« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »

攻殻機動隊2ndGIG DVDvol.5

 自爆テロの阻止に奔走するバトー&トグサの話と少佐が合田の狙いを探索する第9話『絶望という名の希望』、殺人事件の現場に居合わせたトグサがいわれのない拘禁をされる裁判エピソード第10話『イカレルオトコ』の2本。最近楽しみなのは本編もさることながらサプリメントのスタッフインタビューであり、いままで幾多買ったDVDの特典映像インタビューなんて全然興味なかったの攻殻のはおもしろいんだわ、これが。今回はこの2話の演出を担当した2人。『イカレルオトコ』担当河野氏のインタビューはおもしろかったのだが(スタッフの中で数少ない妻帯者なので、同じく妻帯者であるトグサの家庭の演出担当、とか)、『絶望という名の希望』担当の竹下氏のインタビューは「~なんですよぅ」とか「~じゃないですかぁ」といった語尾が非常に耳障りで気になってしょうがねえ! 中身あんまり聞く気しなかったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鋼鉄の少女たち(2)(3)

 1巻を買って「んん~戦車&女の子はいいとして絵がイマイチ・・・・」と思ったものの続きが気になって結局3巻まで購入・・・・っつったらヘヴィですよ旦那! 富野ガンダム並みにヤな話満載!(<註:拙者は昔の富野ガンダムをよく知らない上に大大ダイキライ!) 残虐な塹壕戦の話から少女ばっかりの部隊が敵の捕虜になったらどうなるかといった話、一般市民が避難するまもなく始まった市街地での毒ガス戦、たまに外伝があったかと思ったら国境付近の村から徴用された女兵士が戦場と化した故郷で敵兵となったかつての知人たちと遭遇して殺し合い、とか凄惨な話が連続してかなりアレだ。おまけに3巻の最後では武装親衛隊みたいな組織がクーデターを起こしてどうがんばっても王国の将来ろくなもんじゃね~という。続きどうしようかな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

百合姉妹 vol.4

 林家志弦の「ストロベリーシェイク」はあいかわらずハイテンションであいかわらず樹里亜は鼻血を吹く(笑)。蔵王大志&影木栄貴の「オンナオオカミ」はシリーズではないものの拙者はこのコンビの作品好きだなあ。藤枝雅の作品は絵は好きなものの筋はイマイチ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

栗栖元統幕議長死去

栗栖弘臣さん 84歳 死去=元防衛庁統合幕僚会議議長

 26年前の1978年、”今現在戦争が始まったら自衛隊は超法規的に行動せざるをえない”という趣旨の発言をして当時の防衛庁長官、金丸信に更迭された知る人ぞ知る元統合幕僚会議議長(=制服トップ)。有事法関係者では知らぬものなし。

 有事関連法案とかいってバカスカ法律が改正されている昨今と違ってまだまだ立場が弱く世間様の顔色を伺いまくりであった自衛隊の制服トップが、ぶっちゃけ「いざ戦争になったら法律なんざあ無視するぜ~」とのたまったということで当時の左派を中心とする『軍部の独走だ!』攻撃はそれは激しかったとされている。しかし有事の際に私有地で陣地が作れない、私有地を通過できない、物資の収容ができない、等々、法律を守ってたらまともな戦争ができない状態だったことは明白であった。いざ敵が上陸して攻めてきた際、前には真っ赤な戦車軍団(しかも国際法を守らないことでは札付きのロシア兵)、後ろは家族友人が住む我が町といった場所で「法律が××なので戦争できません」と言えるのか? 栗栖議長の言ったことは文字通り「ぶっちゃけ」であったわけだが、やはり法律うんぬんは基本的に政治家の領分であり、そして他にも国内問題が山積している国会運営において一分野でのもめごとをいつまでも引きずりたくないという政局運営上の問題等もあり、前述の更迭劇となった。

 それから26年、戦後60年の怨念を晴らす勢いでガンガン有事態勢に関する法律が整備されるにつれて今度目についてくるのは、施行令や省令レベルでのすりあわせ及び各自治体・警察との連携であって、法律が法律通りに機能するかははなはだ疑問でありなおかつ国民へのインフォメーションもなかなか進まず、コッチは文章書いて国会に提出して賛成多数で可決されました~とはいかない。
道のりはまだ長そうですよ、閣下。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

外に出れば7人の敵

 最近本当に子供がよく死ぬ。ていうか子供の死が目につく。統計を当たったことがないので当てずっぽうで述べるが出生した子供の成人率は昔も今も大して変わらない・・・・どころか多分現代が高いかな、と思う。昔はそもそも小児医療なんてなかったからちょっとした風邪やら飢餓やらなんやらでよく死んだだろうし今ほど安全管理にうるさくなかったから用水路やため池で死ぬ子供も多かったろう。そんな比較に意味があるのかと言われたら、まあ、ないかもね、と言うしかないのですが、要は「子供の死」ということ情報自体に触れることついては昔に比べて少ないか、100歩譲っても同じくらいなのではないだろうか。
 しかしその内訳を見ると、身近な死を感じなくなった分、我々はメディア越しにそうした情報に触れることの方が多い。昨今は暑いので水の事故が増えてきたが、交通死、食中毒死、一人で遊んでての転落死、回転ドア事故を始めとする機械による事故死、パチンコ駐車場放置死、親による子殺しいわゆる虐待死、各種交通事故死、友達に殺される、通り魔に殺される、近所のおばちゃんに殺される、etc、etc・・・・毎日のように報道される子供の死を見ているとなんだか生まれてから大人になるまでがスゲエサバイバルであり見事成長なった人々はジェド豪士並のサバイバビリティーを持っているような気がしてきた。
 というようなことを常々思っている拙者は彼女もいねえのに「結婚したらせめて子供は3人・・・・ぐらい作っとかないと1人か2人だとなんかで死んで全滅し科神家断絶の危機!」 って別にたいそうな家柄じゃありませんがそういう危機感満点であります。
 が、時たま先日の平山トンネル一家5人+トラック2名死亡事故を目の当たりにすると、何人作っても死ぬときゃ死ぬんだな・・・・と暗澹たる思いでいっぱいだ。飛行機で帰省する際には奥さんと分担して2便に分かれて乗ったり・・・・ってどっかの王族かよ。

 出生率が1.3を切って年金どうこう以前に将来国として大丈夫なのかと心配な昨今でありますので子供は国家の財産として大切にしていかなければならないのであります。子供は大事にしましょう。児童虐待の疑いあればすぐ通報! 子供相手にムラムラ来る嗜好の人はメディアで発散! 外出したら子供の手は離さない! ヘルメット着用! 破裂音がしたらすぐ伏せるようしつけ! 子供最高! なんだかよくわかんなくなってきましたので今夜はこれにて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蒼穹のファフナー#04 逃航

 もはやメカどうこうよりも人間関係の方が気になってきつつありますが番組の狙いもむしろソッチなのでしょう。そのうち誰かが肉親を失ってフレイ様のように般若に・・・・あ、親が死んでるのがもういるぞ(汗)。

 なんか当初ミリアリアよりも桜小路蛍の方が出番多そう・・・・(<名前憶えてないからってテキトーな・・・・伝説の勇者ダ・ガーン、AT-Xで放映中! ひかるちゃんのキュロット萌え~(<でも見てないけど)

 リヴァイアス再放送楽しみ。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エルフェンリート#01

 なるほど噂にたがわぬ15禁全開血みどろスプラッタ&萌え萌え系多少な番組ですな。あのお茶くみおねえちゃんはなんだったのだろうか。合掌。
 SATのイカレタ兄ちゃんは憎まれ役っっぽいのでなんだか長生きのおそれ。一方しっかりもののあの従妹のお嬢さんが番組終了まで無事でいることを祈るばかりです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたの進む道は用意してあります。

月曜日の晩に急に徹夜の仕事が入ったため火曜は昼から休めることに。よーし最低限寝たら午後をエンジョイするで~と思って目覚まし仕掛けて布団に入ったらアマゾンDVDを届けに来た日通ペリカン便のいつものおっちゃんに起こされる。「しまったもう7時やん!」 ああ~夏の午後を返せ~

 DVDはウテナ3~6巻と攻殻2ndの5巻。ウテナはこれで打ち止め~と思いきやまだ2枚もあるじゃん!(<ちゃんと確認しろよ>拙者) 今回到着したのは時期的には拙者絶賛の『黒薔薇会編』なので、暁生カーが疾走しまくるアレ編をとりいそぎ全部そろえるアレもないのだが在庫が心配でもあるし速やかに注文するか・・・・ああ再来月の引き落としが怖い。ああ早く見てえ! 『空より淡き瑠璃色の』 樹璃さま~(→▽←)9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっさり30度を超えている札幌

 蒼穹のOP、『シャングリラ』(angela)が頭を無限ループして仕方がない科神ですこんばんわ。早くCDでないかな~

 金曜日に職場でちょっとキツ目の運動したので土曜日朝起きたら上半身が筋肉痛・・・・いやいや、翌日に出る分、まだまだ若い証拠ですぞ(笑)。

 筋肉痛は筋肉痛としてほっといてそのままご近所の草刈り作業に参加。先日近くの町内会でやった草刈りで乗用車が傷つく事件があったので気を遣う。ていうか刈るときゃのけろよ。


 日曜日については久々の札幌買い出し。どうもインターバルをおくとその分一気に消費してしまう傾向があるようでこの日の支出は夜の会食も併せて計20000円ほど・・・・ってまたこの子はこんなに買って! 読み切れないほどかっていつ読むの! 老後に読むんだい! と、問題解決したところで(してるんかよ!)本日の主なお買い物。


  • 『戦争論3』/小林よしのり/幻冬舎
  • 『日航機墜落』/河村一男/イーストプレス
  • 『犯人に告ぐ』/雫井脩介/双葉社
  • 『ゼロヨンイチロク』/清水マリコ/メディアファクトリー
  • 『鋼鉄の少女たち(1)』/しけたみがの&手塚一佳/角川書店
  • 『TAKE ON ME』/竹村雪秀/コアマガジン
  • ノートPC用USB接続スピーカー/ヨドバシカメラ
  • 水出し茶用茶葉6種類/レピシエ

 とりあえず帰宅して吟味したのは『鋼鉄』のみ。前々から気になってたんだけど気になりっぱなしだったんでいっそ買ってしまって楽になろうと思って購入(^^;)。銃器or兵器or軍事オタクで少女スキーな人が頑張ると『ジオブリーダーズ』とか『ガンスリンガーガール』とか本作とかになるわけで気持ちはとても同感できますがいかんせん画力がなく背景も簡単すぎてコマ割りも乱雑。もっと小林源文とまではいかないまでもなんとか頑張ってもらいたい。(そういや小林も背景白いな・・・・)

 あっ、エルフェンリートまだ見てねえ。でも寝る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

蒼穹のファフナー1~3話

 とあるオタク系ブログで変なブレイクの仕方をしていたので今まで全然関心がなかったのだがまとめて見てみる。ていうかホント雑誌買わないと情報にうとくなるよね~。


 ・・・・・・。アスラン?(<300万人ぐらいが同意)

 SEEDの絵とエヴァとラーゼフォンの雰囲気と、ちょっと若さゆえのヤな感じがリヴァイアス、あと、かくし味にトライダーG7といったところか(おい)。

 世界設定が第3話にしてサッパリわからいところが好感が持てます。まあ見てみますか。OPのCDいつかな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八つ裂きオニオンリング

 先日モスバーガーで食ったオニオンリングであるが、ちょうど揚げ物を覚えて食材はなんでもかんでもとりあえず揚げてみる勢いの拙者なのでモスのオヤジに『塩ふって素揚げしただけです』なんて聞いた日にゃあ「ではその味を自宅でも!」と料理DIY魂に火がつくのも当然であって、こないだかき揚げ祭りやった際に残ったタマネギもあることだしいっちょ挑戦ダーということで、火曜2030に帰宅した後、例の温度計付き天ぷら鍋に油をはりあったまるまでにタマネギをスライスして塩、そして保険のために鶏の下ごしらえをして唐揚げ準備。

 そしてファイヤー! 鍋に投入して巻き起こる渦から吹き上がる泡を押しのけて登場したものは!

 タマネギの素揚げ(沈黙)

 やられたー


 つーかモスで食べて見ればわかるやん!衣つきだって! でもあのオヤジあんまり自信満々でいうもんだからてっきり塩とタマネギの中の何かが反応してあの衣のような物質が生成されるような気になってたんだよ悪かったな!(自爆切れ)

 後ほど検索したところやはり何らかの形で衣は必要なようである・・・・モスのHPにも書いてあるやん・・・・オヤジめ・・・・


 その晩の主菜は結局鶏の唐揚げでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テンチュウさんが・・・・出た!(笑)

 連続書き込みは疲れる・・・・ハァハァ(<ならするなよ)

 拙者が住んでるところはいわば団地のような感じのところですが夜半からどっかの車の防犯ブザーが数分おきに鳴っております(ピロピロピロピロ!と4回鳴る)。別に気にしてはいないのだがこのゾーンは小さな子供も多く、もしこのまま朝まで鳴り続けるとしたら明日の朝はどこかで修羅場が・・・・(^^;)

 さっき書き込みしてからやたらココログが重くなったと思ったらおそらく皆さん連休が終わって思いの丈をガンガン書き込んでらっしゃるのね。

 と、回線が空くまでの間に攻殻2ndGIGのDVD、ウテナのDVDの3巻~6巻、PS2の『天誅紅』を注文してあっというまに4万出費。ていうかウテナのDVDに至っては「そういやボーナスで買うとかいってたよな~」と思ってムラウチに行ったら全部在庫なし! アッヘーと慌ててアマゾンに急行したら全部あった・・・・よかった~でも定価だなあ・・・・ムラウチは全部1000円引きなのに・・・・ていうかオタク的にはむしろ「まだ在庫があってよかったじゃねえか」という状況でありなかなか街でも見かけない昨今、足を棒にして探し回るよりはかなりマシといえましょう。

 なぜ『天誅 紅』なのか・・・・最近なんか忍者づいてるのと、どのGEOでもしつこく流しているデモのナレーションが小林清志なのと、おねいちゃんキャラが美麗なのと、『交換留学生テンチュウさん』のムービーがまだネットにあったことが購入動機かな(爆)(<最後のは『天誅 参』だよ!)。

 あ~・・・・まだブザー鳴りやまないよ・・・・ひとごとみたいに思ってたけど拙者よく考えたら今から寝るんだった・・・・(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メディア三昧

 いつもは誰かに会うのを兼ねてドライブをすることの多い週末だが、土曜にはボス以下3名が、日曜には札幌市にお勤めのK氏が来訪したのであえてドライブすることなく全然運転してない。ぬー、拙者って結構運転好きなのね。下手だけど。

 ということで日曜は午後からK氏が自慢のRX-7に乗って来訪。K氏はマツダマニアであり飛ばし屋ナオちゃんであり普段はデミオに乗っている2丁車両使いの独身貴族だ。最近オタクの彼女ができたらしいが交際状況を聞いているとどう見ても『人生が狙われている』としか思えない(爆)。それは恋愛じゃなくてむしろ同志なんじゃあ? と思ったが本人が一番自覚しているのでよしとしよう。しかし交際始めて1週間で両親に紹介されたらビビルよな、しかも不意打ちで。


 個人情報暴露はさておき日曜についてはしばらく家でゴロゴロした後小腹が空いたのでモスバーガーへ。ここの付け合わせはいつもオニポテセットすなわちフライドポテトとフライドオニオンのセットだが、このフライドオニオンがうまい! なんか粉ふってるのかな~と思って聞いたら塩ふっただけの素揚げとのこと。だったら家でも大量生産が可能! よ~し今週のおかずは自家製フライドオニオンに挑戦!(<タマネギだけ?)

 その後苫小牧まで走ってフェリーターミナルを冷やかして軍艦の話で盛り上がった後にこのあいだ弐号と行った町はずれの穴場洋食店でスープカレー。帰宅後塊魂見せたりビーチバレー見せたり(土曜とおんなじだよ!)して結局お泊まりしてK氏は翌朝帰還。


 月曜はなんにもないので朝から動画をガンガン処理。しかしハレグゥもうででんもノワールも北へも終わったので結構一段落かも。アウトロースターも後数話。ま~その代わりカレイドスターの再放送が毎日あったりするわけですが。

 スターオーシャンの続き。うっかりすると雑魚にやられる悲しさ。ていうかレベルが足りませんか? 結局レベル上げに帰結するところがRPGのヤなところですな・・・・とある森の中で何度が全滅したのでやる気をなくして昼寝。その後ちょっと『レッドサンブラッククロス(佐藤大輔)』に手を出したら3冊ほどワープ・・・・ってああ! 佐藤大輔の仮想戦記はなんでこんなにおもしろいんでしょうか神様! ていうか死戦の太平洋でもなんでもいいから続き出してくれよう>佐藤氏

 とかやってるうちに3連休が暮れてしまうのであった・・・・なんか忘れてるような気がする・・・・あっ!「そらのいろ、みずのいろ」!(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電撃萌王 vol.10

 例によってほとんど読むとこない雑誌ですが(なら買うなよ)とりあえず萌えコロと苺ましまろだけは・・・・うーん萌えコロは今回「おへそ」だそうですが別におへそフェチではないのでいいとして、拙者はやはり競泳水着原理主義者なので本町圭祐に一票。

 密かに『電撃!!イージスファイブ』も楽しみだったり。しかし字が細かいのう。
 駒都えーじ氏の下敷きが付録。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パペットマペットのショートコント大作戦

 ウシとカエルのコンビと言い張る2丁指人形芸人の舞台でのショートコントネタを、実写4コマ風にまとめたもの。好きでしょうがない人にはたまりません。見所はやはり舞台ではなく人形劇風に写真で4コマを作ってあるのでほほえましさ倍増!(<ホントかよ!)

 当社比20%増しの毒気が楽しめます(笑)。

 あ、今アマゾンを検索したら『間違いない!』の芸人さんも本出してたんだ・・・・どうしよう。
 

この本のアマゾン様の通販は
ココ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『Holy★Hearts! 明日を信じる、こころです』


神代 明 (集英社スーパーダッシュ文庫)

 修行を積んだ女性たち(=シスター)が治安維持の一部とモンスター退治を担うファンタジー系の世界でシスター候補生3人組が繰り広げる女子寮もの第3弾。

 一応、スーパーエリートへの道を確実視されながらある日シスターの座を捨て野に下った『シスター・スノーフレイク』が初登場するのがメインらしいが基本的にはぶつ切りエピソードの短編集であってどれもいまいち食い足りない。ていうか修道院の仲間たちがじわじわ増えてきているのに追いつかなくて文章読みながら個体識別をするのがちと骨。ふやさなくていいから剣劇人ジンジャーちゃんの出番をもっとプリーズ(<そこかよ!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重慶爆撃訴訟

重慶爆撃被害訴訟、日本側弁護団現地入り


 ・・・・ていうかねえ、そんなこと言い出したら広島長崎東京神戸福岡仙台札幌名古屋八戸新潟富山横浜ドレスデンベルリンフランクフルトその他原爆&空襲の被害者も連合国側を訴えるぞこの野郎! ていうかこんな訴訟やりだしたら・・・・裁判の是非→空襲の是非→戦闘行為の是非→戦争の是非となるととどのつまり「戦争はやめよう」という話になるんだけども。この件についてのあれこれをまとめていうと『今更・・・・』だよな。もはや怨念。本当に当時の人々が無念を晴らすために動いてるのかもっと他の政治的蠢動の反映なのかが気になるところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅安まぐろ飯

 そんなエピソードはありません、念のため。

 土曜においては札幌からボス、鴉、玖といった思い起こせばそろそろ付き合いも10年に及ぼうかという所属機関MMCの古参メンバーたちが来訪。ま~古参といったところで拙者が入る前にも組織はあってそれはそれは古いいわば始祖たちはいたわけだけれども、所在地である札幌で活動中の面々はかなり限定されている。しかし子供の頃と違ってなんか10年のつきあいってあっという間だよねえ。


 そんなことより次回は!(<ケロロかよ!) じゃなくて、この日は場慰安もとい(<でふぉでこんな変換しやがる)梅安先生のメニューにちなんでいろいろ和食を食おうというイベントであり庖丁人は例によって拙者でござる。

   おしながき(順不同)

  •  大根とあさりの鍋
  •  蝦蛄の甘辛煮付け
  •  鉄火丼
  •  天ぷら三昧

 大根とあさりの鍋は土鍋に昆布ベースの出汁を作りそこにあさりと大根をガンガン入れて片端から七味で食うというシンプルなもの。蝦蛄の甘辛煮付けは文字通りのもの。
 当初その2品だけだったんだけどもそれじゃあ足りねえということでしょっぱなに鍋のように天ぷら鍋をセットしてなすびとブラックタイガーとゴボウ&タマネギをじゃんじゃん揚げてもりもり食うというのを追加。かき揚げは難しねというのを実感したあたりでいったん片づけて続いて鍋。油っこいのを食した後なのでサッパリした湯通し大根もさくさくと腹に入る。味が薄いと思う人は蝦蛄の煮付けを一緒にどうぞ。

 そして最後にとどめを刺すべく鉄火丼! ていうか全然江戸時代じゃないやんという。いいんだよもう海産物なら何でも!
 づけ鮪の切り身ととろろをのっけた上にもみのりをふってひたすら男4人でむさぼり食う。ラストにふさわしく満腹。


 その他、塊魂とパペットマペットDVDとビーチバレーとダンガイオー副音声付きを開陳して散会。しかし慣れると揚げ物も簡単だね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

録画事故ふたたび

 泊まり込みから帰ってみれば早速録画事故でカレイドスター第2話が早速録画ミス。うをを~早速かよ~しかも再放送はその日のみだし。へこむのう。しかし安定性を追求するためにシステムのクリーンインストールまで行ったのになぜ?

 前夜のダンガイオーの録画後にスタンバイに入ろうとしてそこで処理が止まっているらしい。やはりスタンバイへの出入りの際の安定に問題があるらしい。ぬー。


 泊まり込みの明けた朝から休みをもらったので帰宅してしばらくネット徘徊。してたらあっさり昼になったのでニュース見た後昼寝を1時間・・・・しようとおもったら爆睡してしまい起きたら3時半。買い出しに出かけて野菜と生サンマとおやつを買う。本屋にて『ティンクルセイバーNOVA(1)』購入。単純に藤枝雅の絵だけを見たかったのだが果たして内容は蓬莱学園式閉鎖巨大学園タイプのドタバタもの。いかにもヲな感じだねえ。

 なんか夕方から録画動画を見たりしているうちに寝る時間。『そらのいろ、みずのいろ』手つかず。各ゲーム進まず。晩飯はサンマに塩して焼いたのに大根おろしを添えてレモン汁で。やっぱり焼き魚を食うと「晩飯食ったー!」という感じがするよね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

じめじめ

 北海道にしては珍しく長雨。以前九州に滞在した時部屋干しの洗濯物が3日も乾かなくてびびったことがあったのだが現在それに近い状況だ。ていうか部屋干しでカラカラに乾く北海道の方が全国的には珍しいか。

  なんとなく悪天候だと出る気も失せるので外出せず。でも平気! 土曜朝にはIBMのキーボードが、日曜朝には『そらのいろ、みずのいろ』が、日曜夕には某アイドルのプロモDVDが到着! アマゾン様々だね・・・・ていうか本週末にこれらを届けてくれたのはいつもの日通のおじさんであっていつもお世話様だ。ていうか一度に頼めよ! と思ってるに違いない。


 でもま~やることが一杯あって動画の方はパソコン増設の甲斐あってかなり処理できたものの読書の方がかなりおざなり。『悪魔のミカタ』13巻、『Missing』11巻、『HolyHeart!』3巻、『物体Xで行こう!』いずれも未読。『はやて×ブレード』は読了。テンション高すぎ(^^;)。林家志弦はよく考えたら15年ほどまえから知ってる絵描きですが、なんか昔っから漫画はハイテンションですな(笑)。

 ああ~『塊魂』は後2~3時間もかからず終了すると思われるが、『スターオーシャン』はじりじり進んでいるものの先が見えないし『XBOX版PSO』はまたライセンス登録しちゃったから遊ばないともったいないし、それで『そらのいろ~』も買いますか! まったく身体はひとつだぜ・・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

IBMキーボード



think.jpg

 あーパソコンのメンテ等をやっていると休日なんてあっという間でござる。

 ということで土曜の午前中に例のIBM製キーボードが到着する。思っていたより非常に薄く、横幅も思っていたより大きくない。奥行きについてはスライドパッドの部分だけ8センチほど増なものの、元々その部分には手が置かれるので実質消費スペースは変わらず、でもって中央のトラックポインタによってマウスいらずとなり万々歳だ。ちなみに使用配置風景は右の通り。手前の航空母艦は大きさ比較のためのCVN-65エンタープライズ。

 キータッチはもちろんThinkPadにほぼ同じ(<若干本物に比べるとパコパコ音がするような気がする・・・・)であって違和感なく使える。リターンキーのでかさも満足。つーかノーパソ買おうがキーボード買おうが必ずこだわるのはリターンキーであって、
だってやっぱスペースキーに匹敵する使用頻度だからやっぱ押しやすくないとね。(今回購入したブツの英語版はリターンキーがキー2つ分しかなく小さく、商品画像は英語版なので若干買うのに躊躇した)

 その他ボードの傾き3段階調節可、USB端子が2つついてUSBメモリの接続等を手元でできて便利。



point.jpg


いらないちゃあいらなんだけどもトラックポインタがついている上になぜかスライドパッドも装備。指が当たってポインタが動いて邪魔、というのであれば機能を殺すことももちろん可。
 難をいえばケーブルが短いので拙者の配置ではちょっと・・・・ということで延長ケーブルを購入。ちなみにお値段の方はIBM直販で12600円(送料込み)。ちょっと安い他の店もあったが納期未定だったり送料別だったりしてめんどくさいのでもう直に。


 根本的な問題が・・・・仕事場みたいに文章バリバリの状況ならともかく、おやつや紅茶片手にウダウダネット徘徊をしている時にはキーボードはまったく不要であって、そういう場合にはむしろマウス1個の方が使い勝手いいんじゃないだろうかと我に返ったり。というわけで書き込みその他文書作成の際にはキーボード1個で作業、ネット徘徊の際にはボードを片づけてネズミのみで操作という中途半端な状態に。ぬぬう。


 文字の回り込みの具合が悪くて不快じゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2連3段空母

 画像をアップする実験。モニタはアナログ入力に旧マシン、デジタル入力に新マシンをつないで必要に応じて切り替え。マウスは旧が有線、新が無線、キーボードはどちらも同じエレコムの小型キーボード。というわけで同時並行で使ってると当然ながらしばしば間違える(笑)
 写真で見るとこう↓
2ren.jpg
 ということでガミラス帝国万歳! ですが別にこだわってまったく同じキーボードにしているわけでなくテンキー無しの小型キーボードで好みのキータッチのものが店頭ではコレしかないのであって。

 で、ボーナスの勢いもあって以前から気になっていたIBM純正のコレを注文。ようはシンクパッド中毒患者用の、シンクパッドの使い心地をデスクトップ使用のあなたにも! というわけで。食卓読書その他作業すべてをこのテーブルの上で全部やっているのでできればマウスも置いときたくないんだよねえ。

 到着は土曜の予定。さて使い心地はどうだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬼兵料理帖

 池波といえば大きいところでは大体『梅安』『鬼平』『剣客』だが、拙者はやはり一番シリーズとしては少ないながら『梅安』ですな。なんで好きなのか自分でもわからんのだが、もともと殺し屋好きというのもあるし、キャラが好きというのもあるかな・・・・つーか梅安と彦次郎の雰囲気が、他の平蔵とその周辺の人間関係&剣客の親子とその周辺よりも拙者好みというか、ハードボイルドなところがじ~んと来ます。

 つーか池波の描く江戸時代の料理はなんであんなにうまそうなんでしょうか。メニューだけ見ると大してうまくもなさそうなのにその調理シーンから食べるところまで見てると「ほ・・・・欲しい! ていうか食わせて! つーかむしろ作る!」とか毎度思うのだが毎度作らずじまい。あ~『梅安料理ごよみ』も発掘したことだしちょっとチャレンジしてみるか。まず土鍋に出汁を張り・・・・・(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

梅安料理ごよみ


 土曜は丸々出勤だったのだが例によって金曜の晩も夜更かししてしまい就寝は1時半。起きるの5時過ぎなのでま~4時間寝ればなんとかね~と思ったら朝の4時前に携帯が鳴りやがる。つーか一応スクランブルがかからないとも言えない職場なので念のため発信者を見るとMMCで知る人ぞ知る酔いどれで有名なやさぐれレディー、ロミ嬢からの着信だったのであっさりシカトして布団に・・・・また鳴るかよ! ていうか絶対に金曜晩から呑み続けてわけわかんなくなってる状態だと推察されたのでついに携帯をサイレントにして布団に戻るが、北海道の夏であり外はもう明るく、寝たか寝ないかようわからん状態のまま起床時間を迎えて出勤。そう忙しい日でもなかったが流石に1日中ボーッとしておった。帰宅後晩飯も食わずに爆睡。


 日曜は札幌からボスと玖氏が千歳に来られる。目当ては拙者の新開発メニュー『ヘルアンドヘブン麻婆豆腐』と自作タレを2種類用意した焼き肉。どちらも好評。

 その後塊魂やったりタチコマ見たりしたりウダウダしてるうちに玖氏が最近買った『梅安料理ごよみ』の話になる。てういか池波の梅安シリーズの料理場面のみを抜粋していろいろ解説したこの本、拙者も買った記憶があるのだが一体どこに収納されているのか例によってわからない。鉄壁のエクセルデータは1999年以降入力されてないので「家計簿をあたって見ては?」の玖のヒントを元に家計簿で検索。

 拙者は5年ほど前から病的に細かく家計簿をつけているので正しく入力さえしていれば一発で出てくるので・・・・あった、2000年(<拙者この時期千葉に所在)の12月2日に古本屋で200円で購入されている。ついでに前後のデータを見ると2000年12月上旬には上京してきたボスを迎えて新宿で宴会が催されておりこの『梅安料理ごよみ』購入も宴会の前に一緒に立ち寄った神保町でのことと思われる。で、中旬にかけて『フルメタルパニック』を集中的に購入、『キノの旅』第1巻を買い、下旬には帰省途中に東京に立ち寄った玖と合流し冬コミに突撃し、帰途秋葉原によって補完の買い物をした挙げ句、秋葉原駅南の『肉の万世』で『ソウル風鍋』を食い、帰省みやげにパーコー麺と味噌ラーメンの持ち帰りを購入していることまで判明。ていうかヘタな10年日記より詳細な記録であって我ながら恐れ入る。このデータにアクセスすれば日本の捜査機関は9課のイシカワさん並に拙者の行動の詳細を1999年10月までさかのぼることができるのだ! ある意味恐ろしい・・・・だれもしないけどさ。


 つーわけで客人たちが帰宅した後集中的に段ボールの山を捜索。千葉時代の文庫本を収納している箱はある程度察しがつくので大規模リストラしていない箱であれば・・・・捜索開始後15分、『最終兵器彼女』が詰まった箱の中で発見。そういやそんなもんも読んでたなあ・・・・途中で読むのつらくなってやめたけど。というわけで、発見しましたよ~>ボス&玖
 ちなみに本日の宴の1人あたりの料金は1100円とします(笑)。

※BGM 『Loosey』 by STRiPES (<最近ドはまり中)


| | コメント (5) | トラックバック (0)

宇宙大作戦

スターオーシャン Till the End of Time

 2大国家が争う星の貧しい北のむさくるしい軍事大国の侵略を受ける肥沃な南の宗教国家の女エージェントもえー。

 発作的にRPGが欲しくなったのだがイマイチ最近の流行がわからないので以前雑誌でチラッと見たちょっと古めのRPGを。同じく前からやってみたかった『学園都市ヴァラノワール』もちっと欲しかったのですが若干『グランディア2』をプレイした時の「ま、まさか! そんな!」というストーリー上のショックを味わいたい希望なためコッチを購入。

 まだまだ序盤なんですが国家間のドンパチに巻き込まれて宇宙漂流した主人公が未開文明の星に不時着してイロイロするというショートストーリーの2つ目。2度目に不時着した星では2大国家が戦争中であって一方の国の潜入工作員に救われる場面があったのですがそのオネエサンが冒頭のネル・ゼルファーさん(23歳独身)なんですよカッコイー! ていうかこのオネエサンEDはないのでしょうか(<そんなんばっか)


塊 魂

 ナムコが金をかけて作った怪ゲー。以前CMでちらっと見てはいたがここまで珍妙なゲームだったとは・・・・直接的には後輩宅で見たことが購入の動機だがそのブラックさと能天気さは「これ、子供にやらせていいの?」と疑問に思うほどだ。詳細は後ほど。

※BGM 『Loosey』 by STRiPES 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年6月 | トップページ | 2004年8月 »