« 欧州で最も危険な男 | トップページ | 日本代表に敬礼 »

江戸の敵を長崎で

 先日、焼肉屋で痛飲(拙者は下戸なので痛食)した際に話題になったのは、中高生時代欲しかったモノって今じゃあ大概手に入るよね、という。昔は金なかったから、通学する電車で読む本を朝、本棚から選んで、気に入った本を何遍も何遍も読んで、トム・クランシーの『レッド・オクトーバーを追え』なんてページ側面が手垢で黒っぽくなるまで読んだねえ・・・・。
 と、ここでふと大学生時代買えなかった、京極堂シリーズによく登場する江戸時代の妖怪絵画1作ごとに見開き1ページに解説をつけた豪華本(つっても1万円しなかったが)のタイトルは一体何だっただろうか・・・・今なら買える・・・・・しかし検索しようがない・・・・妖怪で検索したら水木しげるばっかり引っかかる! 誰かタイトルや手がかりを知ってる人はご一報!
 それはさておき、ゲーム『シヴィライゼーション』や映画『ワルキューレ』を見て最近第二次世界大戦づいている拙者は本能の赴くままにアマゾンで<第二次世界大戦>で検索してみた。
 ・・・・原書房『第二次世界大戦歴史地図/タイムズ・アトラス』(7140円)
 こ、これは! 高校生の時に本屋で発見しその美麗な地図と作戦・戦闘ごとの詳細な解説にチビりつつもそのあまりの高額さ(当時12000円は高校生にはキツイ)に断念した豪華本の小型再版版・・・・か、買える! しかもお値段下がって、な、7140円・・・・気分はスッカリ成り上がって毎日腹一杯食っている元戦災孤児が、幼い頃栄養失調で亡くなった弟を思い出す勢いだ・・・・今なら買える! すいとんが腹一杯食べられる!
 しかもアマゾンの評価陣は評価割れすることなく満場一致で☆5つ! 5つ星・・・・
 ぐ・・・・・
  むむ・・・・・
   むむぅ・・・・(汗) (ポッっちっれ~!ポッっちっれ~!)(<脳内声援)

|

« 欧州で最も危険な男 | トップページ | 日本代表に敬礼 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

鳥山石燕『画図百鬼夜行』でしょうか?
http://www.amazon.co.jp/dp/4336033862/
いい本ですね。

投稿: auto_ptr | 2009.03.24 06:27

 M機関員なら必ず回答してもらえると思っていたよ! ありがとう! ちなみにやはりチェック者のうち多数が値段にビビって文庫版の方を買っているらしい・・・・(笑) それもいいかもな~。だって一桁違うんだぜ~。

投稿: 科神博士 | 2009.03.24 06:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/44448223

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸の敵を長崎で:

« 欧州で最も危険な男 | トップページ | 日本代表に敬礼 »