に気に入ったため、200円だったら買うぜ! ということでツタヤでゴソゴソしてダウン・・・・あ! 間違ってインストの方買っちゃった! くそう、買い直し・・・・したがダウンできねえ! なぜにホワイ! 利用環境の確認等を行った上でやはりダメだったのでサポートにメールしたのが昨夜1時頃。起きてMMCTRPG部のセッションを傍聴している本日午前中に回答。早いぜツタヤ。IEの設定をちょっといじって問題解決(<普段のブラウザは炎狐なのだがやっぱりこういう買い物系はIEオンリーのサイトが多いねえ)。
 そしてダウンしたもののファイル形式がWMAであるためiTuneで読み込めない。今までWMAファイルをガンガン何かで変換した記憶があるので対して気にもしていなかったが、なんか著作権保護用のロックがかかっているため様々なソフトを駆使しても変換できない。ああ、それで同じツタヤのサイトでMP3のコーナーがわざわざあったのか・・・・(<そこつもの)
 グーグル&試行錯誤すること数時間。到達した正解は「許可されている音楽CDを作成してそこからリッピングする」という物理的力技。古いCD-Rの山の中から9年前のRWを1枚探し出し、恐る恐るフォーマット・・・・機能する! なんだかんだいって意外に頑丈だ金属板メディア! そして音楽CDとして作成し、通常のリッピングによりMP3データとしてiTuneに取り込むことに成功。ふう、やれやれ。
 今後はウッカリWMAで買わないようにしないとなあ。

 ちなみに第1期も含めて溜まりに溜まった『夏のアラシ』を見ていたら気に入ったED(白石涼子『キラリフタリ』)は発売が相当前だったこともあってサクっとiTuneで購入。あ~、便利。これいいわ。そりゃタワーレコードも潰れるちゅうねん。ちなみに本編も面白いです。

 ところでちょっと気になってるのは昨年の『とある魔術のインデックス』の例からいくと超電磁砲のOPがそろそろ変わるのではないかということ。今のは今で大変結構なので、それから変わるとなるとちょっと不安なわけですが、さて。今週も中継ぎ話だったしな~。と、思ったらもう2クール目になっとるがな! ということはOPの交代はなしか。ま、それはそれでええです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八朔と星みっつと首なしライダー 第1話

 >おおかみかくし 第1話
 ま~ったく何の予備知識もなく見始めたらなんか『11eyes』でおなじみ真っ赤な月がいきなり大写しになってエキセントリックな女子と主人公らしき男子がなんか剣呑なやりとりを・・・・してるところに大鎌持ったロリ系巫女がやってきておおきく振りかぶりましたあ! というところでOP。な、なんだ!? また11eyesみたいなのか!
 と思ったらFictionJunctionの歌に流れるOPフィルムに『原作 竜騎士07』の文字が! お前か! またお前なのか! ていうかよう考えたらなんでこの人地味にヒットメーカーなのかわかりません。まあ、面白いけどな。
 父と車椅子の妹とともにビミョーな田舎に引越してきた主人公(あれ、母は?)。のっけから近所のボクっ娘にモテモテ。そしてクラスのみんなもやけにフレンドリーで優しい・・・・こ、怖い! 怖いよ! 竜騎士07原作と知ったからにはこのやけににこやかなクラスメート達が怖い! いっそ邪険にして! 道に立ちはだかって「たたりじゃ!」とか叫んでよ! ていうか・・・・ホラ、強引に部活に勧誘しようとしたクラスメートの机が・・・・ある朝無くなっちゃって・・・・「〇〇君は・・・・引っ越したのよ・・・・」
 あー、怖い。地元名産の八朔ソングも奇妙なタイミングで挿入されて不気味さをそそる。
 地味にOPもEDもカッコイイのでチェック予定。

 >ひだまりスケッチ星みっつ 第1話
 原作通り新入生が2人、入寮する。その他今まで通り。以上終わり(おい)。
 ていうかコンスタントには作られてるから質は安定してるんだけど。
 でもあの入浴シーンは必要なんだろうか?(笑)

 >デュラララ! 第1話
 おお池袋の町だ・・・・ていうか主人公のみならず拙者も実際来るまでIWGPみたいな街と思っていたが(笑)フツーの街だよ~強いて言うなら埼玉の玄関口なので多少他の街より野暮ったい感じがします。
 って、「デュラ」って「デュラハン」のデュラなのか!? なんかぶっ飛んた設定だなあ・・・・原作に未接触なので今後どうなるか知りませんが、首なしライダーの肢体が明らかに女性なのに首がない、という時代に真っ向から挑戦する姿勢やよし。

 後なんだ新番・・・・ヴァンパイアバンドと聖痕のクェイサーか。あれ? はなまる幼稚園が録画されておらないような・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンゴル連邦、アルファ・ケンタウリに到達

 停戦成立に伴なう撤退命令が旗艦タクラマカンに届けられたのは、パリ沖で示威行動を初めてから2年目の春だった。艦隊司令官のエスゲイ中将は正直ほっとした。交戦国の首都とはいえ、3000年かかって築き上げられたあの美しい街並みに自らの命令で砲弾を送り込むことには正直抵抗があったからだ。
 13世紀から始まった大祖国戦争(モンゴル連邦側名称)においてフランス軍は6つあったモンゴル連邦の都市のうち3つを瞬く間に占領し、首都カラコルムまで100kmに迫った。チンギス・ハーン19世は青少年にまでフリントロックライフルをとらせて籠城戦の指揮を自らとる一方で、閣僚たちの意見を取り入れ大洋上の空白地に向けて植民船団を急遽送り出し、万一に備えて大陸の外に予備根拠地を求め、予備政府を指名して密かに脱出させた(ファウンデーション計画)。ガレオン船からの絶え間ない援護射撃で持ちこたえる籠城戦が続く一方で、戦線の反対側の都市では必死の技術開発が勧められた。女性までもが動員された建造により世界最初の巡洋艦が進水し、戦場まで大陸を回り込みながら洋上で艤装工事を突貫で進め、フランス大陸と南部大陸を結ぶ狭い隘路の両脇に到着させたことが趨勢を決した。戦力の大半を攻城戦と艦砲射撃で損耗したフランス軍は一旦撤退し、一時の和平が実現した(15世紀)。
 その後も激烈な技術開発を進める一方で海に面した都市は毎月巡洋艦、続いて戦艦を進水させ、内陸部の都市は戦車を生産し続けた。技術面で他国を引きはなして外宇宙航行船『テムジン』を打ち上げアルファ・ケンタウリに向かわせる一方で世界銀行設立を提唱した時点でフランスが再び宣戦を布告。しかし今度は13世紀とは事情がちがった。
 国境沿いに予め集結していたカブル元帥率いる第三機甲軍が一気になだれ込み、モンゴル民族が元来騎馬民族であったことをこれ以上はない程世界に示し、数百年フランスに占領されてきたバスラ、サマルカンド、杭州を解放、そのままマルセイユを占領した。横合いからちょっかいをかけてきたズールーとアステカは首都以外すべて我が国に占領され、大陸における優位は絶対的なものになった。7つの海に浮かぶ艦船は、すべて連邦の旗を掲げていた。
 エスゲイ中将は思いを馳せた。祖国のこの歴史は他にやりようがあったのだろうか? もっと早く世界銀行を設立できたのか? もっと早く国連を作れなかったのか? しかし大陸正面に大国フランスを対峙したままでは軍事と一体化した科学技術の開発は不可避であったと言える。しかし。だがしかし。第3次ルアーブル空襲で撃墜された爆撃機に乗っていた甥の飛行服姿が浮かんで、消えた。
 エスゲイ中将の長男ジョチも乗り組んでいるテムジンがアルファ・ケンタウリ星系に到達した知らせが届いたのは、艦隊が上都軍港に入港した翌日だった。時、2068年。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DTB 黒の契約者 第1話&2話

 しかし「バカと」と入力しただけで「バカとテストと召喚獣」を第1候補に挙げてくるグーグル日本語入力はブロガーにとっては大変便利だが、時々先回りされ過ぎてゾクっと来るときがくる。どんだけ高度なテクノロジーを無料開放してるんだよ!>Google こんなんじゃあ、国産メーカーとして応援し続けてきたジャストシステムが商売上がったりだぜ。折角マイクロソフトのIMEが急におバカになったとチャンスだったのに。残念。
 
 ということでシリーズものの第2弾である『流星のジェミニ』を全部見てから改めてツタヤオンラインで借りて見てみました第1弾である本作。
 わ、わしが悪かったー!(<シズマ現象)
 某知人があんまりBL視点でキャッキャキャッキャ言うもんだから「きっとソッチ向けの作品なんだろう」と食わず嫌いをしていたところが、改めて見てみると特異な世界観はもう諦めて丸呑みしてしまうとして、敵か味方かわからない緊張感と、奇っ怪な特殊能力を引っさげて次々に出てきては繰り返される短くも激しいバトル、そして惜しげもなくブッ殺される能力者達。コンスタントに質いいな!
 ということで第1話2話まで視聴。ちょうどツタヤで借りるモンが『忘却録音』意外見当たらなくて困っていたところでした。確か12月分は8本借りれるのに4本くらいしか借りてない気がする。ああアマガミもときメモ4もシビライゼーションも(<まだやるか!)
 そういやガンダムDSにしたって腐女子が大騒ぎであった時期もあったけれども、それと作品本来の面白さは全然別モノだよねえ。大事なことを忘れていたよママン。楽しみ方は人それぞれだって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おまもりひまり&バカとテストと召喚獣 第1話

 本期はムリヤリでいいからとにかく第1話は全部コンプリートすることにした。第1話を見損ねるとそのまま溜まりっぱなしにすることが多いので。

おまもりひまり 第1話
 「その話はもうええんじゃ!」とちゃぶ台をひっくり返したくもなる使い古された設定で最初からゲンナリだ。おまけに最初っから攻略OKの幼なじみがいて、突如現れた主人公の守護者(化け猫娘?)にヤキモチまで焼いてくれるという。安易すぎる! EDを見るとこの後、無口系ロリと、メイドさんがスタンばっているらしい。もっと捻れ!
 とはいいつつ、なぜか「けんぷファー」等そこいらの凡百アニメ(いや、けんぷファーはけんぷファーで好きですよ?)とはビミョーな差を感じる。なぜだろう。なぜかしら? 動画のキレもそこそこいいしなあ。まあ武者系女子キャラは見てて楽しいので、ちょっと見てみよう。気のせいかも知れんけど。

バカとテストと召喚獣 第1話
 こっちはやりすぎ! 成績順クラス分けはいいとして、科目成績に応じた力を持った召喚獣と、それらを用いた教室設備等を賭けたクラス同士の戦争・・・・『鋼殻のレギオス』と同様、あまりに特殊な世界設定をイキナリぶち上げると第1話で振り落とされること請け合いだ。しかし妙に気になるのは変に力を入れたあえて男性キャラばかりが登場するED・・・・なんだこりゃw コレはコレでなんかちょっとかっこいいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第1話

 さあさあさあ! 新番シーズンの始まりですよ! ということで拙宅の受信状況だと第1弾は本作であります。
 ていうかアキハバラでの新番告知ポスターに「これは『けいおん!』ではありません」とふざけて注釈をつけた店があるようだがなるほど! つーかまんまだぜ・・・・いいけどよう。
 非常に作りこまれた世界観と背景・文化描写に素直に感心。まだキャラが出揃ってないのでそっちはなんともいえん。ほとんど主人公の唯・・・・じゃなかったカナタと、澪・・・・じゃなかったリオ・・・・って、オイオイ一字違い! しか出てきてないからな。しかしさわちゃん先生までいるような気がする・・・・
 しかし結構第一話で大風呂敷広げた気がするな、大丈夫かな。でもこのご時世に原作不在のオリジナルをぶちかます蛮勇にぜひ期待したい。
 それはともかく軍服を着くずしちゃイカーン!
 直後にNHKドラマ『坂の上の雲』を数話見たので思わず「勝てる・・・・」と思ってしまった。w 前くらいとめてろよ~。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年の自転車走行状況

 2009年走行距離
  通勤用巡洋艦 2184km
  サイクリング用駆逐艦 310km

 (参考)
  2008年走行距離
   通勤用巡洋艦 2400km
   サイクリング用駆逐艦 600km

 サボってますね。
 正直通勤用巡洋艦はご近所新規探索用(主として今までノーチェックだった自宅から北西方面)にマメに使っていただけあって、ええ~あれだけ使ってこんだけ? という心地ぞする。サイクリング距離激減は明らかに梅雨~酷暑という自転車ライダーにとって辛い時期が過ぎた秋から冬にかけて若干乗ってないな~、と。ていうか東方は立川、西方は池袋という目的地に段々飽いてきたというのが真相のような気がする。なんだかんだいって拙者にとっての自転車は「運賃無料な上に頑張ると運動にもなって一石二鳥!」という手段であって高千穂遙のごとくガリガリ走ろうというわけではない。池袋にも立川にもそれなりの店があって、そこまで無料で行けるという。
 ので、最遠方は東は上野、南は市が尾というところで満足してしまったのだった。まだ自転車で行ける範囲で行ってないところ・・・・大宮とか・・・・三鷹・・・・府中・・・・悪いけどあんまり行きたいと思わないw
 さて、今年は神田川沿い花見ラリーは、できるのか、それとも別の場所だろうか。
 ドキドキだねえ。
 明日出勤の前に、散髪行かないとな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

科神家の事情

 帰省の際に拙者と父が二人きりになる機会は実はあんまりなかった。
 この年の瀬は母は実母である拙者の祖母の面倒をみに宮崎に行っており、神戸には拙者と父と妹のみ。ブティック店員である妹は元旦のみのお休みで年が開けたらすぐ福袋を売る方をやるべく帰りも遅い。
 頃合を見て父が口を開いた。

 妹上京の際に都心で合流して飲み食いしつつ「いや~稼ぐ身になってみると父の偉大さがわかるよね~」「ですな~」とかいい気になって知ったふうな口をきいていることが(特に妹にとって)いかに身の程知らずな行為であったかということが明らかに!

 ていうか。
 戦時中の招集を除けば一族でほぼ初という陸軍士官になってしまった拙者を父がどう思っているのか実は今でもよくわからないのだが(多分異次元人になってしまったとでも思っているかも知れん)、同じ民間で働く三十路の社会人としての拙者の妹に対して父が相当に厳しい見方をしているということはわかった。
 曰く、縮めて言うと「何かに頑張って取り組んで乗り越える意欲に欠けている」という。実は愚妹は現在の職が3つめ(<この父との会話の中でもう1つ挟まっていることがわかった。計4つだ)であり、現職は比較的長く続いている方だ。しかしそのポリシーのない転職のプロセス(<に、父には見える)、及び現職の間に店長に抜擢されながら耐えきれなくなって3ヶ月で自ら降格を申し出たことについて父は「辛抱が足りん」と切って捨てる。父はソコソコの上場企業で人事を長くやっていたから女性会社員の出来不出来のタイプはある程度わかるという。「多分、使えない、使えてないぞ」
 本当に使えてないのであればこの寒風吹きすさぶご時世、とっくの昔に路頭に迷っているはずなのだが、そうでないところを見るとある程度できてるんじゃないかなあ、と拙者は思った。が、大卒として社会に出て幾星霜、いつまで一介の店員でいるんだ! というわけだ。
 父の不満はそれだけではない。「家事を全然手伝わない」「『特に使わないから』という理由で家にネットもPCも導入しない。現代人に必要な素養じゃないのか?」「(実家は電波状態が超絶悪いので)マンションの廊下や屋上で携帯電話で痴話喧嘩をする」「嫁に行け!」・・・・なんだか趣旨が段々混乱してきたが、それ直に言えよ! と一瞬思ったものの、やはり男親から娘には言いにくいことがあるんだろうなあ。ちなみに母はイイトコの箱入り娘から専業主婦を経ているのでこの手の問題ではまるで役に立たないと父は諦めている。
 うーん。
 父は自分にも他人にも厳しい。厳しかった。帰宅も遅く、土日出勤もざらだった。休みの日、疲れてるのに遊園地やデパートに連れていけと残酷なことをずいぶん言ったものだと反省しきり(<ま、コドモはそういうものですが)。息子は合計3年も浪人するし。従って拙者や妹に社会人としてかくあるべしと言えるだけのことはしてきている。それは間違いない。
Tetujin
 先日鉄人28号について調べている時に偶然気づいたのだが、拙者の父はちょうどかの作品に登場する金田正太郎少年とほぼ同年代だ。物心がついた頃には戦争が終わっていて、鉄拳制裁が当たり前の小中学校をすごし、三種の神器が家庭に登場、高校を卒業するくらいが新幹線開業と東京五輪。安保紛争前の大学を卒業しそのままゼネコン系に入社して高度成長期とバブル時代を一度も転職することなく定年まで爆進した団塊世代の典型。派遣社員や年金未納者に対しても非常に厳しい。「自分で選んだ道だろう」「僕も毎回年金収めるの、決して楽ではなかったよ」というわけだ。
 うーん。
 でもなー。どうなんだろうなあ。
 多分拙者にだって妹のポジションはわからない。アッチは特に興味があってなったわけではないブティック店員で、コッチは望んでなった軍人だ。仕事に対するスタンスだって、同年代でも全然違う・・・・そういや拙者は「ダメだろう」と言われていた私立中高一貫校に仰天合格し、浪人はしたものの第1志望の大学に進み、浪人はしたもの(<よくするな!)誰もが本気度を疑った陸軍に志願入隊して早10年。結構力任せでやりたい放題なんとかしてきたが気がするが、アイツはそういうの、ないもんなあ。何がしたいのかようわからんし、そもそも何事にも淡白だし・・・・「濃ゆい」ところは拙者が母親の胎内からゴッソリ持って出て行ったからかも知れん。
 なんかまとまらないが、祖父も寝たきりになって長く、直径一族は祖母と父母と妹という男女比1:3という場にあってイロイロ気苦労しているのはわかった。次の異動、関西方面が叶えられるといいなあ。もそっと頻繁に帰るか。

PS:拙者に何も言わないのも単に物理的距離があるからだけであって、父が拙者の電子の要塞と化した自宅を見たら、きっと一言二言あるに違いない。こんなゲームや漫画の山、それらは子供のもの、と断じる父にはちょっと見せられない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

謹賀新年 及び IslandCampaign in winter 2009最終日

 今年もよろしくお願いします。

 と、いうことで帰宅後2000を過ぎると比較的佐川さんより厳格にやってくるヤマト運輸さんから現地発送の3日目獲物到着。堪能! 堪能終わり!
 のっけからこんなネタでなんですが一応3連チャンの締めということで。

 >第3日(31日木)
 東 漢時空。
 西 Fate・Key系ギャルゲーメイン

 アマガミ ×10
 超電磁砲 ×5
 ラブプラス ×3
 空の境界 ×3
 化物語 ×2
 ToLoveる ×2
 けいおん! ×2
 Fプリキュア ×2
 アイマス ×2
 スト魔女、ハルヒ、なのは、放課後プレイ、るろ剣、とらドラ、ドリクラ各1
 その他オリジナル等5

Kuroneko
 合計44冊2万2千円、おお、ちょうど1冊あたり500円。やはり3時間めいっぱい使ってトートバッグの紐がいいかげん肘の内側をギリギリ痛めつける段になって買い方終了。そのまま西館外側のクロネコのコーナーでダンボールを200円(小)で購入して梱包。心配してガムテープは持参してきていたがちゃんとサービスで置いてあった。親切!
 発進! 900円でした。らくちんだなあ。
 こうしてみると断トツでアマガミ本を買っているのに肝心のゲームはまだディスクをトレイにも載せちゃいねえという、いいかげんにプレイしろよ!>拙者 ていうかゲーム始める前からもうひびき先輩さもなきゃ七咲&棚町という固まりっぷりであって、さあこの俺の先入観を蕩けさせることができるなら蕩けさせてみろ!>他のキャラ(<ていうかひびき先輩攻略外だろ・・・・多分)
 ていうかその他ToLoveるについては何一つ元ネタと接触がありません。いやなんか、妹出てるし(ええー)。結構前から買ってるんだよねえ、美柑本。そしてドリクラ本はアイマス本と間違えました。アイマスもしたいよう、千早~千早~。
Seimei
 実家には事実上3日半しかいなかったため、最終日終了後カレーうどん食って新幹線に飛び乗り滑り込みセーフで帰省して父の準備した年越しそばを食べ、やはり父の作ったお節料理を食べ、同じく雑煮を食べ(母は宮崎に帰省中)、持って帰った&実家近くのブックオフで購入したポリフォニカのブラックシリーズと、持って帰った月刊プレジデントと週刊ダイヤモンド(ゼネコン特集)と月刊Tarzan(メンヘル特集)を読み、近所の神社及び京都の晴明神社まで初詣、高校同期2名と会い、自転車で市街をグルグル偵察して終了。そして非道にも火曜まで休みをとっているのです拙者! 滅びよ公務員!
 明日は幸い天気が悪いらしいので動画を処理しまくりだ。そして軍人にあるまじき金田一ヘアーになった頭をちゃんとしないとな。ボリボリ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »