« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

デジタルメモ 『ポメラ』

やべえ買う!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドラえもんの秘密道具に

 薬って結構あるよね。

 およそ人間の食い物として世界中で食べられている食べ物は大概食べられると自負している思い上がり気味の拙者です。南米貧困層の食べる泥ケーキから東南アジアのイモムシのなんたら(揚げもの?)まで、現地の人が食べているのであれば食えないことはない、と思っているのですが。(北欧某国のなれ鮨のような魚を発酵させた化学兵器級の臭気を発するという噂の高いアレはちょっとどうかなと思うけど)
 乳酸菌大好きな拙者は新発売のペプシホワイトを購入・・・・したのだがあまりの薬品臭に半分で悶絶。哀れ残りのペプシホワイトは台所の流しの藻屑と消えたのでした・・・・いや~コレはキタなあ。やっぱりスコールですよ。近所になぜかペットボトル100円の自販機に1本だけ残ってたのを買った記憶が。あの自販機はまだあるのだろうか。

 Wiiのソフト『ダンスコレクション』は到着したものの、別便で到着した本体は留守のため配達センターへ逆戻り。昼間いないんだから当然だが、しかし名鉄運輸って! どんだけマニアックな運輸会社を使っているのか・・・・
 しょうがないので土曜日受け取りを明日連絡予定。

 ここしばらくの体調不良は薬の飲み過ぎにあるのではないかと疑い、導眠剤以外の一切の薬の服用をやめる。時々咳きの発作は出るものの、脳はちょっと快調。ていうか導眠剤だけはオトモダチ。ハァハァ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

クラリシッド錠 と テオドール錠

 朝晩の空咳と不意の吐き気をなんとかしてくれと軍医に頼んで薬をもらってきたら、普段使っている導眠剤同様「眠気・めまい等を催すことがあります」と書いてるんで「最近こんなんばっかり飲んでるなあ」と思いつつ帰宅して晩飯後に服用してみたら、これが今までの導眠剤をも上回る驚きの衝撃力であって一撃でダウン。クズソファに突っ伏してやり過ごす・・・・いや朝晩飲めっていうけどこんなん飲んで仕事できんやろ!
 脳に効く薬ってなんか怖いなあ。

 なんか最近いろんな不調がドンドコ出てきてるけどこれなんだろう。食べ物かなんか足りないのかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐ろしや恐ろしや (あるいは酸っぱい葡萄)

 振幅の大きいドル円相場に巻き込まれて結果として2年がかりで100万円を失った拙者ですが、3月の円高騒ぎが児戯にも見える最近のチョー円高に「お~お~今ここに50万でもあったらなあ」と人ごとみたいに言っているわけです。
 拙者が常時観測しつつ参考にしていた外為トレーダーは最盛期10人、市場から撤退した後は5人くらいなんですが、もうその人々も含めてもう鉄の暴風雨下の死屍累々の有様であり、100万が4年がかりでもうちょっとで1000万に達しようかという人はドルもポンドも吹き飛んで現在強制執行後残金200万・・・・(いいじゃん!倍なんだから!)
 かの人も含めて外為ブログは相当悲惨なことになってますが、拙者の取引同様、ボチボチ儲けられるものの瞬間的な油断で持ち金大半が吹き飛ぶリスクの高さはやはり丁半ばくちに近いんでしょうなあ。

 ということで次の注目は日経平均ですが、日経平均に連動する投資信託において日経平均13000円時に託した拙者の金はもう半減に近い状態。が! 日経平均がゼロになることはないのであんまり心配してません。冬ボーもガッツリコレにつぎ込む予定。値下がり後に入れれば購入価格の平均化が図れます・・・・
 が、そんなことを考えるのは拙者だけではないわけで、現在ネット証券に新規口座開設が殺到しているとか。にも関わらず株式市場にちっとも金が入ってこないのはみんな国内株式市場に絶望したわけではなく底値で買おうと虎視眈々と狙っているからだ・・・・さらに、夏ボー冬ボーの直後は半可通投資家がボーナスを突っ込むために不自然に値上がりするらしい。
 その辺も考慮しつつ・・・・+証券電子化後の混乱が落ち着く1月以降まで待つべきという話もある。
 んん~。

 とりあえず、Wiiを注文しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

焼き肉とソイジョイとシチュー

 カップ麺とポテチとコーラで生きているIT業界の人々(ひどい偏見)(<多分)よりは結構食事に気を遣っている方ではあるものの、なんか最近ろくなもん食ってないなあ・・・・と思って肉が食いたくなる。それもどうか。野菜は?
 肉と言えば市が尾のキャプテン宅近くの焼肉屋が奇跡的なカルビを食わせる店として>「この国で食べるうまい飯マイ100選(多っ!)」のトップ10入り間違いなしの店があり猛烈にカルビ! という気になったので横浜チームに投げると拙者がメールする30分前にミクシで既にしゃぶしゃぶの企画が偶然にもきゃぷてん宅で立ち上がっていた。
 しゃぶしゃぶか・・・・と半ば微妙感はあったものの一旦決まった企画をひっくり返すのも大人げないと思った。
 で、夕方アパートのガス湯沸かし器交換工事に立ち会った後に出かける。池袋で買い物して行くつもりだったのだが大泉学園駅に来たのが噂の副都心線直通渋谷行きだったのでそのまま渋谷まで乗っていく・・・・でも渋谷で大型書店ってあんまりわかんないんだよねえ。
 小じゃれた若造で溢れかえるハチ公前交差点でウェディングドレスで撮影会やってるのを横目に(あれはナンだったんだろう・・・・)本屋をはしごする。
 で、市が尾着。てっきりもうガッツリ決まって準備もできてるもんとおもったらメンバーも集まらず準備もできていないので、じゃあもう外食にするか、ということで結局焼き肉に。しかしいつもの店はいっぱい。牛角へ。
 結果としては牛角でもうまかった。タレ漬けカルビを炙ったのを溶き卵て食べるのがヒット。
 その後きゃぷてん宅でグレンラガン最終巻を見たりチャンピオンREDを見たりしてウダウダ。しかしチャンピオンREDは12月号に至っては見開き1ページ目からイキナリ『くぱぁ』であってもう完全にアウトだろ! いちごじゃないYo! ていうかいちごとか一般コーナーで売ってたらイロイロ問題になりそうな気がするが。最近少女系レディコミ規制とかうるさいし。
 午前3時頃に消灯。しかし睡眠薬も持ち合わせず雑魚寝であっていいかげん睡眠障害が来ている拙者は朝までろくろく寝られず。横になるなりガーガー始める若い後輩たちがうらやましいのう。
 どんよりした頭で『プリキュア5』を視聴。その後朝飯でも食いに出るのかと思ったがみんな7時間近く何も食べてないはずなのにいつまでたってもゴロゴロゲームをやっていて動く気配がないので早めに辞去。といっても10時。しかし時間を湯水のごとく浪費する許容性は歳とともに激しく減衰する・・・・老人になったらまた戻っていくのだろうけど、日曜の昼間を怠惰に過ごすのはちょっと最近猛烈に焦りを感じるのだ。
 元々体調が万全ではなかったところ睡眠不足がたたって、空きっ腹に入れたソイジョイがなんか悪化して二子玉に到着した当たりからだんだん具合が悪くなり、折り返し乗り換えの小竹向原のトイレで吐く。なんだか最近弱ってるなあ。
 小雨の降る中ヨロヨロ帰宅してひとっ風呂浴びて睡眠薬飲んで爆睡。夕方一旦起床して『ガンダムOO』を見て(根性!)またウトウト。
 窮状を聞きつけて近所の知人がシチューを作りに来てくれる。ありがたや。
 明日は出張だし、早めに寝よう。しかし最近体力低下が著しいな・・・・やっぱ食べ物かなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中ボス戦×2 突破

 巨大ドラゴンと戦った際には肉弾戦担当の野郎共2人が早々に屍と化してしまい、しょうがないので生き残った現地人特殊工作員女性が遠距離攻撃でちまちまちまちまちまちまちまちまちまちまちまちまちまちまちまちまちまちまちまちまちまちま投石で氷山を削るがごとき微々たる攻撃を(しかもその氷山は火も吐くし衝撃波もまき散らすのだ!)延々続けて掟破りの「これはわしも本気を出さんといかんのう」の2回目戦闘もたった一人でしのぎ切り、「まったくうちの男どもったら図体ばっかりでかくっててんで役にたちゃしない!」とぷりぷり。
 たった一人で経験値24000点をゲットしても・・・・現地人である都合上、なんか別れが近い気がするのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「奴ら、陣地に戦車を隠していやがった!」

T34
 スターオーシャン3をぼつぼつ。
 このゲームではマップ上、モンスターたちは右代表が表示されるので、ザコ敵だと思って接近したらいざ戦闘開始になったらザコ敵の後ろに結構なデカブツが登場したりして、いわば地図上『歩兵1個小隊』だと思って戦端を開いたら『戦車1個中隊を増強した歩兵1個小隊』という非常識かつ絶対かなわないという・・・・わかりにくくてスミマセン。
 ていうか結構な確率でそーなるので「そりゃないぜ!」と叫びながら五体がバラバラに・・・・
 いやがんばったら勝てるんですが。ターン制でなくてリアルタイムなので老体にむち打ってコントローラーのボタンをバシバシ叩くという。なんか原始的で懐かしいなあ。
 まあぼつぼつやってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

定額減税

 今回のコレは公明党が譲らなかったために実現する勢いと聞いてますが、確か拙者が地上のステルヴィアにいた久留米時代(1999年)に出回っていた『地域振興券』も確か公明党の政策だったような・・・・アレの経済効果の検証は果たして行われたんでしょうかねえ。ていうか無理やり消費にもってこさせるとすればコレのワンスアゲインの方がむしろマシな気がしますけど。
 年金やら保険やらで先行き不安な状態はそのままで減税しても、みんなため込むだけですよ。たぶん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

100年戦争の様相

 なんとなくRPGがやりたくなって、時代の流れが猛烈に速くなっている昨今、ちょっと前の人気ゲームがあっという間に値下がりしてお買い得になっているかも~と思って近所のGEOに出向くが、スターオーシャンのPSP版をいじくり回しているうちに「そういやPS2版のスターオーシャンでやりかけのヤツがあったなあ・・・・」と思い出して結局手ぶらで帰宅。発掘して再開。
 ・・・・ていうかブランク長すぎてもう話のどの辺にいるのかサッパリわからん! 攻略サイトを見ても自分の立ち位置がイマイチ・・・・この辺かなあ、と中ボス戦に・・・・ああ! 思い出した! こいつ! このピーターパンの出来損ないが倒せなくて投げたんだった! おのれ! という間もなく全滅!
 PSPの『ワイルドアームズ・クロスファイヤ』で詰まっているような戦術上のどん詰まりでない以上、とりあえず難敵を突破するためには技術がなければ力ずく、すなわちひたすらレベルを上げる物量作戦であって、もう5レベルほど上げれば突破できる見通しであるためちょっと今週はコレをやってみることにする。
 ていうか「久しぶりに再開してわけがわかりません」という同様の記事二年前の自分のブログにて発見。そもそもとっかかりは千歳で始めた記憶があるから足かけ4年というかいくらなんでも引っ張りすぎ!  メーカーさんもここまで遊んでもらえれば本望であろう。自分でいうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽データ サルベージ

 ちなみに謎の失踪を遂げていた拙者の大量の音楽データですが、土曜日の晩にM機関の一部とボイスチャットを延々しながら片手間に何度目かのスウィープをしているうちに、探したはずのHDの奥深くから発見されました。
 あっれ~おかしいなあ、手動と自動検索を全部やったはずなんだけどなあ・・・・

 ともあれ、無事に見つかったのは何よりであり、万一なくした場合の膨大な手間について身にしみたので、早速買ったばかりの外付けHDにバックアップをとりました。しかし数年前、「DVD1枚じゃバックアップし切れないなあ」と言っていた音楽データが実に30GBに迫る勢いだったのには仰天。いつのまにこんなに・・・・動画データに比べて1曲当たりの容量が少ないために今まで認識されてなかったと思われる。そんなに聴いてるんかなあ、音楽。

 いや、見つかってヨカッタ・・・・もうちょっとで東札幌や下総中山に往復宅急便でHDを回遊させるとこじゃったわい。(<なんて他力本願な!)
 後はキャプチャーボードの問題だな・・・・一歩一歩前進しております!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

活字漬け

 連休とった先週末からおとなしく蟄居していた本日に至るまで、暇さえあればガンガン本を読み続けた結果+風邪の残滓によって脳みそがぼんやりしたヘンな状態になっている。ウトウト昼寝しても、夕方がんばって起きてガンダムOOを見てからまたウトウト夕寝してもどうもシャッキリしない。後はもうDVDを見るかゲームをするしかない(休めばいいだろ!<でもでも時間貧乏性だからなんかしてないともったいないよ!)
 時間貧乏性。なんかミヒャエル・エンデの小説に出てきそうな病気だな。

 というわけでまとめてレビュー。

 >乙女なげやり/三浦しをん/新潮文庫
 >夢のような幸福/ 同上
 >桃色トワイライト/三浦しをん/太田出版

 もうねえ、直木賞作家だというのに拙者はこの人のエッセイばっかり読んでます。小説も読んでやれよ。『ロマンス小説の七日間』まだ読んでません。しかしこの人の腐女子っぷりは凄いな、直木賞作家なのに!
 ・・・・よく考えたら直木賞作家がBL好きでもそんなにたいした問題ではないのかも知れない。もしかするとBL同人で鍛えた文章力で直木賞を勝ち取ったのかも! ジャパニーズサブカルチャー恐るべし。
 ということでここ六年間分のエッセイを文庫で読んで飽きたらずついに文庫化前の単行本にまで手を出す始末。腐女子仲間と激論9時間とか弟と弟の親友とのあまりの仲の良さに邪念がムラムラ立ち上ったり母親の骨折に振り回されたり・・・・やっぱり何気ない日常をおもしろおかしく描く文章って難しいよねえ。
 桜庭一樹のエッセイと比較すると編集さんが全然出てきません。同時読みして気づいた・・・・

 >書店はタイムマシーン/桜庭一樹/東京創元社

 『私の男』で直木賞を受賞した桜庭一樹の読書録を中心としたエッセイ。しかしモノスゴイ読書量だ! これだけ読んで本も書いてさらに受賞したがゆえのインタビューやらもガシガシこなして・・・・売れたら売れたで作家って大変。しかし流石小さいときから作家を自然に目指していた人は違う・・・・翻訳物の読書量も半端でない。
 ホントこの人の交友関係って編集さんばっかりだなあ。
 あ。そういや時たま強烈なインパクトとともに登場する数少ない一般知人『ザ・ゴールデンブラジャー』と『狛犬泥棒』さんは出てきてません。残念。

 >ガールズ・ブルー/あさのあつこ/文春文庫

 あさのあつこと言えばバッテリー、バッテリーと言えばあさのあつこだが(?)、そういや著名な作家なのに読んだことないな~、と思いつつ、どうせ読むなら汗臭そうなバッテリーよりは女の子が主人公の方がよいな、とオッサンっぷりを発揮して購入。
 登場人物が同じの連作3本入り。とくに一貫して事件がおこるわけでもなく問題を乗り越えるのでもなく、淡々と日常を描く。あまり出来のよろしくない高校に通う女3人組。ぼんやり系、クール系、ベランメエ系・・・・あ、あれ、なんか既視感が・・・・
 恋愛沙汰でひともんちゃくあったり、成績悪すぎて知人が退学してショックを受けたり、飼ってる犬が死にかけたり・・・・そういういろんなことにもみくちゃにされながら心を育てていく時代だよねえ、青春って・・・・と、遠い目をしてしまう、来年2回目の年男を迎える拙者なのでした。

 >導きの星(全4巻)/小川一水/ハルキ文庫

 もう日本SFはこの人で! と出会う人ごとに宣伝しまくっているわけですがもちろん拙者の知らないところで凄い作品を書いているひとはいるのかもしれません。未知なるフロンティアがあるのはそれはそれでよろしい。将来が楽しみです・・・・が! 今この瞬間はもうこの人が凄い。
 外宇宙に進出した人類ですがどうやら近場で外宇宙に進出できるほどの文明レベルに達した星は自分たちだけらしい・・・・ということで知的生命体を見つけたらその惑星上空に居座って陰に日向にその文明の発展に手を貸そう! という省庁の若きエージェントが主人公。担当する惑星ではちょうど木の上に暮らしていたウサギとリスの親戚みたいな生命体が、地面に降りたって2本の足で立ち、歩き始めたのだった・・・・
 というプロローグであって、むやみに干渉しない程度にチョロチョロ知識を授けて文明レベルを高みに導いていくのだが・・・・ああ! これ以上はネタバレになって書けません。でも最終巻の展開を第一巻では全然想像もしてなかったもんな~いや衝撃的シリーズである。「文明とは何だろうか?」と思わず考えてしまう壮大さであった。凄いよ小川一水。

 ところで関西に帰った時に知人に勧めたら「いまそのような(快楽天の表紙等で有名な村田蓮爾のいかにもソレっぽい)表紙ではちょっと買えないなあ・・・・」などと言われてショックですばい。中身だよ!

 
 う~ん、どうかしないと脳みそがスッキリしないまま週が明けてしまう・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

病気になると

 こんなにやる気を奪い取られるのか! と戦慄するほどなんもする気が起こりません。
 職場にいればいやおうなしに電話や上官の言葉に突き動かさるがしかし、帰宅するともうダメだ。現代の生ける屍にふさわしくただボーッとブラウン管、じゃなかった、プラズマディスプレイを眺めるのみ。
 これじゃあ人間、腐っちまうYO! 
 昔はなあ、病気しようが何しようがぶっ倒れるまでサクラ大戦をし倒したもんよ・・・・(<どのみち腐っとる!)
 
 あ~ヤダヤダ。年はとりたくねえものよ。
 ていうか仕事もあるのに眠くなる風邪薬を処方するのはどうか>軍医

 今週末は蟄居を命ず>拙者

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪にて風邪を拾う

Chiritori11
 さて4日ほど関西へ帰って参りまして旧交を温めたり小川一水の『導きの星』の残り3巻をぶっ通しで読破したりもしましたが、全国的な気温急降下に体がついていけず間違いなく風邪をひいております。
 ということで土曜日に玖と食べた鍋の画像。地元では「ちりとり鍋」と言います~

 あ~ダメだこりゃ。ゴホゴホ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この黒薔薇をかけて誓う・・・・

 薔薇の花嫁に死を!

 若干略しましたが。
 ラストスパートをかけて第二期「黒薔薇会編」最終話、通算第24話『七実様秘密日記』まで見終わり。我慢できずにそのまま第三期ED『バーチャルスター発生学』を見たいがために旧版DVDを持ち出して第三期第1話通算第25話『ふたりの永遠黙示録』まで見る・・・・
 んん~こうして見比べるとリマスター版とノーマル版の違いがわかるなあ、ていうかマッタク同じだったらリマスターとして2度目に売り出すのは詐欺だけどな。
 しかし話が進むにつれ>ドンドン淫猥になっていくなあ・・・・こんなの夕方やってたのが凄いぞ。とりあえず乳とか尻が出てれば攻撃する保護者団体はもっとよく番組を見てヨ! 乳も尻も出なくてもヤラシイんだよ!
 ていうか最近のアニメは露骨に放り出しっぱなしであって非常に慎みがない・・・・その分逆に明朗なわけですが、このウテナ独特のヤラシイ感じを、どう表現したらいいんだろうか。
 ああ、やらしい。

 明日から帰郷。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帝都から待避 (予定)

 気がつくと楽天ブックスやらアマゾンやら様々なルートを辿ってドカドカと小川一水の小説が到着中。どんだけー! と突っ込むのはよいが、さてどうしよう。具体的に言うと、いつ読もう。しかし『導きの星』シリーズはすごい。
 ということで一切の「電話がかかって呼び出されるのではないか」という恐怖から逃れるために帝都からの離隔を企てる。今月は松山に攻め入った上にパソコン大改造を成し遂げた拙者には宮崎や北海道は流石にキツイので、ほどよく離隔できて居心地のいい関西に帰ることにする(<フツーそうするよ!)
 ていうかへたすっと1年以上帰郷しなかった年もあるのに最近頻繁に帰ってる気がする・・・・弱くなったな、俺。ていうかもう離隔しないとマジで精神衛生上ちっとも休まらないのだ。エライ仕事についてしまった。
 ここ数日国防省と外務省と拙者の勤務先との間でもの凄い勢いでブン回された死の人事行政がようやく決着し、それに巻き込まれてヒーコラしていた拙者の仕事もミクロな意味で落着したので快く班長と部長から休暇の許可が出る。やれやれ。
 問題は両親とも祖父母のめんどうを見るために宮崎に帰郷しており(ややこしい)神戸に帰っても引き続き自炊なのである。まあ、苦にはならんがなんだかなあ。ていうか30も半ばになって実家に帰って母の飯を食うのか。食うよ!
 ということで、実家の鍵が発見できれば土曜から火曜まで帰省する予定。どこいったかなマジで>鍵

| | コメント (0) | トラックバック (0)

円高株安

 ああくそう、今こそ日本株は買い時・・・・と思ってももう投入可能資金は半分は職場の共済、半分は日経225インデックスに突っ込み、ばくち資金はFXで吹き飛んだので次なる資金投入は冬ボーまで待つしなかいのであった。冬まで持つかなこの株安・・・・(<逆の発想) 12月1日まで持ってくれ暴落! あるいはもっと下がれ!(笑)

 ていうかこの円高を見て「ああ、空売りしてたらなあ」と思うものの、大きく上下するときには儲かるときは儲かるけど大概集中力が続かなくなってある一瞬漫然と売買しただけでジェットコースターのごとき激しい振幅に振り落とされがちなので、ここは酸っぱい葡萄と思って気にしない気にしない・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三浦しをん

 という直木賞受賞女流作家の、エッセイがもう、おもしろくてたまらない。
 なんかこう、東海林さだおとも、椎名誠とも、桜庭一樹とも違う(<全然統一性がないな)独特の語調がなんともいえぬ(<既に感染してるし) 。
 しかしここまで堂々と腐女子、そう、彼女はBLファンなのだ! しかも801ちゃんクラスの! 直木賞作家なのに!(<不適切な発言) ・・・・を、名乗られるといっそ清々しい。
 『しをんのしをり』と『人生激場』を大爆笑の末読破し、これで一気に全巻そろえ・・・・ようかと思ったが一応直木賞作家なので小説も読んでやんべえ、と『ロマンス小説の7日間』を小川一水の大量の本のついでに楽天に発注・・・・あ、この本、千歳で見たことあるなあ。そっか、この人だったのか。
 さいきん急に発見したいろんな本は、かつて千歳のヨーカドーで平積みだったのを思い出すものばっかりだ。侮れないなああの本屋。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危機また危機!

 というのは今晩放映があった『ポセイドン・アドベンチャー(新装版)』だけではなく拙者のここ半月のPC改造ライフであって、ここが直ったと思ったらアッチが不調、という怒濤の展開であって本日は改造後初のスカイプ音声通信において、前面パネルのマイク端子の調子がよろしくないことが判明。なんか表と裏で合計8つもオーディオソケットがあるのでもう管理しきれません。そんなにいらないよ!
 そしてキャプチャボードはチャンネルを認識するとこまではいったもののやはり画面を表示しない。ああ~もう秋の新番ラッシュは始まっているというのに! 今期こそはマメに見てやろうと思ったのになあ。
 まだまだこんなことではヘコたれませんぞ! なにしろにきび面のガキンチョのころからPCとつきあっとるけんのう! トラブルにはいつか終わりが来るモノだ! と「援軍は近いぞ!」と信じてもいない言葉で兵士を激励する自分鬼軍曹なのだった。

 新番と言えば土曜日1730~日曜日1730までというなんとも嫌がらせ的なオペレーションルーム見張り番(一日中壁一面のモニタを見て過ごす)をおおせつかったためイマイチ休んだ気がしない。ていうかどうせ定時電話以外にやることもないからと持ち込んだ700ページを越えるノンフィクション『小説 防衛省』をホントに読破してしまったのでもう目も脳も疲れてしまったよ・・・・
 そして交代間際でシッカリ、ガンダム00の第2シーズンをチェックしたわし。たとえストーリーなどについてボコボコに突っ込まれようとも拙者はこのシリーズ好きですぞ! ていうか戦争物の第2シリーズって誰が再登場するのか気になるよねえ・・・・あれ、あれれれ・・・・・ちょっとソコの顔面傷のオッサン! なんか娘同然も年下の部下に手を、手を出してはいませんか! だ、誰か! 犯罪です! 犯罪者がいるよっ!
 というわけでもうその後の展開が全然目に入りません(あほ)。 ソーマたん・・・・
 あ~ルイスなんかダメになっとる・・・・・
 ロックオンがなんか生きてるきがしたけど流石にそんなご都合的なことやったら再起不能だろう。気のせいにしておく。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

地デジキャプチャボード

 元々使っていたカノープスのキャプチャボードがPCの新装オープンに伴い認識不能になったので、「よろしい、ならば買いたまえ」ということでI/OデータのGV-MVP/HXを購入。地デジ対応キャプチャボードも12000円で買えるのだ。「もうPCで録らなくったって・・・・HDレコーダーを買えばいいじゃない!」とよく言われるのだが、そうそう多機能を求めない拙者からすれば600GBソコソコの容量で5万だ6万だというのはどうも・・・・ていうかこれ以上家電物体を増やしたくない。1万ちょっとのPC増強で録画ができるんならそれでいじゃ~ん、HD買い足しもずいぶん安いし(<しかし地デジ録画は容量を食うので昔と似たようなペースでHDは埋まっていくのであろう・・・・まさにアキレスと亀) 地デジ対応のボードは制約が多く(録画PCでしか視聴できない等)けっこう窮屈感があるのだが、どのみちこのPCでしか見ないのだからあんまり関係ないな。
 通販で購入してスコっとボードに刺して認識して必要ドライバ&ソフトをインストール、さあ明日の泊まり込み当番中のプリキュアを・・・・といかない!
 当初チャンネルも正しくスキャンして立ち上がったのに音声だけ聞こえて画面がでない。最新版をメーカーのサイトからダウンしたりなんなりしているうちに今度はチャンネルスキャンまでおかしくなり(1つもスキャンで引っかからない)、またもや手詰まり。
 時間迫る。むむ~今週はしょうがないか。しかし長引くともはや一部始まっている秋の新番にまにあわぬ・・・・今回のPC改造はけっこう困るなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第16話 幸せのカウベル

 メイン筋ではないので旧DVD買っても全然見てなかったんだけど。
 あらためて見ると・・・・

 どんだけ怪作なんだよ!

 本筋がアレなのにこんなのを番外編で作ってしまうスタッフにはもう脱帽です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんにゃくゼリー疑獄事件

 ネット上の議論というものはTVや新聞報道とのギャップがいつもおもしろいのだが、本件については「餅はどうだ! 餅は毎年のどの詰まらせて死ぬ人がいるじゃないか! 餅のパッケージには『危険!』とかの表示がなくて死人が毎年出てても何にも言われないのに、なんでこんにゃくゼリーだけ!」というものだ。なるほどなあ。
 でもゼリーで死ぬ子供はいても、餅をのどに詰まらせて死ぬのはどっちかというと年寄りだし、逆に考えるとゼリーで死ぬ老人はあんまり聞かないなあ。
 子供が好む形態のおやつなのに喉に詰まらせやすいというのが問題なのかもしれない。親があえて与えないように気をつけていても、冷蔵庫に入っていれば子供が勝手にあけてうまそうだと食うのだろうか。そうすると>気づいた時には冷蔵庫の前に子供が転がって痙攣しているという・・・・なんかホラーだな。で、あるからこそ親にもちったあ注意義務があると思うがどうか。子供用でないのに冷蔵庫に入れているということは自分用・・・・絶対運動によらず食べ物だけでのダイエットを目論む母親に違いない! ・・・・しかしゼリーは冷蔵庫あけてパカっとあけて食べられるが、餅はわざわざ開けて出して並べて焼いて醤油とかつけないとそのまま素では食べられない。親の目を盗んでそこまでやるマニアックな幼児がいるとは考えにくい。餅マニア幼児。
 ・・・・なるほど、餅とこんにゃくゼリーは違うか・・・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Missing In Action

Mia
(=軍事用語:戦闘中に行方不明)

音楽データ 全ロスト疑惑

 もしかするとネットに繋がらないこと自体は現在の事態に比べればまだましなモノだったのではないかと。
 いや~どっこいったのかな~、音楽データ。
 かつて繋がっていたHDを全部つなげて、人力と検索力両方で探したものの、全然見つからない。かけらもない。改造準備でゴソゴソしているうちに誤って消してしまったとしたらそれはここ10年間の蓄積が灰燼に帰する重大事態であり元の質量を復帰させることはかなり困難・・・・・
 が、本当によく聞く曲はたいがいCDを持っているので、まあ・・・・

 しかし手持ちのMP3データがDVD1枚を上回り始めたのはいつだったのだろうかねえ(遠い目)。

 あれか。隣家が火事になり危うく延焼の危機に遭った知人(その筋)が体験した「いっそなくなってしまってもしょうがないか」諦観とはこれのことか。ていうか事実失いかけているわけですが。

 うわー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

刑事コロンボ 完全捜査記録/町田暁雄・えのころ工房

 母がコロンボシリーズ好きだったので小学校~中学にかけては金曜ロードショウでよく一緒にみており、「犯人が最初からわかっているところに探偵役がいかに突っ込んでいくか」という構成に特に違和感を抱くこともなく楽しんでいたが、これ読んだら拙者が見ていたあたりのエピソードはまだ恵まれた時代だったのだなあと痛感。ほぼ全作品を網羅すると、脚本等のスタッフ構成、作成期間等々の条件によって、スゴイ作品はスゴイし、ヘボイ作品はどうしようもなくヘボイかったようだ。
 1作品につき1/4ページ挿入される解説イラストが楽しい。その小さいイラストコーナーのさらに隅っこに「今回のかみさん」のミニコーナーもコロンボ警部の「うちのかみさん」ファンにはたまらない。
 拙者が好きなのは『ロンドンの傘』、母が好きなのは『忘れられたスター』。
 さあ、あなたが好きなのはどのコロンボ?

 ちなみに父は独特の言い回しで犯人にボロを出させるコロンボの手法が嫌いなので、本シリーズは見ません(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

陸奥爆沈/吉村昭/新潮文庫

 ネット不調期間、トラブルシュートに疲れると溜まった本を読みまくりというわけですが、たまにはそういう生活もよろしかろう。ていうか現代人はネットに時間を使いすぎです。
 ということで久々にコストパフォーマンスがよかった逸品。438円。新潮文庫。先日の『戦略ロケット軍』発言の同期から紹介された。マニアックだな(<おまえが言うな)。

 昭和18年6月、呉軍港付近に停泊中であった長門型2番艦、『陸奥』が突如爆発轟沈。死者1121名。アッツ島玉砕直後のことであるがまたまだ太平洋西部の制海空圏を握っていた日本の内海において、米潜水艦の攻撃を受けたのか。また弾薬庫に満載された新型砲弾の事故なのか・・・・
 当時、爆沈の事実そのものをひた隠しにする一方で、原因究明に全力をあげた軍部。戦時下の各調査によって浮かび上がってくるのは、戦艦に数千名の人間がひしめきあっているという事実。

 証拠はないものの筆者、吉村昭は煮詰まった乗組員による自爆が濃厚と結論づけている。調査の過程で浮かび上がる帝国海軍艦艇の放火事故の歴史。日本海海戦で活躍した三笠の爆沈事故を始め、意外に海軍史において乗組員の失火・放火の事件は少なくないらしい。ていうかつい最近も拙者たちはイージス艦「しらね」の失火(損害60億円)、護衛艦「さわゆき」の放火事件の報に接したばかりであって、いかに帝国海軍の軍艦だろうと数千人も乗っていればそりゃ変なのもいるだろうよ。
 大事故が発生した際の原因究明萌えである拙者としては、人員・装備双方大損害をこうむった事故の原因究明にあたる人々の記録は血湧き肉躍る冒険物語に等しく、特に原因究明の決定打となる、沈没した艦体を調査するために急遽派遣された当時の海軍でも屈指の潜水チームの活躍っぷりはまさに中島みゆきの某大ヒット曲をBGMとするにふさわしいものであり、潜水チームの得たデータにより、考え得る原因リストから1つ1つ削っていく過程は下手な推理小説よりエキサイティング。
 そして地味で浮つかない落ち着いた文章。おすすめだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

音楽データ行方不明

 不思議だ。
 結果的には前PCを解体する時に取り出したHDはすべて認識した・・・・はずなのだが、なぜかMP3データの入った巨大フォルダが見あたらない。出てくるのは今や認識しなくなったキャプチャボード(<こっちはこっちで深刻だよ!)でかつて録画しまくった動画データの山・・・・今まで拙者はどっから6年前のデジタルオーディオ(<これはこれで使いたおし過ぎ・・・・)に音楽データを入れていたのだろうか・・・・
 てうかねえ、かつてPCに装着していて今後内蔵しない予定のHDが3台、元々バラで転がっていたHDが7台(内2台は再起不能)、それぞれに満タンな動画データ・・・・いやもう見ねえだろう! 一番古いHDにいたっては30GBという骨董品だ。やれやれぃ。
 おかしいなあ、困ったなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ならば貴様の言う奇跡を

 見せてみろ!
 
 というわけで第7話『見果てぬ樹璃』ですが、いやいや、三石の怒声は凄みがありますな。ていうか最近の声優さんはどうなんでしょうなあ。こういう渋い女性声優はいらっしゃるんですかねえ(<物言いがヤラシイ年寄りみたいだな)
 さて、明日は感動巨編『カレーなるハイトリップ』だ!(爆笑)

 ところで回線が繋がったのでガンガンOSをSP3にアップしたりIEも7にアップしたりとやりたい放題なわけですが、旧環境のうち必要なデータの引っ越しをわっしょいわっしょいやっているうちに、消滅しても全然平気な録りだめっぱなしの動画ではなく山盛りの音楽データを記録したHDがどうもいかれたっぽい。
 痛え。痛えよ!

 といいつつ2年くらい前のバックアップはどっかにあったし、ここ2年は真面目に購入したCDからリッピングしたヤツがほとんどなのでまたリッピングすりゃいいのだが・・・・めんどくせえなあ。
 なんとか読み込めないものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »