« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

IslandCampaign in winter 2006 最終日

 実家から生中継。
 最終日31日は夕方に新幹線による帰省を予定していたため、東館のみに限定し、思い切って壁際大手と比較的ホットゾーンであるところのキミキスをばっさり切り捨て、Fate関係と文書系に絞った。結果、1150臨場、1330撤収の1時間半という3日間でもっとも短い戦闘となった。
 文書系では噂通り、唐沢俊一や岡田斗司夫がホントに売り子をしていたのを見て衝撃。と学会の新刊・外貨FXの解説本とダメ人間アンケート等を購入。

 ところで久しぶりに3連チャン参加してみて感嘆するのは準備会及び大手サークルメンバーによる、いわゆる『雑踏警備』のレベルの高さであって、よくもまあ日本でも有数の自分のことしか考えない集団をお行儀よくさせスムーズに並ばせ誘導し、おおむね不満なく処理するものだと、その能力は下手な地方警察のレベルを軽く超えている。すばらしい。今後ともよろしくお願いします。

 この日の夕方には10月に逝去したコミケット準備会の偉い人の黙祷があったらしい。
 
 最終日の支出は抑えめの14000円。
 3日間の総支出は帰宅後!

 ということで東京駅で新幹線に乗ったのが1850・・・・あの~そこの指定席拙者のなんですけど・・・って、おい3人がけに座ってるの全員ビッグサイト帰りじゃねえかよ! ていうか窓際2人が本来の席の4列くらい後ろに座ってたため(<フツー券見りゃそんな間違いしねえよ)、通路側の人が窓際に座れなかったという。通路側の人もちゃんと言わないと! シャイなんだからもう。
 GURPS妖魔夜行のリプレイを読みつつまどろみながら帰郷。大晦日の日が暮れる。

 2006年はラクチンな年ではあったが、どこか張りのない年だったように感じる。2007年はどんな年になるのだろうか・・・・もといどんな年にしたいのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もう限界だ

 ううう。もう西館は全部カットだ。東館は個別指定はおっつかんからゾーン指定だけやった後は現地でフィーリング! としつつもやはりマメに見直したり。明日の現地入りの時間は? 帰省はそのまま駅から? それとも一反帰宅してから? あああ決まらん決まらん~・。
 寝る!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IslandCampaign in winter 2006 2日目

 2日目。1日目&3日目に比してそ~んなに見るべきものはないのでちょっとマッタリ目に出発。するが、実は昨日間違って往路を京葉道で行ってしまっており、本日東関道を使用したところ、現地入り1150とあまり変わらず。
 結果としてはマリ見てと武装錬金が中心となった。後、旅行系が少し。
 特筆すべきは「ま~今日はここだけは並んどこうかな」と思った知る人ぞ知る大手『UGO』のハルヒとマリ見てをごった煮にした同人誌の列に並んだところ、2列の5~6番目まで進んだ拙者は「はい、後カウンターに並んでいる分だけです~」というシーンを目撃・・・オイオイ、あと10部近くしかねえぞ! スゲエ微妙・・・・と焦ったら拙者の目の前には1セットしか! 列は2列なので拙者ともう独りが所有権を主張し合って仁義なき戦いが発生するのか~ッと思って身構えたら非常用のを1セット出てきてソレで本日締め! ということに。スゲエ、ラスイチ当たっちゃったよ・・・・今年の運を使い切った感じ。
 また今日に限っては一般同人よりヒトがごった返す企業ブースにおいて、来月市販されるFateの外伝、しかもNitro+とコラボの逸品の直販コーナー。どんなもんじゃいなと好奇心で覗いてみたら、なんと未曾有の行列が会場の外まで当然のごとく続いており、軽く2コ連隊は並んでいた・・・・圧倒されてただ呆然とするのみ。設定集のためだけにアレはちょっとなあ・・・・
 ヒット&アウェイで1350頃後退開始。

 その後木場の後輩宅において鍋会&Wii会&たこ焼き会。アンコウ鍋はともかく菅P持参のWiiが地獄のような盛り上がりであってもう任天堂のゲーム機は化け物か! という勢いだ。なんかもう、遊びに関する熟慮が半世紀は進んでいるのではなかという楽しさでたって、みんなでわいわいやるツールとしてはもう世界最高レベルといってもいい。いいのだろうか先進国だけでこんな楽しみを独占して・・・・
 未明2時半に帰宅。最終決戦日の準備と帰省準備手つかずであってそしてMMC向け年賀状、まだ宛名しか書いてないでやんす・・・・寝れるのかーッ!

 ちなみにセーブしたつもりがアッサリ1万円。ギャフン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

IslandCampaign in winter 2006

Bigsight
 すなわちコミケでありますが。よく考えたら2004年夏以来、実に2年半ぶりというブランク。北海道在住間になんだかんだと毎年行っておきながらいざ関東に居住すると意外に行かないという・・・・。そして関東追放の気配が漂う段になってあわてて行くというのもまた。
 臨海線をうまく使ってみようということであーだこーだと調査の結果、夢の島駐車場まで車で前進して新木場から臨海線で2駅というルートを使用。コスト的には自宅最寄り駅から電車を使うのよりは若干安いかも。往路は高速使用。
 現地臨場1145。行列も無くなっていい感じ・・・・ていうか初日も2日目もそうがっつく必要はないし・・・・何よりもう行列がたまりません。行列ができるようなメジャーサークルはいずれ待っていればとら等に並ぶのであって別に慌てなくてもいいのであり時間がもったいない。とうことで強は「並ばない!」ことを基本コンセプトに回る。
 東館1,2,3。念のためbolzeも見るがこのサークルが拙者の侵入時に在庫があるのを今まで一度も見たことがない(笑)。慌てずともとらに並ぶ。ココでは舞乙HiME~逆転裁判~ラブレボ~と流す。
 東館4,5,6。ガンダムシードをカガリ本を中心に。ブラックラグーン少し。ハガレン大量。
 ・・・・と、これまで『1日1万円』を目安としてきたのに東館を出る段階で既に20000円を超えていることが発覚。買いすぎ! ていうかそんなに自覚ないのに・・・・軽いジャブと位置づけている初日でこのペースはマズイ。
 西館では軽くFF7とRPGリプレイ・・・・と思ったら3年ほど前に妖魔夜行リプレイを通販まとめ買いしたサークルがどっかり出しているのを発見。
 「え~、ここ2年ほどで出たのはどの辺でしょうか~」
 「え~と、この辺でしょうか・・・・」

 とイロイロ話すも、コッチの記憶があいまいなのでどうもハッキリしない。しょうがないから新しい方から3000円分ゲット。ダブりは気にしないが足りなきゃ通販か。
 飛び込みの仕事が入って本命である本日来場できない菅Pに「なんか欲しいモンないか」と電文で聞いたら「FF11関係2万円分」とう無体な要求が来たのでビビって3000円分でガマンしてもらう。最も個人の千差万別な好みが反映される同人市場でそんな代理購入はリスクが大きすぎだと思う。
 コスプレブースの脇、すなわち着替え終わった準備完了なコスプレイヤーの皆さんが出てくる当たりで特に約束はしてないが知人を探しつつレイヤーさん達を見る。・・・・というよりは出てくるレイヤーさん達の批評をするヲタ2人の会話を横で聞いていたわけだがコレがなかなか面白い。ていうか最近のネタだと拙者もう理解できないので、解説があると助かるのですな。
 かなり良くできたジオン軍人が出てきた際には二人とも片手挙げて「ジークジオン」とつぶやいておりました。
 1540頃後退を始めるがモロに引き上げラッシュに引っかかる・・・・が、臨海線でもスイカ(=拙者はイコカ)が使えるためスムーズに乗れる。カード様々。
 新木場駅でカレーを食って車を出して帰宅・・・・しようとするが泊まり込み当番明けてそのまま出てきたのがキツかったのかエライ睡魔に襲われて追突・蛇行の危機が逼迫してきたので、船橋の工場街のチンピラに襲われて死亡しても気づかれない隅っこで小休止。マジヤバだった。
 帰宅してちょっとまどろんだ後、宅配業者までブラックラグーンのサントラを取りに行く。今聞いてるけどデキはイマイチ。ちなみにブラックラグーンの同人誌もいくつか立ち読みしたけど、ロックにメロメロなレヴィはいくらなんでもヤリスギだと思う(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まさに師走

 ふっ・・・・明日から1晩だけ泊まり込み当番であるが、年賀状は一般人対象のブツのみ発送完了したもののその筋対象は手つかず。おまけにコミケカタログはまったく未チェック。これは、職場が休日シフトであるのをいいことに・・・・職場でやるか! 転属濃厚だからって結構捨て身! イカス!>拙者

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年賀状進捗状況

Newteppan
 ああ、今宵はなかなか雷鳴轟いて本格的ですぞ。
 年賀状は、とりあえず今年度出す分の宛名書きは住所録をちょっといじって瞬時に終了。これはPCの強み。一般人に対する図案も終了。残すは各裏に書き込む恒例一言メッセージと・・・・その筋関係者向けの図案(笑)。
 インパクトがあり不快ではなく、しかも受け取って微妙な図案というものは毎年ヒッジョーに頭を悩ませるんだよねえ・・・・果たして「2006年のヲ生活を象徴する図案」とはなんであろうか。
 しかし「笑い男」以上の図案って近年なかなかないよねえ。

 ちなみに写真は先々週拙宅に届いた、南部鉄製の特製お好み焼きプレート。送料込み約5000円なり。作れば当然美味。ま~タダの鉄板で焼いても拙者が焼けば美味ですが(<こらー)

PS:「サンタの振りしてプレゼント到着を確認する作戦」はあまりの凝りようと、子供らが幼稚園等で自慢げに言って回った際の影響を考えてマザーストップ、すなわち先方のママさんから中止命令が出され、上官も拙者もちょっとガッカリ。幼稚園もイロイロ難しいねえ。

PS:あ、コミケカタログのチェック始めないと・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年賀状準備開始

 おおう・・・・
 3連休もあったのに読書だゲームだDVDだ買い出しだとかまけてしまい、年賀状というジャパン特有の風習の存在を思い出したのは月曜晩・・・・さあ今から準備だ! 次の書き込みまでにどこまでイけるか! 勝負!(<誰と?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

聖夜に聖地巡礼

 3連休となったが最終日秋葉原に出かけてしまう。
 いや、「出かけてしまう」って、まあ主体的に出かけるわけですが、なんでしょうな。
 もうすぐ湾岸地区で年に2回のその筋モンの馬鹿騒ぎが繰り広げられるというのになぜ今とらのあなに行くのか? ま~その馬鹿騒ぎ入荷に押し流されるモノの中にいいモノがあるかも知れないじゃないですか。
 ということでとらで少し買い物をして、ヨドバシで鼻毛カッターを買い(電動でも意外に安い)、ツクモで頼まれモノのUSB接続ワンセグチューナーを買い、ついでにBLACKLAGOONのサントラを探したが5軒回っても発見に至らず断念。
 しかしアレですな・・・・昨日幸せ一杯の人々を見て逆にブルーになっていた器の小さい拙者ですが、こう、体臭のキツイデブ全然似合わない軍用コートを羽織ったメガネ脂ぎった長髪が嫌いであっても、やはり秋葉原に降り立ち、甲高くハイテンポでしゃべくりまくりリュックをパンパンにしつつ談笑する野郎どものただ中にいると、こう・・・・・「帰ってきた」感じがする自分・・・・やはり俺のいるべき所はここなのだろうかと。畳の上では死ねないのかと。そうなのか? 昔と変わらず秋葉原を見下ろし続ける、肉の万世の牛よ。
 その他「ニンテンドーDSの白ロムの状況を見てきてくれ」と頼まれてもいたが、力尽きたので切り上げ、神田郵便局の裏手にある「やぶそば」で軽い飯。寒かったのでいつものせいろそばを避けてとろろそばを注文したが、とろろそばも冷やだったのは想定外・・・・寒ー。

 しかしこの3連休でリプレイ本買いすぎ・・・・コストパフォーマンスが悪いんだよねえ。グループSNEのはともかくとしてFEARのリプレイは楽しいけど絶対2度は読まんしな。でも買っちゃうんだよねえ。
 グループSNEの新シリーズ『ワルツ』はかなり萌え要素導入。時代の波か。
 そういや最近SWリプレイは、初代の山本弘マスターによるものが復刊されてたな。懐かしい・・・。

 小川一水の『強救戦艦メデューシン』(朝日ソノラマ)を上下巻衝動買い。表紙に看護婦さんが仁王立ちしているので萌え狙いかと誤解したがパラパラ立ち読みしたら軍属医療チームの結構ヘヴィな話だったんで思わず買ってしまった。ソノラマ買うの久しぶりだなあ・・・・萌え系文庫乱発の昨今、ソノラマの頑固な姿勢はちょっと好ましいね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

へんないきもの/早川いくを


 「どうせデカイ買い物しないんだから細かいものに関しては財布の紐を緩めちゃおうぜキャンペーン」で衝動買いしたエセ博物バラエティ。見開きワンセットで右に当該生物のイラスト、左にそのイキモノに関するおもしろオカシイ解説がついている。1イキモノ1笑い必須。
 オオグチボヤやヨツコブツノゼミみたいな「見た目がオカシイ!」イキモノについてはもうその見た目だけで楽しめるが、プレーリードッグの仁義なき生存競争やシュモク鮫の頭部の秘密など、有名なイキモノについての意外な情報も紹介されていて純粋に好奇心を刺激される。収録生物約60種。
 特筆すべきはその軽妙な文章がたっぷり味わえる2本のロングエッセイ。「あの生き物は今」というお題で、タマちゃんとツチノコについて触れられている。タマちゃんについてはあの騒動はなんだったのかとちょっと社会派的な切り口だが、ツチノコについてはちょっと文化論的で面白い。衝動買いした本屋で、この本の横に「へんないきもの2」があった・・・・きっと買うぞ。
 ちなみに著者は生物学者にあらずデザインライター。ちょっと納得。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

めりー・・・・

 ということで独身30代、家庭も彼女もありゃしねえ田舎侍には最もキツイシーズンもあとわずか、ではありますが、やはりシーズンが終了するまで家に蟄居しているつもりではあっても「ケーキくらいは食べたいなあ」と思ってちょっろっと出かけたのが運の尽き。例え出かけた先が御台場でもなく六本木でなくても街は今からどっかにしけこんで「やろうぜ!」というオーラ満々のカポー達やらプレゼントをせしめて満足げな子供達の手を引く親子連れで溢れているわけであって、背者ならずとも、天使か悪魔かが「このボタンをポチっと押せばこの国はイザナギとイザナミからやり直しです(なんで日本神話なんだよ!)」とボタンを差し出されたら、1/3くらいの確率で「ポチッ」とやってしまう勢いの今日この頃、皆様幸せにお過ごしでしょうか。
 だって皆さん、いざとなったら国民を守るために真っ先に危ない目にあえ、「100年兵を養うは~」の年収500万の公務員で、飲む打つ買うをせず、家事ができて、浮気をする甲斐性もない拙者が一人で鍋をつついているというのに、自分の子供を殺したり家計が逼迫しているわけでもないのに給食費を払わなかったり年金など払ったこともないような国家の敵=人間のクズがいっちょ前に結婚して子供作っているというのはどういうことなのだろうか。なんか間違ってるとは思いませんか。この国は間違ってるとは思いませんか。過ちは正されなければならないと思いませんか・・・・
 と、珍しくちょっとおかしくなっているのはきっとさっき飲んだ独りシャンペンのせいさ~

 ●土曜日
  金曜遅くまで連続図上演習に参加していたので帰宅後根性で後輩と焼き肉喰いに行きそのままバタンキュー・・・・9時に寝て起きたの6時という。土曜なのに! ていうかまっとうな皆さんはそんな時間に起きますな。
 昼からオンラインTRPGに参加するので買いそびれていたSWの基本ルールブックを慌てて買いに行く。しかし最初にSW初代を買ってから随分たったのう・・・・何が新ルールになって変わってるのかサッパリわからんが。
 ということでとあるオンラインTRPG用に作られたソフトを使用してオンラインセッション。音声チャットと通常チャットと共有ホワイトボードが使えるスグレモノであり、表情が見えない他はまるでリアルに集まっているかのように遊べる上に、音声でタテマエを述べつつ通常チャットで本音をわざとダダ漏れさせる遊び方等、なかなか愉快な応用がきいて、コレはコレで楽しい。約1名器材の不調で参加できなかったものの、概ね非常に楽しい時間を過ごさせてもらった。参加者も、特にマスター様におかれましてはご苦労様でした・・・・接続時間は昼の12時過ぎから夜の9時まで、概ね・・・・9時間! みんな9時間PCの前に座りっぱなしなわけだ。結構重労働だな・・・・どうりで終わった後、なんもする気が起きなかったハズ。

 ●日曜日
  土曜の買い出しの際にドップリ買い込んだ富士見のリプレイ群を読んで過ごす。アリアンロッドとSW・・・・SWはともかく、拙者はかなりのリプレイ好きなので、システムを持っていようがいまいが、ルールを知っていようがいまいが、結構買ってしまうのな・・・・といいつつ結局買うのはSNEかスタジオ世界館改めFEERの一連のアレなわけですが。ガープス妖魔夜行リプレイ最近見ないけど、また読みたいデース。
 ついでに先週衝動的に借りた洋ドラ・・・・も見ようと思ったが、30分1話完結に慣れた身にはつらい・・・・とりあえず24の最初と、『エイリアス』の最初を借りて来たのだが、さて。今日までに見たのは『エイリアス』の1だけ。ええ~こんなけ内容濃くてまだ1話なの~ん・・・・ホントはCSIの1話を見たかったんだけども貸し出し中だったのだ。
 昼からたこ焼き焼きつつ『幻想水滸伝5』をプレイ(2周目)。時々思い出したようにまた~りやっておりますが、やっぱりこのシリーズはいいな・・・・3をやった後、4を飛ばしているわけですが、安くなってるし、またヒマなときにやってみるかな~(<勉強しなさいヨ!)
 夕方買い出しに行ってケーキを買う。夕食は木多郎でチキンカレー。クリスマスなので。鶏。
 帰宅後またリプレイ読み・・・・そういや溜まりまくった動画見てねえなあ・・・・
 と、思ったので明日も休みを取っているのでした! マホ。3連休~

 ・・・・そうそう、忘れちゃいけません。
 明日の朝イチに上官宅に電話をし、子供達に「プレゼントはちゃんと届いたかな?」と言わなければならないのです。
 もちろん先週の図上演習中に人目を忍んで上官宅に電話し、上官のお子様達にサンタのふりをして「プレゼントは何が欲しい?」と伺った仕込みの後始末でございます。「子供らスゲエ興奮してたよ~」と成功報告をされては張り切らざるを得ませんな。お子様達はまだ小さく、サンタがいると思っているのです。
 かわいい盛りですな。
 さて、もうひと踏ん張り。誰にも等しくメリークリスマス。
 あれ。
 なんでだろう。なんか涙出てきた・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メディアの皆さんの給料

 そうそう、偉そうに土建業者の談合や公務員官舎の優遇をバッシングしまくりのメディアの皆さんですが、彼ら自身の待遇については絶対に報道されません。大きなスポンサーであるところの保険会社・サラ金に関する不祥事の報道についてはギリギリまで行わないメディアは、当然自分たちの不利になるような情報は流さないのです~。
 手元の資料『会社四季報業界地図2006年度』によると、東証上場企業平均年収ベストテンは以下の通り。

1 フジテレビ  1567万円
2 朝日放送   1525万円
3 日本テレビ  1462万円
4 TBS    1443万円
5 電通     1379万円
6 シンプレクスIA   1367万円
7 テレビ朝日  1358万円
8 キーエンス  1333万円
9 ニッポン放送 1279万円
10 三菱商事   1277万円

 メディアベストテンではなく上場企業ベストテンであることに要注意。6は投資会社、8はセンサーメーカーだが、トップ10のうち6つをメディアが独占、商事会社はやっと10位に登場する。拙者が大卒国家公務員の中堅入り口で、500万を少し越えたくらいであることを考えると、主要メディアの人々はどうひいき目見ても富裕層だ。これでよく国家公務員を「貰いすぎ」とか「官舎優遇」とか言えるな。こんなに収入があったら社宅とか手当とかマッタクなくても余裕じゃねえかよ。
 誰かなんとか言わんかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

談合容認発言

 別にそのまんま氏を支持しようというわけではない。青島、橋本、田中と有名なだけで知事になったの連中にロクなのはいないし、どうせ自分は看板だと割り切って優秀なブレーンを集めてくる度量もありそうにない。威厳もない。なんなんだあの軽さは。
 それはそれとして。
 長年のマスコミの糾弾によって「談合は悪いこと」となっているが最近どうもそれ一辺倒はマズイのではないかと考えるようになった。
 談合がなぜ糾弾されるかというと、それは談合を無くすことによって入札価格が下がって結果として公共事業への支出が減って税金の節約になる、ということだ。が、どうだろうか。談合の厳しい排斥の発端は外圧だった気がする。「我々にもかませるようチャンスを平等にしろ!」というわけだ。
 談合というものはそもそも限られたパイをみんなで分け合って、そこそこ食べていきましょう、みたいな考え方が元々のコンセプトだったような気がする。機会均等にして自由競争になったら全国規模で利益を上げる大企業に、地元の中小がかなうわけがない・・・・ので、大企業は役員会で問題にならない程度の利益をそこそこもらい、地元中小はなんとか構成員を養っていける利益を確保する。競争を平等にしたら、中小はついていけるわけがない。
 事業は安く施工できる大手に流れて中小は食いっぱぐれる。地方には公共事業以外の建設需要なんて知れている。食いっぱぐれるとやがて倒産する・・・・構成員は路頭に迷ってやがては生活保護等の社会保障のお世話に・・・・。
 みんながみんなそうなるわけではないが、公共事業の全てを「そこのその建設工事が必要だから、必要な価格で行う」という、一見当たり前に見える原則で行うと、TVで時々報道される「無駄な橋!」「無駄なオペラホール!」「無駄な記念館!」といった類のものは作られなくなる。

 誰か言い切らないものか。考え方は違うのだと。
 公共事業の少なくない部分は、この国の労働力の相当量を占める土建業者を養うためにあるのだと。おそらく土建業で飯くってる人間の数は、高度成長期~バブル経済期に適応したシフトになってる臭いから、この国の労働構造そのものを根本的にいじくらないうちに、談合のみを廃止するのはちょっと酷な気がする。

 当面どうすればいいのかというと、上記の事情をオープンにした上で、マクロでは農業・漁業・林業への転換を図りながら、当面は納税者が納得する程度にまで透明化を図った談合システムを構築する・・・・というのはどうでしょう。農林水産業の増員についてはまた別の機会に。

 上記のゴタクは何の統計・指標にも基づいていないテキトーな駄文なので、真剣に突っ込まれても対処できません。あしからず~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北欧神話に出てきます

 明日から1週間、泊まり込み図上演習の手伝い。帰宅は水の晩のみ。

 『気合いを入れた上っ張り』計画は結局モンベルのゴアテックス製ドリューパーカーにしました。アウトレットで買った旧型なので30000円のところ19800円。お得~。
 ほどよく薄く、軽くてポケット数もソコソコ。胸ポケが外にもあるのでサイフを取り出す時に体温が逃げない(<どんな状況だよ)。真冬の神社でたこ焼き買う時に!
 でも今日自転車で千葉まで往復する時に着たら、天気が良かったせいか暑い(笑)。
 折りたたんで収納するための袋もついております。どういう時使うんだろうか。雨合羽代わり?

 いい買い物でした。アドバイスしてくれた皆さんに感謝>all

 唐突に『ヨルムンガンド』というマンガが読みたくなる。複数筋から同時に入ってきた情報では「ブラックラグーンが面白かったらコレもいけるらしい」「ガンアクションらしい」「百合シーンもあるヨ!」・・・・これはチェックしてみないと! と思ったが本日6件回ったがいずれも不発・・・・ていうか日本人にはなじみのない名前なので店員さんが1度でヒアリングしてくれないのがキツイ。
「『ヨルムンガンド』というマンガを探してます。小学館」
「は?『よるまんガン』?」
「『ヨルムンガンド』・・・・」
 どうしよう。送料かかるのヤだからなんかのついでに密林で行くか。

 最近マクロで「人生に対するやる気」が急減中。なんか注入しないとまずいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

年末ちょこっとおされ計画

 某奈須も出たということで、「普段街で着るちょっとイイ上っ張り」を購入しようと思いました。ので、ノースフェイスLLBeanモンベルで検討。なんでアウトドア系ばっかりなのか? 好きだからですよ~。ていうかフォーマル系買っても着ないしな。
 ダウンジャケット+ファーみたいなのが流行りのようですが、過度なモコモコは嵩張るのでちょっと。何ていうんですか、ノースフェイスでいうとコンナノ。LLBeanだとコンナノ。要は薄型でしかし暖かい、でもってあまり登山丸出しでない程度のアウトドアっぽいもの・・・・
 ということで月曜から水曜にかけて船橋らららぽーと~幕張アウトレット等を彷徨いながら現場からその筋に詳しいと思われるハタケ氏、らいす氏にメールで打電しまくりつつ女性の視点からということで妹にもメールを打ちまくり(迷惑な)。拙者の予想と違って、生での順位は「モンベル」~「ノースフェイス」の順番。後、らいす氏からはライトオンという、ああそういうCMやってたな的メーカーも紹介される(しかし後にこれは蘇我アリオで検討した結果ボツに)。
 最終的には幕張アウトレットモールのモンベルで見たコンナノの旧型タイプがお買い得な感じなので改めて購入に向かう予定。アウトレットという意味がようやく最近理解できたよ!(<世捨て人)
 しかし25000円も出せばけっこうあっちこっちでもゴアテックス素材のスキーにも使えるウェアが買えるんですな。
 ランドクルーザージャケットなる、ダウンでもないのにやたらにゴツイものを発見して若干惹かれたのだが、試着してみると秋葉臭がぷんぷんしたので警戒した(笑)。

 あ~こうやってちょこちょこ使っているといつの間にか無くなるよう・・・・棒奈須。
 

| | コメント (4) | トラックバック (1)

BlackLagoon #21 ロスト

 週末泊まり込み当番から帰宅して頭の先からつま先まで期待で満タンの、これを見るために怒濤の勢いで帰宅しましたぜええええと思ったらPC2号艦ツェッペリンちゃんがしれっと録画スケジュールをスルーしていて録画データなし! ガッデム! て、ひどいいいいいい(泣)
 帰宅するとなんか普通にスタンバイになっているはずなのに電源だけ入ってる変な状態だったので「?」と思っていたが・・・・・くそおおおおおお! BLのみならず、金曜未明の『あさっての方向』以降のスケジュールがすべてパーであり、BLの次に地味に楽しみにしているパンプキンも、微妙なエロさが注目どころの日曜のメルヘヴンもスルーだ。ぶっ殺す。009-1とか働きマンとかは実はどうでもいいんだよ!(涙)
 なんかねえ、たまにこういう原因不明の誤作動を起こしやがるのですよ、ツェッペリンのみならずうちの録画PCちゃんたちは・・・・
 これはアレですか、もう素直にDVD付きHD録画デッキを買えということですか・・・・

 ちなみに亡茄子出た。32インチテレビ欲しかったんだけども、来年車検と学費のことを考えたら使えないよう・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

KID自己破産

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0612/04/news066.html

む・・・・まずい?
 もしかして現在発売されているKIDのPSゲーはなくなるのか?
 いつでも買えると思っていて欲しいけどほっといたのが結構あるんだけどなあ。
 メモオフは久留米時代の心のオアシス。
 ボーナス出たらシリーズを探してGEOを回るか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ETC計画

 ETCカードの装備を目論んでいる。
 が、結構昔に聞いた助成金というものはどうも終わっているようで、代わってマイレージが充当されるとかされないとか、ややこしい割引制度がなんかイロイロあって、結局5000円程度は割引権となって戻ってくるらしいがなんだかよくわからない。
 車検証データ等を入力するだけなのにどの店でも税金のごとく取られる「セットアップ料」、一時はその金の行き先がイロイロと論議されたがいつの間にか立ち消えになった3100円ちょっとは仕方がないとして(ホントは仕方が無くないしこの国の道路行政は妖しいところばかりで納得いかないところがてんこ盛りなんだけれども)。
 ガマンならないのは工賃であって、イエローハットでは3500円と書いてあるのに、念のため「機械をヨソで購入して持ち込んでもこの値段?」と聞いたら「いや、工賃は倍になります」って、なにサラっととんでもないこと言いよんのじゃボケ! なんで倍やねん・・・。そういう大事なことはちゃんと売り場に表示しましょう。
 しかも「国産の普通車で・・・・」みたいなこといいよったから、あえて突っ込まんかったけど、安いけど外車であるところの拙者カーを持ち込んだらさらなる高騰が予想される。
 たまたまイエローハットの近くにあるディーラーに寄ったら眉一つかえず「15000円です」 ・・・・もうあきれてものも言えん。

 ま~その辺の商売の人は半分工賃で飯喰ってるようなもんですから、ソコソコ取るのはわかるけれども。原価9000円のETCシステムを導入しようとしているのに工賃が同じくらいかそれを遙かに上回るのがガマンできない。
 ネットでイロイロ調べた結果、ディーラーに対しては営業を通して値引き交渉をする等の薄汚え手段もあるらしい。が、やはり最も安上がりなのはすなわち自力だ。DIYだ。
 それっぽいサイトも見るには見たが、近似車種のだけなんだよな。内装の引っぺがし方くらい教えてくれんかね~(>ディーラー)
 どうすっぺ。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

どうしたスネーク、トラブルか?

Snake
 12月に入って隊舎に暖房が入るようになった。午前中例によって12km走ったので、急ぎの仕事もなくボヘ~と窓際でぶっこいてたバチでもあたったのだろうか。(<いや、当たるとすればもっとイロイロあるはずだ!)総務科(と民間企業用語に翻訳する)の前を通りかかったら人事を司るところの総務科長(と翻訳する)に呼び止めれた。
 人事科長「昨日の話なあ、断れなかったわ」(゚∀゚*)
 ってコラー!!(゚Д゚)

 来年はちょっとスペシャルな場所へ。 

 ・・・・まもなく庁から省に昇格する拙者の所属機関は結構異動に関しては寛容である。やれ「親が病気がちで」とか「自宅を買ったので」とか理由があれば、列島の端から端とか、そういう無茶な異動はしないよう、「配慮できるときはしてくれる」
 ・・・・まあ、特段なんの理由もないからなあ。「忙しいのヤダ」とは公には言えんしのう(笑)。
 拙者同様、ヤバさを感じて断る人間が多く、人員確保に手間取り、業を煮やして人狩りに出た・・・・という読みで、よろしいか?

 しかしよう、確かに所属は2年だけれども・・・・いかにB大・一般大卒は転属が多いとはいえ、ちょっとローリングストーン過ぎませんか~。コケも生えやしねえ。
 千葉生活がイキナリ後4ヶ月となり呆然。荷物の整理を急ぎ、千葉南部への漫遊を週末の予定に随時入れていくか。やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジンジジンジともののけ騒ぐ

Sog
 そんなにスペシャルというわけではないが、そこそこスペシャルなトコロからお誘いがきてるがどうするか~、とふらりと立ち寄った人事のヒトが告げた。今調整が入るということは、この話をOKすると動くのは春ということになる。
 意外や意外・・・・拙者は自分の置かれた状況を様々な方面から分析することにより、次の転属は最も早い場合でも来年夏以降と思っていたわけですが・・・・
 「来年春抜けられると痛いんだよね~」「でしょう?」
 そーゆー部署というものは・・・・男子たるもの、もとい、軍事マニアたる男子たるもの一度はなってみたい、やってみたい憧れの存在といや憧れの存在だが、実際に目の前にぶら下げられてみると・・・・ま~、何より、今から作り上げる新設バリバリの部署というところは、勤務に余裕はなく見合いもナンパもデートもままならんだろう、というのが速攻断った2番目の理由。その辺の優先順位はかなり上がっていると言わざるを得ないからねえ。
 1番目の理由は・・・・昨年の研修で不倶戴天の敵となったある人物が、来年春そこにやってくる情報を先に得ていたからなのでした(笑)。
 危険人物の人事異動をキャッチしておくことは、この組織で快適に過ごすための方法のひとつだと悟っている拙者でした。
 しかし来年の夏なあ・・・・希望通り行くかねえ。動いてはいるんだけども。
 「じゃあこの話、断っとくな」「ガッツリ断ってくださいよ~」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »