« 高速駆逐艦導入 | トップページ | らき☆すた vol.1 »

精霊の守り人vol.1

 NHKのプロモ番組見た瞬間「攻殻時代劇?」と突っ込んですっかりその気になっていました。だって主人公がちょっと渋めの女戦士、って、ねえ。
 でも見始めてすぐわかります。バルサは素子じゃありません。なんか全然優しいしね。しかしこうして見ると素子ってあまりに長いつきあいだから今までピンとこなかったけど、かなりドライでハードで容赦ないキャラだったのだな~と、新番組を見て初めて気づく皮肉。
 ということでどちらかというと東洋っぽい時代劇。故あってとある国の皇帝に命を狙われる第2皇子。その母に護衛を依頼される流しの短槍使い、バルサ。第2話までなんで皇帝の放った刺客と遭遇、刃を交えるか!? というところで「続く!!」 ああ来月が待ち遠しい。
 バルサのなじみということで仲間が数名ちらっと出てきたけどキャラの全貌はまだまだ不明。しかし神山スタッフが練り込んだだけあって「あ、そこんところはメインじゃないんでテキトーに作りました」みたいなところが微塵も見られないのは流石。全然安心して見られます。こういうDVDだったらね、もうドンドン買いますよ。
 音楽は川井憲次と手堅い・・・・けど菅野よう子にしてしまうと、こりゃまたどうしても攻殻色が濃すぎて(<また国籍不明の合唱が入ったり(笑))あえて避けたんでしょうな。残念だけど納得できる。
 惜しいのは32インチ以上のワイド大画面で見られないこと。おい~春の予定では6月中にはもう朝霞近辺に引っ越してるんじゃなかったのかよ~もう7月だよ~
 引越落ち着くまで大物家電は買い換えられません。ギブ32インチ!(<もしくは37インチ!)
 でも野郎が単独で動かせるのは32インチが限度らしいという噂。ううむ、どうしよう。

|

« 高速駆逐艦導入 | トップページ | らき☆すた vol.1 »

「アニメ等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/15545722

この記事へのトラックバック一覧です: 精霊の守り人vol.1:

« 高速駆逐艦導入 | トップページ | らき☆すた vol.1 »