« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

尼崎脱線事故

 列車が正確に運行されることを当然と思っている真面目な国民、1分の遅れも許さない真面目な会社、数回の処分で萎縮してしまってオーバーランによる遅延にすっかり青ざめた真面目な新米運転士。公共交通機関の大事故というものは大抵が様々な要因がある瞬間ある場所で不幸極まりない邂逅を果たすという事象の発現であり、そこにはある種の切なさが常に漂う。
 犠牲となったすべての人々、大切な人を失ったすべての人々、事故処理に奔走した各安全保障機関のすべての人々及びJR西日本の人々に対し瞑目するとともに、事故事件マニアとして日航機事故等に比して特に死亡した被害者の遺体の状況がどうなっているのかがスゲエ気になって仕方がない救いがたい自分がいるのであった。
 しかし関西圏の支線であの過密ぶりに現場がヒイヒイ言っているのなら、あの朝晩の数時間にわたって3分おきに人間満載でホームに入ってくる東京都心の中央線などはいったいどういう奇跡が毎日行われているのだろうか。真面目に考えると恐ろしくて秋葉原にも行けやしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今風超小型

 トレンドマイクロの例の一件を見て、そういや拙者の所有する3つのPCには全部AVGという無料対ウイルスソフトがあって、内ネット接続を頻繁にしているビスマルクとツェッペリンは自動アップデートにしてたっけ~と思い至り、小市民らしくオートを斬ろうと・・・・あれ、どうすんだっけっか~確かThinkpadの方はネットに滅多に繋がないのでエラーメッセージが邪魔で自動アップデートを斬っていたので自分で設定できるハズなのだが、どうやったのか憶えていない。英語版を使用しているのだが、拙者とてネット者のはしくれ、ソフトの設定を使うぐらいの英語は・・・・読める・・・・ハズなのだが、ハテ、これはいったいどうすればいいのだろうか。
 何しろ無料のソフトなのでなんかあった場合には自己責任でほったらかし・・・・いや、別に今のPCが2台吹っ飛んだところで趣味的に困るだけで飯が食えなくなるわけではないですが。今回の騒動にしたってセーフモードを知っていればなんとかなるわけで。
 お! この瞬間にも我がAVGはウイルスを発見、駆除。やるう。お願いだから悪さしないでネ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝はフライパンを叩いて起こしてください

 引っ越し直後にとにもかくにもテレビっ子らしく、テレビ視聴環境周辺はバッチリ整備したと思っていたのだが、ふと気付くとPC録画の方は異常がないのに、TVそのものの方が1チャンネル写っていない。関東はやたらにチャンネルがあるのである程度映っていたので油断していたが、久しぶりにトリビア見ようとしたら・・・・フジテレビ映らないよ? 拙者がホリエモンの無責任ファンと知っての狼藉か~(そんなバカな)PCでフェザ-立ち上げたらちゃんと映るよ? ということでTVのマニュアルを引っ張り出したが設定そのものには異常なし。しょうがないので手動で設定。解決したが、なぜ?
 夜半、近所のヨーカドーに買い出しに出かけたら結構いいフライパンが格安。購入。ていうか現行のフライパンが札幌居住時代に不燃ゴミ置き場から拾ってきた(拾うなよ!)8年モノであって、構造上まだまだ使えるので使ってきたがもう元はテフロン加工であったとは誰も信じやしねえ真っ黒けのシロモノであって、朝食の目玉焼き(半熟)を皿に移そうとしたら黄身の部分の一部が焦げて底にくっついて剥離し黄身が大流出して朝から東海村放射線漏れ事故のようなガッカリ感のような(どんなんや)気分を味あわなくても良くなった。ていうかナンボもしねえんだから買い換えろよ・・・・つーか構造的に本来の役割を果たせなくなるまでモノというものは可能な限り使いつぶすべきという持論ですので。電子レンジはよう考えたら11年選手、冷蔵庫洗濯機TVは9年ですな・・・・まだまだ使えますぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

READ OR BUY

 給料日直後の週末ですよハラショー!
 と言えどもボーナス抜き特大連休GWということで交通費とかガリガリかかるのでいつもの調子で使っていると大変なことになりますよ、ということで節制しよう・・・・とチラっと思ったが今月は異動にからんだ特別手当がちーと出たのでま~その分はな! と心の中の関係各部署にいいわけしまくって買い出しに出かける。本日(23日土曜)については御茶ノ水で下車して古本屋を回って秋葉原から帰る巡回コース。
 「戦史が読みてえ!」と発作的にここ一週間、戦史づいていている。きっかけは同期の机の上に転がっていた児島襄の『太平洋戦争』という新書の上下巻をパラパラめくってちょっとムラムラ。近現代日本軍事史のノンフィクションを書いている人で、以前大学のレポートで必要だったので『満州帝国』というシリーズを買って・・・・パラパラ読んだ記憶がある(笑)。後は文春文庫の『指揮官』と『参謀』。どちらも短編なので読みやすい。
 『太平洋戦争』・・・・新書上下巻で大体の流れを網羅した便利なシロモノであることは知っていたし、注目していたのでもしかすると例によって買いっぱなしで読んでないのかも・・・・と思って拙者のスーパーデータベース及びウルトラ家計簿で調査したがどうやら買ってないようだ。ので、先日わりと大きい近所のBOOFOFFに行ったが不発。
 どこで間違ったのか「ちくま新書である」と思いこんでおり、近所で探してもらちがあかないのでもうこれは神保町ですな、と早合点して捜索に出たのだった。
 しかし数件回ってもハシにもぼうにも引っかからないので、フツーの書店で目録を調べたところ、「なんだ中公新書じゃんよ!」と愕然としてもういっかい巡回したらあっさり発見(なお、帰宅後ネットで調べたら新書版は絶版どころがガンガン出回っていて、さらには文庫版もあることが判明。なんで今回こんなに勘違いしまくりだったのか謎。ちなみに次に読みたい本でなおかつ古本屋にもなかった『朝鮮戦争』のシリーズは確実に絶版)
 戦史が読みたい! と思いつつなぜか読みたくて仕方ないのは海戦史の方であってこれがなかなかない。『戦艦大和ノ最期』を始めとして各艦艇を中心にしたり、提督を中心としたり、制度に着眼を置いたり・・・・それはそれでいいけど今回は海軍の戦術が見たいのだよ~と思って軍事専門古書店も回ったあげく結局三省堂で『海軍史の教訓』『図解雑学太平洋戦争』を買う。どちらも作戦図入り。しかし古書店を回っていて気づいたが、リデル・ハートの戦記やチャーチルの回顧録の単行本は元値が高い上にプレミアまでついとるのう。死ぬまでには読んでみたいものじゃ。
 その他この日はイロイロ買いまくり。結局購入したのは以下の通り。
 『太平洋戦争』    児島襄  中公新書 (古本)
 『航空事故』     柳田邦夫 中公新書 (古本)
 『精神鑑定の事件史』 中谷陽二 中公新書 (古本)
 『殺人百科』     佐木隆三 文春文庫 (古本)
 『殺人百科2』    佐木隆三 文春文庫 (古本)
 『海軍史の教訓』   本山聡毅 鳥影社
 『図解雑学太平洋戦争』 文浦史朗 ナツメ社
 『ラブロマ(4)』    とよ田みのる 講談社
 同人誌4冊 内1冊は痛恨の2重買いが判明(泣)
 『二人の義姉・人妻と女子大生』 菅野 響 フランス書院
 『SWリプレイコロシアム・プレミアム』 清松みゆき他 富士見ドラゴンブック

 ・・・・う~ん、いつ読むのだろうか(笑)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

或る個人情報

 auの明細書が旧住所を管轄している千歳郵便局から千葉の自宅に回送されてきた。
 ・・・・・・・。
 今回の異動ではかなり早期に新住所が判明したので、千歳のauショップに自ら出向いて引っ越しの3週間前には住所移転届けを出しているはずである。でもって明細書の作成日時を確認しても、例え書類やらコンピューターの手続きで多少のタイムラグはあるにしても、ナンボなんでもかかりすぎやろ、ということで確認のためauに電話し、これこれで住所の登録が古いままになっている可能性がある、と指摘すると、センターのデータでは案の定旧住所のままであった。当然au側は電話口での再手続きを求めてきたのだが、あえて断り、千歳の出先に確認するよう要求した。
 実はauは前回名寄から千歳に移動した際にも、手続きを郵送で行ったにもかかわらず延々旧住所に届き続け、しまいには回送サービス終了過ぎても届いたのでその旧住所にお住まいの住人から職場を介して連絡が来る有様・・・・ていうか変だと思ったら確認しろよ>拙者
 どうもauの情報管理は変だ、と感じたのでちょっとキツイ調子で確認したのであった。
 でもって数時間後にauから電話があり、確かに書類は千歳店で受理されているが、ミスで入力されていなかった、お詫び申し上げ、当該店舗には私の方から指導をしておきますので・・・・ってアンタのその愛くるしいボイスでキツく説教するのかい仔猫ちゃん、と思ったがとりあえず新住所を改めて申請する手間は省けたのでよしとしよう。ていうか手間の問題ではないのだが。
 しかし書類を持って会社の支店まで行ってハンコまでついた書類が放置されるというのは・・・・ちょっとねえ。
 今回のことはもうカンベンしてやっから、例のGショック携帯また出してくれよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

給料日寸前

 ということで命ギリギリな科神です。いつも引っ越し直後は物いりでありクレジットカード出動までいってしまう拙者ですが、なんとか今回は給料日まで持ちこたえました。しかし引っ越し手当の後半部分が先週末に間に合わなかったのは痛かった・・・・給料日の朝、持ち金43円(爆)。とても社会人の財布とは思えない(笑)。
 そんなに苦しいなら昨晩BOOKOFFなんか行くなよ・・・・この勉強が必要な時期に司馬遼太郎『坂の上の雲』と児島襄『日中戦争』に手を出す拙者。はやくも逃避か?
 ということで風邪をひいたりローレライ観に行ったり寝込んだり逆転裁判2を終わらせたりした週末でした。さあ、今週も長いぞ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フタコイ オルタナティブ

 いっそここまで派手派手しくやってくれるとむしろ清々しい。何がウリかサッパリわからない上に今後どの路線でいくのかも不明だが、とりあえず第1話についてはスピード感あふれる動画でありヨカッタと思いますよ?
 元の双恋も全部録画してあるので見ないとね・・・・言われるほどヒドイ話でもないと思うが。異常な部隊設定を除けば(<そここそが問題だろ!?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中国で反日デモ拡大

 二言目には「アジアに対して誠意が」「アジア諸国に対して」とか言いますけどねえ、今度の問題で騒いでいるのは中韓二カ国だけですよ? 日本が大戦中進駐した国は国内で交戦があったものも含めてフィリピン、インドネシア、タイ、シンガポール、ベトナム、台湾とありますが、それらの国で反日デモがあったという話はとんと聞きませんな。
 半世紀にわたる日本の教科書とは比べものにならない偏向した教育の結果が、政府にとっても制御不能なこの事態ですよ。ちっとは反省しろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マッドドリンク「無炭酸コーラ」

 電車の待ち時間や電車に乗ってる間の時間を利用して逆転裁判をやっているため、スーパーでレジの打ち間違いに気づいた瞬間「待った!」と叫んでしまった科神です。「そのダブルソフトは本日は208円ではなく187円のはずです!」ていうかたかだか20円のためになんでそんなに気合いを入れてレジを指さしますか? しかも半身で(笑)。
 下の飲料は同期と飯を食いに行った帰りに発見し、「コレ見ろよ」と差し出したところ「車代がわりにおごったるわ」と買いあてがわれてしまったマッドドリンクである。だって「コーラ」なのに「無炭酸」な上に「乳酸飲料」ですぞ! 聞いたこともない会社名がさらに不安を倍増させます。coke
 不気味なことこの上ない飲料の存在を引き取った木曜からスッカリ忘れていたのですが、日曜の晩に冷蔵庫で再発見したので意を決して飲むことに・・・・しまった、ポテチもえびせんもないぞ・・・・つまみもないのにこんな・・・・甘ッ! 甘すぎ! ヤクルトにコーラの原液をちょっと垂らした感じ!(どんなんや) こりゃつまみをかじりつつチビチビやらんと飲めないなあ・・・・
 しかし「コーラアップ」とか「コーララムネ」とか「コーラ飴」とか、コーラ味のお菓子って考えたら結構あるよね。要はカラメル味なんだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花の下にて春死なむ

sakura1
拙者は桜が・・・・大好きでーす! といつも無駄にフォントをデカくしている拙者ですが今度という今度はもう心の底からフォントをデカくして行きたい! ていうか大声で叫びたいのです。桜の花びらを透かして降り注ぐ太陽の光・・・・ほのかに感じられるさくらの芳香・・・・舞い散る桜吹雪・・・・ああ! 拙者は4月の北海道にコレがないのにガマンできなくなって北海道を飛び出したと言っても過言ではありません!(ホント)。 中でも拙者が一番愛するのは水銀灯に照らされた白い夜の桜であって、もうずっと見てると吸い込まれそうでたまりません(怖えーよ)。 ああもう・・・・桜並木のただ中に立っているともう、この国に生まれてホントにヨカッタと思います・・・・ていうかもうこの国に生まれて恩恵受けてるんだったら歌えよ! 国歌をよう! なんで歌ったり歌わせることにためらったりするのかな~も~・・・・そこだけ強調してクローズアップ現代を放送したNHKが一部で叩かれてますぞ、マッタクも~不偏不党じゃないじゃんよ・・・・と、清々しい桜の前でなにやら生臭い話をしてしまいましたが、いやもう、こんなに日本国民であることを誇らしく思うのは後、寿司食った時ぐらいですかねえ(<どういう比較だよ!)
 まともな桜は8年ぶりぐらいですかのう・・・・いいですな・・・・というわけで今回はちょっと大きめの画像をサムネイル機能で入れてみました。見てみたい方はクリックをお願いします。ていうか花を撮るのって難しいね。
 明日花見に行けるかどうか・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キャンパス プチクリッツ2

pen1
 前の職場にいた時、とあるレクチャーの場で教え子の使用している摩訶不思議なペンケースに目が釘付けとなり、そのまま教壇を降りてツカツカと歩み寄り、誰かの居眠りが見つかったのかッ!とビビル教え子の間をぬって当該教え子に接近し、「コレ、どこで買ったの?」と詰問して教え子を脱力させたりしていた拙者ですが(<断っておきますが特に異常なことではなく拙者のレクチャー及び訓練の時間、ふと疑問を感じるとその場が何だろうが学生に素朴な質問をぶつけてビビられたりする『一瞬先の行動が読めない教官』科神です<いやそれは教官としてどうかと)、その時のペンケースが右のモノであり、上の写真の通り、見た目はフツーのペンケースですが、pen2立てて開くと2つめの写真のようになりアラ不思議、ペン立てに変形合体(<いや合体はしないし)、ペンケースに手を突っ込んでガチャガチャ言わせて「うをを~赤ペンどこだ~」と騒ぐことなくスっと取り出せるスグレモノである。ちなみに下のは大きさ比較のための戦艦ビスマルク。
 なんか小便利な小道具を入手すれば、なんか人間としてちょっと進化した気になりませんか!? 拙者はなります! ていうか人間はホラ、徒歩よりチャリ、チャリより車、戦車、飛行機と、いろんなアタッチメントでもって、今まで不可能だったことを可能にしてきたわけであり、購入して自らを強化することができる小道具はすなわち科学の力なのです! ほんのちょっと経済力を発揮するだけで不可能が可能に! という勢いでテンションが上がった拙者は、LOFTの札幌店にソノ品ありと聞くや次の週末に出かけて大購入してご満悦だったのだった。
 が、普段の拙者には当然ながら国民の血税によって購入された机が与えられているわけで、机の中にはペンケースとは比較にならない文具類がガッポリ入っておりペンケースなんかいらないじゃん! 加えて実は職場の売店の隅にブツが実は転がっていたことを当該教え子とほぼ同時に確認して同時に脱力していたりしたのであります。
 いやいや、いつか使うときが来るのじゃよ・・・・と思っていたのであるが、今年の春から拙者はより上のステップを目指すために約7ヶ月間の長丁場の研修に入ったのであって、4年前に比してかなり屋内研修が増加されており、来る日も来る日も机でカリカリ、という状態になったのであった。というわけで大活躍なペンケースであったわけだが、とある作業に非常に多量のペンを必要としているために、1個では足りなくなってきた。
 ということでモノに溢れる天下の関東で手に入らぬものはない・・・・と思ったが交通費も意外にかかるので、最も近いLOFTを探すと船橋にあり、と出たので行ってみたが当該物無し。ええ~船橋とはいえ片道400円ですよ~ということで残念な気分のまま帰宅。
 して困ったときにはネット! ということで探せばアッサリ発見。当該物はココ
 しかしアレですな、いかに関東圏に住んでいる、とはいえ、関東一円といっても北は埼玉から西は神奈川から東はチバラキまで、結構広範囲であって都心部に行こうとするとヘタすると片道1000円超えるわけであり、よほどまとまった買い物でもないと、新宿だ秋葉原だとホイホイ出かけていくとかなり時間と金のロスなわけです。千葉に住んでいるとはいえ、千葉都心で済まない買い物はもうネットでなんとかしていこうと思うのであった。
 ところでアマゾンにDVDを注文すると、発送元は千葉県市川市のセンターと印刷されているわけで、名寄や千歳にいた時に中1日で到着していたのだから、この千葉で注文すれば即日配達も可かも! とちょっぴり思ったのだが、あにはからんや、やはり中1日で届くには同じなのでした。な~ぜ~。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

最近の舞HiME:げに恐ろしきは百合の花

 ぎゃあああああ。
 引越のドサクサで舞HiMEの録画をしばらくほったらかしだったのであった。で、いきつけのオタク系サイトのいくつかが最近の舞HiMEの内容について非常にエキサイトしていたので気になっていたのだが、ようやっと余裕ができたので何話かまとめて見る。具体的には21話『黒き君、目覚めるとき』~23話『愛情と友情、非情』まで。
 そこで前述の悲鳴に繋がるわけですが、ああもうぶぶ漬けさん! アンタもうまるで悪役ですよ! しかも本筋とはあんまり関係ないとこでの悪役っぷりは蜘蛛女なみのたちの悪さであって、でもって悪意があってどうこうじゃなくて自分の欲望のままに突っ走った結果悪になっちゃったというオチであって、今まで意味ありげに微笑んでいたのは一件に深く絡んでいたわけではなくただズーレ魂のせいだったといオチに流石の拙者もシャッポを脱ぎますぜ。こんな真性は『ヤミ帽』以来でございます。学園を取り仕切る女王から思いを拒否されて静かに暴走する京都弁の仁義なき戦い女への転落っぷりはなんつーか、こう、今後発売されるドラマCDに期待するや大であります。
 このまま一気に最終話まで見てやれと思ったが引越がらみで24話と25話が欠損。1話だけならまだしも2話も抜けてるようでは最終話だけ見るわけにはいかねえなあ。なんとかしねえと。
 人間関係がどんどん精算(ていうか破綻)していって、むしろ復活した元財団所属のアンドロイド女が一番しがらみがなくて動きやすいというこの皮肉よ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

厚く御礼申し上げます。

 横に長いリストの表示は難しいなあ。
 「サービス開始月は無料!」というので4月1日に日付が変わるのを待って(ケチ)Niftyブログのサービスを、無料から450円/月々のプラスに変更。ログの保存や過去ログの置換、デザインのある程度のカスタマイズ等ができるようになる他、アクセスログが作成されるということで、1日、2日はイマイチだったものの3日あたりから連日凄まじい閲覧数であって、今までカウンターがなく、レスもとりだかカラスだかうゆうゆうだかもう最近区別がつかなくなってるが非常に限定されたメンツのものであって「別に大々的に見てもらいたいわけでもないがネットにさらす『見て!私を見て!』的コンテンツである以上はちょっと寂しいナーと正直思っておったのですが意外に連日(おそらく一見さんは少ないはず)来て頂いていているようでビックリです。ていうかお前ら黙って通って行くんじゃねえよ(<客に向かってなんてことを!)。といってもいかにもどうでもいいコメントつけられても困りますが。つーか平日の真っ昼間にそんなに更新しませんよう。
 というわけで、いつもいつもこのブログをご覧の皆さん、ありがとうございます(敬礼)。こんなに客がいるということは・・・・ウッカリしたことは書けませんな(笑)。気をつけて行きまショー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今月の新刊チェックリスト

4月にチェックする予定のマンガ・文庫。意外にコミックの出が少ない・・・・ちなみにこのリスト全部買うのではなく、一応本屋で探して手に取ってみるブツという意味のリストで、実際はこの1/3程度購入するものと見積もられる。
 新刊情報は大洋社から。

2005/04月分(コミック)
04/05  リイド社  ゴルゴ13(136)涙するイエス  さいとう・たかを  \550  
04/08  少年画報社  イケてる2人(20)  佐野タカシ  \520  
04/23  幻冬舎  888(スリーエイト)(2)  桑田乃梨子  \620  
04/25  小学館  水に棲む花(3)  篠原千絵  \410  
04/25  一迅社  Fate/staynigh コミックアンソロジー(8)  アンソロジー  \890
04/25  一迅社  To Heart2 コミックアンソロジー(2)  アンソロジー  \890  
04/25  少年画報社  ジオブリーダーズ  伊藤明弘  \530  
04/28  リイド社  ゴルゴ13(58)偽リの五星紅旗  さいとう・たかを  \500  
04/28  リイド社  ゴルゴ13(59)ハリウッドギャンブル  さいとう・たかを  \500  
文庫発売一覧(発売日・出版社順リスト表示)
更新日:2005.3.9
04/01  集英社  コバルト文庫  妹(スール)オーディション  今野緒雪  \460  
04/06  筑摩書房  ちくま文庫  日本の右翼  猪野健治  \882  
04/06  徳間書店  徳間文庫  顔 FACE  横山秀夫  \620  
04/14  双葉社  双葉文庫  楽園レッスン(仮)  橘真児  \650  
04/14  双葉社  双葉文庫  戦場にかける恥  いしいひさいち  \600  
04/18  二見書房  マドンナメイト文庫  淫女館(仮)  堂本烈  \570  
04/中  フランス書院  美少女文庫  ぼくのお姉ちゃん(仮)  橘真児  \680  
04/22  集英社  スーパーダッシュ文庫  Holy★Hearts!やさしさ運ぶ、そよかぜです  神代明  \  
04/22  フランス書院  フランス書院文庫  人妻と処女(仮)  管野響  \630  
04/23  角川書店  角川文庫  小説 ザ・ゼネコン  高杉良  \567  
04/26  幻冬舎  幻冬舎文庫  日本史原論 偉人編  爆笑問題  \  
04/26  幻冬舎  幻冬舎文庫  非国民(上)  森巣博  \  
04/26  幻冬舎  幻冬舎文庫  非国民(下)  森巣博  \  
04/26  新潮社  新潮文庫  「赤報隊」の正体  一橋文哉  \460    
04/26  新潮社  新潮文庫  遠い「山びこ」  佐野眞一  \700  
04/26  新潮社  新潮文庫  司馬遼太郎が考えたこと(6)  司馬遼太郎  \660  
04/26  新潮社  新潮文庫  ダイスをころがせ!(上)  真保裕一  \620  
04/26  新潮社  新潮文庫  ダイスをころがせ!(下)  真保裕一  \580  
04/下  早川書房  ハヤカワ文庫JA  ミステリオーソ  原寮  \693  
04/下  早川書房  ハヤカワ文庫JA  ハードボイルド  原寮  \693    
04/下  早川書房  ハヤカワ文庫HM  死が二人をわかつまで  ジョン・ディクスン・カー  \840  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その身体は、きっと小麦粉でできている。

 づくと居酒屋で粉モノばっか頼んでいる自分にまったく気づかず人から指摘されたり。両親が標準語を話す九州人であったため、自宅では標準語、小中高では関西弁というハイブリッド環境で育ったので生粋の関西人かと言われると純粋ドイツ人ではないヒトラー総統と同じくらい怪しいが、やはり食文化については影響が大きいらしい。しかしチヂミとお好み焼きとたこ焼きはちと頼みすぎか。ホントはこれに焼きうどんも(以下略)。
 期が研修のために三々五々千葉に集結しつつある。ついこの間会ったばかりの人もいれば、実に5年ぶりという人もいて、なんというか・・・・老けたり変化なかったりイロイロいて面白い。しかし変化があるとすれば後退するか太るかであって前向きは変化がほとんど見られないところが悲しい。「カッコよくなったね!」とはならないところがミソ。あと10年もすれば「渋くなったね!」となるかならないか。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »