« 化物語 | トップページ | 引き続き民法背徳の宴 »

大学通学と官能小説

 今年は午前中が民法(親族・相続)、午後は海商法です。

>民法(親族・相続)
 のっけから親等の数え方でひそかに興奮する。ふうふう(鼻息)。義妹とか義弟とか叔父とか伯母とかの単語が出るだけで条件反射的に血圧が微増します(男子中学生かよ!)
 ていうか今でこそ多様化しているが太古の昔より我が国の官能小説を主導する某仏文庫のネタは主力が『義母モノ』なんですな。主力ということはそれが売れ筋、ということなんだろうが、未だにこのジャンルの味わい所がちょっとわかりません。先述の『多様化』ですが、それでもざっとラインナップを見るとやはり主力は圧倒的多数で『義母モノ』、次点で『義姉モノ』と『人妻モノ』が並列、わずかに遅れて『女教師モノ』が追随、大きく離されてわずかに『ロリモノ』がぼつぼつついてきている、という状態です。その他『OLモノ』など。まあ、会社としての仏文庫は別ブランドでライトノベル風ロリ系を出版しているのでそっちはそっちで収益を上げているでしょう。あざとい会社だ。
 義母ネタがうけるのはエディプス・コンプレックスとかとなんか関わりがあるんだろうか。義理ということで道徳的問題を回避し代償行為の満足感を得る・・・・でも本来この購買層ってオッサンなんだよね・・・・ぞっとしないなあ。ちなみに最近拙者がこれらまで版図を拡大しているのはなにも趣向が変わったわけではなく、書き手もただ義母だけポーンと放り出すだけでは飽きられるので大概義姉とか義妹をセットにくっつてくるのでその辺が狙い目です。
 しかし最近ショックだったのはこれら義母モノに登場する『熟女』がソロソロ拙者の年齢を下回り始めたということですな。ジャンプやサンデーの主人公達がいつの間にか自分より年下になっていたことに気づいたのと同じくらいの衝撃です(あほか)。
 文章だけで特に画像を伴うわけでもなく今の常識ではガサ入れが入ることなんて想像もしないわけだけれども、中学校の公民の授業で『チャタレイ裁判』という文章ポルノ規制をめぐる司法史に残る大裁判がちょっと前にあったことを我々は知っている。自由ってすばらしいな。
 しかしそれはそれとして滅多にないけど、『実母モノ』や『実妹モノ』がたまに混じっていてちょっと腰が引ける。先日は『女○○童モノ』が混じっていてビックリした。え、ええのんか、コレ・・・・

 >海商法
 同僚達がちょっと野暮用でソマリアがらみでジブチ共和国に派遣されているということで、我が国の海運というものに無関心ではいられません。ていうかもう毎夏通学の課目もネタ切れ(一度チャレンジした課目は履修できない)なので段々課目もマニアックなモノしか残ってこなくなるわけですが、そこはそれ。
 陸上輸送、航空輸送とは桁が違う大量の貨物を海外とやり取りする際の様々な法的検討。本日は「海商法で取り扱う船舶の範囲」についての判例検討。船ってイロイロな種類があるんですな。

 しかし移動時間&交通費が結構なもんですな。朝は豪雨だったため家の前からバスを使ったので、かかった時間は1時間半、帰路はケチって別ルートで帰宅したため2時間はかかる。金額はそれぞれ700円~800円。わおう。ネットで検索した往路ルートは今まで想像もしていなかった複雑怪奇なルートだったのだがその代わり漫然と秋津~新秋津をテクテク歩くルートに比べれば100円安く乗り換えも楽。具体的に言うと
 大泉学園~(西武池袋線)~所沢~(西武新宿線)~東村山~(西武国分寺線)~小川~(西武拝島線)~玉川センター~(多摩都市モノレール)~中央大学・明星大学。これで690円。モノレールが400円で相変わらず激高だが、それに比べると前段の290円が安いなあ。
 明日も天気悪そうなのでバス。本日同様、上記にプラス往復420円かかります、ふう。

|

« 化物語 | トップページ | 引き続き民法背徳の宴 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/45890814

この記事へのトラックバック一覧です: 大学通学と官能小説:

« 化物語 | トップページ | 引き続き民法背徳の宴 »