« 手打ちにしてくれる | トップページ | カバン持ち »

『おうちでごはん』 スズキユカ

  レシピが多少でも登場すれば関心を持たざるを得ない料理マンガでありますが、だからといって『クッキングパパ』を揃えるほど節操がないわけではありません。やはり萌え要素のひとつもないとねえ。
 ということで本作ですが、フラッツなのはなというアパートに居住する大学生、鴨川くん(愛称カモ)はお料理大好き青年でありアパートのご近所さんを交えてしょちゅうごはん会。当初は同級生の米田くんしか登場しないが、亀マニアの社会人爪田さん、OL夏美さん(<ココで花を投入)、しばらくすると突如登場するカモくんの父の再婚相手(フランス人)の連れ子の鈴菜ちゃん(<前の父も日本人であるため日本人顔だけど目だけブルーすなわち強力テコ入れ)。ホラホラ、料理ネタも楽しめて多少萌え入り。これは読まないと~。萌え入りといいつつ絵柄はサッパリと白泉社系。竹書房だけど。
 と、コレはどこのサイトで知ったんじゃったかな。どこかのマンガ批評系で知った。
 レシピは詳しく書いてあるのもあれば皆無も同然なものあり、素材とできあがりのみを見て想像で補うしかなく、それなりの料理経験を求められるところがまたソソル。さて何から試そうかねえ。
 なお、主人公カモくんは料理上手ですが、料理上手アピールはそもそも自宅に女の子を連れてきて初めて発揮されるものであり、外見が地味なカモくんは従って女っ気がありません。
 ・・・・カモー。

|

« 手打ちにしてくれる | トップページ | カバン持ち »

「アニメ等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/11737604

この記事へのトラックバック一覧です: 『おうちでごはん』 スズキユカ:

« 手打ちにしてくれる | トップページ | カバン持ち »