« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

Fate/hollow ataraxia

 17時間32分。60%。
 かー! ていうかもうFate本編発売以来、そこら中に溢れかえった同人野郎たちの妄想や怨念をTYPE-MOONが拾い集めて凶悪にも具体化してしまったという感も否めない程の抱腹絶倒萌萌のエピソードの連発に本紙記者もたちまち昇天!の勢いだ。特に本編体験版であれだけのキャラをたてておきながら本編でほとんど出番のなかった陸上部3人娘の大暴れっぷりたるや、もう、大変です。いや、主に暴れているのは約壱名ですが(笑)。
 本編で地味な存在だったのにラストシーンで多くの度胆を抜いたライダーも存在感バリバリ。そして相変わらずの連中は相変わらずであり、セイバーは食いしん坊で、凛は強がりで、イリヤは妖艶ロリで、タイガーは手のかかる姉貴で、美綴はいいヤツで・・・・ああ! オイラはなんで衛宮士郎に生まれてこなかったんだろう!(<重症) あ~でも殺したり殺されたり何度も甦ったり腕がもげたりはヤだなあ(<根性無し)
 Fateキャラを使って遊び倒しているとしか思えないTYPE-MOONのスタッフに脱帽。各ミニシーンをいちいち後で見られるという親切設計もゲームとしてかなりグッジョブ。や~残り40%も楽しみだなあ。新キャラも微妙に良い感じ。

 ちなみに本日は火鍋会前に銀座で雨に濡れ・・・・と書くとなんかカッコイイですがウソですすみません、御茶ノ水とアキハバラで雨に濡れた影響なのか鼻水が怒濤のごとく出て止まらないので欠勤しました。寝て起きてFateして食べて薬飲んで寝てFateしての一日(寝てろよ!)
 デイトレどころじゃなかったYO!(<するなよ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールドマン・サックス

 株式投資を始めた。
 ていうか、当初は「うう~ん、車購入の頭金にするために解約した定期の残りをどうすっか~」と思ったところなんとなくネット証券の取引手数料が一昔前に比べて激安になっていることをキャッチしたのでなんとなく口座を開設したのだが、それをきっかけにイロイロと。
 とりあえず天引き貯金で職場の共済組合に貯金はしているものの、確たる目的があるわけではなく、ま~病気とかケガとかしたりしたら困るしな~という程度の認識でしかいなかったですが、同期からファイナンシャルプラニングの話を聞いたりしているうちに・・・・やる気になったわけではない(笑)。やはりそうした長期的な見通しに立ってイロイロ心配してくれる同期たちの多くは妻帯者であり、家庭を持って子供ができると子供の成長という大きな人生の基幹が一本できるわけで、そうすると「○○年後には○人目の子供が中学校で、私立か公立か、高校も同様、大学は入れるようにしてやらないと。国立か私立か、近場か下宿か、でもって家はどうするか・・・・」等々、見通しの筋というものが可能なわけですが、一方、家庭どころか彼女もいない現状では、「万一今運命の人が現れてもいいように!」としっかりため込んでいる人はいるにはいるが、「宵越しの銭は持たねえ!」「来た見た買った!」みたいな生活をしていても自分以外に困る人はなく、マクロで見れば生活していけるわけであり、相当シッカリ考えるよう自意識を確立しないとなかなかそうした計画作りには取りかからない・・・・のは、拙者、だけ、ですかね。
 最初は「うを~一山当ててテレビ新調じゃあ~」みたいな欲望むき出しで始めて、参考書を買いに本屋に行くと、今まで気づかなかっただけで世間は第○次だかの株ブームであって堅実なものからキワモノまで、いろんな本が山積みだ。そういや楽天証券に口座開設する際も結構順番待ちだった記憶がある。
 中にはデイトレ専門の「毎日1万円儲ける!」とか「30万円が3億円に!」みたいなあおりで一杯のブツもあるが、『株の世界のあるきかた(臼田琢美)』『内藤忍のお金持ちになる投資成功ノート(内藤忍)』は結構堅実に真面目に書かれていて考えさせられる。共通しているのは「貯金を自動車教習所のコースを走ると例えるなら、株式投資は高速道路にのるくらいのレベルであり、それなりの勉強をしないと痛い目見るヨ」と安易な株式投資を警告する一方、「貯金だけでは目減りします」として貯金以外の資産運用の必要性について注意喚起している。要は漫然と暮らしていると知識がないが故に「貯金」の次がイキナリ「株式投資」になってしまうのであって、その両者の間には投資信託とか国債とか外貨貯金とかイロイロありますから自分で考えて目標とリスク管理をしっかりやりましょう~ということらしい。
 これらの本の中身や、実際の投資実態についてはまた今度。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末グルメ紀行(火鍋)

 金曜日。週末おつかれさんということで木多郎千葉支店にスープカレー(ポーク)。札幌においてボスに同行していたので慣れてはいるが辛いことに変わりはなく脳天から汗をかく。うまい。しかしアレですな、ここ半年ずっと同期とつるんで外食してきたので一人の外食は久しぶりであり慣れているはずなのにちょっと寂しいですな。帰途、ロッテリアで優勝セール半額エビカツバーガーを夜食に買って帰る。
 土曜日。個人的に「土曜=神保町・秋葉巡察」「日曜=モーターショー」と計画していたが折良く後輩菅Pから「銀座で火鍋を食いませんか~」とお誘いがきたので受ける。神保町に出て古本を探すが「殺人百科(佐木隆三)」の3巻と4巻、見あたらず。ていうかただの文庫本であることを考えると郊外のBOOKOFFをしらみつぶしにしたほうが率がいいのかも。
 古本探しに手間取ったので第二目的アキハバラについては巡回時間がなく、ソフマップに寄って『少女魔法学』の中古をゲットしてタッチアンドゴーで銀座へ。
hinabe 有楽町駅下車徒歩6,7分のトコロにある四川火鍋専門店「天丹」。参加者、拙者と菅P、そして・・・・ハンドル忘れたので仮にブリジストンとする、そして・・・・なんだろう(笑)、とにかく計4名で挑む。鍋は中に仕切りがあるアレであって写真を見てもらいたい。前回千葉の郊外で食ったのはメニューからして紅白選択だったが、コッチは両方食えるわけですな・・・・しかし割り下で割るところの付け汁が唐辛子とニンニクと山椒で超激辛なため、どっちの出汁で火を通そうが同じ味に思える。そして推理研人である我々にとって白い割り下は別にいらないと思った(笑)。
 お試しセットで3300円からスタートしたものの、追加注文したり飲んだりしたので結局一人頭6000円! ぬ~。うまいっちゃあうまいが値段の割に「あ~どうしてもこの店でまた食べたい!」という程でもない。おそらくネットで調査すれば再現可能な味と見た。
 その後本屋を2件回って喫茶店を探して放浪。意外に丁度良いところがないのね・・・・小一時間ほど放浪の末、現在地図で確認すると銀座2丁目の4,あるいは3丁目の3の付近でモンブランを売りにした喫茶店を発見。気に入ったのは紅茶のラインナップに力を入れていること。日本の喫茶店はどういうわけかコーヒーに偏重しているところが多く、コーヒーのラインナップはやたら豪華なのに紅茶ときたらヒドイときには「ストレートティー」「レモンティー」「ミルクティー」以上! みたいなところが多くて非常にガックリくるときが。そもそも葉っぱは何なんだよ。
 紅茶もモンブランもナイス。が、1400円。ぬ~。

 やっぱりねえ、都心部で食うとうまいんだけど値段がねえ。交通費もバカにならんし、千葉はもっともっと探しがいがあると思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リコール

 水曜の朝、朝食をとりながらめざましテレビを見ながらネットのニュースを見ていると拙者カー2代目すなわちフォルクスワーゲンのポロ様にリコールがかかっているニュースが目に入って片眉が上がる。いまんとこ調子よかったんだけども・・・・ブレーキランプが光らなかったりあるいは光っぱなしになるらしい。それはよろしくない。自分で気づきにくい上に追突の危険ありだ。該当したとするならば。
 会社からどういうアクションが来るのか確かめる間もなく、職場のアサイチジョギング10km(タスケテー)をこなした後に電話。ズバリ該当車。テレビ報道があったのかどうか不明だが朝からポツポツ工場に持ち込みが始まっているらしいので15時以降でないと空かないとか言われたがこちとら仕事があるので夕方に予約。週末まで待つともっと混む見込み。
 実は最近マッタク残業がないおいしいポジションにいるのだが、いつもにも増してさっさと帰宅してそのままディーラーへ。40分ほどでパーツ交換終了。要は後部の3つのブレーキランプを点灯させるのに必要な電流を流すとまれにそれに耐えかねてどっかのリレーが融けてしまうというもので、連動してシフトレバーが動かなくなったりすることもあるらしい。対策はスイッチとリレーをいくつか交換しコンピューター内のプログラムを若干いじる。ちなみにいつユーザーに連絡するつもりだったのか聞くと「多分お帰りになられたら郵便ポストに(通知ハガキが)入っていると思います~」と恐縮された。ということでネット等で知った先発組のピークが水曜の昼間で、明日以降にハガキで知ったグループが殺到するようだ。
 もっとちなみに聞くと本社から欠陥とその処置について業務連絡があったのが先週半ば、先週金曜日には必要なパーツがまとまった数入荷し、火曜の昼に国土交通省に届け出、という段取りらしい。それの報道に会わせてユーザーへのお知らせが発送、と。
 ま~実害はなかったし処置も早かったしで特に不満はありませんでした。たのむよポロ様~ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネギま!(12)と沈黙の艦隊

 なんだか少年漫画のようにエライ勢いで武闘会が続いていますが(少年漫画だよ!)修学旅行編末期も凄かったけどもう戦闘描写が只の萌え漫画の域を超えている(笑)。巻末に背景作成にポリゴン画像を使用している旨の解説があったが(儲かってるな・・・・アシ何人いるんだろ)貼り付け後の細かい描き込みは人力であってもう1ページ当たりに使用されるマンパワーは同じ講談社コミックスの『家庭教師濱中アイ』の何倍だろうか(笑)。
 意外だったのはエヴァVS刹那戦であって、うう~んそういう方向に持って行きますか~ていうか結局いい話であってしんみりだ。
 でもって超先生の衝撃の宣言シーンはなんだか『沈黙の艦隊』の海江田艦長を連想してしまったのですが。「原潜艦隊による超国家軍の創設!」みたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学園オンラインRPGヨーグルティング

 ちっ、日曜の晩は週末の出来事をガンガン書き込む輩が多くて回線が重くってしょうがねえや、どいつもこいつもよう。(<オマエモナー)
 気になって探してみると『蟲師』の既刊が見あたらない。ぬ~。蔵書の管理はそれなりにしっかりしているつもりなのだが。実家かなあ。
 オンラインゲームなんぞは、そうでなくても時間のない社会人生活の中、3ヶ月に一個のHDを動画で満タンにしている現状でそんなものに手を出すことは自殺行為に等しい存在であってなるべく興味を示さないようにしていたのたが、ふとしたきっかけで『学園オンラインRPGヨーグルティング』というのを知る。ていうかしばらく興味を持たない間に相当増えたね、オンラインゲーム。
 ていうか衝撃的だったのは初夏頃、秋葉原のとあるパーツ屋の店頭で流れていた謎のデモムービーの正体がコイツだったということ。そのデモムービーの動きたるやキャラクタがガンガン踊りグルグル回り視覚効果ビカビカのすさまじい出来であっててっきりベンチマークテスト用を兼ねてどっかの専門学校生が作ったのかと疑ったりしたのだがとうとう正体不明のまま、20分ほど見物した後にその場を去ったのだが・・・・あの若干アキハバラ電脳組臭い少女の正体はヨーグルティングの案内役キャラ、アンナちゃんだったのだった! ぬ~ん、韓国おそるべし。しかし現在オフィシャルページにアップされているムービーではないんだよな。どなたかアレがダウンできるところを知りませんか。どうも本国のオフィシャルページからなんとかなりそうなのだが、なんせハングル語は読めん(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鉄人28号と60年

 で、その週末何をやっていたかというと、ま~マッタク何にも予定がない週末というのも久しぶりだったので、集中して動画処理・・・・といいつつ一旦買い物に出ると軽く3~4時間は帰ってこれないのであって、そして3~4時間も買い物すると大概その中に本が入っているのであって、帰宅するとそいつらもパラパラめくらねばならず、ま~そんなに週末100%動画には割けませんよ、と。
 という中で見たのは『鉄人28号(今川版)』の終盤4話。今更ですが。
 ていうかねえ、最近年のせいか涙腺が緩いんですよ。でもって『戦後復興期の日本』とか『大戦の遺産』とかメッチャ個人的にツボであって、さらに今川節の父と子の物語、加えてあの戦闘シーンを中心として流れるもの悲しいフレーズ・・・・ロボットアニメにおいて毎回毎回なんとなく悲しくなる切ない気分にさせる番組が他にあるだろうか? でもって作中、大戦や戦後日本についてとつとつと語るオヤジたち・・・・敷島博士、署長、村雨、長官・・・・正太郎君そっちのけ! まるで戦後の混乱期を生き抜いたおやじさんのように共に泣いてしまいますよ。なんなんでしょうなあ、この感じ・・・・。
 さすがに60年もたつと、今更「大戦末期の帝国の秘密兵器が!」という話もなかなかやりにくいところですがアッサリやってのけてしまう今川もスゴイ。でもな~靖国をめぐる動向を見るとまだまだ決算は済んでないよこの国は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ARIAと蟲師

pirin
 先週は火曜日以降、毎日本屋に出かけて『AQUA』あるいは『ARIA』を毎日1冊ずつ購入であって、だったら一気に買えよ! と自他共にツッコミですが、ま~アレですよ、途中で飽きちゃったらアレじゃないですか・・・・といいつつ過去2巻以上買った本は大概最後まで買っていますな。というわけで着々買い進んで現在『ARIA』の3巻まで。おかげでホイップクリームが載っかったプリンを各社いろいろ探して毎日食っている有様です。ウマウマ。(<『AQUA』2巻最終話SpecialNavigation『風邪とプリン』参照)
 『癒し系の物語描くぜ!そして癒されろ!』という気合いがほの見えて若干ナニですが、ま~アニメ共々黙って癒されておきましょう。ベネツィア行ってみてえなあ。しかし一人で行くのもな~。あそうそう、香港も~。水っけのないところには基本的に行きたくないな。タクラマカンとか。
 そういやこの単行本の表紙は千歳のヨーカドーやツタヤで結構平積みになってたな・・・・。

 蟲師は予想外にいい出来だ。全何話だろうか。エピソードの特質もあったがなんだか初回はミドリミドリした話だであり、なんか色彩が鮮やかだった印象が。この話は何巻だったかな・・・・おばあちゃん萌え~(爆)

 をを、ノエインは見たものの、まだ『Canbvas2』も『SoltyRei』も『舞乙HiME』も『銀盤』も『オーケストラ』も録りっぱなしだ! 貴様この週末ナニをやっておったのか! 練兵場30周!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPodニュース&音楽

 iPodnanoの表面が傷つきやすいぜ~とどこかのnanoユーザーちゃんが嘆いていたような気がしますが使用法の個人差とか気のせいとかではどうやらなさそうで、訴訟大好き大国アメリカでは早速訴訟に発展しているようですな。ニュースはココ
 また使い勝手が悪いぜ~とどこかのnanoユーザーちゃんがお嘆きのリンクソフトiTuneですが、バージョンアップした模様。ニュースはココ。ただし使い勝手どうこうは関係なさそう。
 MP3プレイヤーに関しては容量的にも能力的にもサイズ的にも今の3年前に買ったIOデータのヤツに何の不満もありません。ペンキがはげまくっているのも気にならない。意外に電車に乗ることもないので実はあんまり使わなくなり、寝ながら聴くというのも最近は眠さ限界まで来て布団にゴソゴソ入ってバタンキュー、起きたらそのまま朝食準備、であることが多いので、週イチ自転車で街に出る以外にはあんまり使わなくなったな~・・・・どういう状況でも聴きたくて仕方がねえ曲に最近イマイチ出会わないというのが一番の原因かも。最近よく聴く曲は映画『NANA』に連携した中島美嘉の『GLAMOROUS SKY』、映画『この胸いっぱいの愛を』の主題歌柴咲コウの『SweetMam』ぐらいか。映画見に行った時に予告編でピピっと。って最近のアニソン、元気ねえな。新番半分くらい見たけどコレっつうのがねえなあ。灼眼のアレのEDがちょっとヨカッタような。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

新着任者紹介

polo
 10月6日付けで着任されましたポロ曹長の紹介を行います。
 試乗の際のそのハンドリングやアクセルに対するレスポンスの速さ、走行安定性、カーブの際のねっとりとした地面に対する張り付き、さらには静音性や密閉感等を高く評価され、このたび科神総研輸送班に配属されました。丸い目玉は特別仕様車の証しであり、最終処分の値引き及びローン利率の特典も重要な決定要因であります。
 排気量は1400ccと、テリオスに比してたった100ccのみの増量ですが、その瞬発力と高速走行時の安定出力につきましては先日の銚子行にて確認済みであります。幸い今のところ一件の傷害事故もなく、キレイな身体のまま運行されております。カーナビについては本体部分のみ移植となりました。バックミラーにぶら下がる「ゆかりちゃん人形」についても継承されております。
 問題点につきましては、ほぼフラットになる後部座席ですが、完全にフラットになるテリオスに比してカーゴスペースはやや小さい印象を受けます。しかし全体の容量からするとやむをえないといえましょう。
 新任のポロ曹長に歓迎の意を表し、敬礼を行います。
 敬礼ッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらば同期たち

 半年ちょいの研修が終了して同期19人のうち、勤務地がまさに研修の施設と同じ場所にある拙者他1名を除いて17人が去っていった。見送る立場っつうのはただ別れるよりさらに切ないのう。しかし今回の研修は5年前のものと違ってチームプレーがメインであったため、互いのイロイロな欠点を目の当たりにして互いにもうこれ以上顔を合わせててもアレだなあ~という面もあったり。ゲヘ。
 拙者は特殊事情により前の千歳の職場から転属すると同時に研修に入ったので、本所属といっても籍しか置いてないような状態であって、さらに研修中に部内異動が行われてまた部署が変わるという異例中の異例人事のためもうわけがわからなくなっており、ソコソコ顔出しはしていたもののほぼ知る人のいない職場へ、研修終了後そのままテケテケ歩いて移動。とある行動単位のサブコマンダーとして勤務することになる。
 研修が終了して通常業務にもどると、いいことの一つは『宿題が出ない』ということであって、年始に行われるエリート選抜試験の受験勉強さえ気にしなければ動画処理や極上生徒会もガンガンできますぞ!(<いや気にしろよ!)
 とりあえず録画しっぱなしの『ぺとぺとさん』を初めて見た。イキナリ第6話だったので若干話が見えないが、や~やっぱりほにゃっとした関西弁はいいねえ。スカパーでいつやんのかな。最近はちょっと待ったらすぐ始まるよね。
 それはそうと例によってHDがパンク寸前です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

犬吠埼温泉

 というわけで犬吠埼温泉、具体的には犬吠埼観光ホテル。横殴りの雨が吹き付ける駐車場から様子をうかがうが規模こそデカイものの若干ひなびた雰囲気・・・・本当にここが絶景の露天風呂なのか? と疑問に思ったがここで動揺して新たに探してもろくな結果にはならないのであきらめて入る。ネットで調べた限りでは1000円だったのに土日祝日料金ということで1200円取られたのはちょっとアレ。
 が! 実際に入ってみると台風接近に伴い荒れた海の松竹映画のような波が砕ける海岸がすぐそこに一望できる迫力ある露天風呂! やはり露天風呂は悪天候の時に限りますな! 

 ていうか個人的には露天風呂というものは雨と風とかが激しい日又は雪の日に入るのがベストであって快晴の昼に入るなんざあつまらなさ倍増である。ニセコの五色温泉ぐらい規模がデカイとまあ晴れてても楽しいが。真冬の北海道の露天風呂に入って、濡れた髪の毛が凍結しだしたのに雪がチラチラ積もるのもまた一興。しかし追求しすぎると某露天風呂のように「台風接近につき危険なので閉鎖させて頂きます」の看板が立っててギャフンということも。
 inubo
ややきつめの風雨が降り込む中、犬吠埼の時化た海を堪能。ちなみに海が見える露天風呂といえば北海道太平洋沿岸の興部近くにある日向温泉であそこはあそこで結構だが、犬吠埼温泉は海岸が非常に近いせいかお湯がかなりしょっぱい。ちなみに写真は当該露天風呂より犬吠埼灯台を望む。いいでしょ。
 風呂から上がってしばらくマッタリした後ついでなので犬吠埼灯台へ。入館料に150円ぽっちだが取られて「え~」となったが灯台の頂点まで100段階段を上ると突風吹きすさび丸い水平線が見える超絶景のアミューズメントゾーンであって高いのが苦手なOを除く拙者とKはそのスリルに大喜びであり、150円払うよ!と大満足だ。なお灯台の根っこに海上保安庁作成の資料室がある他、日本財団の立派な記念館も併設されております。
 灯台の建つ岸壁のねっこにある岩場で波しぶきのスリルを味わった後、銚子まで1時間ほどの車両移動、イワシづくしの料理店『鰯館 さんしろ』にて鰯づくし。塩焼きから寿司からたたきから全て美味。
 満腹して半年間の研修についてしみじみ語らった後、有料道路と高速道路を乗り継いで帰宅。
 翌日は研修終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・フライ

 猛烈に思い出づくり。日曜日は成田で讃岐うどん~犬吠埼で温泉~銚子でイワシ三昧というハードスケジュールだ。
 午前中に3人で出発して曇り時々雨のイマイチな天気の中、成田某所にある讃岐うどん店へ。後述する理由により店名は秘す。
 シコシコの讃岐うどんにぱりぱりの天ぷら! 拙者はカレーうどんと天ぷらうどんと山かけうどんが一度に味わえるおすすめメニュー『三宝うどん』でご満悦。ていうかホントにこのコシといったら関東では滅多に食せぬ歯ごたえよ! そしてこのジトっとも脂っこくもないそのくせバリッバリに揚がった天ぷらにダシを吸わせてかぶりつく瞬間の舌の両脇に流れ込むなんともいえない・・・・うまい。うますぎる。
 一気に食ってぶっかけ天うどんを食った同期Kと共に腹をさすっていると、隣に座って掻き揚げうどんを食っていたもう一人の同期Oがなぜか掻き揚げ(直径20cmはあろうかという巨大な掻き揚げ!一体どうやって揚げたのか)を半分も残して沈黙している。
 科神「あれ?どうしたの?もう腹一杯?」
 O 「うん、まあ・・・・・」
 科神「もったいないな! こんなにうまいのに・・・・K食べる?」
 K 「ああ~俺も腹一杯だな。食べていいよ」
 科神「じゃあもらっていい?」
 O 「いや、やめといたほうがいいよ・・・・」
 科神「なんでさ~もったいないじゃんよ」
 O 「・・・・・・・・・・・・」
 長い不可解な沈黙の後にOが指さす先にある、掻き揚げの中にタマネギやエビと一緒にこんがり揚がった黒い物体。
 ハエ。

 一同「・・・・・・・・・・・・・」

 拙者は心底すまないと思った。当然ながら何の疑問もなくぺろりと平らげ、「うまかった」と腹をさする拙者たち二人を気持ちの良いまま済ませてあげたいと切に願い、店員にクレームをつけることもせずあえて沈黙を守っていたOに。そしておいしく拙者たちと食していた半ば、自分の食っていたかき揚げの中に一匹見つけてしまった瞬間のOの心境を慮ると、この店をネットで調べて紹介した拙者はもうかなりやるせない気分になった。 

 科神「わかった。そういうことなら、ハエを除いて拙者が食おう」
 KO「ええっ!」

 ということで元々猛烈な天ぷら好きであるところの拙者は箸の後ろでハエを取り除くと、残りの掻き揚げをモリモリ食った。

 科神「あ~食った食った・・・・掻き揚げはおいしいよねえ・・・・あれ?もしかして引いてる?」
 KO「ドン引きだよ! 何食ってんだよお前! ハエ入りだぞ!」
 科神「いや取ったしな・・・・Oは東ティモールに行ったことあるんだからこれくらい平気だと思ったけどな」
 O 「それとこれとは話が違うだろ!」

 ということでそそくさと精算をして車中の人となるわしら。
 なまじ非常に美味な店であったのでダメージも小さくない。「機会があればもっかい来る?」との質問に対して福島県人のOは「悪いけどもう来ない」、和歌山県人のKは「微妙」と答えたとさ。
 長くなったので温泉編~イワシ編はまた今度!
 ちなみに拙者はまた来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忍 SHINOBI

 申し遅れましたが下のカレー紀行は土曜日実施のものであります。
 で、カレー食って折角だからと市場コーナーよりは結構人の入っているアミューズメントスペース(って書くともの凄く違和感がありますが要はゲーセン)を通過するとシネコンが。時間も丁度レイトショータイムだったので、拙者にしては珍しく(同期の「折角来たんだからさ~」という押しもあり)その場で見ることにして見る。
 ・・・・・・・・・・・・・・。
 上映後、二人して車に乗り込んでしばらく走るまで無言(笑)。
 いや、仲間由紀恵が美人で名女優というのはわかった。しかし山風忍者ものでバタバタ忍者が死ぬのはいいとして(いいのかよ!)(いや!いいのだ!)、それが5対5ではいかにも少ないし、特撮orCGはまあ頑張ってるけど概してヘボイし、そしてなんかスッキリしない・・・・同期に言われてハッとなったのだが、要は「何がやりたいのかわからない」映画になってしまっているのであって。悲恋モノがやりたいの? 時代の流れに翻弄される人々の哀しみを描きたいの? 忍者アクションをやりたいの? 
 芯が通ってないブツがつまんないのはアニメも映画も一緒であり、さっきああいったけど、あの特撮orCGレベルであってもモノスゴイ連発戦闘だったらそれなりに見られるので、ぜひ次に作る気があったら猛然とバトルロワイヤルみたいなぶっちぎったのを作って頂きたいと思った。
 口直しになんか見たいな・・・・『ステルス』か『この胸いっぱいの愛を』か・・・・冬に見たいのは『MR&MRSスミス』と『大和』かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

木多郎/蘇我フェスティバルウォーク

kitarochiba
 とある同期と思い出作り、ていうかどっかで食いにいこうぜ~というだけの話なんですが、そんならばと検索すると千葉の蘇我近辺の海際にある巨大ショッピングモール内に札幌にある『木多郎』の千葉支店が入っているというので、スープカレーについて解説しつつ(当然ながら道外人の多くはスープカレーについての予備知識がなく、前置きなしに食わせると否定的な見解を出す傾向がある)、結構な雨の中を前進。
 土曜の夕方にしては危険な程人気がない市場ゾーンをくぐり抜けてレストランゾーンにそのスープカレー店はある。ていうかスープカレーなんぞ苫小牧のフェリーターミナルで餞別にもらったらっきょのレトルト以来であってドキドキだったが、チキン3倍大盛りを食し・・・・んまい。ああうまい。
 ていうか味そのものは結構一般人の創造するところのカレーに近いものであって、一灯庵や福楼みたいなもはやカレーどうこうというよりはスパイススープというべき液体と違って一般人に受け入れられやすい味だ。ということもあって同期の評判も上々。
 でも来週から1人で行かなきゃならんのね。さびしいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

別れの足音

 先週は微妙に多忙。月曜日代休の代わりに火、水と最終試験。木曜日謝恩会。金曜日は夕方から勤務地の最上級者のお宅を訪問して親睦会という夜間なかなかヒマがないというスケジュール。特に謝恩会に際しては『想い出映像上映会』資料作成係に任命されたので火曜の晩から、すなわち最終試験の勉強を適当なところで投げ打ち(おい)、木曜の朝6時までかかって作成。パワーポイントに、これまで撮りだめしたデジカメ画像を選抜して貼り付け、愉快な字幕やツッコミを入れ、BGMを入れて、切替タイミングを調整。そして一番難産だったのは想い出パワポの後に締めとして流すスタッフロール風動画であって、とあるソフトを導入したが音が出ないトラブルがなかなか解決せず、ABAさんにチャットで相談したりなんなりして試行錯誤の結果、なんだかビスマルクじゃあ動作しないけどツェッペリンなら音が出るというよくわからない結論に。多分サウンド関係のデバイスドライバの有無だろうということだった。
 2日で睡眠時間が3時間以下という頭でモサモサと出勤し、同期に断り朝礼後コッソリ仮眠。続いて同期のパソコンをいくつか動員して(何しろ総勢150枚170MBのパワポを動かすとなるとそれなりのスペックが・・・・誓って言いますが画像はなるべくサイズを縮め、要領の大半は音楽WAVデータなのです)、動作を最終チェック。
 そして夕方からの謝恩会において宴もたけなわの頃からパワポ上映、BGMは愛内里菜の『FoeverYou』と堀内孝雄の『影法師』、爆笑の渦が収まったところで同期軍団と教官陣の名前のスタッフロールが中島みゆきの『旅人のうた』と共に流れ、お礼の言葉とともにBGMが途切れたところで猛烈なスタンディングオベーションと握手攻め。
 ああ。
 拙者はもうこの半年間の研修の成績なんざあどうでもいいので(おい)この一瞬のために日々デジカメを振るい続けてきたのだなあと睡眠不足のハイになった頭で達成感を反芻し、ヨロヨロと帰宅して爆睡。
 同期と過ごすのもあと2日。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新番いっこも見てねえよ

 明日はこの半年ちょいの研修を締めくくるいくつかの評価のウチのひとつ、筆記試験があるわけですがこの3連休、ガッパリ遊び倒してしまいました。溜まっている『エレメンタルジェレイド』を2ヶ月分しまいまで見て「うう~ん悪いけど凡百作品~」とつぶやいたり、グランディア3のレベル上げをちょいとしたり・・・・とここまで書いて気づいた! まだ新番組いっこも見てねえよ! ていうか昨シーズンも『苺ましまろ』と『おくさまは女子高生』が放映時間がカブっていて涙を飲んだのに続いて、本シーズンは新舞HiMEとブラックキャットがかぶっていたり、エンゼルハートとなんかがかぶっていたりしてもう辛抱たまらなくなってきたので、一時的にビスマルクの方にもTVコードを接続して2台同時録画態勢。TVに繋がっていたのを応急処置として繋ぎ換えたが、ケーブル入れをひっくり返すと手持ちのパーツでアンテナ線の二股化が可能となったので処置。しかしこの態勢を続けるとHDの満タン時間がさらに短縮されるぞなもし・・・・・
 ていうか今夜4時間寝るつもりで・・・・ついさっき暗記資料ができあがりで・・・・あと2時間ちょっとで絶対無理ですFuuuuu~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極上一周目『金城奈々穂』

 ということで副会長、金城奈々穂編終了。拙者もストレートだなあ。
 極上生徒会副会長にして特殊作戦部隊『遊撃部』の管理官。腕っ節の強い武闘派だが恋愛関係はドのつく音痴・・・・ということでエピソードとしてはそーとーあとになるまで惚れたはれたという話にはならず、ひたすら自らの感情にてんで気づかない奈々穂とのズレた遣り取りが続いてむしろほほえましい勢いだ(笑)。かっこもプライベートはほとんどジャージ。いまだかつてこんなにジャージの似合うキャラがいたろうか

 しかしネットで指摘されているとおり、全般的にアッサリしているのでプレイ時間が短い分、やや食い足らない。EDスタッフロール後に一枚、エピローグカットを入れてもらえるだけでも随分違うのになあ。
 さて、次は・・・・諜報担当副長官か、諜報現場指揮官か、ゆきみ先生だなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さらばテリオス

terios
 本日、10月6日付をもって定年退官されるテリオス特務曹長の紹介を行います。
 テリオス特務曹長は平成9年、千歳の某男性により購入され、約51000km走行の後売却、中古車として平成13年春、科神総研輸送隊(当時名寄)に配属されました。若葉マークを装備するのも早々に4月末、GW初日に停車中のワーゲンゴルフに接触、イキナリ保険の等級が下がるという惨事を筆頭に、通勤を始めとして名寄~札幌間の片道240kmにおよぶ定期運行路(R-257&R-40・12)を数限りなく往復した他、道北・道央地区の温泉めぐり、函館観光等に活躍されました。千歳勤務間も含めこの間、「奇跡の札幌~函館日帰り往復・中山峠でトラックと死のデッドヒート」、「零下40度の気温にバッテリ突然死」、「玖同乗で静内温泉の帰途、苫小牧を目前に燃料切れのピンチ」、「路上で轢かれていた犬をもういっかい轢いちゃった事件」、「MMC合宿への輸送力として参加」、「苫小牧市街地で謎の灌木間道を強行突破」等、様々な任務につかれ、その悪路走破性、高い最低地上高、デフロック可能な4駆を十二分に活用し、輝かしい戦果を上げられました。なおこの間、交通違反は千歳郊外における一時停止違反のみであります。
 科神総研の関東移駐に伴い始めて道外へ渡航、「館山海水浴作戦」「戦艦三笠ツアー」等慣れない都市運行を行っておりましたが、このたび輸送班装備更新に伴い、定年退官されることになりました。所属期間の走行距離は約44000km、総合走行距離は約95000kmであります。
 定年退官後は今一度中古車として出品され、千葉圏内においてご活躍される予定であります。
 以上で定年退官者の紹介を終わります。
 定年退官者、部隊、相互に敬礼。
 敬礼ッ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

容疑者 室井慎次

 実は前の書き込みは演習場のベッドで早朝寝っ転がりながら投稿。すごいね。
 水曜は代休だったが一日中雨。しかし休みが雨だと集中してゴロゴロできる気がするのであまり苦にならず。本読んだり昼寝したりしつつなぜかPS2のスイッチは入れずネットをゴソゴソした後に本屋を回り、ユニクロを物色し、なぜかどうしてもマクドが食いたくなったので割引券を握りしめてガラガラの郊外型マクドで遅い昼食。その後帰宅して『亡国のイージス』や『容疑者 室井慎次』をどっかでやってないかな~と検索したら車で20分のマイカル・ユーカリが丘でレイトショーをやっているのを発見。急行することにする。残念ながらイージスの方は銚子に行かないと見られない。断念。
 で、見る。
 んん~ジュースのなっちゃんのCMから実は萌え萌えの田中麗奈たん(たんって言うな!>拙者)も弁護士役ですか~ってちょっと若過ぎないかい(笑)。実年齢25歳か・・・・(しみじみ)
 とある事件の被疑者が捜査陣の追跡を振り切り刑事達の目の前で事故死。とある弁護士事務所の策謀により特別公務員暴行陵虐罪の共同正犯で警視正室井慎次は東京拘置所に! みたいなツカミですが室井を追求する検事佐野史朗がかすんで見えるくらいこの弁護士軍団のキモチ悪さといったら! 「デジタル世代」「オタク」「いまどきのワカモノ」といった言葉からイメージされるもののうち、悪い部分のみを抽出して最大強化したような濃縮したキモチ悪さが悪役っぷりをギラギラさせてもうたまりません。つーか『レインボーブリッジ』の時の真矢みきといい、このシリーズは悪役をとことんやりすぎなくらい誇張するのでストーリーとしてはわかりやすく見終えた爽快感もスッキリなわけですがあんまりやりすぎると特撮ヒーローものみたいになってしまうので要注意だ。しかし勝利の決定打となるのが結局○○っつうのはちょっとねえ。
 ま~そこはそれ、今回は室井の学生時代の秘密もからめて、所轄刑事軍団のヘッド、哀川翔とのやりとり等(哀川を筆頭に所轄の刑事達は犯罪者も真っ青の面構えの男達で・・・・だからこそ手がかりを求めて走り回る彼らの姿にも、やはり涙せざるをえない)、組織で生きるすべてのオッサンを泣かせるツボ満載であって拙者もホロリ。頑張れ官僚達! 頑張れ警察官達!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サイバーライフin演習場

演習が終了し打ち上げ宴会があり疲れ果てて演習宿舎のベッドに潜り込んだものの、実はあんまり疲れてなかったらしく3時に目覚めて悶々としている内にパケット料を気にしつつ携帯いじり。玖のブログを見てFate外伝をまだ予約してなかったのを思い出し、そのままアマゾンに行って注文…これ全部宿舎のベッド内で実施でありいやはや、実は我々はスゲエ時代に生きているのですよ皆さん! 明日は代休〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »