« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »

着信アリ

kinoko.jpg

 先週末から一時的にauの留守電機能がおかしなことに。
 この1件があってから気づいたのだが携帯本体に留守電を記録する機能をオフにしていたため留守電メッセージは自動的にauのお留守番サービスに接続されメッセージはソコに保管されていた。が、先週金曜に録音されたメッセージを聞こうとした瞬間、「1件目、今日の、午後、7時○○分・・・・申し訳ありませんが、しばらくおまちください・・・・申し訳ありませんが・・・・・」とひたすらごめん待ってねメッセージが連続し終わる気配がない。ので、センターに3件留守電が入っているのに聞けない状態に。
 ま~個人的には携帯というものは知人とどこからでも連絡が取れる便利で仕方ねえアイテムであるとともに、日本全国どこに行こうが仕事が追ってくるうざったくてしょうがねえ一面もある存在であるのでどうせ留守電機能がおかしくなってももっけの幸いというか、そんなに急ぎの用件なら自宅なり拙者と同行している同僚部下の電話に繋ぎやがれと開き直ることしばしば(<おい)
 しかしauにしかるべき料金を払っているのに料金分のサービスが受けられないのもアレなので、買い出しに行ったついでにau電話コーナーの店員に・・・・聞いても所詮売って売ってうりまくるしか能のない末端に聞いても埒があかないため、結局近所のauショップに行くはめに。
 で、紆余曲折の上、auセンターの方には異常はなく、なんと拙者のセンターの留守電メモリに「申し訳ありませんがしばらくおまちください」という音声メッセージが満タン入れられているという奇怪な状態であることが判明。・・・・誰が?! 何のために?! という不思議っぷりではナスカの地上絵並だったがまあ要はいたずらには違いない。が、最初は不快だったものの時間がたつにつれて「・・・・なかなかやりおるわい(ニヤリ)」というある意味どこかの中華マフィア老師のような(笑)。

 写真のキノコは昨日同僚からもらった野生の食用キノコ。昨夜すでにみそ汁の具として実食済み異常なし。   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

過去からの使者

 紙の塊すなわち本が本棚から徐々に溢れてきて床を浸食し、若干部屋が荒れてきているようなそうでないような。そろそろ新しい段ボール箱用意して詰めないと(<根本的解決になってない!)
 スーパー等で、パンパンにふくれあがった体をTシャツに押し込み伸びて脂ぎった髪の毛の下に覗くイケてない眼鏡、買い物籠にはいっぱいのカップ麺と炭酸ペットボトルとポテチの袋を詰め込んでいる輩を見ることがしばしばあり、そのたびに「なんという・・・・死ぬぞ!(<10年後ぐらいには)」と心の中でつっこみを入れている拙者ですが、カップ麺は別として、最近ポテチやペットボトルの摂取量が増えてるような気が・・・・いやいいんだ! 拙者はちゃんと3食まともなもの食べてるし! 晩酌しないし! 太らないし! (<さあ、いつまでそんなこと言ってられるかな?) ちなみに最近のお気に入りはカルビーの堅揚げポテトの黒こしょう味。

 かつて拙者の大学時代の所属機関において、拙者とともに『黒い3連星』と呼ばれた人々、ハンドルネームにして『武闘派ギャルゲーマー』内藤春人氏、『怪奇大作戦』セルジュークトルコ氏と連絡を取ろうと試み(すまん2つ名は今勝手に付けた)、内藤氏との接触に成功した。
 内藤氏は故郷の山形に帰った後に教職(高校)についており、基本的に萌え野郎であることから「教え子とラブって結婚しつつ『いや! たまたま好きになった人が教え子だったんだ!』といいわけしまくる方に200ペソ」と下馬評が挙がっていたのだがさて。

 内藤「ところが高校の講師やったのは最初の1年だけで、2年目からは中学教師さ」
 科神「エエッ!・・・・中学生だったら・・・・犯罪やん!」
 内藤「高校生でも犯罪だよ! ていうかどういう前提で話してんだよオイ!」

 ・・・・・元気そうでした(笑) ちなみに独身。
 日曜の晩だというのに教え子の保護者の人々と宴会の最中でした。大変だな。でも関係は一見良好そう・・・・やっぱ田舎なんで学級崩壊とかパンツ売ったりとかが少ないのだろうか(偏見)。
 セルジュークトルコ氏については実家に電話したら一度だけ会ったことがある姉君様とつながりすかさずトーク(笑) 本人は青森の新聞記者を続行中であり夜討ち朝駆け、日曜の晩だというのにまだ会社にいるらしかった。携帯繋がらず。
 
 とりあえず2人とも生きてたので安心。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

HolyHearts! 勇気をくれる、なかまです/神代明/集英社SD文庫

 射撃の腕はかなりだが基本的にはドジっ娘のキュノ、無骨な剣術の達人ジンジャー、優秀な治療系魔術師で大食いのアリシアの3人娘がファンタジー系ワールドで織りなすドタバタ成長系女子寮もの第4弾(<詰め込みすぎ)
 今回は優秀なシスター(<この世界での対モンスター組織の戦闘員)でありながら野に下りダークな賞金稼ぎに成り下がった(とされている)”抜けシスター”スノーフレイクの存在と、モンスターの発生の秘密がちょびっとずつ明らかになってシリアス多め。つーかこの世界ではトップシークレット扱いのモンスター(<作中ではクリーチャーと表記)の発生の秘密が、キュノみたいなガキンチョが偶然目にしてしまうようでは、はっきりいってその秘密って公然なのではという気がしなくもないが。
 シリアスはシリアスでいいんだけどもシリアスルートに入ると若干話の運びがまったりしてくるような気がするのだがどうだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

警視庁捜査1課特殊班/毛利文彦/角川文庫

sit.jpg

 警察の特殊部隊と言えば日本版SWATであるところのSATが有名であり目につく機会も多いが、実際に運用されることは函館ハイジャックを初めとして非常にまれであり、名前が出てくる割には出番がない。で、あまり知られていない警視庁及び一部の都道府県警の刑事部に所属する、誘拐・企業恐喝・立てこもり事件の大部分を管轄し、実は我々が普段目にするこれらの事件でコッソリ仕事をしているのが、本書で紹介されている特殊班(SIT)だ、ということで、SITが今までに関わった事件の成功例・失敗例を挙げて紹介しつつ研究している。
 起こってしまった事件に対し過去を追っていくことで解決を図る通常の刑事警察と、誘拐・企業脅迫等の現在進行形の事件に対し犯人の先を読んで逮捕に尽力する特殊班との比較、またハイジャックや一部の凶悪立てこもりの瞬時制圧に特化したSATと、事件全体を俯瞰して広域機動で犯人を追う特殊班との比較等が、若干踏み込みは甘いものの、興味深い。個人的には、近現代日本犯罪史で身代金目的の幼児誘拐殺人事件の典型例として有名な『吉展ちゃん事件』が、警察史の中でどういう位置づけにあったのかということを、恥ずかしながら初めて知って感慨深い。
 著者は最後に、事件数をこなしてレベルアップしてきた特殊班が、ここ数年の平和で練度を落としているのではと指摘する。小規模な立てこもり事件の解決失敗が続いていることをその理由として挙げているが、誰も彼もテロ対策テロ対策と騒ぐ時代に、警察がいついかなる場面でどういう力を試されるのか、非常に気になり、楽しみだ(<不謹慎)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母さん僕のあの腕時計どうしたでしょうね。

oyachi.jpg

 腕時計が故障。動かなくなったので単純に電池交換したが数日たつとやはりダメに。正確な故障探求のためには工場に送って3日待ちの、故障探求だけで2500円かかるというので4000円の時計にそんなにかけてらんないと更新を決定。先日卒業した教え子達がナイスタイミングで腕時計をプレゼントしてくれたものの、デジタルオンリー表示はちょっと個人的にはアレなのでやはり買い換えるはめに。(<もの自体はLAPが300も録れるスグレモノ! つーか一人で300LAPも録れるほど走ったら死んじゃうヨ! 人殺し! ・・・・ウソウソ、ありがとう>くれた人々)
アナログの時計がバーンとあってその下にデジタル表示があって日付がわかりストップウォッチが使えるという条件でとりあえずヨドバシで探す。元々なくしたり壊したりしたときのショックが嫌であんまり値の張るものを買うのはアレで、学生時代は2000円前後の時計を使っていたのが、社会人となった今でも大体4000円~5000円代(<安ッ!<イヤ倍でしょすごいでしょ)。で、コレというタイプがなく・・・・とうとう腕時計までネットで探してみることにした。
 というわけで紆余曲折の末決定したのがコレ。しかし賞品到着までには若干かかりそうだ。ちなみに楽天で買い物するのはコレが初めて。便利な世の中になったな~。ライブドア共々、ケンカせずに仲良くやってもらいたい(笑)。


cake.jpg

 ちなみに木曜日にヨドバシに行ってIXYについては交換してもらった。モニタに不届きなドット欠けもない(笑)ニューマシンでガンガン撮りまくりでありさっそく冒頭のは大谷地手前の交差点。フィルムカメラと違いデジカメは逆光と夜景が素人さんでも綺麗に撮れるのでうれしくなってついむやみに撮ってしまいますな。続いてはこのデジカメのウリであるところのスーパーマクロ、超接写の機能を使用した土曜のデザートバイキングのケーキ。フラッシュたくのが若干気が引けたのでちょっと暗くなっておりますが、フルーツのグチャグチャ感とクリームのネチョネチョ感が非常によく出ております(笑)。

tori.jpg
そしてトドメはなんと焼きに入る前の焼き鳥の串を超接写!  炭火焼きで焼かれる前の生々しさが臭ってくるようです! ヤケクソですか!? ええそうですとも!!
 食べ物写真に撮るって難しいよねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホワイトアウト

 「うう~ん安いし小さいし、こんなもんかな~」と画像に若干の不満を抱きつつもちょこちょこいじっていた新型マシンすなわちデジカメIXYDIGITAL(Canon)ですが、本日職場に持ち込んでイロイロ撮っているうちに「・・・・いや・・・・これは・・・・変でしょうやっぱり?」ということに。夜間室内撮影ではあんまりわからなかったがどうもシャッタースピードがある程度以上上がらなくなっており、すなわち露光しすぎ、明るい室内や屋外で写真を撮ると真っ白けに近いというか、千歳市上空30kmの空中で核弾頭が炸裂した瞬間みたいな写真が撮れるわけでして、やっとこマニュアルを見てみてシチュエーション設定やら露出やら測光やらをいじりまくってもダメでやはり白熱の世界。
 でもって画像をパソコンに取り込んでみると明るい写真は軒並み変な横縞が入っていてヒッジョーに、ていうか事実上、実用に耐えない状態に。職場で異常を訴えると実は同型機持ってました(過去形)という人がいたので画像を見てもらうと即座に「こりゃおかしい」となったので初期不良決定。次の休日にでもヨドバシに持ってくか・・・・
 つーかかつて拙者は非常に高い確率で初期不良製品をつかみがちな初期不良ゲッターであり最近全然なかったが久しぶりにゲッターぶり炸裂だ。交換ついでに色変えちゃおうかな~まあいいやブロンズで。
 ちなみに先述の人がどうして過去形かというとご本人様のブツは車に轢かれて先日お亡くなりに・・・・激しいなオイ。ちなみに入院中のFinePixの治療費は8000円という見積もりが来る。しょうがないので承認。ま~アレはアレで使いでいいからねえ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

灰とダイヤモンド



pit.jpg

 というわけで同じ100gクラスとしてPENTAXのS30~S50等も候補に挙がったのだが結局のところ店頭在庫と価格差とデザインと物欲刺激度等モロモロを考慮した結果、CanonのIXYDIGITAL Lを購入した。この美麗なブロンズをとくとごらんあれ!・・・・つーか現行モデルFinePix4800Zはボタン不良のため入院中であってこの新マシンを撮るマシンがない(笑)。鏡で撮る等みっともないまねをしない限りその姿を皆さんにお見せすることができず残念です。
 でもって若干いろいろ、相変わらず全くマニュアルを読まずに(<読めよ)いじってみたが、デフォルトで撮りまくると露出だホワイトバランスだというところになんじゃよくわからん調整不足が発揮されて微妙な画像になり、カメラのモニタでは不明だがパソコンに取り込んで拡大するといろんな荒が目につき現行マシンレベルにはなかなか。まあ持ち歩き用軽量マシンに特化しているので多少の不満は我慢しますが、もうちっと、こう、なんとかなるんじゃなかろうか、という気がする。要勉強。ていうかこのマシンを購入してもっとも不満な点はモニタ画面の液晶にかなり目立つ位置のドットが1つ死んでいるというスゲエ基本的なアレであってしかし不良品扱いじゃないんだなあ、これが・・・・。
 ちなみに上記画像は数少ないなんぼかマシに写ったものであり、カメラ買った帰途、信号待ち中に長時間露光モードで撮影した拙車の操縦席。異臭を発する葉っぱとかバックミラーから垂れ下がって視界を妨害する造花とかお守りとかは当然未実装だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

直死の魔眼(モノ限定)



kiyomori.jpg

 写真は神戸市某所にある平清盛の・・・・塚でなくて記念碑。負け組なので墓はないため、福原港(神戸港の原型)を開いた清盛を偲んで鎌倉だか室町だかにできたものらしい。大正時代の移築の際に発掘調査が行われ墓ではないことが確認された。


 ま~それはともかく拙者はパソコンとかパーツとか、なんか「買い換えようかな~」と考えたり、あるいは買い換えたりした瞬間、旧メカが「もうわしの役目は終わった」とガクリと息を引き取るといった状況に陥るパターンが少なくなく、不思議なこともあるもんだと思っていたが、先日ある部下に聞いたところ「機械の寿命を無意識に察知してるんじゃないですか?」とか言われてなるほどそういう見方をすればなんか前向きですな・・・・モノの寿命を見抜く特殊能力! ていうか一歩間違えるとご幼少のみぎりに近所のおじいちゃんおばあちゃんあるいは友達の死期をビシバシ当てまくって気味悪がられ村八分になり不幸な生い立ちになってしまった霊能者みたいなパターンに陥りがちだ。
 それはともかく拙者にそういう能力があるとしてそれはまだモノにしか発揮されていないらしいのでよしとしよう。つーかアマゾンの格安デジカメコーナーを見て以来なんか小型デジカメが欲しくなってしまったのですよ。

 拙者の現用モデルは富士フイルムのFinePix4800Zで今のところ不満は特になく、仕事にプライベートに大活躍であり、230万画素と今から見れば若干あれだが画像を超拡大印刷なんざあしねえ拙者は1メガピクセルで撮れりゃそれでいいのである。もっとも気に入ってる点は三脚さえあれば拙者のような素人でもラクチンに夜景が撮影できることであって夜景モードにしてシャッターを押せば自動で3秒くらいは露光しっぱなし。あら不思議、絵はがきみたいな夜景をゲット! ということで関東滞在間は非常に重宝だ。科学力世界一のドイツデザイン、動画撮影可能(VGA)、がんばって勉強すればホワイトバランスや露出もいじれる拡張性。3年使ってますがまだまだ今後も使えそう。
 が、最近になって若干「重いな・・・・」と思うようになってきた。バッテリ込みで300g、大きさ約8cm×9cm×3.6cmというのはちょっとポッケには入らない。元々の用途が「あっあんなところに変な看板が!」とか「この電車のデザインナイス!」とか「猫!ねこー!」とか「あのスゲエ後ろ姿美人●学生の姿をキャッチ!(註:犯罪です)」であって、気軽に携行できることが望ましい。となるとちょっとあのゴツさはいかがなものか、と。
 当初フジびいきでFinePixF420を検討したのだが(当時アマゾンで馬鹿安だった)、店頭で実物をさわって見ると大きさはともかく思ったより軽くない。ていうかあの大きさからすると逆に比重は重くなっているのでは? と思うほどだ。胸ポッケにはちと重い。

 で、そこでフト、ちょっと前にやたらにちっこいデジカメがあったな~と思ってウロウロしていて発見したのがIXY DIGITAL L。間違いなく100gはこのクラスでは最軽量。光学望遠がないものの拙者が今4800Zで使用している機能は大体入っていておまけに小さい。ていうかその辺の小型をさわった後でヒョイと持ち上げるとおもちゃなんじゃねえかとビビル軽さだ。これは・・・・ほ、欲しい! あ~段々欲しくなってきたよ~先週末現在ヨドバシで2万台の前半。給料日でもあるし、さてな・・・・と思ったらまた4800Zが十字キーの上下が望遠ができなくなる不調が。これって!?

 ちなみにこのメカはスタパのレビューもあり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

怪奇牛人間登場

 拙者はメールアドレスをネット上にさらしている状態なのでまあある種の人々からガンガンくずメールが送られてくるわけで、たいがいそういうメールは英語オンリーなのでホスト上で見かけたらガンガン削除でいいものの、たまには日本語の架空請求もの等がやってきてものによっては非常に愉快だ。今回のはあまりにアレだったので晒す。以下引用。
====================
はじめまして。ゆかりっていいます。
セックスフレンドを募集してましたよね?
わたし、応募してもいいでしょうか?
えーと、彼氏はいるんですが、満足してなくて、
ぜひ、エッチ友達になってほしいです。
住んでる所、近いみたいなので、
まずはエッチの相性を確かめてからでもいいよ?
カンタンなプロフを書きますね。
さがらゆかり(本名です。漢字はまだ秘密 笑)、
24歳で、職業はテレホンオペレーターです。
スリーサイズは上から92・61・88で、胸はFカップです。
ちょっとアルピノっぽい感じなので、
日焼けしたギャル系が好みだったら、わたしダメかも。。
えーと、性癖として、実はMッ気があって。。。
彼氏とのエッチは、その辺でちょっと不満があるんです。
ソフトSMな感じで、バックから挿入してのプレイや、
下着をつけないでミニスカでデートしたり、そんな感じで
いじめてほしいんですが、いいでしょうか?
普通にセフレを募集してるのかな?
うーん、とりあえずお返事待ってますね☆
===========================
以上引用おわり。
つーかどこから突っ込んでいいのかサッパリで非常にアレなのだがひとつ言えることは拙者のコンテンツを読んでいるのなら巨乳で惹こうとは絶対に考えないということだ!(<いばるなよ)
 ていうかそもそもそんなの募集してないし(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミッションATA

 日曜日においては実に7年ぶりぐらいにRPGのセッションに参加したが流石に2本立て9時間連続はちと年寄りにはこたえたわい。ちなみに片方は懐かしいソードワールドで、魔法使い不足だったためレベル3のソーサラー「ユーリー・フィリトフ」でプレイ。詳細は別示。


 札幌に出たついでにヨドバシでHDを買う(また・・・・)だってHDがいっぱいんなんだも~ん(<焼けよ) というわけでせっかくだからシリアルATAにして160GB、1.1万円程度。日曜日は深夜に帰宅したので月曜仕事が引けてから接続開始。

 マザボのおまけについてたSATAケーブルを用意しビスマルクのケースを開けて
HDの袋を開封して差し込み・・・・しようとするとHDの背面にSATAケーブルを差すのとは別のデッカイコネクタが・・・・コッチは使わなくていいのかな?
 若干の不安をおぼえつつマザボのてきとーなSATAソケットにケーブルをつっこんで立ち上げ・・・・認識しませんね。そこまでテキトーではないですか。BIOSをいじったりツェッペリンを起動してネットで調べたりするも状況変化なし。ネットでさらっと探して発見できない問題ということは、
 1、今まで誰も発見したことのない新バグ!
 2、初期不良!
 3、ネットでの検索の仕方に問題が!
 4、問題が初歩的すぎてネットにすら出てこない!

 ・・・・拙者の長いパソコン経験からするともっとも可能性の高いのが1・・・・ではなくて4でありすみません(<長い経験から導き出されるのに問題が初歩的という矛盾)。よく考えるとソフト面ではいろいろいじったものの、根本的なブツをよく見てなかったことに気づいてマジマジとマザボを見ると、計4つあるSATAコネクタの内2つは「SATA-RADE」残りの2つは「SATA」とだけ書いてあった。差しやすかったので当初「SATAーRADE」の方に繋いでいたのを「SATA」とだけ書いてあるソケットに差し込んで、さらに起動してもらちがあかなかったのでそこからBIOSをいじると見事認識。これで後150GBは空きができて、1ヶ月は一息つけるな(<一ヶ月かい!)。
 ここまでの経緯を見てもわかるとおり、拙者はこの問題についてなにかを理詰めで理解して解決したのではなくむしろ見よう見まねでオートマ車を動かしているクロマニヨン人とあまり変わらないのでありそれでもソコソコPCをカスタマイズできるからPCっておもしろい。
 ま~それはともかくSATAとRADEについては要学習だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ツイスター in 北海道

 土曜の朝から10km走ってしまうという偉業をなしとげた科神です。仕事以外ではコタツから一歩も出たくない拙者がいったいどうした>俺! ていうか今現在拙者の職場では今月末までに年度累計350km、拙者の場合後100km走らないとイロイロめんどうなことになるのでこうして夏休みの宿題を8月31日にやるごとくの状況になっておるのですよ。
 というわけで現居所から南西部についてはあんまり探索してないな~ということで探索を兼ねて小1時間ほど走って図書館の場所を確認し神社に参拝して帰宅して風呂浴びるとも~かなりスッキリ! ていうか血液が順調に全身を流れまくって出力安定、さあ~今日もがんばって動画処理するぞ! という気迫がみなぎってきます(<間違ってるよ)


 そういや今週8日は道内では未曾有の台風直撃(しかも昼間)でしたが拙者の職場では外の仕事が予定されていたのですが案の定台風直撃下に強行されました。まあそういう仕事だし。
 ていうか拙者は元々本州育ち故台風が接近すると理屈抜きにワクワクする性分であり行動中に倒木に襲われたりヘルメットに叩きつける小石がカンカン音を立てたり突風で指示が届かなかったりするのが楽しくてしょうがなくてもうウッキー(→▽←)という勢い・・・・変ですかね、拙者。
 幸いだったのは雨がほとんど降らなかったことでありやはり流石に全身ずぶぬれになると体力が否応なしに減殺されるので風オンリー台風でグーだ。
 道内ではいろんな被害が出たらしく特に都心部の被害についてはNHKのクローズアップ北海道で取り上げられていたが、特に街路樹の整備や屋根の構造については・・・・自治体管理物にせよ民家にせよ、何十年に1度あるかないかの風害のために金をつぎ込むことの妥当性がそんなにあるかどうかという問題ですな。場合によっては命が関わってくるので(阪神大震災時に問題となった防火用水コンクリート容器の強度の問題とか)いちがいには言えませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ファフナー 第9話『同化 ~わかれ』

 待ち遠しくてならないので早起きして出勤前に見るファフナー。今日も一日いい日でありますように(笑)
 ああ~てっきり戦死するかと思ったらそう来ましたか~これで人間関係さらにこじれることうけあい。今回実働部隊現場指揮官くさいオッサンがいい味出している反面、妖艶美人教師狩谷先生のあやしさ炸裂であって女スパイだか女怪盗だかこの俺にもわからない謎の女、だけどもなかなか憎めないだなあ、俺はかわいこちゃんに弱いからねえ(あほか)。普段着がセクシー過ぎです。生徒の目の毒だ(^^;)・・・・最近セクシー女先生がアニメ界で増殖しているような気がするんですが気のせいでしょうか。
 真矢ちゃんの後輩美少女が初登場・・・・ていうかこのタイミングで登場するとなんかスゲエ爆弾抱えてそうな気がする! 絶対そうだ! 要注意だ真矢ぴょん!

 ・・・・なんかこうして深読み先読みして大騒ぎするのって10年ぐらい前の既視感が・・・・(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『保険金殺人』 上野正彦 角川文庫

「死体の声を聞け」という不気味なサブタイを冠するこの本は東京都専属監察医だった著者がその豊富な鑑定経験のうち、保険金殺人にからんだものをピックアップして紹介し、保険金殺人は割に合わないということを世に知らしめるために記した本。著者は法医学界では結構著名な人で、拙者も何冊か別に本を持っております。
 死因鑑定の各種トリビア(「火災による損傷等で他に兆候が確認できなくても脳底部の錐体で絞殺・扼殺が判明する」「へえー×12」)に加え、一線を退いて鑑定人として暮らす著者と保険会社とのやりとりも興味深い。たとえば転落死の場合、他殺でなくても足を滑らせた事故死・高所作業中の心筋梗塞による転落・保険金目当ての自殺の3者のどれになるかによって支払われる保険金の桁が違う、等。
 超個人的な話をすると、拙者が幼少の頃、保険金殺人疑惑の捜査で車を岸壁から海に落とす実験が繰り返しテレビで放映され、その画像を見るたびに拙者(当時3歳)が激しく興奮するので母がニュースになるとテレビを消していたということを聞かされていたのだが、この本で紹介されていたある事件の特徴が符合するので実家に電話したところ当該事件であることが確認された。1974年に別府で発生した母子3人の事故死事件で、母子と結婚したばかりで保険金をせしめた男が疑惑の男として浮上しやがて逮捕、検証実験が何度か行われたという事情らしい。わがことながらマニアックな幼児といえよう。
 ちなみに被告については最高裁上告中に87年に病死。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プリキュア第30話『炸裂! プリキュアレインボーストーム!』

 ・・・・新技かと思ったら2色が7色になっただけ・・・・もっとこう! 悪役も3秒で悶絶の毒ガス攻撃とか! のたうち回って浄化される火炎放射とか! 拳と拳を合わせて叩きつけて機界昇華とか! ってそれはヘルアンドヘブン! いや待て! それもいいな!
 いずれせよイマイチ代わり映えしないということ・・・・ED、旧悪役がいつまでもでてますヨ~とか指摘されてたらそこのトコだけ変えやがった。後はラストの1枚絵のみ。このさいだからOPもEDも変えちゃおうぜ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦場のメリークリスマス

 いや・・・・SFアニメ『クラウ ファントムメモリー』を見てたらなんとなく思い出して。でも見たことないのよあの映画。

 土曜の夜って意外と忙しくて宴会やってるか札幌に出てるかどっちかということが多いのでお笑い好きなのに見たことがなかったお笑い番組『エンタの神様』を初めて見る。ああ・・・・アレが『ギター侍』・・・・残念ッ!(<気に入ったらしい)(<ていうかパソコンに録画して日曜日20回ぐらい見ました)(<見過ぎ)

 土日はこれといって大きな用事もなかったので持ち帰った仕事しながらDVD焼いたりして(<意外にどっちも進むのよ)(<まじめにやれ)いたのだが意外に焼き進まない・・・・なんかジワジワとHDが狭くなってゆく・・・・来週あたりHD追加かッ! 次はいよいよシリアルATAに挑戦だ! 値段あんまり変わらないしな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

母さん、僕のあの帽子・・・・

 ドラマ『人間の証明』(フジテレビのページからオフィシャルページに行ける)、見始めたと思ったらもう来週でおしまいですか・・・・ていうか見始めるの遅いよ>拙者 残念。しかし現状のままでは馬鹿息子の方はともかく知事候補の方はよほどのブツが出てこない限り起訴は難しいんじゃないでしょうかねえ。そのまま不起訴処分になったらドラマ的には後味が悪いね。
 それはともかくこのドラマの見所はやはり知事候補の娘さやかちゃーんであり今回については特に出番もアップも多く拙者の脳はもう大変なことになっております。つーかあの修羅のような母親とろくでもない兄に挟まれてあんなまっとうな娘に育ったというのはかなり奇跡に近い感じがいたします。この女優さんの紹介についてはココ。・・・・なんだけど写真がなんか古いような。
 でもって気になるのは刑事部屋でいつも常軌を逸したからみ方をする刑事と絵に描いたような「ボクはキャリアなんだよ偉いんだよこの管理官なんか腰掛けなんだよ面倒ごとは困るんだよ勘弁してくれよボクには君たちと違って未来があるんだよボクのキャリアに傷をつけるつもりかこのバカバカバカおかあさーん!」とブチ切れそうな線の細いエリート管理官。どっちもいわゆる悪役だけどいわゆる主人公サイド正義キャラよりこっちの方が演技が難しいと思った。

 

蒼穹のファフナー#7,8
 そうら始まった(笑)。荒れる人間関係・・・・ていうか甲洋クンがひとりでテンパッてるだけですがどっちかっつうと戦争物小説を読むことが多くトンパチと言えば野郎どもがわんさか出てきてバタバタ死んでいくのが当たり前という世界に親しんでいる拙者(<親しむなよ)が見ると知人が戦死して「おまえのせいだ」「ゆるさない」とか騒ぐ輩はまったくの訓練不足であり新兵であり練兵場50周でありいつまでもそんなこといってる兵から死んでいく・・・・つーか9話予告を見るともはや甲洋クンの戦死は避けられそうにない感じがしますがいかがでしょう。真矢っちは危ないけど流石に死なないでしょう・・・・EDに登場するし。しかしOPに登場する人々でもあっさり死ぬから油断できない(笑)。でもってやけにツンケンしっぱなしだった武道少女の今後のキレっぷりがちょっと気になるのであった。
Dears #7,8
 巨乳宇宙人なんざにはまったく興味がありゃしませんが第7話において血の繋がってない妹登場というのはこの世界、早いのか遅いのか。でもダカーポは最初っから全力投入で随分潔かった。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年8月 | トップページ | 2004年10月 »