« 親バカの品格/魔夜峰央/白泉社 | トップページ | 先輩と私/森奈津子/徳間書店 »

草の上 星の下/谷川史子/集英社

 「うなじを描かせれば少女漫画界No.1!」と石田敦子も絶賛(また微妙なところだな)の谷川史子の新刊短編集。
 かつて家族の中で常に中心にいて、美人で何でもできて、スイスに嫁に行ったの7つ上の姉が急に帰郷する。腫れ物に触るように姉を扱う両親の後ろで少女時代のコンプレックスを再燃させる主人公。腐れ縁的彼氏からの突然のプロポーズに姉の存在がのしかかる。表題作『草の上 星の下』
 年の差夫婦のダンナの書斎で見つけた昔の彼女の写真。もやもやしてるところに自身の昔の思い人から数年ぶりのお誘いの電話。「行ってくれば?」という笑顔のダンナにさらにもやもやを積もらせてついに・・・・よくある話といえばよくある話だがそれを谷川が描くと!『サルビア』
 入学当初から片思いだったお堅い先生に実は同棲相手が! なぜか先生宅に通うことになる主人公、しかし卒業が迫る。決着をつけなければならない・・・・『プリズム』
 母を早くに無くして作家の父と二人で生きてきた娘。父の編集者である恋人との結婚も考え始めるがしかし父は一人で大丈夫なのか。親子離れできないのは父なのか、それとも。『春が来たなら』・・・・ラストシーンは谷川作品にしては珍しいが全米号泣。

 谷川は谷川だった。今後も頼むよ~

|

« 親バカの品格/魔夜峰央/白泉社 | トップページ | 先輩と私/森奈津子/徳間書店 »

「アニメ等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/41611943

この記事へのトラックバック一覧です: 草の上 星の下/谷川史子/集英社:

« 親バカの品格/魔夜峰央/白泉社 | トップページ | 先輩と私/森奈津子/徳間書店 »