« 爆読鉄腕バーディ (15巻まで) | トップページ | 組織に生きる人間 »

本棚到着

Booklack
 玖に紹介されたハンズで注文するセミオーダーの本棚が到着する。バラバラの状態から写真の状態まで小1時間。この後梱包材をバラバラにして散らばったくずを掃除して(なんかこのプロセスが死体処理っぽかった)一息ついて、さて。なんかちょとだけ前のめりになってるんですけど。
Booklackspace
 格安中型本棚と違って本1層分のみの厚さ(正直一般的な2層的厚さであれば同じ大きさで半額以下で買える)なのでやや前後方向の安定感にちょっと不安がある。このままの状態で本を詰めることにはちょっと。
 ということでそのまま近所のホームセンターに出かけるが、玖の苦労話のとおり、天井との隙間が21センチでは一般に市販されている耐震補強用つっぱり棒ではギリギリ入らない。もっとも小さい規格で22~27センチとか。帰宅してネットで調べるがやはりつっぱり棒形式では22センチが下限のようだ。もっと高価な面固定式のモノなら20センチ~25センチのものがあるがこれが5000円を超える。2万円弱の本棚の固定に5000円・・・・この設置場所の本棚が正面にぶっ倒れても直撃するのはパソコンと37インチプラズマテレビであって就寝中であっても命の危険はないんだけれども。
 「使ってない部屋があるんだからそこに置けば?」
 んん~でもいわゆる自分の定位置から全てを掌握したい!
 究極的には悪の要塞の指令室のごとく自在に動く座席を中心に壁全面本棚・DVD棚とモニターとゲームという(<ダメ人間)
 突っ張りはともかく明日からこの本棚を埋めていくのだ。さ~て何から詰めるかね~。

|

« 爆読鉄腕バーディ (15巻まで) | トップページ | 組織に生きる人間 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/43992305

この記事へのトラックバック一覧です: 本棚到着:

« 爆読鉄腕バーディ (15巻まで) | トップページ | 組織に生きる人間 »