« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

PC改造 アフター編

 職場で聞き込んだ情報を元に「結局クリーンインストールが間違いない」という結論に達したので帰宅するとすぐにシステムの入ったパーティションをフォーマットして改めてXPをブチ込んだところ(システム専用パーティションを作っていたことが幸いし非常に短時間で済んだ)、マッタク何の問題もなくインストール終了。その後多少のミニトラブルはあったものの、マザボを開梱してからおおよそ8時間程度でLANも含めたネット環境、録画環境とも整備され、OS、ウイルス対抗ソフトとも最新版、スタンバイ時にはちゃんとボタン押すまでおとなしいし、USBキーボード&マウス切替器は何の問題もなく動作し、かつて認識しなかったDVDドライブも楽々認識し、入れたばっかなので起動も異常に速い。LANもUSB2もオンボードなので刺さっているのはMTVの古いののみでスロットも余裕しゃくしゃく。グラボも刺さっていないので非常に静かであります・・・・・すごい、たった2万で文句のつけようのない新型環境にクラスチェンジ。拙者はPCトラブルを楽しめる程器が大きくないので、ほとんどトラブルなしでここまで快適環境を実現できている幸せにいささかビビっております。あ~、幸せ。タバコ吸う人だったらCMのようにさわやかに煙りを吸ったり吐いたりするところでござる。
 ついでだからフロントにUSBの端子でも付けるか。
 ちなみにインストしている間に『かみちゅ』と『ローゼンメイデン』のとっかかりを視聴。あっ、どっちもすごい。ていうか『かみちゅ』に至っては、これは『ROD』のTV版の第1話を見てもそう思ったのですが・・・・これは日本人にしか作れんよ~。と、慢心してると日本車をまったく驚異と感じなかったアメリカビッグ3のようなことになるので精進を怠らないようにしてください>業界のみなさん。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大改造! ビフォーアフター

 の、人間版に出てくる女の人って、悪いけど骨格レベルじゃどうしてもごまかせないよね~・・・・
 さて!(おい)結局昼間ウズウズして残業が終わると同時にヨドに直行して結局らくらくキットを買ってしまったよ~メモリや静音ファンは実働試験をしてみて気になったら逐次購入と言うことで。
 で、なんも考えずに旧マシンをバラして全てをひっこぬいて新ボードを突っ込んで全てを接続して起動・・・・・するほど甘くはないですな(笑)。何度か修復インストをしたものの、「各種セーフモードで立ち上げますか、それもとも通常で立ち上げますか」を聞いてくる画面からループになって出られない。しょうがないので明日、メインドライブを一度真っ白にして(元々動画あれこれとは独立させたシステム専用ドライブだったし)クリーンインストールしてみっか・・・なんかいろんなソフトの微妙な設定が吹き飛ぶような気がする(笑)・・・・・もうちょっと調査してみよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新生銀行

 拙者が一念発起して立案したちょっとずつ小金を貯めていこう計画、通称第1次5ヶ年経済大躍進計画~! わ~ぱちぱちぱちぱち! ってなんだこの並べてみたら地球上から滅び去ったイデオロギーの産物みたいなスゲエうさんくさい計画名は! 早晩挫折しそう! という弱気はさておき。
 拙者の主取引金融機関は郵便局である。理由は日本のどこにいってもソコソコATMがあるからであり、時間外に引き出すところが見あたらず夜の街を彷徨ったり、便利なコンビニATMから引き出せても手数料が引かれたりするのも仕方ないな~と思っていたのだった。そしてごくごくまれに、「郵便局は使えないんですよ~」みたいな取引もあるにはある。逆に郵便局でしかできないことって、そんなにない。
 そこで! たまたまこの銀行の情報をキャッチ。なんと24時間、土日であっても全国至る所にある(沖縄等一部を除く)セブンイレブンからの出し入れ手数料無料! スゴイ! でもってネットバンキング等のサイバーな方面からインデックスファンド等の投資信託的方面へのリンクも積極的であってなんだか元気がいい感じですよ! ていうか銀行のHPがこんなににぎやかなんて知らなかったよ・・・・む、頭取は外人が・・・・しかもこの銀行、聞いたことあると思ったらかつての長銀なのか。
 というわけでメインバンク変更について検討中。少なくとも臨時に開設した千葉銀行は早々に撤収だな。
 しかしそうなると各種公共料金の払い込み手続きを全部やりなおさにゃならんという・・・・うう、コレはキツイのう。1日じゃ終わらんぞ。 

 ところで・・・・拙者にとってはいつでもどこでも引き出せるという環境はあんまりよくないのではないだろうか、と脳内参謀が囁くのでした(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

造計算書偽造事件 その3

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051127-00000115-yom-pol

 このニュースはつまり国民が疑心暗鬼になってアッチコッチ建物をチェックしだすと不動産業界がタイヘンなことになってついでに景気も悪くなるから国民のみなさん、パニックにならずにおとなしくしておいて下さい、という武部自民党幹事長の発言に対して前田自民党代表がかみついたもの。
 ていうか先述の武部発言については聞いた瞬間「ああ、ソレ言っちゃマズイやろ!」と思ったが案の定突っつかれてますな・・・・暴言を吐きそうに見えて実はギリギリのところでうまいことやってた武部さんにしては珍しい失言。要は国民があっちこっち藪を突っつきだしたら蛇がニョロニョロ出てきて大事になるから何もしないで~と言っているわけであって・・・・だってそもそも蛇はいるところにはいるんだから仕方ないじゃんよ! 知らずに住んでたら地震で(あるいは地震がこなくても)潰れちゃうんだよ~蛇が出まくって不動産業界がタイヘンなことになって景気が悪くなったとして、それってマンション買った人のせいなの? 
 そういや大震災の時に耐震基準を満たしているはずなのに倒れたビル結構あったって聞いたが、アレはどうなったのかねえ。どっかの業者の非公式コメントとして「震災の時にはおとがめなしだった」というセリフもあったとかなかったとか。ヒデエなおい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今井由香まんせー

 近頃メイド喫茶なるものが繁盛しまくって勢い余って秋葉でメイド風俗を無許可で営業して逮捕されたり福岡でメイド喫茶に風俗営業法が適用されたり大騒ぎですが、店に入ると「おかえりなさいませ旦那様」とか言ってくれるらしいです。が! てやんでいちきしょうめい! 俺っちのパソコンはもう6年も前から代々、立ち上げると今井由香の声でまったく同じセリフを元気一杯言ってくれるわ! さがれこわっぱ! 年期が違う!
 って、よく考えると永いなあ。どうしてるんだろう、今井由香・・・・今ざっとネットでさらったらどうもくじびきアンバランスのドラマCDが結構最近の仕事らしい。
 ていうか最近声優をマメにチェックしてないのでもうここ数年の声優さんはサッパリわからんですよ。水橋かおりは随分ビッグになったねえ(遠い目)
 誰か元気一杯でハスキーボイスな女の子演じさせたらグッとくるような声優さん、知りませんか~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

改造計画(メカのほう)

 唐突に改造したくなる。
 拙者の旧型機『ツェッペリン』は2001年6月末にドスパラで買った組み上げ品であって、頭脳はペン3の1GHz、メモリ256MB、HDはもうどれだけ追加したか分からない(笑)スペックであるが、最近不満なことがチョロチョロ。

  1.  新型ビスマルクと違ってスタンバイ中にマウスの微動で目覚めてしまう。
  2.  以前は稼働していたDVDドライブがなんかのはずみで認識せず、現在CDドライブしか積んでない。
  3.  差し込んであるLANボードが不安定で時折ネット接続が途絶える。
  4.  キーボード&マウス切替器に繋いで使った場合、スタンバイもしくはシャットダウンの途中で処理が止まる。
  5.  録画はできるものの、DVD化処理が遅い(どのみち焼けないんだけど)。


 で、本日なんとなしにABAさんにチャットで聞いたら1はBIOSをいじくるだけでアッサリ解決。トホホ・・・・2年近くもHD動きっぱなしの省電力で留守録してたね・・・・電気だけでなくHDの耐用年数もかなり損した感じが・・・・留守録テストも成功。
 拙者の場合、4が結構気になる・・・・折角切替器があるのにこのせいで結局キーボードもマウスも2セット使っていて非常にイケてない様相になっている。調査の結果、切替器と電源回りの整合についてはメーカーも、例の「仕様で~す」の必殺技でアレだ。
 ふと、マザーボード(当然CPUも)を交換したらどうか、と思った。ちょちょいと調べてみると、ここ数年はその前の数年と違ってねずみ算式にクロック数が跳ね上がるようなこともなく、スペック的にはそんなに躍進しているわけではい。驚いたことにソケットAという規格もまだ現役だった。
 そんなこんなで2時間ほど調べてみるとそんなにハイスペックを求めるのでなければ2万そこそこで基幹部分の換装は何とかなりそうな。頭脳は聞き覚えのあるセレロンという手もあったがどうもセンプロンというのが値頃な感じ。
 価格.comをゴソゴソしている内にいてもたってもいられなくなって夕方6時からヨドバシに直行。しかし意外にマザボのバリエーションが少なく1.5万前後のばっか。辺りを見るとなんかセンプロンと対応確認済みマザボがセットになったなんだかお買い得そうなセットが。センプロン2600+とマザボとメモリ256MBがセットになって19800円とお買い得・・・・なのか? これに256か512のメモリを足さないとちょっと重いかも~と店員に言われて総合的に検討・・・・あと一瞬で買う勢いだったが一旦帰宅。
 帰宅してセットの内容をバラで揃えるとどうなるのか計算・・・・微妙。タイヘン微妙。強いて言えばCPUとマザボと512MBを同額で揃えられるくらいか。んん~。
 自動車税の還付金が旭川から届くのを待って考えよう。
 しかしマザボもCPUも交換したんじゃ、もう別人ですな・・・・ツエッペリン、ドックに入る時には戦艦だったのに改装終わったら航空母艦でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動画雑感

 溜まっていた動画をそれなりに消化しつつありますがそろそろ涙を飲んで1話も見ない内に一括削除する番組も発生しそうな予感・・・あやうし! 涼風! スピードグラファー! ガンダムSD! 妄想代理人! 奥様は魔法少女! ローゼンメイデン!(多いよ)

SoltyRei
 爆裂天使の結末のあまりの投げやりっぷりにスッカリGONZO作品に不信感を持っていた拙者ですが、あくまでもイカス動画作成集団だったGONZOがストーリー展開にどこまで関わっているか知らずに毛嫌いするのもどうかと思うし、当初ぼけっと見ていたものの、そのうち「ま~そこそこ見られる作品かも~」と思えるようになってきたような。盗賊娘の過去話とかでちょっといい感じでしたよ・・・・でもあの展開だとフツー殺されてるのは両親兄弟だろ(おい)。ちょっと不満なのはソルティの造形がかなりアニメっぽ過ぎるのと、企業ガード部門の娘達の出番がイマイチ少ないこと。今後に期待か?
BLACK CAT
 原作マンガと違って時系列順に、トレインとちょっといい雰囲気だった偽着物のお姉さんが殺害されるところからなぞってます。地味に見てるとシリアスシーンもギャグシーンもしっかり作ってある上に音楽もなかなか効いていてグッド。意外に気に入っちゃったなあ。主題歌もカッコイイ。
 でもって狙いすぎですが黒ずくめのイヴかわええのう(所詮血塗られた道か・・・・(<かっこつけんなこのその筋モンが!)
ぱにぽにだっしゅ
 まとめて見るとメソウサギの存在がちょっと余計な感じがするものの概ねギャグアニメとしては及第点をクリアしていると思われる。超個性派軍団4コマ的学園ものというのも非常によくあるが、発作的に挟まれる奇妙な演出とぶちぎった声優軍団がいい味出している。キノコが頭に寄生する回が佳作。予定外だったがATXで録画し直しだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お買い物サンダー

 拙者の半年間の研修の中で1、2を争うヘヴィな訓練といったらやはり5日間昼夜を問わずほぼぶっ通しで行われる図上演習訓練であってどのくらいヘヴィかというと詳しく書くとやんごとなき筋よりおとがめが来るくらいヘヴィでありできれば一生経験したくない訓練だ。
 で、先週1週間は、拙者達より少し遅れて研修に入った別のグループの5日間戦争に、訓練を設定するサイドの一員として参加し・・・・当然ながら当事者ほどではないにせよ睡眠不足気味なのは免れない状態で週末を迎える。しかしこの間まで教官だった人々と肩を並べて仕事をするというのはなんか奇妙な雰囲気で、楽しくもあるし、居心地が悪くもあるな。
 そんなんでほとんど施設の中に缶詰同然である以上、食事も支給されお金もかからないはずなのだが、帰宅もできず悶々と過ごしているとついついヲ的に濃いものが欲しくなり、携帯のブラウザでちょいちょいと結構な値段のモノをパカパカ買ったりしてしまうのだった。携帯でもほぼPCで繋ぐのと同然の使い勝手で買い物が出来るなんて・・・・素晴らしいですアマゾン様!(術中)

 爆裂天使で有名な知ってる人は知っている白亜右月という人の爆天を中心とした画集。とらで手にとっても躊躇した値段なのに携帯で見た瞬間クリックしてしまったのはなぜだろう。
 いや~この人は巨乳娘描かせてもえろいけど貧乳娘描かせてもえろいなあ・・・・
 惜しむらくは某ソフトハウスのゲーム『サムライジュピター』というタイトルだけでも惹かれまくりな(?)ゲームの絵師が当初この人だったのに、発売延期しまくりのあげく「大人の事情」により絵師が交代してしまったことだ。見たかったよこの人の絵でサムライジュピター。しかしタイトルだけではどんなゲームなのか見当もつかない(笑)。


 知る人ぞ知るサッパリアッサリしたシックな絵を描く絵描きさん。関与作品はゲームでは『みずのかけら』『てんしのかけら』、後、その筋最右翼の非一般月刊コミック誌の表紙を毎号飾っておられます。このブログは一般指定であるのであえて誌名は明かしません(笑)。
 内容は18禁ゲー(言ったそばからお前・・・・)『Inclusion』の画集・・・・ていうか丁寧に読み込んだらゲーム買わなくてもいいようなストーリー解説書兼画集(ゲーム内容は団地を舞台にした連続殺人の謎を解くAVG)みたいな感じなのですが、相変わらずなんというか背景やシチュエーションにも手を抜かないしっかりした絵ですな・・・・ぬ~『てんしのかけら』は買ったけどやってないし『Inclusion』は買ってもいないしのう、欲しいのう・・・・と、そのむかしこの人の初画集を買ったような気がしてふと見たくなる。家計簿で確認するとしっかし2002年の秋に立川の書店で買っていた。部屋中のダンボールを荒い梱包リストを手がかりにひっくり返しまくるが2時間たっても見つからない。貴重な週末の午後を潰して見つからない・・・・もしかすると千歳を出る時の大処分の中に紛れていたか? 悲劇の再度購入を要求されるのか・・・・と思ってアマゾンで探したら絶版な上にプレミアがついているではないですか! くそう・・・・と思った瞬間ひらめいた箱を探したら発見。いやいやいや・・・・ていうかもう開梱してみるとあれだけ処分したのにまだまだ「ああ、これはもういらねえなあ」という本は結構出てきますな。うう~ん。1週間くらい休みもらって整理に没頭した~い(ダメ社会人)。


 5年間千葉にいたときには随分釈由美子の写真集に金を突っ込んでいた気がしますが時が流れて現在はハズかしながら安田美沙子でございます。だってこの絶妙なバランスの身体といったら・・・・これを拝まずに長生きできましょうか。つるかめつるかめ。

 これらの買い物に加えて予約しておいたFate外伝のサントラも発売となったため、金曜帰宅するとそれらがドカドカ届いてうれしい悲鳴だ。グエー(笑)。
 たまには動画を見まくったりゲームしまくったりせずに画集を眺める週末の午後もオツなものですの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

構造計算書偽造事件 その2

 事件の構造としてはちょっと変わった名字の設計士のズルっこに、安上がりだからとみんなが乗っかりまくったというものなので、純粋に単独犯行とは言えないかも知れないが、事件の広がりようによっては一人の人間が基幹となる犯罪事件において日本犯罪史上まれに見る被害総額を叩き出す可能性があります。我々は今、歴史の生き証人になろうとしていますよ!(<うれしそうだなお前)多額の詐欺事件は多々ありますが、ビルだマンションだのガタイがデカイぶつがからむとケタが違いますからな。 「天下一家の会」事件の被害総額いくらだったかな・・・・(検索中)・・・・うっ、1900億円・・・・ネズミ講も結構侮れないな。さあ勝つのはどっちだ!(<ヒドイ)
 そして誰もがチラリと考えつつ考えたくもないのであまり触れたがらないのが・・・・「コストダウンのプレッシャーを感じて」ヤバイ計算書を作ってしまった設計士が、果たしてこの国でタダ一人なのか? という・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原宿と東郷さんと重金属雷

harajuku
 原宿である!
 ていうか東京といって自信を持って歩き回れるトコロと言えば秋葉原は当然として神保町、新宿電気街~新都庁、アメ横、築地、佃島、浅草、巣鴨・・・・って少なッ! ていうかじじむさい! という関東ビギナーしかも魂を秋葉原においてある拙者が一頃ほどではないとはいえ、日本のファッションのトップ集団のたむろする原宿駅なんぞに下車した瞬間駅員に拘束されて山手線に押し込まれて秋葉原に強制送還されそうな疎外感をビシビシ感じつつもなんとか駅員に気づかれずに下車(気にしすぎだよ!)
 土曜日は有名鞄メーカー『POTER』の・・・・関係はよくわからないがデザイナーが一人よけいに噛んでいてブツが原宿のソコでしか売っていないという関係ブランド『HEADPOTER』のお店を目指して竹下通りに侵入・・・・って狭い! 狭すぎるよ~これじゃあ有事の際に緊急車両が通れません。古着だ輸入ランジェリーだスニーカーだと可燃物満載なのに心配です(<現実逃避)
 「おしゃれな人々!」(少数)&「おしゃれになりたい人々!」(多数)でごったがえす竹下通りですが、中には「俺はなあ、ひいじいさんの代からここに住んでんだべらぼうめい」みたいなじいさんが普段着で闊歩していたりするので安心だ。
 当該店が生意気にも看板も出していなかったため見つけるのに意外に時間がかかる。ていうか出せよ看板! エライ自信満々だな。好きな奴か勝手に見つけれってか?
 しばらく吟味してその良さと人気はだ~いたい理解したが、別に緊急最優先に欲しいわけでもないので15分ほどで辞去。しばらくおのぼりさん丸出しで竹下通りをウロウロした後、千葉にも一杯店があるABC-MARTで店員と相談の上スニーカーを購入。まあホーキンスのトレシューの半分の値段なんで、お試しに。ブツはコレに近い。ちなみに拙者のはつま先は黒くなく白で、靴ひもは白いジーンズとのバランスを考えて黒に換装している。
 でもってBOOKOFF原宿店で竹本泉の本を5冊も買ってしまうアタリがもうアレですな。
togo
 そして竹下通の上にある看板をふと見つけて脇にはいると東郷神社・・・・こんなところにあったのか・・・・とりあえず参拝。選択問題の回答が当たりますように・・・・(勉強しろ!)(<ていうか今更選択問題とかねえよ!)
 ひとしきりウロウロしたのでそのまま秋葉原に直行して同人誌を7000円ほどあさり帰宅、その後大学後輩宅(木場)にて鍋会。『アドベントチルドレン』の感動的な出来に加えて一部で話題沸騰の驚異のバカソフトPS2の『ヘヴィメタルサンダー』の超ド級怪作っぷりに悶絶。大塚明夫、小野ヤスシ、愛川欽也等が続々声優として無意味に登場しゲームのほとんどが力技ムービーという地雷モノ。ぜひお試しアレ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

受信料問題

まだ案の段階ですが・・・・政府の規制改革・民間開放推進会議が12月にまとめる最終報告に
〈1〉地上波のスポーツ中継やドラマなどの娯楽番組、BS(放送衛星)デジタル放送は、受信料を払った人のみ視聴可能なスクランブル方式を導入する
〈2〉ニュースや災害情報など公共性が高い番組は従来通りの方式で放送する
 という案を含めようとしているニュースなわけです。

 ふふふ・・・・大した自信ですな。
 メディアというものはヨソのことが報道せんでいいこともバンバン報道するくせに自分たちの不利なことは当然ながら報道しませんから、報道被害とか、大手スポンサーがらみの不祥事は全社一斉でないと報道しないとか(保険会社等)、官僚の天下りは厳しく糾弾するのに広告会社とメディアの間の「民→民天下り」についてはノータッチとか、公務員の各種手当の手厚さについてはうるさくつっつくくせに報道関係者自身がどのくらいの勤務でどのくらいもらってるのかとか全然ふれないし(なんか終盤私怨が入ってないか?) それでよくライブドアや楽天がメディアに参入しようとするときに「公正な放送が損なわれる!」とか偉そうに言ってるな~お前らそんなに特別な人間なのかよ。
 で、この間知人と話していて浮上してきたのは、番組ごとの視聴率はよく報道されるものの、TV番組そのものの見られる率は、ココ数年で絶対に下がっているはずだという話。すなわちケーブルテレビやらスカパーやらテレビゲームやネットやら・・・・ま~その、ヲ系が多いですが、在宅娯楽が多様化しているので、特に若年層のTVそのものの視聴率は絶対下がっているはずである、と。
 で、もし上のような計画が実現した場合、「非常時のニュースが見られるんだったらいいや~」と思い切ってバッサリ切る人間が相当数出ると思うんだけどな~。どうだろうか実際。拙者は元々ニュース代のつもりで受信料払ってるし、ドラマは全然見ない・・・・ものの最近段々BGM代わりにバラエティーを流しているしNHKの特集はたまに結構面白いからなあ・・・・痛しかゆしだなあ。
 この一連の受信料問題の解決策はどういう落としどころになるんだろうか。英BBCの例とかがどっかに紹介されてたけどどんなんだったっけ~。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

構造計算書偽造事件

 はははは。いや失礼。
 今のところいやにのほほんとしている設計士だけにスポットが当たっているがじわじわと検査をパスさせたイーホームズという会社に矛先が移りつつあり、販売から発注から施工から野火のように責任問題が広がっていく様が目に浮かぶ・・・・・コストダウンに関する認識がどこでどう暗黙の了解のもと暴走していったのかが捜査機関の今後の解明目標でしょう。
 特にマンションに関しては住民に関する救済策がすでに立ち上がりつつあり全額返還を決めた不動産販売会社もあるようでなんとかなりそうですが。今後住民もしくは被害者の側に回った(あるいは回りたい)各会社から民事訴訟を起こされるのは間違いなく、いったい総額いくらになるのか、誰がどれだけ払うのか見当もつかん・・・・ていうかその額がどのくらいになるのかが気になるな。
 設計士が結構平気なツラをしている点について「いろんな会社の了解を経てやっているので自分だけが悪いという認識がないのでは」と指摘をしていたメディアがあったなあ。さ~どこまで引きずり出されてくるのでしょうか。(楽しそうだなお前)
 でもまあ、どっかの国のデパートみたいに崩れてしまう前に発覚してよかったヨカッタ。・・・・他にもなんだかありそうな気がしてきた・・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

改造計画

 先日紹介した『脱オタクファッションガイド』という本はもともと著者のホームページがあるのを書籍化したというモノであって、内容のほとんどについてはホームページで見ることが出来る。ページはココ
 で。自分の身につけるものに気を遣うなんてことは今までなかったのでいざなんとかしようと思ってもどうしていいかわかんないというヲタを狙い撃ちでありヲタ人口限定だが大ヒット間違いない! とか思ってるのですがどうでしょう売り上げ。
 それはともかく拙者は別にバンダナとか指ぬきグローブをしているわけではありませんが、よそ様から見たら同じ穴のムジナなのではないかという警戒の意味も含め、しかしうのみにはしないようにして慎重に読んでみる。気になったものだけ抜粋。

「太っている人はまずやせる努力を」
 わっすごい! 半ページで「まずやせましょう!」 大型書店の棚1コ2コを平気で占拠するダイエットをあっさりと・・・・まあそこは主じゃないし、拙者は太ってませんが。
「垢抜けていない人は、ほぼ間違いなくスーツ用ローファーや"GT-HAWKINS"を履いています。これでは、どれだけ良い服を身にまとっても台無しです。」
 げーん! 真っ赤なホーキンスのトレッキングシューズは拙者のお気に入りなのに・・・・零下30度の名寄の雪道もへいちゃらな・・・・
「オタクファッションがなぜオタク的かというと、おそらくTPOを考えない硬直的な運用にあると思われる」(洒落モノ同期:談)
 そっそうだったのくわ~そういや年中はいてたな・・・・ぬ~。
 ちなみにたびたび登場するダメアイテムとして示されている『ハイテクシューズ』とは、拙者が毎日12km走って膝をぶっ壊しそうになったのであわててスポーツ用品店に買いに行ったような『走るために科学の粋を結集したような』シューズらしい。
 というわけで定番的にはこんなのがおすすめのようだ。う~んでも拙者定番白いジーパンに白いスニーカーっつうのはちょっとな~。と思ったら。
【 昔ながらの白・黒・水色ジーンズ 】
 グハッ!・・・・そうですか、古いですか・・・・ぬぬ~しかしこれはもうかなり気に入ってるのでどうかこれだけはお代官様~・・・・まあ全否定しているわけではないので、トータルコーディネートするときに気をつけてみよう。しかし意外だな~。
×リュック ○ボストンバッグ
 ま~リュックがそれっぽいのはわかっていましたが。ええ、わかっていましたが使っていました。ボストンに○がついていますが他にもトートバッグや薄手ショルダーもいいそうです。というわけでPORTER TANKERの9311を先週末千葉の吉田カバンで物色。んん~軽くて丈夫なのが売りなんですな。意外にモノも入るらしい。しかし17000円か。ボーナス待ちだなあ。ちなみに拙者はちょっとした鞄持ち、いや政治家秘書じゃなくて、結構使いもしねえ鞄をいっぱい持ってるわけですがそれはちょっと別で。
 ウロウロしているうちに無印のパラシュート生地でできたボストンバッグを衝動買い。これもいいと思う。肩にかけられるハンドルの長さを重視。

 ちなみに靴については金曜に仕事がひけてからABC-MARTに吶喊して店員にイロイロ聞くがこの日は購入を中止。スポーツシューズのコーナーでピンと来なかったのでうろうろしているとちょっといい感じの変な(危)スニーカーに惹かれる。メーカーは「ホーキンススポーツ」・・・・ああスニーカーも作ってるんだね、いいなあ・・・・(あれ?)(※)

 今日はこの辺で。鞄とか手帳とかそういった小道具はスゲエ大好きであり使いもしねえのに凝るのが好きなので、これを機会にまたゴソゴソ買い込んでしまいそうな予感。

(※)ホーキンス全否定というわけではなく要はやはりコーディネートの問題だと思われ。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

漢殺しプリン地獄

 プリン付いている。ていうかプリンおいしい。つーか毎晩食ってます! 寝る前に!(<寝る前に!?) だって空腹状態ではなかなか寝付けないんだも~ん(<子供ストマック)
 発端はAQUAの2巻の番外編で藍華たんが「プリン食いてえ!ていうかむしろ食わせろ!生クリーム乗ったヤツな!」とゴンドラのオールで灯里をしばき倒しながら吠えるシーンにいたく感動し(註:そんなシーンはありません)試しにコンビニで買ったテキトーな生クリーム乗せプリンを食べたら・・・・あら~おいしいわ~
 ということであちこちのプリン(ただし買い食いには微妙にセコいので200円以下)を食い漁った結果、イトーヨーカドーで売ってるウエストがくびれた容器に入っている生クリーム乗せプリンがかなり値段と味がいいバランス。おいち~(32歳男性・独身しかも軍人)
 次! 同じく上記プリンの近くにおいてあった黒ごまプリン! これもスゴイ! 以前銀座のデパ地下で売ってたのに匹敵する旨さ! 黒ごまの味がもはやパンチだぜ!
 次! コンビニでもちらほら出ている『なだ万』監修の白ごまプリン! プリンと言えばなんとなく黒ごまという古典観念を覆す逸品。タレもカラメルではなく黒蜜! グッジョブ!(<タレってオイ) なだ万っつったら神田川・・・・か道場だったか、とにかくよくやった! うまい!
 次! といきたいトコロだが上記のプリンを交代で食ってるだけでかなり満足なので。同じ値段なら菓子パン食うぜ~と思っていたがなかなかプリンも捨てたものではないですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

砂漠のキツネ

 拙者の所属機関では毎年1月にエリート士官への道が拓ける選抜試験(1次)が行われており、おおざっぱに言うと大尉以上であれば筆記試験次第で誰でも通れるわけで各兵科とも自分の手のモノを送り込もうと必死なわけであります。要は10数年後の最上層部の勢力圏に関わるわけなので。
 で、先日終了した長期研修が終わるまでは拙者も必死こいて頑張る真面目な同期たちにまじって「うう~んまあ、がんばってみてもいいかナ~」と瞬間的にも思っていたのですが研修が終了した瞬間憑きものが落ちたかのようにやる気がまったく消滅してしまってもう口から吸ったたばこの煙を鼻から出すような怠惰な生活(比喩)を満喫しまくりであるわけですがそれでも義理と人情で模擬試験に参加しなければならず昨日水曜から金曜まで、朝から晩まで試験試験・・・・ていうかマッタク勉強してない人間がヘビーな試験を受けるとどういうことになるかというと、そうさのう、石ころ絞って水を出すというか、もう辛いのなんの。かんべんしてよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あいあいあ~☆

 ぱにぽにOP2『ルーレット★ルーレット』がものすげえ電波ソングになって脳内を走り回っている科神です。まわる~まわってく~あいあいあ~☆
 ああでむぱが。
 ていうかスカパーの予約受付が満タンで手動でやっているうちに録り忘れがちょくちょく発生し、再放送も逃してしまう等、もうなんか限界な感じであります。近い時間で同じチャンネルの番組同士を同じ予約でくくる等して再編成したものの、クラスターエッジも第1話をウッカリ逃してしまいかなりブルー。ていうか今数えたら地上波スカパー合わせて週に34番組録画しており単純計算でも週17時間を割かないと見切れないということに。これに過去に溜まっているもの、ゲーム、ネット、読書等入れるともう定年退職悠々自適じじいも過労死する勢いだ。なんとかしなければ。
 ということをもう何十ぺんもここに書いているような気がするがどうにもなっていないので何十ぺんも書いているんだよコノヤロ!(<何に怒ってるんだ!)(<決まってる!自分にだ!)
 しかしざっと見たところ・・・・どれも面白そうだぞチクショー!(爆) ううむ恵まれた時代に生きているものよ・・・・現在スカパーで録画しているものは、ARIA、ガンダムSD、DCSS、エウレカセブン、銀盤、一騎、ROD、ブリーチ、ローゼンメイデン、舞姫、神無月、かみちゅ、サムライチャンプルー、GPMオーケストラ、地獄、ノエイン、ゲイナー、BLOOD+、LOVELESS、ご主人、以上。これに深夜地上波Canvas、ぱにぽに、ガンソード、涼風、エンジェルハート、ソルティレイ、シャナ、黒猫、トロイメント、プリキュア、ウルトラマン、蟲師、エンタの神様。
 ぬ~。内、録画しっぱなしで一度も見ていないものはガンダム、エウレカ、ブリーチ、神無月、かみちゅ、GPM、地獄、涼風、エンジェルハート、トロイメント、ウルトラ、舞姫。
 GPMと舞姫以外は思い切って切ってもいいかのう・・・・「何話か見てダメなら切る」という作業をサボっているとこうなるのでよい子は真似しないように!

 ・・・・今年中に歯石を取ってもらおう(唐突な!)(<逃避だよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裸足のトンカ

 拙者の今の職場では毎朝平均して12km走っているわけですが流石に3週目ともなると先週の疲れをそのまま持ち越したまま突入するためもう膝も足も結構な状態であります。このトレーニングそのものを統括する陸軍中尉(たたき上げ)が「どうですか副長?だいぶタイムもよくなったでしょう?」と白い歯を光らせて問うのだが、どう答えたものか。週2回は行われる、12kmランニングの後の1000mタイムトライアルのタイムが、トレーニングに参加して計測を始めた10月半ばから、落ちる一方だということを、どうやったら理解してもらえるだろうか。階段の上りでつまづきがちになり、自転車に乗る時も足が上がりきらず車体に引っかかる状態を、なんと説明したものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

yellow cherry pie/鈴玉レンリ/コアマガジン

 鈴玉レンリのえっちまんがはなんつーかこう、ラブラブで甘々で。最近はムリヤリとか陵辱系のコンテンツが幅をきかせてますがもう素直にラブラブで甘々です。んー、sweet。
 しかしこの本を入手するために千葉の本屋を数軒回って断念、結局アマゾンで発注したわけだが、千葉市においてはこの手のブツは夜7時にメイトが閉まってしまうと事実上調達できなくなるという状況であって、平日に買いに行こうと思ったらかなり制約があるような気がする。なにわ書房的書店が一件欲しいところだな・・・・習志野まで行けばツタヤにあるような気がするが。
 よく考えたら千歳においても同様の不便があって結局土日に札幌に出てきて買っていたような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クローズアップ現代/年金保険

 投資信託の一種と思われる資金運用型年金保険が金融ビッグバンでもって銀行窓口でも扱われるようになったため、元本割れなどの貯金とは違ったリスクについてよく理解しないまま定期を解約した金を突っ込んでトラブルになるお年寄りが激増。問題はどこにあるのかのリポート。
 「カードの切替のために支店に呼ばれてその場で年金保険を勧められた」という冒頭の一例はちょっとおいておくとして、こういう問題だととかく銀行が悪く言われがちだが、銀行だってそこいらの悪質リフォーム業者のように一撃離脱で金をかっぱらいたいわけでなく、窓口でそれなりに説明を尽くして契約をしているはずで(トラブルを警戒した銀行側も、年配の人専門の営業を配置したりと工夫している)。しかしじいさんばあさんが持ち帰った契約書を家人が読んでリスクに気づき、解除しようとするが窓口契約にはクーリングオフが適用されず解除のためにいくらか手数料を取られて納得いかねー! みたいな展開に。
 ていうか若い人でも理解しがたい複雑怪奇な金融商品(デリバティブとかなんとか)もあふれる昨今、窓口で丁寧に説明されても「ああはいはい、とにかく全部おまかせします。銀行さんなら安心だ」という状況になっていることは容易に想像がつく。取材に登場するお年寄りたちから二言目に漏れるのは「銀行だから」(=元金は保証されてるだろう)という思考停止である。酷なようだが自分の金なんだから、時代の変化に合わせて勉強するなり、よくわからんものには手を出さないとかしようよ・・・・と8割くらい思うのだが、そういう国民を大量発生させてしまった永きにわたる過保護行政にもちょいと責があるのではないかとも思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦略機動軍

 あ~。まだ気配だけなんで何を根拠にとか言われると言いにくいし言えない部分もあるわけでえすが、どうも拙者の間食もとい感触では早ければ来年春に今のラクチンでしょうがねえ職場を転出する可能性があります。何の根拠もないですがおそらく7割以上。でもって転出となった場合、3分の1の確立で千歳に・・・・ってオイ! 年に2回も海を渡らせますか! 
 ま~残りの3分の2は関西にしてあるんだけれども、ポストが空いてりゃどこの法律ポストにでも飛んでいくのでどうなるかサッパリであります。もうちょっとしたら目鼻つくかな~。
 しかし独り身だからいいようなものの、家族連れだったらタイヘンですよこんな駒みたいにさあ・・・・あ~、独り身だから激しいのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

脱オタクファッションガイド/久世/オーム社

 イエスは言われた。「あなた方はなぜバンダナをしているのですか。」問われたペリシテ人は答えることができなかった。イエスは続けて言われた。「あなた方はなぜ指抜き革手袋をはめ、髪を伸ばし放題にし、分厚い丸メガネをかけ、シャツをズボンの中に入れ、パンパンのショルダーバッグもしくはリュックを下げ、ツータックパンツをはき、ウエストポーチを愛用し、ゴツイハイテクシューズをはき、甲高い声で早口に話し、太って汗くさいのですか。」いずれのペリシテ人も答えることはできなかった。誰もうすうす自分たちの装いが一般的にイケてないことに感づいていても、それ以外の選択肢がイマイチ思い浮かばず、仲間内だけで固まっていればそのままで何の不自由もないと漫然と過ごしていることを恥じていたからである。イエスは言われた。「主よ、彼らは自分たちがどれだけ見た目で損しているのか、気づいていないのです」(ペリシテ人への第666の手紙第5章122)

 ・・・・最近聖地を巡礼するたびに、渋谷や代官山を闊歩する若者たちよりよほど自分に近い存在であるはずのとらのあなやメッセサンオーやソフマップに溢れるその筋モンの発散する独特の雰囲気に近親憎悪的な感情を抱くことが多くなった。なんなのか。あの電車で乗り合わせる多くの人々とは明らかに違う、あの独特の目つきは。あの群れると発揮される甲高い早口のおしゃべりは。体臭は。そしてその見苦しいスタイルは・・・・
 そこで我に返る。彼らと自分の間に線を引いているふりしても、カタギの方々から見れば拙者も同じ穴のムジナなのではないだろうか。

 べつにことさらおしゃれしようというわけではないが、せめて人並みになるにはどうすれば。しかもソーユー情報を自ら隔絶してきたためイキナリファッション雑誌を物色しようとしてもまず用語がわからない。「ターコイズって何色なの?」「カットソーって何だ!(汗)」何から始めていいのかさっぱりわからん!
 そんなアナタに朗報! ていうかそういう潜在的に少なからず存在するその筋モンを狙い撃ちにして発売されたのがこの本であって、ハイ、狙撃されました。
 聖地巡礼のたびに「あ~あのカッコはイタイな~」と感じるカッコだけは避けようとしてきただけなので、それ以上のものを求めようと思ったらイロイロ参考になる。
 当初、上述のその筋定番等のカッコについてバッサリだめ出しし、トップスの選び方→ボトムス→髪型→カバン等の小物→コーディネートの順番で、専門用語を避けつつ必要であれば解説つきで、値段付きの例示等とあわせて丁寧に説明。そうですか・・・・リュックやトレッキングシューズはイマイチですか・・・・リュックはともかくシューズは結構自信あったんだけどな・・・・そういや元々雪道で滑らないために選らんだんだったなあ。
 なんとな~く主対象が20代中盤までのような気がするが、ま~応用を利かせて自分で研究してください、ということでしょう。

 ところでこの本はその筋向けらしくショートコミックがところどころに挟んであって、学校で一目惚れした女の子がオタク嫌いらしいのを聞いてショックを受けたところで服飾専門学校に通う幼なじみ(♀)と再会! アドバイスを受けつつ変身を目指す! というツカミであるわけだが、プロローグを読んだ瞬間巻末まで一気に移動してなんだかんだでその主人公と幼なじみがくっつくEDを確認し「ふふふ・・・・なんとお約束な・・・・」と予想が的中したことに満足してそのまま一旦本棚にしまってしまった拙者はやはり主はお救いにならないのですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイドラインブルー一気見

 溜まっている動画を一気に処理しよう第1弾! というわけでなかなかアニメでもないジャンル、潜水艦モノということで結構期待してたんですよ(<ならさっさと見ろよ) って小澤さとるじゃないですか・・・・好きだなこの人も。潜水艦。しかしアレですよ、ロボットアニメはあんなに一杯あって、「ロボットアニメ」というジャンル分けもしてもらえるのに、イマイチぱっとしない潜水艦モノ・・・・海洋立国ニッポンではもっと海洋冒険モノをどんどん推していくべきですよ! アスラン・ザラに憧れてもモビルスーツのパイロットにはなれませんが、海江田士郎に憧れたら潜水艦乗りになるじゃないですか!(?)
 というわけで一気に見たら、さあ~ここから盛り上がっていくよ~新国連と2大国は今後どんな関係になっていくのか、原潜ユリシーズの今後の行動は・・・・って、ええ!? 12話でおしまいですか!? 全然話しオチてないだろ!? と慌ててサイトに見に行くと「最終話13話はDVDに収録! 現在急ピッチで制作中!」ってオイオイ! 制作中? 大丈夫かよ! つーかコレ、打ち切りなんですかのう・・・・もっと国を挙げて潜水艦アニメに助成金出して(そこまでするか)1クールに1本くらい必ず潜水艦アニメ入れるとかしないと、やっぱり人気も出ないよねえ・・・・あ、でもCGは青の6号よりかなり進歩していて好感が持てました。
 最終話見たいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

性犯罪 再犯をどう防ぐか/NHKスペシャル

 昨年奈良で発生した小学生女児誘拐殺人を話の端緒として性犯罪の再発の高さを指摘し、性犯罪に特化した再発防止策がほとんどなされていない我が国の更正制度の不備について警鐘を鳴らすルポ。被害者への謝罪も罪に対する反省もなくただ出所を目指して真面目に勤める受刑者、出所者の就職の世話や生活相談が主たる業務だったのに突如精神科医並の仕事を求められて戸惑う保護司たち、出所後も厳しい管理を行うカナダの司法態勢・・・・。
 ちょっと犯罪史をひもとけば、性衝動による誘拐殺人という終着駅(<検挙されればそうそうは出てこれないという意)に到達する人々はたいがい以前にもっと微罪での逮捕歴が大概あることはすぐわかる。窃盗強盗詐欺恐喝のたぐいと違って人間のもっと”根源的なところ”から”出てくる”犯罪なので通り一遍の対処では完治しない・・・・そう、拙者はこの辺りを『社会的な病気』と感じている。すなわち『幼生体ラブ!』という性的嗜好が、それを許さない社会によって『好ましくないイレギュラー』とされる、すなわち広義の病気となるわけで。人の性的嗜好がいつ、どのように決定されるのか拙者は知りませんが、そういう好みというものはもう生半可なことでは『治らない』んですよ。奈良事件の小林被告にしかり、こないだ大裁判になったマイケル・ジャクソンにしかり。マイケルは10年ぐらい前(うろ憶え)でも同様のトラブルを起こしたが、札束が移動したのかそのごうやむやになっている。でもどう見てもクロでしょあの人。金さえあればまたやるよ。
 だから強盗その他の人々と同じプログラムでは到底改善されない。法務省が導入しようとしているカナダ形式をそのままやるとするならば、出所後も共同生活させてカウンセラーや精神科医が常駐する施設を作らねばならず・・・・どこに作るかでまた地域エゴと衝突するんだろうなあ。刑務所は誘致する自治体がたまにあるけど完全隔離でないし、集合する人が人だからね。
 ま~そういうわけなんで・・・・マンガやゲームくらいの代替手段は、いいじゃないですか~>東京都(結局そこか!) しかしたまにゲームも見てみるともう一頃騒がれたのがウソみたいなやりたい放題っぷりで流石の拙者もやや引きますヨ。「このゲームの登場人物は全員18歳以上です」・・・・・この子ランドセル背負ってますから!残念!(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GHOST IN THE SHELL in NHKスペシャル

 ちょっとちょっと奥さん! ていうかいやースゴイものを見てしまいまいした~こんなに技術が進歩しているのにマッタク関知していなかった拙者は元がつくとはいえ科学マニア失格ですフォー!!(<ハイ)。
 立花隆が語り手となる現代サイボーグ技術最先端ルポなわけですが、神経から情報拾って自在に動く義手くらいではまあまあ、「あ~そういうのも出来てもいいころだよね~」と思うわけですが、100ドットくらいだけども見えるようになるCCDカメラを利用した義眼(<しかし担当科学者が志し半ばに死んでしまったため事後のメンテナンスができず、現在6ドットらしい・・・・ていうか資料残しとけよロストテクノロジーになっちまってるだろ>科学者)(<でも全盲よりはかなりマシ)でもビックリなのに、脳に電極差し込んでパーキンソン病や鬱病まで治してしまう技術にちょいびびり、ラットに電極を取り付け、左右に前進するよう指示を送り、指示に従うと快楽中枢が刺激され結果として無線信号のままに前進するように改造! ともなると「・・・・ええっ! ちょ、ちょっと?」となって、さらに極めつけはラットの海馬(<脳の記憶を司る部分)を解析してメカニズムを再現した人工海馬マイクロチップ登場! 外部記憶OK! ともなると「い、いいの? コレほんとにいいのか?」と思わず自分でも予想しないことをしでかしてしまって思わず後ろの母親の顔を伺ってしまうキモチになる勢いだ。
 しかしもう、この勢いで10年もたつとマジメに攻殻機動隊の世界へようこそという感じであってかなり戦慄だ。当然ながらNHK&立花隆は「この技術は素晴らしい可能性も秘めてるんだけども、使い方を間違えるとうんぬん」というポジションであって国防総省のプロジェクトにも触れ警鐘を鳴らすという予定調和的なオチなわけですが、いやもう間違いなく軍事利用されるでしょこんな便利なの。しかも数倍の筋力を生み出すパワードスーツは実は筑波で作られているんですな! 半世紀前と現在の技術力の差を考えると、半世紀後世界はどうなってしまうんでしょうかとかなり真剣にビビッったスペシャルだった。やるなNHK。ちなみに拙者と9課荒巻課長はかなり歳が近いです。
 そして明日は性犯罪防止特集。二日連続かよ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fate/hollow ataraxia 完結

 結局100%に達するのに40時間ポッキリ・・・・って、本編並のボリュームのファンディスクですぞ! つーかその細々とした爆笑イベント&しんみりイベントのおもしろさといったら同額同人誌の200倍はあってヘタなアニメを40時間見るより400倍有意義な時間を過ごさせてもらった。新キャラの割にイマイチ出番の無かった新キャラ二人(3人?)も、それ以外のイベントを全てクリアすると見られる『後日談』で堪能できます。バゼット、堅そうに見えて隙だらけすぎ(笑)ラブ!
 や~冬コミが待ち遠しいですな・・・・時間的にちょっと厳しいが、がんばれ同人作家ども! 寝ずにペンを走らせろ!(笑)

 しかし俯瞰で見ると間桐桜→士郎のラブ描写は圧倒的に増強されている気がする一方、セイバーと士郎の間にあるのが恋愛感情であるという感じはどんどん薄くなってきている。なんつうか、こう、保護者だなあ(^^;)。凛と士郎もなんつ~か、凛が強力過ぎてバランスが悪いというか、師匠と弟子カラーの方が強い気がする。
 ライダー→美綴が百合っぽくなってるのやら、ゆきっちの意外な気になる相手等、新設定も続々登場。ていうかホントオイシイキャラてんこ盛りだなあ・・・・それでも伸び率No.1は薪寺だと思う(笑)。濃いな~。

 さ~またシーン再生見てぼーっと幸せになるか・・・・まずは『間桐桜のデスノート』・・・・(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京モーターショー

 を、見に行く(3日)。なにしろ東京モーターショーと言えばグラビア誌のキャンギャル特集を通してしか知らないので(<偏ってるヨ!)(<はい、偏ってマス)近所のよしみで行ってみることにする。・・・・しかし幕張と言えば千葉市内に在住の拙者からすればなんとなくご近所のような気がするのだがJRで行くと接続がヒッジョーに悪く、1時間もかかるのはどうかと思う。秋葉原まで行けてしまうではないか。
legion
 しかしもうスッカリ家族連れで行くイベントなのな・・・・一番海浜幕張駅に近い入り口から入ったらタイヤを始めパーツ業者のブース。いるわいるわ、艶やかなお姉ちゃんたちとそれをとりまく服はみすぼらしいのにやたら高そうなカメラを持った野郎どもが!
 ていうかそこいらの家族連れよりも拙者の方がよほど彼らに近い存在であるわけだが、いやまあ、折角だから車見ようよ。車・・・・というわけで左に示す写真はその群がる人々の写真(何撮ってんだよ)。念のためですが彼らは手前のパンフも持った姉ちゃんに興味があるわけではなく右奥の光る柱の陰にいるへそ出しお姉ちゃんにフラッシュを浴びせているわけであります。全部回った後で考えると本日のキャンギャルさんのウチ最も露出度の高いデザインでした(<見てるじゃん!)。
 右前方に進んで西館に入るとマツダのブース~ランドローバー、アストンマーチン、ジャガー、ボルボ、フォードの順で東進。ジャガー、ボルボはともかくアストンマーチンはなかなか街で見られないので「おお、これがボンドカーか」(<偏見)感心する。チラリと見えたマイバッハの文字・・・・マイバッハ! マイバッハと言えばドイツの戦車のエンジンメーカーではないですかマニアなら一度は見ないとできれば戦車に積んだるヤツを!(スイッチオン) 車も作ってたのね~と思ってよくパンフを見たらとっくの昔にダイムラークライスラーに吸収されてブランドの一部になっているらしい。諸行無常。
 日産の巨大なブースはしかしみっちり黒山の人だかり。噂のコクピットがグルグル回る車が売りらしい。そんないつ認可が下りるかわからない夢の車にはあんまり興味がないのでそのままずんずん通過。シトロエン、ポルシェ、マセラティ(初耳)、ルノーを冷やかして中央ホールへ。
bego
 中央ホールは三菱ダイハツトヨタがほぼ半分を占領。ちょっと注目したのはダイハツのブースのあんまり人のいないステージ(笑)にコッソリおいてあったどうやらテリオスの後継種らしい小型ジープっぽい四駆車(Be-go)。や~結局こういうの好きですな。しかし排気量を1500ccにした他は正直いってあんまり代わり映えしない感じ。しつこいようだかもうちっと静かな室内をお願いしたい。いつ出るのかしら。
 でもってついこの間からご贔屓にしているフォルクスワーゲン。意外にデカイブース。ポロのGTI・・・・いいなあ、欲しいなあ、でも高いんだろうナ~。強力そうなので燃費も悪そう。ゴルフ新型も素敵。
 瞬間的にスゴイワーゲンファンになってしまっているので、ローン払い終わって四年ぐらいしたらランクルタイプのトゥアレグ欲しいわ~と思ってしまったりするのですが。
 東ホールはスバルとスズキとホンダが主役。原因不明だがなぜかスズキブースが撃混み。
 二時間ほど堪能しておさらば。1200円か~、まあまあね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Fateとモーターショー

 発売までスッカリ忘れていたFate外伝というファクターのためのびのびになっていた東京モーターショーに詣でる。よく考えると初訪問だ。いろいろ感じたことはあるのだがもう寝るので詳しくはまた後日。
 でもってそのFateだが水曜晩に27時間、70%前後で一応の真EDにたどり着く。前作では語られなかった英雄たちの哀しい話もさることながら、ラストで明らかになる真の外伝の主人公の話もなかなか切ないものだったりするのだが、終わってみるとなんだかええ話やな~となってしまうから不思議だ。それにしてもキャスターとライダー出番激増し過ぎだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »