« 東金事件概観 | トップページ | シズマ博士タイム »

巨大な経済矛盾を解決するための手段としてかつて戦争があった。

 某那須が出たというので元〒銀行から使い勝手のいいハゲタカ銀行に資金大移動を行ったりローソンでアマゾンからやってきた百合DVDを受け取ったり中古店からやってきたToHeartDVDを佐川急便で受け取ったりしていると退庁してから帰宅するまで14kmは走行していた。健康的過ぎ。
 そして某那須も出たのであるから週末でもないのに外食(<週末でもないところがミソ)。くら寿司。腹一杯食べて735円(<もっといいもん食えよ!ぎょうさんもらってるんだろ!)。
 帰宅後夜半から深夜にかけてナショナルドッグすなわち国家の犬である官吏仲間であるところのM機関員玖と音声通信。ニュースが連日やや大げさ気味に報道する鉄の暴風ともいうべき突発的不況の嵐に恐れおののきつつ今のところ対岸の火事であることに神に感謝し国民の矛先が向かないようつつましく生き抜くことで一致。
 よせばいいのに某那須の額を比べてみて(※)仰天。そういや拙者も来年で入隊10周年。年功序列組織のなかではソコソコの年次だ。とかいいつつ本日部長が「若い順に面接をやる!」とか言い出して職場に若いもん順リストが張り出されたが、ダントツで拙者が最年少であることが判明。基幹は42~43歳の士官で占められている拙者のセクションである。

  ※)あまり仲間内でやると友達なくしますので気をつけましょう。

|

« 東金事件概観 | トップページ | シズマ博士タイム »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/43382769

この記事へのトラックバック一覧です: 巨大な経済矛盾を解決するための手段としてかつて戦争があった。:

« 東金事件概観 | トップページ | シズマ博士タイム »