« 未読山脈 | トップページ | ToHeart最終回 『雪の降る日』 »

近頃周りが

 騒がしくない。
 ていうかもう大黒摩季の『夏が来る』は一字一句無駄な歌詞がない個人的にマイライフベスト曲であって、今敵弾に倒れてあの世に1曲だけ持って行けと言われたら迷わずこれをひっつかむ。
 本曲の内容は知る人ぞ知るなかなか結婚できない女性が前向きに嘆く(どっちなんだ)ものであるが、職場関係はどこで歌っても大受けだった。名寄だろうが千歳だろうが千葉だろうが、もちろん今の職場だってカラオケでこれを歌えば同席者は拙者の境遇に思い至り絶句の後大爆笑であって外したことがない。
 しかし歌詞の通り『近頃周りが騒がし』かったのは名寄にいた当時、駆け出し少尉のころであって、あれから8年がたとうという現在、片付く人間はとっくに片付いてしまい水を打ったように静まりかえっている。拙者の周辺にいる野郎共は同期入隊・大学関係・高校同期同じく「ケッコン? ははは、寡聞にして存じませんな・・・・して、それは食べられるのですかな」という勢いであってシベリアでオアシスを探すがごとき。様々なマニュアルには「そんなモテない奴らとつるんでいてもいっこうに進歩がないから切れとは云わないがモテ友達を作れ!」とあるがそんな奇特な人間は現在二人目の子供が幼稚園に入るか入らないかという時期であって拙者のような暇人と飲み食いする時間も金もないのである。
 なんでこんな話題が唐突に出てくるかというと当然ながら今日明日がファッキンメリークリスマス((c)三浦しをん)だからだ。パートナーがいる恵まれた人々は大いに生殖行為に励み少子高齢化による日本滅亡を遅らせてもらいたい。

|

« 未読山脈 | トップページ | ToHeart最終回 『雪の降る日』 »

「人生統合計画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/43511162

この記事へのトラックバック一覧です: 近頃周りが:

« 未読山脈 | トップページ | ToHeart最終回 『雪の降る日』 »