« 豪速球 | トップページ | トップ訓辞 »

最近の戦術的ロア

 富士行きで溜まっていた動画を幻水到着前にまとめめて処理。タクティカルロアやらBLACKCATやら。特にタクティカルロア。
 「軍艦に女の子ばっか乗っている」というリアリティのなさは我慢できる軍事属性アニメウォッチャーでも(メインテーマに関わる設定だったらしょうがねえ。リアリティを追求しすぎるとレスキューウイングのように超地味アニメになってしまう)、流石に純軍事的なリアリティのなさにはちょっと! という我慢できるライン越えというものが存在しているのであり。
 すなわち敵海賊集団が使用している最新ステルス技術というシロモノであり・・・・ステルスシステムと作中では表現しているがその動作態様を見ると明らかにある種のECM(今はEAと表現していますが縮めて言うと妨害電波)であり、パスカルメイジの探知システムに何らかの干渉を行って自らの存在を隠蔽するシステムだが、干渉そのものの存在さえ隠蔽できるかというとかなり疑問が。自らの電波放射・反射や熱放射を極限まで押さえて探知を避けるステルスと違ってECMは妨害行為そのものはどうしても探知されてしまうのであり、「気配も感じさせない」のと「目つぶしくらって見えないけど何者かは傍にいる!」というのは違うんですな。
 対艦攻撃ヘリとの戦闘において200歩譲って通常のレーダーが全部潰されていたとしても、赤外線ホーミング弾や可視光イメージホーミング弾だったら余裕で落とせそうな気がするわけですが。ま~「パスカルメイジの搭載弾は全部電波誘導でした!」と言い張られたらそれまでなんですけども。
 また、非力な女の子たちが攻撃をくらった艦の水防作業をどうやっているのかの描写もぜひほしかったですな(意地悪)。ぱっと見筋骨たくましい女性クルーの姿は見えませんが。

 ちなみにサブヒロインっぽい哨戒機パイロット少女がいつの間にか主人公(?)のシステムエンジニアに転んでいるわけですが、いつの間に!? ていうかこれまでの話でそんなエピソードあったっけか~。
 

|

« 豪速球 | トップページ | トップ訓辞 »

「アニメ等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/8840998

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の戦術的ロア:

« 豪速球 | トップページ | トップ訓辞 »