« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

地球統一政府

 と、なんとなくダウナー系の話題ばかりでもいらぬ不安を巻き起こすので、フツーの話など。
 なんか店頭でFF3(DS版)のデモとか見てたら唐突にやりかけ山積みのRPGをなんとかしたくなって、実は土曜の夜明けまでかな~りほったらかしだった『スターオーシャン Till the End of Time』を再開。
 いったい自分がいまどういうトコロにいて、何のミッションのどの辺で、このダンジョンのどこに行けば次に進めるのかを思い出すのに3時間くらいかかる。その間ぎょうさん殺したり、殺されたり。
 星間戦争に巻き込まれて家族や幼なじみとはぐれて幾星霜、とある星に不時着したらそこはその星以外の文明の存在を知らない、いわゆるファーストコンタクト前の惑星であって2大国家に別れて戦争中。そうこうしているうちになぜか主人公を追ってきた宇宙艦隊が来襲して2大国家のドッチかまわずオーバーテクノロジーでボコボコに。やむなく手を組む2大国。さて主人公のポジションは・・・・
 その昔、宇宙戦艦ヤマトとかレイズナーとかは、宇宙人の来襲により統一地球政府ができたりする設定がわりにフツーだったので、子供心にもそーゆーもんかと思っていたが、秋山瑞人の『イリヤの空UFOの夏』においては「宇宙人の存在の認知をもってしても統一をなしえなかった地球」というモデルが提示されて結構新鮮だった。でもまあ、冷戦後の世界のシッチャカメッチャカぶりを見ると、宇宙人来襲程度じゃ、こりゃどうにもなりゃしませんなと思うことしきり。それでもやはり言語については、宇宙人さんがやってきた際には「そうだな~、ま~とりあえず英語憶えてくれや」ということになるのだろうか。「え? だってアンタの星で一番話されてる言語って、中国語でしょ?」とか言われそう~。
 ところで旅客機のパイロット、特に高空を飛ぶ国際線の人々は、もうUFOの存在を当たりまえに「知っていて」、別に話題にもしないらしい。ちょっと変わったのでは『金属質の巨大な立方体』とか・・・・ひぃー。ゾンダーゾンダー。
 今ググって見たら、結構UFO系あるなあ。今度あさってみよ。

 某中古店においてX箱版デアドラが380円と投げ売り。げっちゅ(笑)。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レバノンにでも行こうか

Takuma
 もちろん少女マンガだドラマだとかを摂取すれば上っ面のメカニズムは理解できるのだが、根っこの方から理解しようと思ったら、男女が知り合っておつきあいして結婚に至る、という心情的メカニズムよりは、不遇な男がある日死にたくなった挙げ句小学校を襲撃して児童を多数殺傷するに至る心情的メカニズムの方が理解が遙かに容易であることに気づいた科神です。危険。デンジャラス。ちなみに写真は例の彼の航空自衛官時代の写真。1年半で退職したらしい。
 昔は官舎の周りで土日になると一日中はしゃいでいる子供たちや、両親に手を引かれて買い物から帰ってくる子供を見るとほほえましく見ていたものですが、最近はそういう幸福いっぱいの光景を目にするとどっちかっつうとドス黒いものがむくむくとわき上がってくるのを自分でも止められない感じが。こりゃ早いこと人里離れた山奥にでも隠居しないとヒミツの友人が活動しかねませヨ! ていうか中学校の時から「お前はいつかなんかやる!」「よくTVとかで、なんかやって捕まった人の知人とかいって『そんなことする人には全然思えなかったんですけどお』とか言ってるけど、お前がなんかやった時には『やっぱりか!』とか言ってやる~(長い)」とか言われ続けていたことが今更のように思い出されます。ところで日本犯罪史上の連続or大量殺人犯のうち、既婚者って結構いるんだよねえ・・・・(<ていうか比較対象オカシイよ!)
Airbone
 上記の心情と連携し、最近「パラシュート降下したいなあ・・・・」という、唐突な願望がなんかチョロチョロ。3年前、急な転属で書類が行方不明になりうやむやになった空挺降下訓練のことが急に思い出されて、いや~やっぱ行っときゃよかったかな~と思ったり。中途半端に動体視力がよく、中途半端に無呼吸時間が長く、中途半端に外科的に健康(ヘルニアとか骨折の経験がない)だったので危うく訓練キャンプにぶち込まれるところだったのだが・・・・30を過ぎた今、今更希望しても向こうからお断りだよなあ(<降下するのは別にいいんだけれども訓練の4分の3は落下傘を両腕でコントロールするための筋トレに当てられるという噂)。ま、本気で行くつもりはないですが。なんでしょね。
 ていうかそもそも防空ミサイル士官やら法務士官とかをパラシュートで送り込む用事なんか発生しえないのであり。「君には○○大佐の弁護のため、ジブラルタルに飛んでもらう!もちろんHALO降下による単独潜入だ」(ないない!)(<メタルギアかよ)

 自分の精神状態がこうなるのは決まって毎年今頃すなわち全国的にアンニュイなオータムンであって、いいかげん対処法もわかっているわけですが。ため息も出ますわな。はあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

財政再建団体:科神総研

 もう今年何度目になるかわからない財政非常事態宣言。もうなんていうか、何かについて不適格者なのかも知れぬ。
 先にも書いたとおり、別に呑む打つ買うをやるわけではなく、毎月の書籍コミックに加えて毎月違う非常支出が結果として財政を圧迫し続けている。7月久留米行、8月大学通学、今月さえ乗り切ったらなんとかと思ったら掃除機故障と車のドック入り・・・・掃除機故障については、ローラーの動かなくなった掃除機で財政に余裕ができるまでガマン、という手があったり、車の点検についてもディーラーから1ヶ月も前から言われていたので金額を聞いてとっておく、という手もあったのだが・・・・まあ、遅いな。
 通販を緊縮し始めたのが9月に入ってからなので、10月4日の引き落としには8月しこたま買い込んだDVDやらゲームやら本やらの代金が目白押しであって3ヶ月続けて大ピンチ状態なのは否めない。もうホントどうしよう。
 ていうか各公共料金+車ローン+各ネット費用は定期支出として確定してるんだから、後は食費と宴会代を概略出したら『ヲ支出は今月、●●円が上限』とわかりそうなもんなので、それを・・・・やれよ!  ていうかハイ、やります。
 そういうわけでもう1ヶ月以上聖地に行っていないばかりかメイトにも行かず、ゲームショウにも行かない有様。アマゾン購入もハルヒDVDのみ。ヲ的にはもう爪に火をともす勢いであります。
Sanma_1 こういう時に限って新しいデジタルオーディオプレイヤーやらそれに繋ぐ外部スピーカーやらハイテクマウスやら、ちょっと背伸びすれば買えないこともない程度のブツを欲しくなったりするんだよねえ。ああん。今のMP3プレイヤー、もう4年ものですな。次も512MB程度の小型、電池駆動でいいッス! 最近のへたれプレイヤーはみんな内蔵バッテリじゃあ。道ばたで電源切れたらなんとする!
 しかしこの金のNASAで思いをはせるのは江ノ島だ箱根だとデートしまくりだった今年の春。アレは瞬間的に株で儲けたお金があったからいいようなものの、もし今の状態で彼女作ろうとかなんとかしたら確実に破綻ですな。しかもそこまで金かけたのに破談の原因はほうれん草の値段だし。まったくやりきれん。じゃかすか本を買うくせに、30円けちって1駅歩いたり、ほうれん草をケチってもやしに切り替えたり、外でペットを買わずに家からポットを持ってきたりするのは、やはり異端なのか。
 秋刀魚1匹88円。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちなみに

 下のは2台とも三菱電機製でした。別に狙ったわけではないですが。
 ご家庭から戦場まで、あなたのおそばに三菱グループ(笑)。

 みなさん、国産品を買いましょう。バイ・ジャパニーズ。
 でもソニーブラビアの画面はサムスン製なんだよね・・・・同じアジアなので無問題か。ビバ大東亜共栄圏。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

掃除機超特急

 16日の未明に発注して、バーコードが翌朝(16日)送られてきて、その日の午後2時頃セブンイレブンから入金、記録では午後3時に発送完了、翌朝17日の午前10時過ぎには拙宅に到着、って、速ッ! 速すぎだろ! 入金してから20時間!? 通販おそるべし! この場合運送会社がスゴイのか、それともナニワ電業(@大阪日本橋)がスゴイのかそれはよくわかりませんが、とにかく驚異のスピードで新型機が到着したものの、17日の日曜は丸一日家を空けていたため本格試用は翌18日。
 拙者が一人暮らしを始めた頃はit'sなんとかというブランドが流行ってて、掃除機冷蔵庫電子レンジ洗濯機など、同じブランドでガッポリ一人暮らしワンセットを揃えるのが・・・・お勧め、みたいな売り方を家電店はしていたものですが、実際一気に揃えた人ってソコソコええとこのぼっちゃんじょうちゃんなような気がしますが。安くはなかった。小さいのに。
Sojiki
 当時はグレーもいいね~とか思っていたのですがこうしてみるともう、ドブネズミ色ですな、悪いけど。あ、右が旧型ね。左の新型はもうなんか、自走しそうな勢い! のサイバー感がややします(『やや』かよ!)
 13年たつとサイズも一回り小さくなってどうなるか。説明書で同じ諸元で見てみると、旧型の重量6kg吸い込み仕事率350~80W、新型同4.7kg、590~110W。おお~なんかスゴイですな。最大出力は1.7倍になっとります。
 旧型の接地ブラシがモーター駆動なのに対し、新型のそれは吸気を利用したタービンブラシであるところが若干不安だったのだが、回りっぷりはなかなか頼もしい。そして紙パック型と違って毎回の仕事量が目に見えて分かるというサイクロン特有の直感的な使用感。おお、結構汚れてたんですなあ(<嬉しそう)。
 15500円。また10年頑張ってもらいたい(<使う気だよ!)
 そしてお疲れ様でした、旧型くん。売ろうか捨てようか(<冷たい)。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うどんと西遊記

Udon2
 『10分間うどん』についてはもうおそらく概略修得しました。思いっきり細めに切って、ようやく見た目かなりうどん。そして急速な気温の降下によりホットうどんのシーズンが到来!
 冷や、ぶっかけ、生醤油それぞれウマイけど、やはり天ぷらうどんもいいわね~。邪道っぽいんで黙ってましたが実は拙者、カレーうどんも大好き。さ~やるぞ~(何を?)

Chai
 先述のとおりもの凄い勢いで気温が下がったので、ウッカリ夏モードのまんまだったTシャツ短パンの拙者は一発でティッシュが手放せない身体になりましたよ! グズグズ。くっしゅん。
 秋物を買いにでかけたついでに行きつけの茶葉店でチャイに合うお茶ッパを紹介してもらって、帰宅後挑戦。や~気温が下がると飲めるお茶のバリエーションが広がっていいねえ。ちなみにレシピは『おうちでごはん』第2巻参照。
 カップ1杯弱のお湯を沸かしてお茶を3分ほど煮出したら、テキトーなスパイスとカップ1杯弱の牛乳を入れて弱火で2分。シナモンとかクローブとかカルダモンが定石らしいがここは一発、家で余っているスパイスを・・・・
 ということで五香粉で挑戦!∑( ̄□ ̄;)
 え? 印度と中華の融合すなわちチャイ:西遊記バージョンですが何か?(笑)
 ということで出来たのがコレ。お味の方は・・・・んん~、かなり中華ですね(笑) ていうか応用に走る前に基本をやれよ!(>拙者)
 ま~まだシナモンもあるし。カルダモンは高いんだよね。変わりにジンジャー粉末を買ってきたので、もっと寒くなったらコレで挑戦。
 鍋もうまくなるし、あ~・・・・太りそう! (*^ー゚)b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たつまきサイクロン

 急激に気温が下がったのでTシャツやポロシャツ1枚では寒いわ。折角ユニクロで今風のをイッパイ買ったのに~。
 ということで秋物も揃えなければならんが、やはりファッション雑誌はスーツ特集ばっかでイマイチ買う気になり申さん。ま~気にせずユニクロ行ってテキトーに買っておけば間違いはないのだが(<罠)。
 で、今月こそ支出を切りつめて財政健全化、年末に向けて32インチ液晶TV積み立てもしたい~んと思った瞬間、
 掃除機が壊れる。

 ぬー。何しろ電子レンジと掃除機は拙者一人暮らしスタート時すなわちコーポラス吉田時代から使用しているのであり、一般的にはドッチもとっくに買い換えていても不思議はない程使用しているが、まだ動くしなあ、と使い続けて13年。掃除をしようとホースを引っ張ったら本体とホースの接続部分のホース側の部分が分解。スイッチコードとブラシを動かすコードの計4本のうち3本が断線した。一応ハンダ付け(<何年ぶりか!?)したものの、コードが固くて跳ねるのでブラシの方は接続できず、電源が入るのみ。吸い取りだけはできるけどな~。
 近所のヤマダ電器に持って行くがやはり総合家電店では直修理は行っておらず、メーカーに問い合わせて交換ということになりそう。この辺が町の電器屋と違って物足りないところだなあ。
 割に合いそうにないので職場の隊員(電気店の息子)に修理を依頼。接続はしてもらうが、やはりブラシは動かず。
 別にブラシが動かないなら動かないで、昔の掃除機はブラシなんざないのであり、タダの吸い取りのみの掃除機と粘着コロコロでもあれば大体掃除もオッケーなんだがなあ。毛を落とすペットもいなけりゃ、アレルギーに苦しむ子供もいないので。

 これを機会に買い換えを検討。ていうか10年たつと家電がどのくらい変わるのか見るのが単に面白かったり。ちょっと前に電子レンジの買い換えを検討した時も、高機能低価格化にビックリ。でも買い換えてませんが。え? だってまだ紅茶暖められるしパンも焼けますよ?
 掃除機の機界進化と言えばやはりサイクロン化。紙パックを使わないので地球にやさしいとか抜かしているがこれもよく調べてみると機構部の分解清掃が案外やっかいなのでお年寄りにはちょい不向き、の警報が発せられている。価格帯も高い。
A8
 別に紙パックでも全然問題ないが・・・・値段の傾向、価格comでのレビュー等をいろいろ検討しているうちに直感的にこの程度でいいのではという結論に。軍需産業三菱電機のTC-AE8J。サイクロン式だが紙パックも使用可。近所のヨーカドーで22000円だったので着目したが、評判はよく、ネット通販最安値は送料込み15000円ちょい。ちなみに選考の過程で東芝のはデカくて高く、ナショナルのはデザインがチンケなので除外。ダイソンは高すぎ。
 目星はつけたので後はクリックするのみ。どうすっぺ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久々の少女マンガコーナー

Kanin_1
 こんばんわ。少女マンガなら『ハチクロ』がおすすめ泣ける! と聞いて、「はて、頭文字Dはそんなに泣ける話じゃったかいの。ていうか少女マンガだったっけ?」とマジメに思った科神です。それはハチロクだから!
 というわけでBOOKOFFをちょいと回って『天使なんかじゃない』と共に探したのですが、まぁ映画化もされて人気沸騰中のハチクロが見あたらないのはいいとして、『天ない』も1巻が見あたらないとはこれ如何に。しかし2~3巻もパラパラめくってみたけど、昔っから苦手だなあ、この人の独特の絵柄。
 その他もBOOKOFFでは紺野キタの無名の単行本やら某百合姫連載作家のやおい本やらそこそこ掘り出し物を見つけたのだが、こちとら給料日数日前のラマダンなので後日に回すことに。

 ところで科神7不思議のひとつに「ソコソコの給料をもらい、呑む打つ買うの軍人3大支出を行わない彼が、なぜいつも金欠なのか?」というものがありますが、先日職場でもソレが話題になりまして、家計簿つけてんならちょっと見てやるぜえ、みたいなことをちゅうたいちょに言われたので、家計簿露出狂としてはわざわざ過去3ヶ月分の内訳表を印刷して持ってったのでした。
 言われなくとも毎月の集計くらいはしているわけで、困ったことには、毎月「これには使いすぎ!」という明確に突出した部分がなく、例えば6月ならば自動車税、7月ならば久留米旅行とビデオボード、8月ならば立川滞在、という、月々ごとに臨時支出が発生し、それが毎月毎月圧迫となっているので、これといって対策の立てようがないように思えるのだった。
 ちゅうたいちょ「本だろ」
 科神「へ」
 「へじゃないだろ! 毎月3万以上は明らかに買いすぎだ!」
 「ええ~」

 ていうかMMC人にとって欲しい本がありゃサイフを呑んだ懐に手を突っ込んで可能な限り大購入、買わず後悔より買って後悔、来た見た買ったが当たり前のソマリア育ちorチェチェン育ちのような荒んだ人間にとって(<どんな例えだよ!)書籍支出はサンクチュアリであり盲点でありまったく見ようとしていなかったのだった! 確かに8月は5万を超えてますが半分は法律関係だよう。(<残り半分はアレ費用!)(<またこの子は!アキハバラとかに行って!ペンペン!)(<やっやめて!折笠愛ボイス以外の声で拙者をしばくのはヤメテ!)(<折笠愛ボイスならいいのか!?)(<カマン!でも略して折笠ボイスといかいうと別の人がやってくるからヤメテ!)【誰か止めろ】

 財政健全化計画は年金改革やサラ金金利一本化並に難しいのです。なむ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

みじんこ完結編と矢沢あい

 ということでBOOKOFFで確かめたところ12巻で第1部完結・・・・って、こんだけ引っ張っといて(10年以上?)第1部ぅ~!? どんな長期シリーズだよライフワークにするつもりか>米沢りか。もう絵柄なんか相当変わってますぞ。なんか等身上がりすぎて時々気持ち悪いんですけど。
 ラスト3巻一気読み。しかし3巻とも100均コーナーで買えるところが有り難い。
 ま~第1部といいつつ収まるところには収まってるんで、これで終わっても別にいいんじゃないの~という感じだが、ちょっとオーラスがドタバタのままかなという気がする。ていうかシリーズ初期は樹とシマちゃんの話がメインだったのに、なんか終盤はもうスッカリ、エバ&クニエの話になってるじゃないですか! こりゃカレカノが最終巻まで当然ながら雪野&総一郎だったのに、最後の最後で浅羽の話でオチました~みたいな衝撃(笑)(<わかりにくいよ!)
 話は爽やかなのに、幕間に入る米沢トークがまんま米沢全開すなわち下品なのはご愛敬(笑)。
 おもしろかったよ。

 さて、今見てるめざましテレビでちょっと「実写化して欲しいマンガランキング」第1位が矢沢あいの『天使なんかじゃない』が目に入ったので、Wikiってみる・・・・ふんふん、なるほどね。
 矢沢あいといえば『NANA』で大ブレイク中ですが、この人、拙者がりぼんを買っていた頃すなわち『ちびまるこちゃん』が連載開始した頃なので19年ほど前に、既にりぼんにおいて結構な地位を築いていたので、もはや結構な歳のはずだが、未だにバリバリの少女マンガ描いてしかもそれが市場で大ヒットというのはうらやましい感性と言わざるを得ない。今何歳だろう。(wiki中)・・・・39歳か。大したモンだなあ。
 当時はちょっと独特の絵柄がちょっと合わなかったため敬遠していたのだが、『NANA』は大ブレイク中で中古市場で品薄なので、『天ない』(<ああ、それっぽい略称よね(笑)(<おかんん笑い))を今年の秋は制覇してみましょう! 
 そう、秋は個人的に少女マンガの季節~。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ブロークン・アロー(続き)

 続報が乏しい。ていうか全国ニュースじゃまったくもってスルーであり、ホントにこの件に関してマスコミは関心がないようだ。本日ちょっとした用事で中隊総出勤だったのだがその際にも扱いのあまりの小ささが話題に。職場では土曜未明に緊急通達が市ヶ谷から直で届いて真夜中に臨時の員数チェックが行われていた。
 西日本新聞のみ続報。久留米と別府から応援を投入して1400人態勢、官舎地区と日出生台演習場も捜索・・・・うええ、北海道と富士を除くと国内最大級の演習場を・・・・おそらく隅々まで・・・・(涙)。
 2chにおいては、この手の話題にありがちな「○○は△△だよ!」「○○は□□で●●じゃねえか、お前、見たことねえな?」みたいな「知ったか事情通」と「部内者」との石の投げ合いに終始されていてまともな情報なし。
 弾に異常がないって・・・・NATO弾をどっかよそから持ってくれば全然使えるやん。どうなっとるのかね、ホント。噂になってるように「実はなんかモノスゲエ裏があって、それをカモするためなんじゃあ?」と勘ぐりたくもなるぜえ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

放射線廃棄物扱い

 こういうのはキッカケが大事~。
 ということで、BOOKOFFで見かけた、ワンセット持っている榛野なな恵の『Papa told me』、昔は結構癒されたけど、今読みたいとは思わんな~、と思ったのをきっかけに、蔵書の整理を行う。
 3時間くらいダンボール箱と格闘した後、ブギーポップが変身コスチュームを入れるようなバッグ(<微妙な例えを使うなよ!)に2つ分、処分対象となった。
 前述の『Papa told me』は処分するところ、ゼンマイ嬢が一度読んでみたいというので留め置き。いい話ちゃあいい話なんだけど、これに登場する「父娘と摩擦を起こす無理解系の人々」が大体数パターンに分けられる程度にバリエーションが乏しく、それに対処する知世ちゃんの行動もいつも同じ態様で正直ちょっと食傷気味なのだ。
 『星の瞳のシルエット』・・・・これまた懐かしいな。昔は定番中の定番少女マンガとして、月刊りぼんで不動の地位を誇った少女マンガだが。もういいな。同時に発掘した『ママレードボーイ』は、ちらりと見て、据え置き(笑)。
 『トランジスタにビーナス』・・・・一頃竹本泉に飽きた時期があってがっぽり捨てた・・・・と思ったらまた読みたい時期が来たので原宿BOOKOFFでまた買った・・・・と思ったら実は捨ててなくて、ダブりが結構あったことが判明。ダブった分のみ処分。
 『せらむんアンソロ軍団』・・・・ホントにもう今更であり第1話放映は確か14年前でありただただひたすらに今更だ。きっと値段もつかねえなあ・・・・あまりにも今更だったので、この箱に入っていることは当然知っていたがあえて封印していたのを、思い切って開封。半数を処分。(<てか、半数残したのかよ!)
 『山田南平の年下の彼氏シリーズ』・・・・正確なシリーズ名忘れたな・・・・実は買ったっきり読んでいないのだしかもシリーズごと(笑)。パラパラめくってみたがやはりクオリティが高いので残置(笑)。
 『彼氏彼女の事情』・・・・捨てるわけないじゃん! ていうか総一郎編の一部を買っていなかった気がする。補完しないと。これはおそらく聖典指定デス。
 『こっぱみじんの恋』・・・・そういや一頃米沢りかに凝った時期があったなあ・・・・9巻までしか買ってないが果たして完結してるのか? 気になったので留め置き。(<おい)

 後はもう、今後読まないであろうハードカバーと文庫本をドカドカ処分対象に指定。デカイバッグに2つになったのとBOOKOFFに持ち込み。ここは安く買いたたく変わりに受け取り拒否がないんだよねえ。
 2500円になった。ついでに恐る恐る懸案事項について聞いてみる。
「このお店では、LDは引き取ってますか?」
「レーザーディスクの方はやってないんですよ~」
「そ、そうですよね~」

Misa
 いや~ッハッハァ! わかってたさなんとなくな! さていよいよ拙者の引っ越し荷物の結構な部分を占めるLD軍団を始末する時期が近づいてきたなりよ! 『赤ずきんチャチャ』『飛べ!イサミ』『勇者王GGG』(<ただし1巻箱つきのみ)、『少女革命ウテナ』(途中まで。DVDコンプ済み)、『ママレードボーイ』全巻、『りりかSOS』全巻・・・・『アキハバラ電脳組』全巻セットは自分でも忘れていたのでかなりショック。『プリンセスナイン』3巻まで。どれも1枚5000円はする。泣けてくる。今や大体DVD化済みだもんなあ。いやはや。
 もうこいつらも燃えないゴミっすよ。諸行無常。オタクの道はケモノ道。ハルマゲドンの日は近い!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ロイヤル・デューティ

Kansyu
 遅ればせながら御親王誕生おめでとうございます。
 
 それはそれとして(それとしてかよ!)、これでもって「あ~やれやれ、しばらくややこしい議論しなくてよくなったね~」という雰囲気が、いくら「今後じっくり議論していこう」と次期首相がさも関心があるかのようにのたまっても蔓延しまくりであります。
 だって、一人だよ! 2人でも3人でもなく、一人! 余裕無いだろ!
 もちろんこの度誕生された御親王様がつつがなく皇位を継がれて、子孫も男子を含めてお残しになればいいのだが、御親王様も人の子である以上、万一のことも想定し、ガリガリ議論を進めるべきだと思うのですよ。昔の欧州だったら、どっか仲の良い国の王室から次男坊とかを婿にもらうとかしてますな。
 日本人はなんか「○○に備えて準備すること」をときとして「○○を望むこと」のように扱って非難することが多いですな。防災とか。軍備とか。「縁起でもない」ってか。アホらしい。
 この度お生まれになったお子さんが男の子だったからよかったものの、これがもし女の子であってごらんなさいよ。高齢出産のリスクをしょって、もの凄いプレッシャーの中で賭に出た紀子さんに向けられる微妙な感情を想像するといたたまれないよ。一人の女性によう。
 いい機会なんだから、この際ガッツリ議論して、すっぱりスッキリしたシステムを作ってもらいたい。これだけ古い王室を持つ国は世界に数少なく、まだまだ日本の貴重な財産なのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブロークン・アロー@玖珠駐屯地

64r
・玖珠駐屯地で小銃等不明
 ってえ、関係者的にはコレ、第一報は一面トップで乗って駐屯地正門前から生中継はもちろん、方面総監やら長官やらが記者会見でペコペコしまくりな事件やん! と最初のニュースをネットで見た時には全米震撼のインパクトを受けたのですが・・・・・あれれ? なんかベタ記事っぽい扱いの上に続報が全然なく、どっかテキトーな偉いさんのおわびのコメントが発表されたのみで、NHK昼のニュースにも全然報道無し・・・・ええ? だってあれですよ? 安全保障機関始まって以来の大不祥事・・・・じゃないの? 実銃よ? 小銃&拳銃よ? 海自の誤射事案の直後よ?
 ・・・・。あれぇ。
 なんかな~。これが大事だって思う感覚は部内者だけのものなんでしょうか~。実弾が持ち出された形跡がなかったり、人員は異常なしということで緊急度が下がっているだけかな。
 しかしナンボなんでも「普段銃器を使う部隊ではないので前の日もちゃんとチェックしていたかどうか」というコメントがあったけれども、いやいやいや、やってるって~どんな後方の部隊でも数の点検はやってるさ~! 多分。
 すると後は拙者の職場での再点検の通達がいつ来るのかということを心配してりゃいいのかな。
 この静けさは納得いかんな~。
 世論はともかく、玖珠の人々700人弱は夜もろくに寝ないで駐屯地中をひっくり返してるんだろうな。なむ~。
 (アノ小さい駐屯地にそんなにいたのか・・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツンデレ

 実は『ツンデレ』といった単語について、単語そのものは結構前から聞いていたものの、その意味について認知したのは実は今年に入ってからであり、『絶対領域』とともに、いろんな新語があるもんだな~、と思っていたのですが。
 今更ですが。
 ハルヒは、ツンデレに、分類、されるのですか?(<何を今更)
 昨夜もマターリと『サムデイ・イン・ザ・レイン』を見ていたもので。
 マイベスト。無人島に持って行きたい1話。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒いドレスの女

 正直言ってARIAの第2シーズンは録りっぱなしであんまり見ておらない。理由は、原作をそのまんまアニメ化しても、個人的にはもうちょっとなんかないとこう、インパクトちゅうか、物足りない。画面が全体的に明るすぎて淡泊なイメージ。もうちょっとメリハリつけた作画を期待したいが。
 で、唯一楽しみにしていたのが第8巻掲載の38話『墓地の島』であって、さ~どんな動画にしてくれるのかな~と思っていたら、動画溜めに溜まっていたのを発見したので、見てみる。
 んん~。
 折角数少ない怖い話なんだから、もうちょっと、こう、「どうしちゃったの?」といった化け作品を期待していましたが(カメラワークが急に実相寺っぽくなったり)(<アリアでそれは無理だろ)。なんかやはりフツーに作られていて残念。
 いや、アニメとしては及第点いってるんですけどね。
 ケットシー操るところの秘密組織『猫機関』の活躍がかいま見れてちょっと面白かったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ソニーのブラビアでいいかしら。

 最近ハルヒその他のDVDを見ていると結構画面の上下が黒い。すなわちワイドTVで見ればもっと大迫力の画面が見られるわけであり、ああもう! 欲しいなあ~欲っすぃ~欲しいなりよ! でもボーナスとかもう車でイッパイイッパイですよ! というわけで今月から貯金だ~液晶ワイド貯金! とりあえず足の怪我でもらう予定の保険金を入れるか!(<それはそれで!)
 現在32インチのブラビア(ソニー)を検討中。最近ズンドコ値下がりしているらしいので年末にはさらに下がっているといいわ~。しかしこないだまで1インチ1万とかいってたのにもう半額だもんなあ。逆にメーカーの利益を心配するよ。
 さ~早く来い来い年末~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カバン持ち

 実は結構な鞄持ちであるところの拙者はどこぞのブランド中毒OLの勢いで鞄を持っているわけですが、ではブランドモノであふれているかというと全然そうではなく、最も古いものは中学校の時の文化祭のくじ引きでもらったボストン(<捨てろよ!)。まだ時々仕事に使います。我ながら凄い物持ち。その他、神戸の高架下の商店街で買ったりダイエーで衝動買いしたり単価2000円は超えないようなものばかり。オタク御用達のホーキンスのもあります。
 つい最近買ったのは、千葉駅のエキナカで買ったトートとボストン。トートはオフで、ボストンは通勤に大活躍です。どっちも1000円。
 いや、あこがれのブランドはあるんですが。『脱オタクファッションガイド』に限らず、「迷ったら男はコレ買っとけ!」みたいな勢いで紹介されまくりのブランド『HEADPOTER』とかあるわけですが、どれもスゲエ高い(<あくまで拙者基準)。それに雑誌紹介のせいかもう最近どいつもこいつも持ってるんだよなあ。まあそれだけ無難なものということで、購入にやぶさかではないのですが。
 で、ちょっと注目がノーマディック(http://nomadic.co.jp/index.html)。スタパ師匠の紹介というのでズキュンですが(<それはそれで一考を要さないか?>拙者)、多機能のわりには低価格。ちょっと考えてみようかしら~。
 重要なのは何をということではなく全体のバランスなので。また雑誌を買って見てみるか。でもこのシーズンの男性向けファッション誌って、どれも大概基軸がスーツなんだよね。スーツが基準じゃなく緑系だんだら模様で仕事してるヒト用はオフ特集を待つしかなく。
 でも当面金がないので、退却~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『おうちでごはん』 スズキユカ

  レシピが多少でも登場すれば関心を持たざるを得ない料理マンガでありますが、だからといって『クッキングパパ』を揃えるほど節操がないわけではありません。やはり萌え要素のひとつもないとねえ。
 ということで本作ですが、フラッツなのはなというアパートに居住する大学生、鴨川くん(愛称カモ)はお料理大好き青年でありアパートのご近所さんを交えてしょちゅうごはん会。当初は同級生の米田くんしか登場しないが、亀マニアの社会人爪田さん、OL夏美さん(<ココで花を投入)、しばらくすると突如登場するカモくんの父の再婚相手(フランス人)の連れ子の鈴菜ちゃん(<前の父も日本人であるため日本人顔だけど目だけブルーすなわち強力テコ入れ)。ホラホラ、料理ネタも楽しめて多少萌え入り。これは読まないと~。萌え入りといいつつ絵柄はサッパリと白泉社系。竹書房だけど。
 と、コレはどこのサイトで知ったんじゃったかな。どこかのマンガ批評系で知った。
 レシピは詳しく書いてあるのもあれば皆無も同然なものあり、素材とできあがりのみを見て想像で補うしかなく、それなりの料理経験を求められるところがまたソソル。さて何から試そうかねえ。
 なお、主人公カモくんは料理上手ですが、料理上手アピールはそもそも自宅に女の子を連れてきて初めて発揮されるものであり、外見が地味なカモくんは従って女っ気がありません。
 ・・・・カモー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手打ちにしてくれる

 最近「未完の女王」の名も高い西村しのぶのマンガにはまり中。
 そんな拙者に不似合いなオサレマンガを読んでても気になるのは『RUSH』3巻に登場する、海辺でサーファーに声をかけられたと思ったら海の家の手打ちうどん店に連れていかれてそこで若い兄ちゃんが10分でできる「寝かせも足踏みもしない」手打ちうどんが激ウマ! というシーンであり、10分という電光石火っぷりに触発されてこりゃたとえマンガのネタであっても試してみる価値あり! とふんで、美術館の帰りにLOFTに寄って麺棒・・・・を買おうと思ったらなかったのでよく似たケーキ用のを買う(45センチ)。太さ均等の棒っきれなので問題ないだろう。ついでに中力粉も購入。
 でもってテストなので一人前100gを使用。ボウルに突っ込んで50g+塩5gの塩水をぶちまけ、ネットでチラリと見たマニュアルを無視しまくりとにかくこねまくり! そのまま麺棒で伸ばして折りたたみスタタタと切断してそのまま熱湯鍋にぶち込み。茹で上がりまで合わせるとおよそ15分といったところか。
Udon
 というわけで写真のとおり・・・・んん~、「ゆでると太くなるので茹で上がりの太さをイメージして切ると恐ろしいことになるので、なるだけ細めに切ること」とあったので結構細めにしたつもりが、かなりのごん太に。今度はもっと細くしてみよ。それで不満があったら寝かせる&足踏みにチャレンジだ。拙者の料理はスピード第一だからなあ。
 おいしかったかって? 旨いけど。ちょっと固かったな。
 今度拙宅に来る人にはうどん三昧。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海とバルビゾン派

 1週間のレポートのプレッシャー漬けの毎日と、それに続く1週間のビルに閉じこもりっぱなしの図上演習でなんかエナジーを使い果たしてしまい、土曜日になったというのになんもやる気が起こらない。珍しい。せめて動画見るとかゲームするとか・・・・ていうかもうこの3週間あまり動画をほとんど見てませんな・・・・ハルヒだけ。
 こりゃイカン。なんか別種のエナジーを補給しないと~ということで、千葉県立美術館に行くことにする。外も晴れてるし。チャリ出動。
Chibatw
 ということでついでに近くの千葉ポートなんとかという港に連接した公園に寄ったらこれが結構、展望タワーありの、小さいものの海水浴できるスペースがあって去りゆく夏を惜しむ人々が結構いたりの、フェンスの向こうには外国からの貨物船と密入国者警戒と思われる警察車両ありの、結構楽しめるスペースなのだった。タワーの根本あたりに水とたわむれる人々が確認できるでしょうか。
 でもってさらについでにタワーに寄るが、中まで入らずソフトクリームだけ頂く。
 その後美術館。美大出身の母によく幼少の頃に美術館めぐりに付き合わされていたのでちょっと前までチョロチョロしていたのだがかなり久しぶりな気がする。昔よく行ってたわりにはその知識は中学の美術教科書レベルであり『バルビゾン派』と言われてもサッパリだ。
 むしろ収穫だったのは臨時展示の書道展であり、老若男女の県内書道関係者がアッチコッチで「このたびは受賞おめでとうございます」「いやいや」みたいな挨拶しまくりの横を通って小中学生の部を見る。だって大人の書道作品って、達筆すぎてわけわからんしな。題材も無難だし。
Syodo
 ということで横に写真を上げてみましたが、やはりというかなんというか、「にじ」「てつだい」「出発」「水すまし」はいいとして、なんか一人だけ「臣属書東」とか。意味わかってんのか。「母と少女」・・・・これは、何? ええと、単なる親子連れの風景なのか、それとも自分の母とどっかの女の子? とするとお二人の関係は? 謎。同ネタ多数はおそらく書道教室かなんかの指定なんだろうが、一品モノに妙なモノが多いのが楽しい。「地下の水」・・・・まあ、そういう単語はたしかにあるけどよ、なんかこう。「紙ねんど」・・・・単体でコレだけ持ってこられても。「花だより」・・・・渋ッ! コレ絶対自分で考えたネタちゃうやろ! 「いし」・・・・ぬー。IQを疑いそう。
 この裏面に展示されていた中学生の部では「将軍」(<女子)・・・・なんなんだ。三国無双でもやってんのかしら。「大将軍」(<男子)・・・・先の女の子に対抗してんのか? もしかして気になってんの? ヒューヒュー! それはきっと恋さ!(<勝手に盛り上がるな) 「偉大なる・・・・」いやいや、それはいません(笑)
 なんだかんだ言って本日コレが一番楽しかったというのも、独居三〇代男性としてどうか。
 ま、終日快晴だったので。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »