« リセットちゃん | トップページ | 自衛隊員が死んでいく/三宅勝久/花伝社 »

印度の仇を四川で討たれるの巻

 よく降るなあ。
 土曜日は夕方から月イチ恒例となりつつあるMMC関東軍『独身貴族なんだからソコソコ贅沢なモン食べてもバチはあたらんべ食い倒れツアー』の6月末の部。『中華街で贅沢!』
 ということで名目上のゲスト、多忙のためあんまり関東軍イベントに参加しないリュウイチ氏と、いつものメンツで石川町で合流。拙者、いつものように微遅刻。よくないですね。
 当初こそなんか目的があったものの結局四川料理の『景徳鎮』。MMC的に中華料理のうちどこを選ぶかと言われたら、北京、広東、上海、四川ときたら絶対に四川でありましょう。
 ていうかMMCのメンツで中華を食うなら絶対に麻婆豆腐は欠かせないのであって、どうせ麻婆豆腐を食うなら四川料理の店で食おうぜ~という話になるのであるから、MMCの中華に締める四川率は相当高いと推察される。印度の呪いと思われる。
Sansyo
 ということで調子に乗って辛いメニューを序盤からズンドコ注文したため、第1陣がテーブルに揃ったところで一面真っ赤という実に夏を迎えるにふさわしい惨状となり、特に写真の白身魚の山椒辛子なんとか水煮は、赤いを通り越してもはや山椒で一面真っ黒であって流石の関東軍も食べる前から明白な結果を夢想してウットリしつつ冷や汗が流れるのであった。
 「辛い!」(当たり前だ)
 ていうかこの店は流石に中華街に店を構えるだけあってどのメニューもソコソコうまいものの、どっちかっつと唐辛子と山椒を物量作戦で攻めてくる勢いであり、蛙の辛子煮に至っては山椒の実が丸ごとガンガン投入されているので食べると山椒の実を噛みつぶすことは避けられずもう舌がしびれてわけがわからなくなる。この店のメニューが中華料理として本当にうまいのか? 若干疑問の余地が残ったのであった。
 元町の居酒屋までちょっと散歩して、菅P氏の注文したカレーつけ麺”風”(<この”風”が罠だった)が案の定大失敗であったのを微笑ましく見つめながら(当然注文した人が責任をもって始末するのだ!)ウダウダしゃべって、散会。
 先日の神田のちょっと高い中華料理がふと思い出され。

|

« リセットちゃん | トップページ | 自衛隊員が死んでいく/三宅勝久/花伝社 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/41687895

この記事へのトラックバック一覧です: 印度の仇を四川で討たれるの巻:

» 麻婆豆腐(マーボードウフ) [中華料理 レシピ]
麻婆豆腐(マーボードウフ)のレシピについての情報です。 [続きを読む]

受信: 2008.07.21 00:06

« リセットちゃん | トップページ | 自衛隊員が死んでいく/三宅勝久/花伝社 »