« 地獄のエキデンも開催されました。 | トップページ | 下流社会/三浦展/光文社新書 »

舞乙HiME三昧

 持続走競技会おつかれさんということで土曜日から3連休。ということで金曜晩の最も楽しい時間に「たぶんつまらないことはないだろう」と思っていながらなぜか録り溜めっぱなしだった『舞乙HiME』を見始める。
 おもしろいじゃないのよ!
 ていうか舞台はまったく前作と違う遠い未来のどこかの星なのだが学園は学園であって前作からキャラが相当数輸入されているのでまずそこをチェックするだけでもかなり面白い。
 主人公アリカはオリジナルとして、まず前作で『学園独り情報部』みたいなツラしていながら今ひとつ一般人の枠から出られず地味に終わってしまったチエは今回最初っから訳知り顔の実力者で四天王的な立場で飛ばしている。続いてヒロインの当て馬的立場になり嫉妬の鬼と化していたシホはタダのイライザ的いじわる小娘に転落(笑)。クラス委員的オリジナルキャラのトモエが本気でウラから潰しにかかっているのでシホ程度だとかわいく見える・・・・本作では星の各国家から学生が集合しているため国家の利害がからんで本気で暗殺工作等が行われそうでシャレにならん。
 前回バカップルを演じたアカネも今回は四天王的一人だがどうも前作同様ラブ絡みでひともんちゃくありそう。でもって阿修羅のごとき堕天使っぷりを発揮しまくって度胆を抜いたシズルさんは今回しょっぱなから学園長ナツキ(<これはこれで爆笑)の側近。気をつけろナツキ! 尻を守れ!(笑)(<違う!)
 その他気になるのはメガネっ娘大統領ユキノを頂くエアリーズ共和国の准将ハルカと、謎のスナフキンと化しているミユくらいか。当初悪役に廻ってるっぽいミドリも捨てがたい。

 と、楽しみながらATX放映分を一気に見てしまってああ~面白えなあ~と浸っていたら、実は前作の完結編3話くらいを焼きっぱなしで見ていないことに気づいた(遅いよ)。
 というわけで古きを偲んで最終3話を見てみる・・・・
 ああなんて面白いのか!
 やっぱり最終回は大集合だよねえ・・・・(しみじみ) 後日談も充実していて言うことのないエンディングでした。なんだかドラマCD欲しくなっちゃったなあ・・・・

 ああ続き気になる! 先行している地上波でも録画しておけばよかった! まて次回!

|

« 地獄のエキデンも開催されました。 | トップページ | 下流社会/三浦展/光文社新書 »

「アニメ等」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/8408506

この記事へのトラックバック一覧です: 舞乙HiME三昧:

« 地獄のエキデンも開催されました。 | トップページ | 下流社会/三浦展/光文社新書 »