« グーグル日本語入力 | トップページ | 冬の雨と中華と、自転車で温泉 »

2012/ローランド・エメリッヒ監督

朝からめっちゃ冷えると思ったら別室の窓開いてたやん! 北海道なら凍死してるぜブルブル。
 ということで金曜の晩、レイトショーで見てきた。ホントはレイトショーは睡眠上よろしくなく脳が覚醒してしまってその日の睡眠移行を妨げるらしいのだが、まあ薬飲めばいいさ(<ヤベエよ)
 一言で言うとハリウッド版『日本沈没』! につきるというか、世界滅亡大ピンチをハリウッドが総力を上げてCGを駆使するとこうなりました~、という以上でも以下でもないという。先日ジョギングしながら職場の先輩と話をしていたのだが、もうCGで何でもありということになると昔の、まだ『SFX』と呼んでいた現場で苦労していろんな特殊効果をやっていた頃に比べると、なんか何見ても「よくできたCGだなあ」で終わってしまうというか、なんかマットアローの上にワイヤーが見えたり、ハヤタ隊員の発射する光線銃の光がモロ書き込みだったり、怪獣の歩く山腹に火薬の火花がもろ見えだったりした時代の画像がそれはそれでワクワク感があったよねえ、という「昔は良かった」論に。
 それはそれとして、まあ最新のCGを駆使した大スペクタクルという以外の何ものでもなく大画面で見れば圧巻だし1200円でこんだけ見せてもらえば大満足だ。そしてハリウッド映画にありがちな家族愛、ヒューマンドラマ、ありえないギリギリピンチ、カッコイイ大統領とそして大団円。
 良くも悪くもハリウッド。しかし誰かがメルマガで言っていたけど、ホントに冷戦後の映画で扱う『脅威』というのはもう地球大ピンチ! しか残されていないんだなあ、という。ちなみに夏に見た『ノウイング』も地球大ピンチ映画であって既視感でいっぱいです。ちなみに夏から流れていた『2012』の予告フィルムは一部フカシなので本編見て驚きでしたw

|

« グーグル日本語入力 | トップページ | 冬の雨と中華と、自転車で温泉 »

「アニメ等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/46956822

この記事へのトラックバック一覧です: 2012/ローランド・エメリッヒ監督:

« グーグル日本語入力 | トップページ | 冬の雨と中華と、自転車で温泉 »