« 温号作戦 2日目 side A | トップページ | ケースそのまま! »

温号作戦 2日目 side B

 総合的に検討すると伊豆と違ってレンタカーを調達した方が融通がきき、かつそんなにハイコストでもないと結論。松山駅前のニッポンレンタカーで車両2両を調達。Fitと・・・・なんかようわからんセダン。拙者はセダンを担当。
 セダンを運転するのは初めてだが排気量も1500ccと強力なせいか結構飛ばせる・・・・のも高速道路が途切れるところまでで、山間部に入ってからはまさに水曜どうでしょう的ほっそいヘアピンカーブの連続であって目を血走らせてハンドルを切りまくる。
Michinoeki
 中間地点の道の駅についた時には正直かなり消耗。つまみを買いがてら休憩。ていうかろくなスーパーもないここいらでは観光客やドライブ客だけでなく、近所の人々もフツーに野菜等を買いに来るのであって、むしろソッチがメインのようだ。一袋200円のみかん(緑色)もあったが皮が超固く刃物もないため断念。
 1730頃、2日目の宿、星羅四万十に到着。夕食前にざっと温泉に入って・・・・ああ、ここにも露天がないorz。今年は露天に恵まれなかったなあ。
Aosanori
 夕食。しかし温泉の晩ご飯で「イマイチだなあ」と思ったことがない。ちなみに昨年の「揚げ蕎麦」に引き続く今年のベストメニューは「四万十川あおさのりの天ぷら」。海苔(川だけど)をどうやってこんなにうまく揚げられるんだろうか・・・・と思ったのは拙者だけではないようで、ホテルの売店にちゃんとレシピが置いてあったw。
 夜半からソードワールドRPGのテーブルトークセッション。ソードワールドRPGってこんなゲームだったっけ? 的猛烈な消耗戦。最後はHPが持ちこたえたものが勝つ! という菅Pのキャラとキマイラの塹壕戦にも似た不毛な一騎打ちをただ見守るのみであって戦いの空しさばかりを感じるのだった。ラブ&ピース。
  深夜2時、討ち死に。

|

« 温号作戦 2日目 side A | トップページ | ケースそのまま! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/42519688

この記事へのトラックバック一覧です: 温号作戦 2日目 side B:

« 温号作戦 2日目 side A | トップページ | ケースそのまま! »