« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

年の瀬の科神家

 26日出勤するが職場は大部分が既に年末年始休暇に入っているのでベリー静か。
 27日、留守中の録画計画を作成して設定したりしているうちに実家への出発が夕方近くになる。ていうか年末年始はつまらん特番のせいで週刊アニメがかなり少ないのでかえって楽だ。ファフナー特番と古畑特番のみチェック。
 16時頃自宅を出て22時前に実家着。北海道時代と違って気軽に予約無しで新幹線に乗れるようになったからかなり改善されているが、時間的にはあんまり変わらないのはなぜだろう。交通費が半額近くになっているのはさらにグッド。
 28日晩、家族で韓国料理を食べに行くが、コース終盤、デザートの段になって父の様子がおかしい。もの凄い汗を流しながらうつむいたっきり返事もしない。こりゃヤバイぜということでタクシー呼んだり会計済ませたりして一騒ぎ・・・・している内に意識を回復して黙々とデザートを・・・・いやデザートはもういいから! ていうか拙者が職場でムリヤリつきあいでビールを飲んだりした時と同様の症状すなわち『5分酔い潰れ』の父バージョンでありその後何事もなく(デザートは断念(;_;)
)帰宅したのだが、辛いもの食って汗だくとリンクしたため異常事態と認識。ていうか直前に母から、母の知人の旦那さんが定年を目前に58歳で急死した話を聞いたりしていたのでややビビり過ぎといった感も。ていうや酔っぱらうパターンが拙者と全く同じでありDNAもアレだ。
 29日。職場で「冬休み中に50~60kmは走ってください!」とかいう、拙者の職場でなければ冗談のような地獄のお願いが発せられているんのでちょいと電車で2駅移動した先から実家に向かってジョギングスタート、ていうか垂水~塩屋間の住宅地は海にせり出した山と海と山陽電鉄&JRの線路に挟まれて非常に複雑な地形を構成しているので、ランニング時間は50分と短かったものの無駄に坂道の上り下りが加わったためかなり腰にキツイ。
 昼から自転車で恒例の市街地巡回。のついでにソフマップ神戸店でしれっとPS2(小型の白)を買って帰る。ていうか実家には4つ下の妹がいるにもかかわらずIT化がマッタク進んでおらず、ブロードバンドどころかPCもねえのであり、DVDプレイヤーもありゃしねえので買ってとりあえずおいておく。というのはいいわけで、単に持って帰ってきたバイオ4とMGS3をやりたくてしょうがなかっただけなのですが。つーか今更ポリゴンゲームにビックリしてるんじゃありませんよみなさん!  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦場のメリークリスマス

 今年のクリスマスを遠い異国の熱砂の地で迎えられている同胞の人々についてはまことにお疲れさまです。ご無事のご帰国を心からお待ちしております。
 というわけで本年のクリスマスについては木場に在住の大学後輩宅にてチキンを食ったりケーキを食ったり蕎麦を食ったりしながらダラダラとアドベントチルドレンDVDを見たり(2回目)バイオハザード4をやったりしながら暮れていきました。例によって例のごとくのクリスマスであり40kmの距離を夕方車で行ったので舞浜のディズニー渋滞にひっかかって4時間かかったりした他、実は夜半から夜明けにかけて延々とバイオ4大会だったりして変な寄生虫に乗っ取られてゾンビっぽくなった人々を大量虐殺しつつ巨大化したり触手が生えたりした元人間を苦闘の末倒したり(どうしても科神のアクションゲームスキルでは倒せない際には菅Pが傭兵となって戦闘)と、クリスマスとしてどうだったかと問われると非常にアレですが、わいわいと楽しいクリスマスであり、裁判所の憲法判断風に言えば『著しく不毛とまでは言えない』クリスマスでした。
 しかしもう腐ってたり崩れてたり触手が生えてたりするグチョグチョの戦闘にはもう飽きてきたなあ・・・・鉛と鉛のぶつけ合いが懐かしい・・・・と思ったわけではないが、昨年冬に入手したメタルギアソリッド3のDVDをつらつら見ているうちに『ザ・ボスの息子たち』があまりにもカッコイイのでついウッカリ、アマゾン様にリメイク版を注文してしまいました。急いでバイオ終わらせておまけシナリオ『エイダ・ザ・スパイ』をやらないと!(間に合いません)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生物災害

 うを~いもうこんな時間だよ。
 思いの外バイオハザード4にはまってしまったためブログに書き込むのもサボる有様。なるほどこりゃ売れるわね~。スコープ付きライフルをどう活かすかが結構鍵な気がしてきた。敵さえ発見できれば相当遠距離から敵戦力を減殺できるぞ。
 金曜の晩、寝る前になって発作的に、購入しておいた強化パーツを旧PCに装着。モノスゴイヤバイ画面が映ったのはメモリの逆差しが原因。フロントにUSBソケットを付けるつもりで買ったブツにはその他カードリーダもついていたのだが、ケーブルのマザーに刺す位置がわからずほったらかし。ま~USBさえ認識すれば別に急がない。
 土曜は昼間の記憶がない。ヤバい歳かも。ああ動画見てたか。日が暮れてからバイオ三昧。
 日曜は余ったパーツを知人にやるため沖縄まで荷物をまとめて発送したりしてバタバタ。午後から同期と温泉へ。ラーメン食って帰宅し、本屋に行ったら『GUNSLINGERGIRL』の6巻が不意打ちで発売。あっれ~毎月出版予定はチェックしてるのにな~。
 新キャラのロシア人少女は義体化前のベリーショートの方がかわええのう。
 明日からまた泊まり込み。ああ! いいかげんエウレカセブン見たい! 見たいよう! 次の週末こそは! 
 なぜ急にエウレカセブン見たくなったかというとbolzeの新刊がラブラブエウレカセブンだったから(エロ単純)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

9課とゾンビとお○っこ

 まほTaiっぽいタイトルだね!(<絶対違う!)
 月~水まで泊まり込み。で、また明日から1泊。ま~野外でないのが救い。寒いね。
 というわけで中1日帰宅する日を狙ってアマゾン急行が到着。攻殻DVDの『9課ファイル』と、PS2『バイオハザード4』、非一般マンガの『SuperLovePotion』(ぢたま某)。
 『9課ファイル』は「よほどのファンでなければ勧められない」ブツという噂があり、購入してみるとなるほどその通りなのだが拙者よほどのファンなのでマッタク何の問題もありません(笑)。新旧暫定版も含めてOP動画7本は感涙。しかし2ndの暫定版がマイベスト。その他「こっちが本体」と噂されてるブックレットにはインタビューや設定集になっていて大概のアニメでは金返せ的な出来だがなんのなかなか、ていうかもう攻殻好き集まれー! という一本。
 『バイオ4』。アクション苦手な拙者をコレに走らせたのは途中から登場すると思われる女泥棒か女スパイか、この俺様にもわからない(^^;)謎の女エイダ・ウォン姐さんなわけですが当然ながら序盤には現れずむさくるしい、しかしイケメンの兄ちゃんを操ってゾンビっぽい村人達を大虐殺三昧。しかしハウスオブデッドみたいに無尽蔵で村人がわいて出るわけでもないので、とある面なんざあ、村の小高いところにあるオウム見張り小屋に立てこもって、1本しかない坂道から接近してくる村人をショットガンで時々なぎ倒したら、後は狙撃ライフルで一人一人目に付いたのを倒していったらいつまにか村中静まりかえっているという、「俺って・・・・悪役じゃないよね?」とふと疑問に思う瞬間。
 『SuperLovePotion』(ぢたま某)・・・・この人って時々、ていうかいつもか、絵はかわいいくせになんかちょっとオカシイマンガ描くよね(笑)。その昔『聖なる行水』という尿マンガを描いていたことを思い出させますが、そういう属性じゃない人が買ってもな~(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スミス夫妻と液晶モニタ

samsung_172x
 『Mr.&Mrs.スミス』を見る。なんつーか逆にこういう映画はアメリカにしか作れんような気がする。ちょっと浅いけど。要は「夫と妻との間には~」みたいな話。縮めて言うとな。それをガンアクションにしてしまうところがアメリカン。
 今のサムスンの15インチモニタになんの不満もありゃしませんが、ふと、このモニタの顎がほぼ接地面にくっつくデザインはまだ維持してるのか~と探したら17インチもモデルが登場。画面の枠が小さくなった分、今使ってるモニタと実はガワの大きさ的には大して変わりないことが判明。ぬぬ~惹かれるわ~4万円。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仲根かすみ結婚

 ニュースソースはココ
 釈由美子、眞鍋かをり、仲根かすみと言えば拙者にとっては最古参グラビアアイドル3人娘であり3人とも結構写真集を買いあさってハァハァな日々がかつてあったわけですが、まさか仲根かすみが1等賞とは思わなんだ・・・・ていうか、なんで? なんでこんなに拙者はショックを感じているのでしょうか!(泣)
 仲根かすみ17歳の写真集はどこにしまったっけな・・・・(ゴソゴソ)・・・・・寒さが身にしみるねい(涙)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都学習塾女子殺し

 原因不明ですが若年層に激昂しやすい(キレやすい)人が増えているというのも相当以前から指摘されている。1998年黒磯市で発生した女教師刺殺事件のあたりからキレるキレるとワイドショーがうるさかった気がする・・・・そういや当該講師もこの年代だな。
 キレ方というのも数種類あって、ホントに突然その瞬間にプッチンときてその場で大暴れするパターンもあれば、ふとした弾みで心の奥底でスイッチがバチンと入って「この恨み晴らさでおくべきか~」となって計画的に犯行を実行する遅延信管パターンもある(<おそらく町田団地女子高生殺しが類似)。この場合は後者なんじゃないかな~と推察する。
 思いあまってバッサリやっちゃった同大生を弁護する気はあんまりありませんが、被害者児童は彼に対してどんな言葉を、発したのでしょうか。そこが大いに気になるところであります。
 あのですね。最近の若い女性にちょっともの申したいんですが・・・・男性を罵倒する言葉として「キモい」という表現を軽々しく使わないで欲しいのです。「収入が悪い!甲斐性なし!」とか「浮気者!」とか「臭い!」という古来からある罵倒の言葉は、まあ事実確認であったり事実誤認であったりするわけですが、「キモい!」というのはもうただの片方の一方的な感情の発露であるにもかかわらず破壊力だけはオメガでかいというやっかいな言葉であって、使用には重々考慮して頂きたいと思うのです。もうそれまでの人生を全否定される勢いです。そして「キモい!」と罵倒されるような人々は概してシャイであって反論とか反撃とかまったくしない傾向があり、ますます切ない構図が発生するのです。
 女性のみなさん、「くされ○○○!」「○婦!」「売○!」とか言われてどんな気分でしょう。人を罵倒したい、きっぱり拒否したい時というのは誰にでもあります。ありますが、TPOを考えて罵倒しましょうよ。でないと、時々、死にますよ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長野男子失踪事件

 広島、栃木と女児殺害事件が連発したところで発生したので関係者一同戦慄したと思われるが、そこそこ大きい男子(11歳)ということで拉致どうこうよりも遭難を想定していた動きのように見える。発生現場も諏訪湖に近いしね。当初は諏訪湖畔をゾンデを持ってつっついて歩く捜査員の姿が報道されていた。
 事件そのものは犬の綱を妹とどっちが握るかで母ともめ、すねて「僕もうひとりで帰るから!」と半ギレで10キロ先の自宅に徒歩で向かい・・・・そこで消息不明に。警察犬の追跡によると自宅2,3km手前まで追えたらしいが、散歩等で彼が行動していた範囲も考慮しなければならない。もし2、3km手前まで到達していたとすると野山・湖での遭難は考えにくい。
 一時「飯をおごったが、その後ヒッチハイクした車で去った」と証言した姉ちゃんがいて騒然となったが、なんかこの姉ちゃん怪しいぜ~と書き込みしようと思った瞬間、あっさり虚偽でしたとゲロってこのニュースに。注目されて満足か。
 この事件はホントに情報が拾えないのか、日ごとに続報が減っていく。ま~進展がないんじゃあしょうがねえな。
 ここでふと、限りになく黒に近いと言われつつ証拠不十分及び公訴時効モロモロで被告女性が無罪となった『北海道男児行方不明事件』を思い出すわけだが・・・・まあ、情報が少ないのでなんとも。
 しかしよう・・・・もうお兄ちゃんなんだからそんなことでキレるなよ、坊主。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

自宅内学級崩壊

 先月に引き続きこの水木金と模擬試験期間であり家に帰ったらま~付け焼き刃で試験勉強でもすんべ~となるわけですが、もうなんつ~か、「人間はここまで集中力を無くすことができるのか!」限界に挑戦! みたいな散漫っぷりであってどこぞの多動症のお子様も裸足で逃げ出す勢いだ。なんつーかやはり最大のネックはネット環境が常時立ち上がり中であるということで、なにを見るでもなくただマウスを握っているだけで怒濤のごとく時間は過ぎ、また右手を伸ばすだけで本棚に届く環境というのももう、アレ読んだりコレ読んだりでもうダメダメだ。いっそ「あ~もういいや~」とかいって集中してかかったら文庫本の2冊や3冊読む時間はありそうな時間で、結局勉強もネットも読書も動画も何も中途半端な有様。空しいから早く終われ(>試験)(<そっちの方向かよ!) 
 動画も見なあかんしヨーグルティングもしたいしゲームも3つくらいやりかけだしああもう! 誰かなんとかしてくれ!
 とネットをうろうろしつつバイオハザード4、アクション苦手であり前回衝動買いしたナムコのデスバイデグリーズも途中で終わってるだろ~(前の日曜ちょっとやったケド)みたいな反省点もあるくせに、攻殻機動隊2ndGIGの最近パカパカ出ているおまけDVDのひとつで『公安9課ファイル』というやつの中に、本編OPより素敵でしょうがねえ暫定版のOPが収録されているのを察知して、ついでに2つともエイヤアでクリックしてしまう。このDVDにしたって「よほどのファンでなければあんまり中身がない」と評する人もいるのを承知の上での買い物。まあよほどのファンと言えばよほどのファンですが(笑)。
 どっちもアマゾンでちょい割引だったのも決めてだったんだけどな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

棒茄子と株とドレス

 もうすぐ棒茄子ですよ! ヒャッハー!
 しかし今冬はめでたいことに特にローンの支払いは・・・・いや、ワーゲン様のローンがあるにはありますが、それを差し引いてもケッコー残るので、これはもう、楽天証券に直行ですな(笑)。
 秋口からこっち、結構ちょこちょこ普段買わないモノ(靴とか服とか腕時計とか)を購入しているので、あんまり油断してるとまたビンボーまっしぐらですから、節制しましょう。株式投資も本来は投資信託や外貨預金等で散々分散運用した残りをつっこむべき最終手段といわれていますが、ま~昨今の株価上昇を見るとそんな変な銘柄でギャンブルを打たない限りは一夜にして紙切れ、ということはまず考えにくいので。ていうか今現在株式投資には紙くずになっても人格崩壊したりしない10万円ぽっちなので購入できる銘柄がヒッジョーに限定されていてアレだ。25万ともなると単位株取得できる銘柄の幅はぐっと広がるですよ。
 話は変わるが先日寄ったGEOでたまたまカプコンのバイオハザード4のプロモを見る・・・・評判は聞いていたもののアクション苦手とあっては興味もわいていませんでしたが、ゾンビ迫りくる修羅場でなぜかスリットから見せるおみ足も露わなエイダ・ウォン姐さんにドキュン(あほ)。なんか大幅なシステム改善が話題になってるし、品切れが解消されるのを待って買ってもいいかしら~。ていうかショートカットタイトなスリット入りドレスって凄い個人的ツボやん!(最近足フェチの疑いが)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

造計算書偽造事件 その4

 某公聴会でのキレっぷりを見て、いやあ、悪いけど、「ものごっつい悪党顔してるな~」と思いましたヨ、ヒューザー社長。ま~土建業界で成り上がってきたヒトなので、それなりにいろんな経験をして苦労してると思いますが、まあ、そういう顔つきになってしまうような仕事なんでしょうな。しかしまた近年まれに見るヒールっぷりに、マスコミも、ヨロコビ~。
 でもって野火のように広がる関係企業。毎日新しい会社名が曝され、毎日新しい人が記者会見をしている気がする。「紹介された!」「してない!」「引き合わされた!」「会ってもいない! ていうか知らない!」・・・・まあ、ウッカリ責任をかぶっちゃったら何十億、あるいは何百億ふっかかって来るんだからそりゃ必死にもなるわな。木村建設はすでに亡く、ヒューザーも沈没必至ですが、あと何件潰れるか。しかしこうドミノ倒しのように潰れていくと、結局被害住民及び被害ホテル企業(<住民の方がせっぱ詰まってるのであんまり出てこないが、ビジネスホテルの会社だって大概イタイよ、コレ)は本当に責任のあるところからは取れないよね。
 この間ココで、天下一家の会の被害総額が1900億で、流石にこれを越えるのはちと難しいのでは~というニュアンスで書きましたが、連日増える該当マンション、特にビジネスホテルの数を見ていると、解体費用も含めるとあるいは戦後最大もありうる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供を、殺すな。

 この少子高齢化の時代に子供、しかも女の子を殺すなよ・・・・
 ていうかこうも続くと流石の拙者も暗澹としたキモチにならざるを得ない。
>ペルーのヒト
 病気の娘を置いて故郷は遠く、言葉もままならない不慣れな土地でしかも若干不誠実な人柄が災いして職を転々、いったい娘に手術を受けさせることができるのはいつなのだろうか・・・・ふと見ると向こうから五体満足の同じ年頃の女の子が・・・・とついいろんなものがないまぜになってカッとなって、と勝手に想像していたら、現地の報道(過去に数件の幼女暴行事件の前科あり)を真実とするならば、なんだその筋モンかよ! ていうかもう、ついに国境を越えたかという感じですが(今でも欧米日本からの東南アジアへの少年少女売春ツアーは多少あるらしい)、この今に至るも本名不明のデスピサロ君、その筋雑誌とかその筋ゲームとかの代替発散手段を誰か教えてあげていればこんなことには・・・・って、その筋ゲームのできる環境って結構お金かかるし、あの特殊な画像を脳内でリアルに変換するにはある種の文化的素養が必要だよね。
 ていうか、少女幼女を対象に欲情する人々のうち、実際に「してしまい」かつ、その行為を「予想通り気持ちよかった」と感じてしまった人々は、これは人間の肉の味を覚えたヒグマと同じなのではないだろうか。先日コメントした性犯罪再発防止策は、一国でどうこうしているだけでは不十分な時代が、やがて来るか、あるいは来ているかも知れないと戦慄した事件。
>栃木小学生殺し
 「家庭」というものは案外どうしても自分の育った環境以外には想像がイマイチしにくいもので、この種の事件が起こるたびに各学校は保護者同伴による下校を施策としてほとぼりが冷めるまでブチ上げるわけですが、そこでどうしても「保護者の負担」という問題が出てくる。要は拙者が思っている以上に共働きの家庭がいるんだな、という。うちの母なんぞパートもせずに家事に専念していたからもし付き添い登下校となっても余裕綽々だったはずだ(多分)。
 まあ実際どの事件が起きたどの小学校の親のうち、何%が共働きといった統計を見たわけではないですが、すると非常に昔の表現ですが、いわゆる「鍵っ子」という存在は相当多数存在すると見てよいでしょう。子供達は下校中に友達と別れると、帰宅して親が帰宅するまで一人となる。さらに凄惨なことに、数年前、鍵っ子の後をつけ、子供が帰宅して家に入る瞬間に押し入り、その場でレイプといったもう酸鼻きわまりない事件が都下で続発した。最も安らぎの場であり安全であるはずの自宅でそんな目に遭ったんじゃあ、もう怖くてそんな家に住めないよ。
 話が脱線したけれども、もう現態勢では全ての学校で始終安全な登下校を確保することはかなり困難です。ここ数年、同様の事件が発生するたびに「教師や保護者だけではとても手が足りない」という問題が持ち上がる。しかし自治会を中心にしっかりした組織ができるのは、大概、なにがしかの事件が発生し、被害者が出てしまった地域だ。それこそ設計偽装問題と同様、国家予算でやるべきことではないのか。常任警備員の確保とスクールバスの定期運行、この二点だけでもかなり有効だけども相当な金が必要でしょう。とても田舎の自治体ではまかなえまい。でもって数校に1人でもいいから安全保障問題担当官でも常設すべきだと思います。小学校は本来教育機関であるので、以前どっかで書いたとおり、なんでもかんでもやらせるには人材的にかなりキツイ。その種の危機について指導するプロの存在が必要だ。この大沢小学校の校長を見てみなさい、先代校長から不審者の情報を申し送られておらず、予想だにしなかった突然の、しかも最悪の事態にもうどうしていいかわからずやつれ果てた総白髪のじいさんですよ・・・・定年直前だろうに気の毒な。
 子供がこんなに殺される社会は、どっかおかしいだろう、なあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »