« 21歳の時まだ大学1年の青二才だった。 | トップページ | ひと夏の戦争 3/3発売予定 »

丘の上の家、大きな白い犬

Soumusyou
 金曜日。セミナー参加ということで総務省に出張。冷たい雨の降る悪天候の中、着慣れないスーツ着て習志野と市ヶ谷の谷間で焼けて真っ赤になり焼玉エンジンの焼玉みたいになった危険案件を放ったらかしにして桜田門で下車。警視庁のすぐ横の巨大ビル。アポイント+国防省のIDカードがないと入れない厳重セキュリティ! 吹き抜けデカっ! ほのかな薄暗さ! なんかバチカンの教会のような計算され尽くされた荘厳さであってウッカリすると騙されそうだ。騙されるな!(<何にだ)
 そしてお題は『男性国家公務員はもっと育児休業を取りましょう! ホラ育児休業を活用した人たちはこんな素敵なパパ体験をしてますよ!』
 人選間違ってるだろ!(血涙)
 ていうか拙者のセクションは休暇管理の一部も担っているためあながち嫌がらせとまでは言えないのだが、4000人の軍団の代表として拙者が行くのはちょっと流石にどうか。
 制度そのものについては少子高齢化うんぬんの時代から検討され続けてきたものが、長い長いお役所仕事を経てようやく実現したというものであって趣旨そのものは理解できるのだが、その長い年月の間に日本社会は当日の気候のごとく就職難とリストラと派遣切りの冷たい嵐が吹き荒れており、長い人で2年も育児休業をとって職場復帰、その間給与の支給は激減するが、地位は安泰、その後も早出遅出等を利用して夫婦で協力して子育てしましょう、そうすれば2人目も3人目も! と明るい未来を連呼する人事院のプレゼンを見て暗然とする。しーっ! あんまり大きな声で言っちゃいけませんYO!
 そして外への出張が非常に希少な拙者のあこがれの直帰(<直帰! ああなんと美しい響き・・・・)、せっかく出てきているので検索した宮崎地鶏の店にいざ入ろう・・・・の、前に、焦げ付きまくっている案件について確認せざるをえず、朝霞と市ヶ谷に電話をかけたらなかなか相手が捕まらなかったり話し中だったり繋がったと思ったら市ヶ谷担当者のもはや名物超長い話に延々と振り回され、その間「おおい、コッチコッチ!この店だよ!」とゾロゾロと仕事帰りのビジネスマンが続々と店に流入し、店の前で1時間も電話をかけ続けた拙者の目の前で無情の満員御礼。電話かけはじめの頃にはガラガラだったのに!(血涙その2)
 大泉学園に直行して同期を呼び出し、いつもはお好み焼き屋だけどボーナス直後ということから牛角で焼肉をヤケ食い。そうだ、我々にはボーナスがあるのだ! 宮崎地鶏! ああ! ニュースではボーナス急減により無理なローンを焦げ付かせて困り果てる家族の群れ・・・・くっくっく! 結婚して子供も生まれて車庫付き郊外マイホーム、共働きとボーナスに頼り切った返済プランが妻のリストラとボーナス激減で破綻して手放さざるをえない気分はどうだい! 宮崎地鶏! あはははは!(<だっだれか止めろ! フォーグラーを止めろ!)

|

« 21歳の時まだ大学1年の青二才だった。 | トップページ | ひと夏の戦争 3/3発売予定 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

フォーグラー居なくても、今ボッコボコらしいね家買った人達

ふはははは、四ねぇ~!!!
男も女も37564!!!

最近ダークな人になってるのでな
12月の後半のあの日ヒマかい?
オラはヒマだだだだ♪

宮崎地鶏うまそうだなー

投稿: かんこ | 2009.12.14 04:14

 ひまだが中日休日に動くと疲れが取れないのでおとなしくしていることにする。最近1日1日の休みの重要性が骨身にしみる今日この頃。49関東忘年会したかったんだけどなあ・・・・26.27なら可かな?

投稿: 科神総研 | 2009.12.20 01:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/47016756

この記事へのトラックバック一覧です: 丘の上の家、大きな白い犬:

« 21歳の時まだ大学1年の青二才だった。 | トップページ | ひと夏の戦争 3/3発売予定 »