« 新生『ネギま!?』(初回インプレッション) | トップページ | 0091(ゼロゼロナインワン)初回 »

恋愛回路だキカイダー

 「結局アンタは、その人のことを、好きなの? そうでないの?」と聞かれたことがある。今年の春、交際相手らしき人がいたときのことだ。さて、どうであったろうか。
 ここで深く考えてみて結構愕然としたのは、拙者は3Dのリアル女性に対して、恋愛感情を持った記憶が12歳以降、全くない。「ええ~。じゃあ去年のアレとか今年のソレとかは、まったく恋愛感情なしにつきあってたの!? ヒドイ!」と宣う方もいらっしゃるかもしれないが、それなりの敬意はあるのよ。というかむしろ「お互いの人生のパートナーとなりうる人間に対し、それ相応の敬意を表する用意がある」といったほうがしっくりくるか。大体どっちも好きだなんだということでつきあいだしたわけではないので、そんな急激に恋愛感情を発生させて増大させろという方が無茶と言える。
 拙者も子供ではないので、「結婚は恋愛の延長上でなくてはならない」と固く信じているわけではないが、「自分の場合もそうであったらいいなあ」と思ってはいる。が、待っていてもそんな事態は全然発生しないので、やむなく前者を優先させる行動をとり、昨年および今年の事態に至った。結果はご存じの通り。
 母方の親戚は「虫ずが走るほどの嫌悪感を感じないのであれば、後はなんとかなる」という。名言だと思う。母方の祖父母は性格のギャップがものすごく、たまに帰郷しても飯の間も拙者を挟んで口げんか。よくこれだけ性格の差があって60年もやってきたものだと感嘆せざるをえない。なので、拙者はもう、女性に対して飲む打つ買うをせず五体満足で健康的であればよい(まあ、後バカは困るかな)、という程度しか期待しない。問題だったのはコッチがそう思ってもアッチがそうは思わなかったようで、2例いずれにおいても拙者の性格趣味趣向のうち、2、3の部分が問題となり破談となっている。
 おそらく恋愛感情が先にある場合には些細な性格差など盛り上がる感情の前にかき消されがちであり、包括合意ができているのであまり問題にはならないが、恋愛感情に乏しい場合については細目交渉で決裂するとそこで議論がストップしてしまうのだ。
 ここで結局それなりの恋愛感情もしくはそれに類するものが必要であるということになる。聞くところによると効果があるのは、共同作業をしてみる、とか、手をつなぐ~しちゃう、までの様々な肉体的接触を行う等らしい。ので、ま~手を繋ごうとしたんですな。今年の春に。何回目のデートだったか。
 ところが、周り中カポーでいっぱいの場所において、さりげなく手を握ろうとしたところが、たとえば右にハンドバッグを持っていたので左に回り込んだら、次の瞬間ハンドバックが左に移動しているという不可思議な現象が。これは故意に間違いなかった。13回回り込んで13回ガードされたのだから間違いない。ゴルゴ並。挙げ句の果てには肘からバッグを下げて両手は前で組むという。念の入れよう。海外旅行における防犯姿勢? 「何もそこまで・・・・」と思ったのが最初に「冷めた」瞬間だった。これはもちろん相手が小学校から大学まで女子校育ちで、職場も女性ばかりのところで男性に対して免疫が非常に少ない、ということが影響している可能性もあった。・・・・・まあ単純に拙者に生理的嫌悪感を感じていたと考えることもまた自由である。
 赤恥かいて上のような例を挙げてもまったく思考の参考にならないのは残念。

 さてこの恋愛感情欠如をどう説明すればいいのだろう・・・・というところで脳裏に浮かんだのは『発達障害』という便利な言葉。連続殺人犯の弁護からニート政策に至るまで使用される非常に便利な言葉である。wikipediaで見て見ると・・・・あれ、なんか混み合っててページが開かんな・・・・この疑惑についてはまた今度にしよう。

 恋愛感情というものはあくまで情緒面におけるものであって、当然個人差がある以上、全人口において恋愛結婚を追求するのははなから無理がある。第3者があらかじめ適当にフィルタリングを行いお膳立てをする見合いという制度は、やはり日本社会において結構重大な役割を果たしてきたと言える。
 「見合い」なあ。なんかもう忍者部隊月光における拳銃といった感じがするが。もうそろそろか。拳銃なのか。

<付記> ところで誤解しないでいただきたいのは拙者は久しく女性に対して恋愛感情をもった経験がないからといって決して芸の人ではなく、肉欲は別であり、こちらはそれなりに。特に入隊後については、まあ、そっちの遊びの方も。それなりに。
 それに関連して(しないかも)、上記2人の女性について「まだしてない」と言ったところ「それは付き合ってるとは言わんでしょ」とスッパリ切り捨てられたので、仕事場で聞いて回ったところ、20人に聞いたら20人とも「してない場合は、付き合ってるとは言わない」に票を投じた。すると拙者は結婚を前提としたおつきあいを2度破談させているのに、交際経験が1度もないということになる。こりゃ可笑しい。はっはっは。難しいなあ。

|

« 新生『ネギま!?』(初回インプレッション) | トップページ | 0091(ゼロゼロナインワン)初回 »

「人生統合計画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/12247864

この記事へのトラックバック一覧です: 恋愛回路だキカイダー:

« 新生『ネギま!?』(初回インプレッション) | トップページ | 0091(ゼロゼロナインワン)初回 »