« ハイテクパスタ鍋 | トップページ | ポチり三昧 »

どこかしらガタがくるものだ

 今回の一連の診断でカウンセラーと精神科医の業務区分が明確にわかった。
 カウンセラーはその筋のエキスパートであり、偶然にも拙者と同じセクションであるのですなわち拙者の職場の人間関係について神のごとく熟知しているので、拙者がコウなるに至った人間関係について詳細な分析を加えてくれるわけだが、それはまた別記として、精神科医の所見について。
 当然ながら人間関係うんぬんやストレスなんとかについて、精神科医はあまり関わらない。精神科医も軍医の一人であって自殺の多い我が軍内部のカウンセラー組織とうまく連携されているのでそこんとこはうまく切り分けているのだろう。
 精神科医の今回の関心は不眠、すなわち睡眠障害に絞られた。つまりそもそも拙者が通院することに決した様々な症状(頭が重い・記憶の混濁・イライラ等)の原因の一つは、そこにあるという・・・・ていうかそこが解決すれば症状の軽減が見込まれるとのこと。微妙に頼もしいやら不安やら。
 拙者の睡眠障害への対処方法。

1)寝る直前までゲームやネット等をしない
 ・・・・うううう、キツイなあ。深夜の『ハッピーダンスコレクション』など言語道断らしい。寝る1時間前にはネットも切って、読書にするか・・・・ホントは読書もそんなによくないらしいんだけど、じゃあネットもゲームもせずDVDも見ず、読書もしなければそもそもすることがない。寝ればいいじゃん! という話に。

2)深夜のお茶を控える
 うわあ。コーヒー党ではないがお茶にだってカフェインが含まれていることは周知の事実であって、しかも海賊が飲むラム酒のごとく水のように紅茶緑茶を常人の3倍は摂取している自覚のある拙者です。う~んルピシアの『デカフェシリーズ』(カフェイン減量茶)について今まであまり関心なかったけど、試してみるか・・・・お茶がダメだからってゼロコーラとかもなんか落ち着かないし、だからってお湯も味気ないよねえ。

3)いつまでも若くない! 早く寝ろ。
 すんまへん。でも人生は有限なんだよう。

 30代も後半にさしかかるとイロイロと不調が出てくるらしいし、直接知る諸先輩達もやれ尿管結石だとかヘルニアだとか聞いていたわけですが、健康に気を遣っているつもりでも頭の方は盲点であった。ダンベルで鍛えるわけにはいかないもんね。
 ストレス解消のネットショッピングはさっさと済ませて寝ることにしよう(ん?) 

|

« ハイテクパスタ鍋 | トップページ | ポチり三昧 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/44307413

この記事へのトラックバック一覧です: どこかしらガタがくるものだ:

« ハイテクパスタ鍋 | トップページ | ポチり三昧 »