« 動画雑感 | トップページ | 今井由香まんせー »

改造計画(メカのほう)

 唐突に改造したくなる。
 拙者の旧型機『ツェッペリン』は2001年6月末にドスパラで買った組み上げ品であって、頭脳はペン3の1GHz、メモリ256MB、HDはもうどれだけ追加したか分からない(笑)スペックであるが、最近不満なことがチョロチョロ。

  1.  新型ビスマルクと違ってスタンバイ中にマウスの微動で目覚めてしまう。
  2.  以前は稼働していたDVDドライブがなんかのはずみで認識せず、現在CDドライブしか積んでない。
  3.  差し込んであるLANボードが不安定で時折ネット接続が途絶える。
  4.  キーボード&マウス切替器に繋いで使った場合、スタンバイもしくはシャットダウンの途中で処理が止まる。
  5.  録画はできるものの、DVD化処理が遅い(どのみち焼けないんだけど)。


 で、本日なんとなしにABAさんにチャットで聞いたら1はBIOSをいじくるだけでアッサリ解決。トホホ・・・・2年近くもHD動きっぱなしの省電力で留守録してたね・・・・電気だけでなくHDの耐用年数もかなり損した感じが・・・・留守録テストも成功。
 拙者の場合、4が結構気になる・・・・折角切替器があるのにこのせいで結局キーボードもマウスも2セット使っていて非常にイケてない様相になっている。調査の結果、切替器と電源回りの整合についてはメーカーも、例の「仕様で~す」の必殺技でアレだ。
 ふと、マザーボード(当然CPUも)を交換したらどうか、と思った。ちょちょいと調べてみると、ここ数年はその前の数年と違ってねずみ算式にクロック数が跳ね上がるようなこともなく、スペック的にはそんなに躍進しているわけではい。驚いたことにソケットAという規格もまだ現役だった。
 そんなこんなで2時間ほど調べてみるとそんなにハイスペックを求めるのでなければ2万そこそこで基幹部分の換装は何とかなりそうな。頭脳は聞き覚えのあるセレロンという手もあったがどうもセンプロンというのが値頃な感じ。
 価格.comをゴソゴソしている内にいてもたってもいられなくなって夕方6時からヨドバシに直行。しかし意外にマザボのバリエーションが少なく1.5万前後のばっか。辺りを見るとなんかセンプロンと対応確認済みマザボがセットになったなんだかお買い得そうなセットが。センプロン2600+とマザボとメモリ256MBがセットになって19800円とお買い得・・・・なのか? これに256か512のメモリを足さないとちょっと重いかも~と店員に言われて総合的に検討・・・・あと一瞬で買う勢いだったが一旦帰宅。
 帰宅してセットの内容をバラで揃えるとどうなるのか計算・・・・微妙。タイヘン微妙。強いて言えばCPUとマザボと512MBを同額で揃えられるくらいか。んん~。
 自動車税の還付金が旭川から届くのを待って考えよう。
 しかしマザボもCPUも交換したんじゃ、もう別人ですな・・・・ツエッペリン、ドックに入る時には戦艦だったのに改装終わったら航空母艦でした。

|

« 動画雑感 | トップページ | 今井由香まんせー »

「サイバー系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11431/7351031

この記事へのトラックバック一覧です: 改造計画(メカのほう):

« 動画雑感 | トップページ | 今井由香まんせー »