« 日曜夜の深夜アニメは選挙速報に沈んだ | トップページ | もう20年を越えるつきあいになるのだ。 »

空の境界最終話 『殺人考察(後編)』

 北海道渡航計画の直前に1週間にわたる演習に参加するため、ドンドン予定を前倒しして考えるとこのままでは来月の仕事がとんでもないことになりかねないことに気づき(遅いよ!)やむなく本日は昼からサービス出勤。いや、ちゃうねん! 班長不在で代行してるからペースわからんねん! と言い訳しつつポチポチ仕事する。そう、拙者のセクションは現在大空位時代により、班長に任せっきりだった仕事を今更ながら「想像しながら」やっているのである。怖い。怖いぞ~。ま、ダメなら部長がちゃんとダメ出ししてくれるんだけどな。
 その後そのドロンとした空気をなんとかするため夕方池袋に出かけて、半月前満員で入れなかった『空の境界/殺人考察(後編)』(第七話完結編)を見に行く。2時間たっぷりお値段1800円だ。客の入りは七割程度。この種の映画にしちゃ混んでる方だろう。
 てっきり第二話(前編)の続きかと思ったがちゃんと時系列順でありすなわち第五話『忘却録音』の後だ。結局第二話のあの後は大した進展もなく第四話『伽藍の洞』に直結し、続いて第一話『俯瞰風景』→第三話『痛覚残留』→第五話『矛盾螺旋』となる。見てない人にはサッパリわかりませんな。
 ラスボスが第五話で滅びてしまっているのに蠢き続ける『仕掛け』。迷惑この上ありません。殺人鬼VS殺人鬼、どっちが本物が勝負だ!(<ヤメロ)
 色遣いも動画もストーリーもA級なんだが、やはり罠だらけのストーリーやゲストの立ち回りから最後の「落とし」に至るまで凝りに凝った作りの第五話『矛盾螺旋』のカタルシスには及ばないなあ。『矛盾螺旋』は映画を見終わった瞬間「中古でいいからDVD!DVD!」と叫びながらアマゾンのボタンを連打し続けたものだ。
 全体のシリーズとしては満足しております。早くブルーレイ出して下さい。

 大泉学園駅に帰ってきたらそのまま大泉のシネコンに行けば『サマーウォーズ』のレイトショーに間に合う時間であったが、流石に半日に映画2本はちょっとと思ったのでまたにする。演習直前に行かないと気づくと終わってるからなあ、映画って。あ、『GIジョー』も見ないと!

|

« 日曜夜の深夜アニメは選挙速報に沈んだ | トップページ | もう20年を越えるつきあいになるのだ。 »

「アニメ等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/46132194

この記事へのトラックバック一覧です: 空の境界最終話 『殺人考察(後編)』:

« 日曜夜の深夜アニメは選挙速報に沈んだ | トップページ | もう20年を越えるつきあいになるのだ。 »