« 下流社会/三浦展/光文社新書 | トップページ | 波のうえの魔術師/石田衣良/文春文庫 »

いまどきの「常識」/香山リカ/岩波新書


 養老孟司の『バカの壁』が古本屋で手に入ったので読もう・・・・と思う前にこの本読んじゃったので素直に『バカの壁』が読めなくなっちゃった。なんでそうなるのかは本書を読もう。
 本書はいわゆる若者精神文化に詳しいコメンテーターとして著名な精神科医が、最近急速に日本における『常識』になってしまったものについて、あえて論破はしないけれども、「これこれこういう矛盾や問題点について、考えた上で言ってるの?」とやんわりたしなめる雰囲気の本。「これこれこうだから、コレはおかしいのだ!」という口角泡を飛ばす議論調でないところが、人の話を聞くのが仕事の人らしい。
 ぱっと見わかりやすいサブタイトルは『痛い目にあうのは「自己責任」』。イラク人質事件(無事帰ってきた3人と、そうでなかった一人)の顛末を分析し、その「自己責任を負うべき人」と「自分」との間に線をひいて精神的に隔離するメカニズムについて考察し、「「息子を助けて!」と泣いて叫ぶことさえできずに静かに口をつぐむしかない社会が、本当に良い社会なのだろうか」と結ぶ。
 その他のサブタイトルとしては『国を愛さなければ国民にあらず』『自分の周りはバカばかり』などがあります。基本的な使い方としては、自分が知らず知らずにあぐらをかいて乗っかってる論に大してもう一度再検討してみる、というのがあるでしょう。それなりに説明できるようになってからでも、乗っかるのは遅くはないのではないかと。いうことです。
 これ、なんかの連載のまとめなのかな~若干流れがぶつ切りな気がするんだけども。
 小林よしのりもわりと好きだけど、こういうのもいいなあ。

|

« 下流社会/三浦展/光文社新書 | トップページ | 波のうえの魔術師/石田衣良/文春文庫 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/8410001

この記事へのトラックバック一覧です: いまどきの「常識」/香山リカ/岩波新書:

« 下流社会/三浦展/光文社新書 | トップページ | 波のうえの魔術師/石田衣良/文春文庫 »