« ナタデココ到着 | トップページ | 奥井ライブと神田まつや »

徒歩&電車に乗る時しか使わんけどな。

 しつこいくらいあちこちで吹聴しているのでご存じの方も多いと思うが拙者は平成14年に立川のビックカメラで購入したI/Oデータ製MP3プレイヤー、いわゆるデジタルオーディオMDM-H205をかれこれ6年使い続けている。この手のデジタルグッズで6年も使用に耐えたというのはこの5,6年、そっち系の技術がそんなに滅茶苦茶飛躍しなかったこともさることながら、おそらく音楽データを持ち歩くという必要性が技術的にそんなにハードルが高くないので、開発の余地があんまりないということであろう。小型化もiPodシャッフルまで行けば後はバッテリの小型化の問題しか残ってないだろうし、液晶表示画面もあんまり小さくしても利便性が損なわれる。後はソフトの利便性だ。
Mp3player
 ということで機能的にも128MBから256MB、512MBと順次SDカードを換装し、電池もアルカリからエネループに変えて何の不満もない無限機関と化していたMDM-H205に不調はないものの、お買い得プレイヤーがあるとの情報を得て新型機を購入する。写真右側の東芝のMET401S。容量4GBの充電式、カタログ上の連続再生時間は16時間・・・・ああ! 2週間ほど前に8980円で買ったのに今やアマゾンで5980円だ! 3000円=30%も大暴落! ていうかアマゾン以外はみんな17000円越えなんだけど@価格ドットコム。どちらかというとアマゾンの投げ売りのような。ううん、かなりお買い得で買ったのに若干の残年感。
 というわけで一気に容量が8倍にもなるともう素のディレクトリでは聞くときに不便なので、フォルダを作成・・・・しただけではダメだ! なんか東芝製のくせにマイクロソフト製メディアプレイヤーの同期機能を利用するという。しかもなんかプレイリストの作成がわかりにくい・・・・旧機は専用ソフトを使っていたが頭出しは入力した順。しかし新型機は直接D&Dも可能な代わりに入れた順には並ばず、マシンの方で勝手にアーティストやアルバム順に分類してしまうのだ。
 これはマシンの使い勝手もさることながらメディアプレイヤーそのものにおける習熟が必要らしい。
 ちなみに旧型機45g、新型機50g。大きくなった分薄くなっているので携行性はむしろ向上。

 ところで旧型機、塗装も禿げてぼろぼろだ。ご苦労さん。

|

« ナタデココ到着 | トップページ | 奥井ライブと神田まつや »

「サイバー系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/43345050

この記事へのトラックバック一覧です: 徒歩&電車に乗る時しか使わんけどな。:

« ナタデココ到着 | トップページ | 奥井ライブと神田まつや »